オーナーズボイス

『ホンダ・N-BOX』のオーナーズレビュー!(40代・男性)

ホンダN-BOXカスタム・GターボLパッケージの現行車(2015年2月以降のモデル)に乗っており、その紹介をさせていただきます。

車の内装

現行車N-BOXだと、リアシートにレールをつけて前後移動可能になったのがかなり良いです。
前後に動かせるので、後ろに人を乗せる時はリアシートを後方移動させて広々スペースを確保、荷台を活用したい時はリアシートを前に移動して荷台を広くとニーズに合わせて変化させれるのが便利です。
次に後部座席の快適性。
フロントシートの後ろ側にトレーがあって飲み物や食べ物、小物を置けるのがグッドです。

エアコン操作パネルは表示は液晶ですしボタンも高級感があります。
軽自動車ってパネル類の安っぽさが気になってたんですが、さすがN-BOXは軽自動車なのに200万オーバーしただけあります。
同価格帯の普通自動車に負けてません。

あと、ミラーやバックモニターで車の死角部分をとても見やすくしてあります。
ギアをバックに入れると自動でカーナビ画面がバックモニタに切り替わるので、後ろギリギリにつけたい時は大助かりです。
また左ドアミラー付近に左前方を見れる小さいミラーが設置されてるので、狭い道を通る時の車幅確認もしやすいですね。狭い道の運転は苦手だった人はかなり便利だと思います。

外装

外装はカスタムにしてるだけあって、軽自動車っぽいチープ感はないです。
気になるのは2015年2月以降モデルの現行車とそれ以前のモデルでほぼ差がないことです。
フロントグリルの横バーの数が違うってぐらいなので、横や後ろから見ても現行車とわかりません。

実燃費

N-BOXカスタムGターボはターボ付の車なので燃費はノーマルよりも落ちます。
カタログ燃費では22km/Lですが、実燃費は15km/Lぐらいです。
夏場にエアコンをかけ、平日昼間に走れば12km/Lまで低下します。ライバル車のタントやスペーシアと比べると燃費では負けてますね。

車体が大きく風圧の影響がすごいからか、高速道路を走っても燃費はさほど向上しません。15-6km/L程度です。
燃費が伸びる時は時速50-60kmぐらいで信号の少ない道路で、起伏の少ない峠道や堤防沿いの道なら20km/Lぐらいまで行きます。
ただ私の乗り方だと結局15km/Lに落ちつくって感じです。

良い所

ターボ車ならではの加速が良いです。
アクセルを踏んだ分だけ加速してくれるので気持ちよく運転できますね。
あと、エアコンを使っていても馬力があまり落ちた感じはしません。
以前乗っていたワゴンRだとエアコンを使うと加速が悪くなったのはすぐわかりましたし、坂道を登る時はエアコンを切ったりもしました。
しかしN-BOXはエアコンonにしても差を体感出来ません。ですので坂道を登る時でもエアコンonのままですし夏場でも快適に運転出来るのが良いです。

リアシートの前後移動も便利です。
かなりリアシート部分を広く出来るので荷物を載せるのに便利なのは勿論、運転に疲れた時はリアシートに移動して休憩したり出来ます。

悪い点や気になる所

車体が大きくて重心が高いからか、コーナー時にとても不安定で横Gも感じます。
自分一人だといいですが、助手席やリアシートに人を乗せてる時はかなり慎重な運転をしないと車酔いさせてしまいます。

私には合わないってだけかもしれませんが、アイドリングストップ機能が気になります。
この機能のおかげで信号停車時にカックンとなることが多く、自然な減速で停まりにくいんです。
元々カックンブレーキをしてる人は問題ないと思うんですが、滑らかな減速をモットーとしてきた私にはイライラする機能です。
そして夏場はアイドリングストップ機能のせいで、信号待ちをしてる時はエアコンから涼しい風が出ません。
少しの停車ならいいんですが、数分停車するってなると暑く感じてしまいます。
夏場はアイドリングストップ機能をoffにして運転することが多かったぐらいです。
実際アイドリングストップのon/offで燃費比較してみましたが、ほぼ変化はありませんでした。
アイドリングストップをスイッチでoffにしても、一度エンジンを切るとアイドリングストップ機能がonになってしまうんです。
車の乗る度に毎回offにしないといけないので、こういう手間が面倒だなって感じます。

