点検・整備

車検はどこが一番安い?ディーラー並みの整備で格安なところはないの?

値引きゴリラ

国産車ディーラーでの営業経験を生かし、現在は車の値引きのコツや業界の裏側、その他車に関わる情報を発信中

車検は人間で言うところの健康診断。

車を健康に長く乗るためには欠かせない整備です。

しかしそんな車検ですが、やはり費用は結構かかるのでできれば安く抑えたいのが本当のところ。

よく『ディーラーの車検は高いから』なんて言葉を耳にしますね。

はっきり言っておきましょう。ディーラーの車検は高いです。

でもそれはちゃんと理由があります。

元カーディーラー営業で車検もバンバンやっていた私が真実をお伝えします。

ディーラーは車検見積もりが下手

正確には『見積額の提示が下手』とでもいいましょうか。

もちろんメカニックは一流で腕も間違いないです。

しかし車検見積もりを最終的に弾きだすのは営業orフロントの仕事。

カーディーラーというのは基本的に車を売ることがメインなので商談スタイルも『まずは乗っける』というのが基本となってしまいます。

それは『後から追加料金はもらいづらい』ということをわかっているから。

なので基本的には余分な項目でもとりあえず乗っけて、後で削除して割引したように見せかけるという方法をよくとります。

項目ごとの金額はカー用品店とさほど変わらない

以前私がカーディーラーで働いていた時に飛び込みのお客さんが他店のカー用品店の車検見積もりを持って『同じ内容で作ってくれ』と言われて同じ項目だけ入れて作ったらこっちのほうが安かったことがあります。

そのお客さんもダメ元できたらしく、驚いていました。

つまり余分なものさえ乗っけなければカーディーラーだろうがカー用品店だろうがさほど変わらないということです。

点検整備なしの車検は論外

もちろんカーディーラーやカー用品店の車検は法令24ヶ月点検に基づいた点検整備をして車検という流れになるので安心ですが、世の中には車検で通るギリギリの整備だけしかしない業者もたくさん存在します。

もちろん金額的には安いですが、そりゃ整備しなければ額面は安いですよね。

これって実はとっても危険なんです。

例えばタイヤは新品で溝が8ミリくらいで、これが1.6ミリを切るとスリップサインが出て車検が通らなくなります。

では残りが1,9ミリでギリギリスリップサインが出ていない場合はどうするのか。

これはディーラーやカー用品店であれば当然交換してしまいます。

なぜなら法令24ヶ月点検はタイヤを必ず外す項目があるのでこの時一緒にやった方が工賃が安いから。

スリップサインが出ていないからといって車検を通してもすぐにタイヤ交換が必要であることは目に見えています。

そのあとにタイヤ交換をするのでは工賃の無駄&時間の無駄でしかありません。

そして何よりそのままで走ること自体が危険です。

私は何もせずにそれなりの金額を取るのであればそっちの方が高いと思いますが。

カーディーラー並みの整備で安く車検を通すには?

法令24ヶ月点検整備つきという重要性はよくわかったけどそれでもできるだけ車検は安く済ませたい。

それは当然ですよね。

かといっていちいちディーラーやカー用品店の車検見積もりをとって回るのもめんどくさい。

そんな方にはEPARK車検がおすすめです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-12-7-45-21このEPARK車検は全てEPARK事務局が厳選した店舗だけで車検が探せるサービス。

EPARK車検に登録されているお店は法令24ヶ月点検整備つき車検のみなのでディーラー車検と内容は同じで、もちろん全ての店舗に国家資格整備士が常駐しています。全国2400店舗以上の中から自宅近くの店舗が探せる上に、EPARK車検からの予約で車検基本料が最大81%オフに。これはEPARK車検限定価格なので店舗で予約するより断然お得に!他にも店舗ごとに特典が満載なので安全に安く車検を通したいなら使わない手はないです。

公式サイトへ

値引きよりも査定額を気にしろ!

車の購入は『値引き』以外で大きく損得がわかれる部分があります。

私はカーディーラー営業時代、たくさんのお客さんを見てきましたが、数十万円得しているお客さんにはある共通点があることがわかりました。

得している人はディーラーに下取りに出さない

新車に買い換えとなれば、なんの疑いもなく購入先で下取りに出していませんか?

