契約・納車

迷惑?ディーラーで試乗だけするのはダメなの?

ディーラーって普段あまり行かないからよくわからない。。

ちょっと気になる車があるんだけど試乗だけして帰ることはできる?

試乗って無料なの?

元カーディーラー営業がディーラーの裏側を教えます。

本題に入る前に・・

当サイト『車の値引き.com』は車購入時にありがちな””をすることなく値引きを最大化し、皆様にお得に買って頂きたいと考えています。

なぜならそれはディーラー営業だった私が実際に損をしているお客さんを目の前でたくさん見てきたから。

一人でも損をする人を減らしたいと考え、『車業界の落とし穴』であるこの事実を当サイトに訪れた方には真っ先にお伝えしています。

下取り車はあなたの立派な資産、安売りしたら大損

実はディーラーにて商談時に注意しなければならないのは下取り車を安く買い取られてしまうことです。

ディーラーはあなたに下取り車がある場合、車両値引きを多く見せかけて実はちゃっかり下取り車の査定額からやりくりすることもあります。

『値引きが30万円出たぞ!』と喜んでも実は下取り車の査定額は相場より20万円低い価格で買い取られていた場合、実質的な値引きは10万円しかありません。

値引きも少ない上にあなたの立派な資産である車も安く買い取られてしまっては大損ですね。

大事な資産が正当な評価をされないのは本当にもったいない。

20万円も値引きが違ったらどうでしょう。

オプションが増やせたり、旅行に行けたりするレベルの金額です。

車両値引きと下取りは分けて考えるのが重要です。

愛車の買取相場を把握しておくことが重要

ディーラーがあなたの車の査定額をごまかしているかどうか判断する為の材料は一つしかありません。

車の買取相場を把握しておくことです。

商談前に愛車が大体いくらぐらいの価値があるか把握していればディーラーの査定額が『ん?少し安いぞ?』なんてことにも気づけます。

これが把握できていないとディーラーの査定額が高いのか安いのか全くわからないですからね。

また、下取り額が頭に入っていると『あれ、意外と査定額がついたからオプション増やせるぞ?』なんて新車購入計画のための参考情報にもなります。

ちなみに査定額をすぐに把握したい場合は東証一部上場企業が運営する『ナビクル』がオススメ。

年式や走行距離の簡単な入力だけで現在の相場から算出した概算査定価格をWeb上でスグ表示してくれます。

また、出張査定や査定比較も無料なので下取り車を高く売りたい方は必ず利用すべきサービスです。

もちろん利用は無料なのでまずは概算買取価格を把握してから車の購入を検討しましょう。

ナビクル車査定へ

迷惑じゃないから試乗すべし!

車は高価な買い物ですから当然簡単には決められません。

もちろん乗ってみて実際に見てみて決めるというのは当然のことです。

ディーラーは試乗だけも当然迷惑ではありません。

むしろディーラーは『唯一試し乗りができる、試乗しに行くための場所』です。

欲しい車がある、気になっている車があるなら遠慮せずにどんどん試乗しましょう。

こんな試乗は迷惑!

お店にある試乗車に全部乗ってみたいなどの試乗マニアは明らかな冷やかし客と判断されます。

多くても気になっている車種2〜3車種程度に絞りましょう。

そもそも試乗の流れがわからない!

試乗はとっても簡単です。

お店に直接行って『〇〇という車を試乗してみたいんですけど』というように試乗する場合と事前に電話予約にて試乗を予約するという方法があります。

前者の場合は試乗できる車がその日そのディーラーにある車だけと限られてしまいますが、事前に電話予約できればその店舗に希望の試乗車がなくても近隣の店舗から取り寄せて用意することもできます。

試乗はもちろん無料でお金はかかりませんが、試乗の際は免許証の確認がありますので必ず免許は持っていきましょう。

また、車に乗り慣れていない人が練習がてらなどの理由で試乗は絶対にやめましょう。

あくまで自分の車ではありませんからぶつけたり事故を起こしたら大変です。

ちなみに万が一事故を起こした場合はあなたの責任となり、あなたの自動車保険で対応することになります。

試乗中の大事な4つのポイント!

①普段乗り慣れていない車なので安全運転を

当然ですが試乗車は乗り慣れていない車です。

ハンドルの切れる感覚やスピード感まで全て違うので普段乗っている車よりも安全運転を心がけましょう。

どうしても直線道路などでスピードを出してチェックしたくなる場合もあります。

もし最寄りに高速道路があれば1区間だけであれば乗ってみたいという要望も聞いてくれる場合もありますので相談してみましょう。(もちろん高速代は支払いましょう)