主な使い方

主に通勤、買い物で使ってます。
軽自動車ですがアイポイントは高いですし運転はしやすいので、少しぐらいの遠出なら十分役立ってくれます。
荷物も多く乗せれるのは便利です。

ただ、あまり人は乗せないようにしてます。
原因は横Gによる車酔いです。
基本は私だけ、たまに助手席に人を乗せるってぐらいの最大二人までにしてます。

管理人の批評

今も非常に人気のN-BOX。しかしアイドリングストップをオフにすることも多かったのは意外な点でした。改善の余地ありですね。この車が気になる方はまずはオートックワン で無料見積もりシミュレーションをしてみよう!

値引きを気にするより査定額を気にしろ!!”強み別”一括査定サイト3選!

車業界は一年中値引きがあるので結局のところ値引き額ではなく、今乗っている車の査定額をいかに底上げできるかに尽きます。

A店では30万円値引きしてもらっても下取り額が10万円で、B店は値引き額が20万円でも下取り額が30万円かもしれません。

そうなると当然B店の方がお得ですよね。

ディーラーに下取り額、ごまかされていない?

新車の商談で大きな値引きが出たぞ!って喜んでいても実は下取り額で調整されていませんか?

下取り額をごまかされないためにも今あなたが乗っている車の概算査定額を把握しておくことは重要です。

ぶっちゃけディーラーに下取りに出すのはもう古い。

最近では業界の流れとして一括査定を利用して買取専門店で車を売却する方がかなり増えています。

答えは当然『買取額を比較できて高額査定が出るから』

複数の買取店で複数の査定額を比較することで初めてその車の査定額が高いか安いかわかるのです。

とにかく複数の査定額を比べることが超重要

何度も言いますが、一社の査定額では高いのか安いのかわかりません。

それをハッキリさせられるのが一括査定。

元カーディーラー営業の私がいうのもあれですが、所詮新車の値引きには限度があります。

ディーラーも同じものを売っている以上値引きの痛みは同じ。

『ここのディーラーだけめっちゃ値引きする!』とかありえません。

新車の値引きで何十万円という差は出ないのです。

大きく損得が出るのは下取り車の査定額

車によっては『嘘だろ!?』って言いたくなるくらいの価格差が普通に出ちゃいますから。

まずは愛車の概算買取価格を知るだけでもいいでしょう。

絶対に使える一括査定サイトを下記に『強み別』にまとめたので、あなたに合った一括査定サイトを利用してみましょう。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、ざっくり年式と距離を入力するだけであなたの愛車を最新の買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2022年1月現在)
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

カービュー愛車一括査定

carview

『カービュー愛車一括査定』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの300社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大8社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大8社
参加企業数305社(2022年1月現在)
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

楽天愛車一括査定

『楽天 無料愛車一括査定』は文字通りあの楽天が運営しており、査定申し込みでもれなく楽天スーパーポイントを5ポイントプレゼント
さらに買取ご成約で1500ポイントプレゼントと楽天ならではのサービス。
楽天会員なら査定申込入力もログインして楽天会員情報と紐付けされるので入力の手間を省略!
楽天ユーザーが一括査定を利用するならダントツでオススメ。
一括査定とポイントのダブルでお得を獲得しましょう。

最大比較社数不明
参加企業数100社以上(2022年1月現在)
対応地域全国
このサイトの強みもれなく楽天スーパーポイント5ポイント&ご成約で1500ポイント獲得
費用すべて無料

-オーナーズボイス
-,

© 2014 車の値引き.com