数十万円得する方法

残念ですが、この業界は車の下取り価格に数十万円の大きな差が出ているのが現状です。

ディーラーに入社して初めてわかった!

私もカーディーラーに入社して営業をやるまで正直知りませんでした。

車の買取価格はあってないようなものだということに。

自分で査定して気づいた、『そもそも査定とは』

私も当然入社してから査定士という資格を取得しました。

というよりその資格がなければ査定できませんからね。

もちろんそれなりに難しいお勉強をして取得したつもりではあります。

しかし結局『査定士』というのは資格として必要なわけで、実際に現場では傷の見落としもあるかもしれないから本来のそれ以上の値段がついてしまっている場合もあるし、それ以下の場合もあり得るということです。

実際に自分で初めて査定した時に思いました。

『こんなんでいいのかな。。』

まあなんでも初めてなんてそういうものですよね。

しかし査定額というのはここまでのお話からもわかるように、査定する人間でも変わるし、買い取るお店でまったく変わってきます。

そもそもどうやって値付けしているの?

車には業者しか見れない中古車のオークションサイトが存在します。

そのオークションサイトから大体の相場額を見ながら査定額を出す方法と、あとは共通の仲値表を用いて査定額を算出する方法があります。

表を用いて査定する場合は、査定士の資格に沿った減点法で傷があれば減点、走行距離が多ければ減点のようにして算出していきます。

中古のものはなんでもそうですが、世間の人気やレア度などいろいろな要素から相場が構成され、価格が算出されます。

それだと大体同じくらいの金額になるんじゃないの?

おっしゃる通りですね。

オークションサイトで大体の相場額が出ていればほとんどの業者が同じ金額になっていくのが当然ですよね。

しかし中古車買取店も安く買い取って高く売ることで利益を得ていますからとにかく安く買い取りたいのが本音です。

だからどうしても査定額は相場より安くなりがちなのが流れですね。

この業者だけすごく高く買取!でもなんで?

しかし買取業者の中でも『ここだけ数十万円も高い!なんで?』という買取業者も存在します。

これも考えれば当然なのですがその業者がその価格でも買い取れればさらに利益を出すことができるからつけられる金額なのです。

でも別に高く値段つける必要はないよね?

なぜここで高く値段をつける業者が出てくるかというと、その業者はとにかく買い取らないことには利益も出ないのでまず買い取りたいのが第一です。

次に、客がその金額を持って他の業者と比べることも想定済みなので、他所にその金額を持って行っても絶対に勝てる自信があるから高く出すのです。

でもなんでそんな業者間で買取額に差が出るの?

再販力が違うから価格も違ってくる

中古車買取業者は当然ですが買い取った車をもう一度再販売して利益を得ています。

実はこの再販売こそが業者ごとにかなり変わってくるポイントであり、これで買取額が変わってくるのです。

再販売先は色々?

再販売と一口に言ってもたくさんあります。

オークションサイトに出したり、自社で再販売したり、海外に輸出したり、、と買ってくれる方がいる数だけ再販売のルートは存在します。

これがオークションサイトにしか出せない業者と、自社で再販売できる力を持っている大きな会社では買取価格に差が出るのは当然です。

これは野菜で例えてみると、自分で販売できる農家さんと、自分では販売できず市場に買い取ってもらう農家さんと同じですね。

当然ですが自分で売った方が儲かりますよね。

また、よくあるのが海外に直接輸出できるルートを持っている業者は価格に大きな差が出ることもあります。

買取業者
これは古いので0円です。

これはあくまで日本の中のマーケット内でのお話で、0円だと思っても海外で需要があることもあるのです。

そして海外に輸出できる業者はその需要がわかるので価格をつけることができるのです。

海外は部品取り車という需要も存在するので0円と言われた金額が20万円と言われたということも実際にあります。

それぐらい買い取る業者によって車の価値というのは変わってしまうのです。

でもその業者を見つけるのが大変

当然ですが、どこが一番高く買い取ってくれるかを知るには全ての買取業者に査定してもらえば日本一高い金額がわかりますよね。

しかしそれは現実的ではありません。

かと言って最寄りの2〜3軒の買取業者だけで比べるだけではあまりにも少なすぎます。

しかし、『一括査定』を使えば査定額の比較が超かんたんに。

monitor-313011_1280

 

一括査定サービスとは、スマホから簡単な入力で同時に複数の買取業者に査定依頼が無料でできるサービス。

これにより複数の査定業者に査定をしてもらうことで愛車の最高値が一目でわかるというもの。

もちろん値段に納得がいかなければ当然売らなくてもOK。

一括査定サイト経由により、買取業者に競合他社の存在をアピールできる。

一括査定サイトを使うことによるもう一つのメリットは『買取業者にライバルがいることが伝わる』こと。

新車でもそうですが、買取も競合他社がいるとわかると当然自分らで買い取りたいので負けじと査定額が高くなっていきます。

一括査定サイト経由の申し込みであることは買取業者にも伝わるので、競合がいることも自動的に伝わります。

すると競合がいる手前、買取業者はその中で勝ち残るためにも下手に安い値段をつけられなくなるのです。

これで新車購入時と同じく、車の売却でも『競合』の状態に。

結論:買うのも売るのもとにかく”競わせる”ことが大事

私はカーディーラー営業時代、ほとんどのお客さんは古い車を下取りとして自分のお店に出してもらっていました。

でもたまにいるんですよね。

ちゃんと下取り車も複数の買取業者に査定してもらい比較する賢いお客さんが。

しかもこれがまた何十万円って差が出ることがあるんです。普通に。

なんかこっちが騙してるみたいですよね。

それこそお客さんに『なんで君のところとこんなに金額差があるんだ!』と詰め寄られないか不安になるくらい。

だから愛車を比較せずに下取りに出す人を見るたび、『知らないってもったいないなぁ』といつも思っていました。

その中でも『0円だから』と諦めるのがマジでもったいない。

先ほども触れましたが、ディーラー営業時代に自分のところで0円の査定額だったのですが、お客さんが他の買取業者で査定したら25万円の査定額がついたこともありました。

せっかくこのサイトに辿り着いたからには、損をしない為にも必ず”愛車を最も高い額で”手放してほしい。

買取店をまわって査定額を比べるのは非常にめんどくさいです。

しかし、一括査定サイトを使えば時間と労力を大幅に節約できます。

下記に絶対に使える一括査定サイトを強み別にまとめてみました。

ぜひ、あなたにあった一括査定サイトを利用しましょう。利用は3社すべて無料です。

車査定比較.com

『車査定比較.com』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの200社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大10社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大10社
参加企業数211社(2021年10月現在)
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、あなたの愛車を買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2021年10月現在)
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

楽天愛車一括査定

『楽天 無料愛車一括査定』は文字通りあの楽天が運営しており、査定申し込みでもれなく楽天スーパーポイントを5ポイントプレゼント
さらに買取ご成約で1500ポイントプレゼントと楽天ならではのサービス。
楽天会員なら査定申込入力もログインして楽天会員情報と紐付けされるので入力の手間を省略!
楽天ユーザーが一括査定を利用するならダントツでオススメ。
一括査定とポイントのダブルでお得を獲得しましょう。

最大比較社数不明
参加企業数100社以上(2021年10月現在)
対応地域全国
このサイトの強みもれなく楽天スーパーポイント5ポイント&ご成約で1500ポイント獲得
費用すべて無料

© 2014 車の値引き.com