②運転手が他にいる場合、みんな交代で乗ろう

例えば夫婦で試乗に来て両者とも運転する場合、両者とも途中で交代して試乗をしましょう。

よく奥さんが遠慮して乗らないなんてことがありますが、絶対に乗ったほうがいいです。

乗ったと乗らないでは0と100くらい情報が違いますからね。

③ゴルフバッグやベビーカーなど実際に積んでみる

ゴルフをやられる方だとゴルフバッグが何個詰めるなどは重要な判断基準となりますよね。

実際に持っていって積んでみると良いでしょう。

実際ゴルフをやられる型の大半はシミュレーションとして積んでみたりしています。

それ以外にも普段の用途に近い使い方を想定して積みたいものを持っていったりすると良いでしょう。

買ってから『あの時確かめておけばよかった』となっては遅いです。

④家の駐車場に入れてみる

もし家の駐車場がギリギリかもしれないなどの不安があれば、事情を説明して家の駐車場に入れてみましょう。

これがなぜ重要かというと、一見入っているように見えても実は道路の側溝に車がはみ出して私有地ではないので車庫証明が取れないということがあります。(側溝は基本的に公道扱い)

実際過去に私のお客さんで家の駐車場が道路に面していて歩道の側溝に車がはみ出してしまって泣く泣くよそに駐車場を借りるという方もいました。

営業が見れば車庫証明が通るか通らないかは大体わかりますので車庫証明に不安があれば営業にみてもらいましょう。

試乗だけして帰ることはできる?

試乗が終わったら買わされそうだからすぐに帰りたい。。

これはぶっちゃけた話をすると営業が試乗だけではなかなか帰してくれないです。

とはいえ買うまで帰さないと言っているわけではありません。

これはディーラーの裏側の話ですが、営業も試乗してもらってただそのままお客さんを返してしまうと上司から『何やってるんだ』と叱責されてしまいます。

最低限営業も見積もりくらいは出さないといけないのです。

なので見積もりくらいには付き合ってあげると良いでしょう。

もちろん『今日は買いません』と言い張っておけば買わされることはありませんから。

試乗だけで帰りたいなら試乗予約はしないほうがいい!

もしどうしても試乗だけして帰りたい場合は試乗予約はせずにふらっと立ち寄ったふりして『ちょっと時間があまりないんだけど少しだけ試乗したい』のような感じでいけば試乗だけで帰ることもできます。

試乗予約をすると時間があると思われる上に営業もかなり期待しています。

しかし試乗予約をしない場合、事前にお店に乗りたい試乗車があることをチェックしておかないとできません。

ディーラーは全車種の試乗車がお店にあるわけではありませんのでそのお店には乗りたい試乗車がないこともあります。

学生でも試乗はできる?

学生でも当然運転免許証があれば試乗はできます。

ただし、学生だけではかなり冷やかし判定されるので親も一緒に行ってくれるのであれば親が同伴の方が良いでしょう。

実際購入となれば現金一括で買えるのであれば問題ありませんが、学生が自動車ローンを組む場合は審査に落ちることが多いです。

試乗は重要な購入基準、じっくりしよう!

試乗は車を買うための重要な判断基準。

もちろん実際に乗ってみて『やっぱりこれじゃない』と思うことも当然あります。

やはり検討をやめるといった場合にはその旨もはっきり営業には伝えましょう。

適当に濁すと営業も『買うかもしれない』と思ってアタックしてきます。

試乗車を写真や動画もたくさん撮って後で家で見返してみてじっくり決めましょう。

値引きを気にするより査定額を気にしろ!!”強み別”一括査定サイトはこの2つ!

車業界は一年中値引きがあるので結局のところ値引き額ではなく、今乗っている車の査定額をいかに底上げできるかに尽きます。

A店では30万円値引きしてもらっても下取り額が10万円で、B店は値引き額が20万円でも下取り額が30万円かもしれません。

そうなると当然B店の方がお得ですよね。

ディーラーに下取り額、ごまかされていない?

新車の商談で大きな値引きが出たぞ!って喜んでいても実は下取り額で調整されていませんか?

下取り額をごまかされないためにも今あなたが乗っている車の概算査定額を把握しておくことは重要です。

ぶっちゃけディーラーに下取りに出すのはもう古い。

最近では業界の流れとして一括査定を利用して買取専門店で車を売却する方がかなり増えています。

答えは当然『買取額を比較できて高額査定が出るから』

複数の買取店で複数の査定額を比較することで初めてその車の査定額が高いか安いかわかるのです。

とにかく複数の査定額を比べることが超重要

何度も言いますが、一社の査定額では高いのか安いのかわかりません。

それをハッキリさせられるのが一括査定。

元カーディーラー営業の私がいうのもあれですが、所詮新車の値引きには限度があります。

ディーラーも同じものを売っている以上値引きの痛みは同じ。

『ここのディーラーだけめっちゃ値引きする!』とかありえません。

新車の値引きで何十万円という差は出ないのです。

大きく損得が出るのは下取り車の査定額

車によっては『嘘だろ!?』って言いたくなるくらいの価格差が普通に出ちゃいますから。

まずは愛車の概算買取価格を知るだけでもいいでしょう。

絶対に使える一括査定サイトを下記に『強み別』にまとめたので、あなたに合った一括査定サイトを利用してみましょう。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、ざっくり年式と距離を入力するだけであなたの愛車を最新の買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2022年8月現在)
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

カービュー愛車一括査定

carview

『カービュー愛車一括査定』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの300社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大8社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大8社
参加企業数305社(2022年8月現在)
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

-契約・納車
-