商談・値引き

新車は決算を終えて4月になると値引き額が減る?

値引きゴリラ

国産車ディーラーでの営業経験を生かし、現在は車の値引きのコツや業界の裏側、その他車に関わる情報を発信中

新車が1年で一番売れるのは決算期の3月です。

決算期はどの会社でもそうですが数字をあげたいので決算セールなんてやったりします。

年が明けてから3月までは特に車のCMがすごいですよね。

では車は決算期が終わって4月になると値引きはなくなるのか?


結論:値引き額は減らない。

まずは気になる結論から言うと値引き額は減りません。

そもそも新車販売には何故値引きが存在するのか。

それは同じ車を販売する競合他社よりも自分たちが値引きで目立って車を売りたいから。

競合他社が存在する限り値引きも存在します。

逆に同じ車が存在しない中古車販売の世界ではあまり値引きはありません。

そもそも競合って概念がありませんからね。

だから新車は競合すれば値引きが大きくなっていくし、逆に競合しないと3月だろうが少ない値引きで買っているかもしれません。

むしろ4月の方が値引きしたい

世間一般では『3月は決算期で値引きが大きい』というイメージがしっかり定着しています。

なので4月に買うのは損なんじゃないかと思われる方も当然多いと思います。

全くもってそんなことはないのですが、そのイメージのせいで4月は3月に比べて販売台数も来店客数もガクッと下がります。

しかし客足が減ったからってディーラーは各店舗に課せられた販売目標台数が減るわけではありません。

むしろ前年度〇〇%アップみたいな永遠に上がっていかないといけない無理難題な目標が掲げられているので4月だろうと売らなければいけません。

そんな客足が減る4月は当然販売も苦戦します。

なので実は結構4月の方が買い手市場であって、とにかく売りたいので値引きも大きくなりやすいです。

3月は正直なところ『決算セール』というイメージを利用して集客できるので『決算なんで今じゃないとこの値段は出ません』なんて追い込めば売れてしまうのです。

3月はディーラーが売りやすいので値引きしなくても売れる

4月は客足が減るので値引きしてでも売りたい

なぜ車屋は値引きしてでも売りたいのか?

ディーラーはなぜ大幅な値引きをしてまで売りたいのか。

実はディーラーは新車販売利益も大事ですが、点検整備も重要な収益の柱なのです。

自分たちで車を売れば管理客が増えるので自然と点検整備も増えますが、他社で新車を買われてはその後の点検整備も他社に流れます。

つまり新車販売は自社の管理客にするためのきっかけであって競合他社がいるなら赤字になってでも売りたいのです。

たとえ新車販売で赤字になっても点検整備で回収できますからね。

長い目で見れば売ったほうが黒字なのです。

なのでディーラーは赤字損得の計算よりもまず最優先されるのは販売台数。

よって客足の減る4月は値引きしてでも売りたいのです。

ディーラーは長い目で見たら利益よりも台数

まとめ

新車販売は通年を通して値引きがある業界。

別に3月だから値引きが増えるとか、4月だからとか正直あんまり関係ありません。

ただ値引きは黙っていては1円も出てきません。

『値引きしてよ〜』なんて言うのではなく、とにかくディーラー同士競合させること。

一番お得に買える人は時期や季節云々ではなく、とにかく競合値引きができる人です。

何月であっても競合をしっかりやれば値引きは必ず出ますので必ず競合値引きをしましょう。

値引きよりも査定額を気にしろ!

車の購入は『値引き』以外で大きく損得がわかれる部分があります。

私はカーディーラー営業時代、たくさんのお客さんを見てきましたが、数十万円得しているお客さんにはある共通点があることがわかりました。

得している人はディーラーに下取りに出さない

新車に買い換えとなれば、なんの疑いもなく購入先で下取りに出していませんか?

