時事・業界ネタ

新型シエンタはなぜ売れているのか?答えは『土台作り』にあった!

2015年7月に2代目シエンタが発売されました。

この瞬間私は確信しましたよ。

『絶対に売れる』と。

そして私の予想どおり納期は数ヶ月待ちとなり、今もなお受注が止まらない状態です。

ではなぜ私はシエンタが売れると確信したのか。

しかも言っちゃ悪いが『あんなに攻めたデザイン』にも関わらずに。

車業界関係者なら誰もがわかる、売れるべくして売れた理由とは。

ディーラーに査定額ごまかされていない?

商談時にディーラーで車を査定してもらった時、例えばあなたの車が『80万円』と言われてもその車の買取相場を知らなければ高いのか安いのかわからないですよね。

残念ですがこの業界、80万円と言われた車が他のお店では100万円で下取りなんてことも普通にあります。これでは20万円損したことになりますから事前に自分の愛車の買取相場額を把握しておくことは非常に重要。

査定比較.comは簡単な入力でわずか32秒で過去の膨大なデータから愛車の概算査定額を無料で表示してくれるので、愛車の買取相場を把握するにはもってこいのサイト。

精度もかなり高いのでまずは愛車の買取相場額を把握しましょう。利用は無料です。

新型シエンタは売れるべくして売れた?その理由とは。

そもそも初代シエンタがバカ売れした経緯がある

実はコンパクトなスライドドアってだけで結構需要があるんです。

子育て世代のファミリーでメインは奥さんが子供の送り迎えなどで運転するとなると、大きい車は運転が不安という声はよく聞きました。

そこでコンパクトながらも子供が勝手に開けても安心なスライドドアとなるとシエンタは最適なのです。

他にもトヨタではラウムも2代にわたって根強いファンを獲得してきました。

なので初代シエンタも根強いファンが多く、早くモデルチェンジを望む声が多かったのです。

12年越しのフルモデルチェンジで初代ユーザー総買替え!

通常であればモデルチェンジの周期は4年〜7年くらいの間が一般的ですが、シエンタは異例の12年!!

しかも一回販売を終了して再販したという経緯があります。

そもそもはネッツ店、カローラ店の2チャネル販売でしたが、途中からカローラ店の専売車種となりました。

それだけバカ売れした車なので当然初代シエンタに乗っているユーザーは新型シエンタが気になりますし、営業も当然そこからアタックしていきます。

どの車もそうですが、事前受注はほとんどが前モデルユーザーであることが多いのです。

『全チャネル販売』で潜在顧客の発掘

今や珍しくなくなったトヨタの『全チャネル販売』

つまり、トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店のすべてのトヨタのお店で新型シエンタが買えるようになりました。

これが一番の爆発的売れ行きの要因でもあります。

トヨタの販売網はとてつもなく大きく、さらにそれが全チャネルへと解放されると隅から隅まで無駄なくリーチすることができ、結果的に販売台数も上がるのです。

今まではシエンタを考えていなかった『潜在顧客』を引き上げることに成功したのです。

トッピング多めの『マシマシな車』

これだけモデルチェンジに時間をかけたからにはトヨタはトッピング(オプション)も惜しみなく全部出してきました。

まずは最近のトヨタの流れでもある『ハイブリッド』を追加。

トヨタはこれからモデルチェンジはほぼ全てハイブリッド化が視野に入っていることでしょう。

そして初代シエンタで評判の悪かった3列目シートの改良。

これはシートポジションと全長を伸ばすことで改良され、大人でもなんとか座れるようになりました。

初代は3列目はとてもじゃないですが大人が座るのはなかなか厳しいものがありました。

まあシエンタユーザーに3列目までしっかり求めている方は少ないですけどね。

そして最近のトレンドはやはり『自動ブレーキ』オプションではないでしょうか。

今後はすべての車に求められるのがハイブリッド化と自動ブレーキでしょう。

まとめ

新型シエンタがバカ売れした理由をまとめると、

  • 12年かけてあっためてきた初代ユーザーの買替え
  • 全チャネル販売解禁による潜在顧客の発掘
  • 自動ブレーキやハイブリッド化による時代とのマッチ

が大きな追い風となり、バカ売れしたのです。

まあ根強いファンが多い前モデルがある車はほとんどが次の車もバカ売れします。

ハリアーやプリウスがいい例ですね。

たまーにデザインで勝負に出すぎてモデルチェンジが理由でユーザーが激減した車もありますが。

シエンタはデザインで勝負したにもかかわらず問題なかったですね。

まあ実用的な部分で売れている車なのでデザインは多少目をつむっている方も多い気がしますが。

こうなると次にきになるのは同クラスライバルのホンダ『フリード』。

次のモデルチェンジに目が離せません。

※追記:フリードの記事をアップしました。

[kanren postid="1630"]

値引きを気にするよりも下取り額を気にしろ!絶対に使える一括査定サイト3選!