実は”ココ”が損得を大きく分けるのです。

私はカーディーラー営業時代にたくさん下取り査定をしてきましたが、やはりそのまま下取りに出すお客さんが多かったです。

しかし数十万円得しているお客さんたちは必ず他の買取店でも査定をしてもらい、比べて一番高いところで車を手放していました。

ちなみにこの業界の買取額の差額は数百円、数千円ではありません。

数万円から数十万円違うことが普通にあるのです。

ハッキリ言って車の査定額には基準はあってないようなもので、買い手によって全然変わるのです。

なんで買取店によって査定額に差が出るの?

買取店も意地だけで値段を吊り上げているわけではありません。

買取店も商売ですので当然利益が出なければ買い取りません。

ではなぜ査定額に差が現れるのか?

買取店毎の車種による再販売の得意分野が違う

買取店とは一口にいっても買い取る車の得意不得意があります。

外車が強いとか四駆が強いとか軽自動車が強いとか車種の数だけ違いは様々。

なぜ得意不得意があるのか?

買い取った車の販路(リセールルート)が違う

四駆・ディーゼル需要の高い海外にそのままダイレクトに輸出できる販路を持つ業者もいれば、国内で自分達で中古車販売店を展開している、軽自動車専門で販売している、一つのメーカーに絞っているなど、業者によって得意不得意は様々なのです。

しかし業者がどの車種が得意かどうかは査定額を比べない限りわからないのです。

最低3つの買取店は比べたい!

査定額に大きな差が出ることはわかりましたね。

査定額を比べないことは『値引きしなくていいです』と言っているようなものです。

そして得をしていたお客さんたちはほとんどの方が大体3店舗以上で査定してもらっていました。

私自身も乗っていたプリウスαを手放す時に買取店を3店舗比べましたが170万円・178万円・185万円みたいな感じで金額が出揃って、一番高いところで売却しました。

これでも一番安いところと高いところでは15万円の開きがありますからね。

買取店巡りがめんどくさい方は一括査定がオススメ

私は買取店を何店舗も巡るのはこういうサイトを運営している人間ですから全く苦ではありませんですし、なんなら買取店の方と少し話もしたいぐらいなので積極的に巡ってしまいますが、一般的には買取店で査定をお願いすると『ではこちらにまずご記入を〜』みたいな感じで毎回名前や住所を書かされたり、前のお客さんがいて待たされたりとわりかし時間はかかります。

一括査定は一度の入力で複数店に査定申込ができ、一番最高値をつけてくれるところを見つけられるサービス。

一括査定のメリットは何と言っても最高値をつけてくれる買取店を見つける時間と労力が節約できます。

もちろん金額に納得がいかなければ売らなくてもOKなのでまずは査定額がどれくらいか調べるぐらいの気持ちでやってみると良いでしょう。

下記に絶対に使える一括査定サイトを”強み別”にまとめて見ました。

あなたにあった一括査定サイトがあれば利用して見てください。

利用はすべて無料です。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、あなたの愛車を買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2021年9月現在)
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

車査定比較.com

『車査定比較.com』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの200社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

JADRI(日本自動車流通研究所)会員企業も参加しています。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大10社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大10社
参加企業数211社(2021年9月現在)
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

楽天愛車一括査定

『楽天 無料愛車一括査定』は文字通りあの楽天が運営しており、査定申し込みでもれなく楽天スーパーポイントを5ポイントプレゼント
さらに買取ご成約で1500ポイントプレゼントと楽天ならではのサービス。
楽天会員なら査定申込入力もログインして楽天会員情報と紐付けされるので入力の手間を省略!
楽天ユーザーが一括査定を利用するならダントツでオススメ。
一括査定とポイントのダブルでお得を獲得しましょう。

最大比較社数不明
参加企業数100社以上(2021年9月現在)
対応地域全国
このサイトの強みもれなく楽天スーパーポイント5ポイント&ご成約で1500ポイント獲得
費用すべて無料
  • この記事を書いた人

値引きゴリラ

国産車ディーラーでの営業経験を生かし、現在は車の値引きのコツや業界の裏側、その他車に関わる情報を発信中

-点検・整備

© 2014 車の値引き.com