実は”ココ”が損得を大きく分けるのです。

私はカーディーラー営業時代にたくさん下取り査定をしてきましたが、やはりそのまま下取りに出すお客さんが多かったです。

しかし数十万円得しているお客さんたちは必ず他の買取店でも査定をしてもらい、比べて一番高いところで車を手放していました。

ちなみにこの業界の買取額の差額は数百円、数千円ではありません。

数万円から数十万円違うことが普通にあるのです。

ハッキリ言って車の査定額には基準はあってないようなもので、買い手によって全然変わるのです。

なんで買取店によって査定額に差が出るの?

買取店も意地だけで値段を吊り上げているわけではありません。

買取店も商売ですので当然利益が出なければ買い取りません。

ではなぜ査定額に差が現れるのか?

買取店毎の車種による再販売の得意分野が違う

買取店とは一口にいっても買い取る車の得意不得意があります。

外車が強いとか四駆が強いとか軽自動車が強いとか車種の数だけ違いは様々。

なぜ得意不得意があるのか?

買い取った車の販路(リセールルート)が違う

四駆・ディーゼル需要の高い海外にそのままダイレクトに輸出できる販路を持つ業者もいれば、国内で自分達で中古車販売店を展開している、軽自動車専門で販売している、一つのメーカーに絞っているなど、業者によって得意不得意は様々なのです。

しかし業者がどの車種が得意かどうかは査定額を比べない限りわからないのです。

最低3つの買取店は比べたい!

査定額に大きな差が出ることはわかりましたね。

査定額を比べないことは『値引きしなくていいです』と言っているようなものです。

そして得をしていたお客さんたちはほとんどの方が大体3店舗以上で査定してもらっていました。

私自身も乗っていたプリウスαを手放す時に買取店を3店舗比べましたが170万円・178万円・185万円みたいな感じで金額が出揃って、一番高いところで売却しました。

これでも一番安いところと高いところでは15万円の開きがありますからね。

買取店巡りがめんどくさい方は一括査定がオススメ

私は買取店を何店舗も巡るのはこういうサイトを運営している人間ですから全く苦ではありませんですし、なんなら買取店の方と少し話もしたいぐらいなので積極的に巡ってしまいますが、一般的には買取店で査定をお願いすると『ではこちらにまずご記入を〜』みたいな感じで毎回名前や住所を書かされたり、前のお客さんがいて待たされたりとわりかし時間はかかります。

一括査定は一度の入力で複数店に査定申込ができ、一番最高値をつけてくれるところを見つけられるサービス。

一括査定のメリットは何と言っても最高値をつけてくれる買取店を見つける時間と労力が節約できます。

もちろん金額に納得がいかなければ売らなくてもOKなのでまずは査定額がどれくらいか調べるぐらいの気持ちでやってみると良いでしょう。

下記に絶対に使える一括査定サイトを”強み別”にまとめて見ました。

あなたにあった一括査定サイトがあれば利用して見てください。

利用はすべて無料です。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、あなたの愛車を買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2021年9月現在)
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

車査定比較.com

『車査定比較.com』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの200社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

JADRI(日本自動車流通研究所)会員企業も参加しています。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大10社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大10社
参加企業数211社(2021年9月現在)
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

楽天愛車一括査定

『楽天 無料愛車一括査定』は文字通りあの楽天が運営しており、査定申し込みでもれなく楽天スーパーポイントを5ポイントプレゼント
さらに買取ご成約で1500ポイントプレゼントと楽天ならではのサービス。
楽天会員なら査定申込入力もログインして楽天会員情報と紐付けされるので入力の手間を省略!
楽天ユーザーが一括査定を利用するならダントツでオススメ。
一括査定とポイントのダブルでお得を獲得しましょう。

最大比較社数不明
参加企業数100社以上(2021年9月現在)
対応地域全国
このサイトの強みもれなく楽天スーパーポイント5ポイント&ご成約で1500ポイント獲得
費用すべて無料
  • この記事を書いた人

値引きゴリラ

国産車ディーラーでの営業経験を生かし、現在は車の値引きのコツや業界の裏側、その他車に関わる情報を発信中

-商談・値引き

© 2014 車の値引き.com