車業界は1年中値引きしているので結局のところ、いつ買っても値引きの限界は同じ。

そこからさらにお得に買うには、今乗っている車の査定額をいかに底上げできるか。

これに尽きます。

新車は競合させているのに下取りは競合させていない

私自身ディーラー営業時代に肌で感じたのは、お客さんは値引きは一生懸命頑張るのですが、下取りとなると当然のように査定額を他店と比べる様子もなくそのまま出してもらっていました。

実はこれこそが損得をメチャクチャ大きく分けているのです。

査定額の底上げには複数で査定し、比較することが重要

1社の査定額ではその金額が高いのか安いのかプロでもわかりません。

元カーディーラー営業の私が言うのもあれですが、新車の値引きには限度があります。

ディーラーも同じ物を売っている以上値引きの痛みは同じ。

ここのディーラーだけめっちゃ値引きする!とかありえません。

新車の値引きで何十万円という差は出ないのです。

実は何十万円と差が出るのは下取り車の査定額なのです。

でも何回も査定ってめんどくさいよね。。

街中にある買取店を何店舗も巡るのは私も経験がありますが、飛び込み来店で査定をお願いすると『ではこちらにまずご記入を〜』みたいな感じで毎回名前や住所を書かされたり、前のお客さんがいて結構待たされたりとか確かにめんどくさいです。

一括査定サイトを使えば比較が超かんたんに

一括査定とは、スマホからかんたんな入力で同時に複数の買取業者に査定依頼が無料でできるサービス。

これにより複数の査定業者に査定をしてもらうことで愛車の最高値がわかるというもの。

一度申し込めばあとは査定業者から連絡があり、査定してもらえばいいのです。

もちろん値段に納得がいかなければ売らなくてもよし。

近隣なら来店してもいいですし、自宅まで査定に来てもらうことも可能。

もちろんweb上でおよその査定額を出すこともできます。

一括査定サイト経由で、買取業者に競合他社の存在をアピールできる。

一括査定サイトを使うことによるもう一つのメリットは、買取業者に『ライバルがいることが伝わる』ことです。

新車でもそうですが、買取も競合他社がいるとわかるとみんな自分のところで買い取りたいので負けじと査定額が高くなっていきます。

一括査定サイト経由の申し込みであることはもちろん他の買取業者にも伝わるので、競合がいることもわかります。

すると競合がいる手前、買取業者はその中で勝ち残るためにもヘタに足元を見るような安い値段をつけられなくなるのです。

これで新車購入時の『値引き』と同じく、車の売却でも『競合』の状態に。

『どうせ0円だから』と諦めるのがマジでもったいない。

ディーラー営業時代、私の実体験として本当にあったのですが、私がいたお店は中古車買取にも結構力を入れており、新車購入で訪れたお客さんが他店で0円と言われた下取り車が自分の営業所では25万円の査定額をつけることができたので、そのお客さんに大変喜ばれたことがありました。

ディーラー時代の実話

うちの車、他のお店で0円って言われたんだけど。。
営業
では早速査定させていただきますね!
営業
25万円です!
ににに、にじゅうごまんえん!?マジか!
営業
マジです!

せっかくこのサイトに辿り着いたからには、損をしない為にも必ず”愛車を最も高い額で”手放してほしい。

車はあなたの立派な資産です。

その資産をどう高く売るか安く売るかはあなた次第。

買取店をまわって査定額を比べるのは確かにめんどくさい。

しかし、一括査定サイトを使えば時間と労力を大幅に節約できます。

今乗っている車の査定額がざっくり知りたい。

すぐ売るかわからないけど新車商談のためにも自分の乗っている車のざっくりした査定額が知りたい。

でもその為だけに中古車買取店にわざわざいって査定をお願いするのは気が引けますよね。

しかし、一括査定サイトならかんたんな車両情報の入力で過去の膨大な買取データから、精度の高い概算買取価格をスグにはじき出してくれます。

まずは愛車の概算買取価格を知るだけでもいいでしょう。

絶対に使える一括査定サイトを『強み別』に3社まとめたので、あなたに合った一括査定サイトを利用してみましょう。もちろん利用は3社全て無料です。

車査定比較.com

『車査定比較.com』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの200社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大10社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数 最大10社
参加企業数

211社(2021年6月現在)

対応地域 全国
このサイトの強み 参加企業の多さ
費用 すべて無料

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、あなたの愛車を買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業が大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数 最大10社
参加企業数 47社(2021年6月現在)
対応地域 全国
このサイトの強み 愛車の概算買取価格をスグ表示
費用 すべて無料

楽天愛車一括査定

『楽天 無料愛車一括査定』は文字通りあの楽天が運営しており、査定申し込みでもれなく楽天スーパーポイントを5ポイントプレゼント
さらに買取ご成約で1500ポイントプレゼントと楽天ならではのサービス。
楽天会員なら査定申込入力もログインして楽天会員情報と紐付けされるので入力の手間を省略!
楽天ユーザーが一括査定を利用するならダントツでオススメ。
一括査定とポイントのダブルでお得を獲得しましょう。

最大比較社数 不明
参加企業数

92社(2021年6月現在)

対応地域 全国
このサイトの強み もれなく楽天スーパーポイント5ポイント&ご成約で1500ポイント獲得
費用 すべて無料

車査定比較.com

『車査定比較.com』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの200社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大10社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数 最大10社
参加企業数

211社(2021年6月現在)

対応地域 全国
このサイトの強み 参加企業の多さ
費用 すべて無料

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、あなたの愛車を買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業が大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数 最大10社
参加企業数 47社(2021年6月現在)
対応地域 全国
このサイトの強み 愛車の概算買取価格をスグ表示
費用 すべて無料

楽天愛車一括査定

『楽天 無料愛車一括査定』は文字通りあの楽天が運営しており、査定申し込みでもれなく楽天スーパーポイントを5ポイントプレゼント
さらに買取ご成約で1500ポイントプレゼントと楽天ならではのサービス。
楽天会員なら査定申込入力もログインして楽天会員情報と紐付けされるので入力の手間を省略!
楽天ユーザーが一括査定を利用するならダントツでオススメ。
一括査定とポイントのダブルでお得を獲得しましょう。

最大比較社数 不明
参加企業数

92社(2021年6月現在)

対応地域 全国
このサイトの強み もれなく楽天スーパーポイント5ポイント&ご成約で1500ポイント獲得
費用 すべて無料

-時事・業界ネタ
-

© 2021 車の値引き.com