商談・値引き 時事・業界ネタ

知らないと恥!?系列が同じディーラーは競合ができないって本当?

車は同じメーカーでも実は『経営資本が違うディーラー』というのがいくつも混在します。

例えばコンビニがそうですよね。同じコンビニ名でも経営している人が違うことは当然あります。

あくまでメーカーの名前を借りて地場資本の会社が車を売っているのです。

一つの県の中でも複数あり、地域によっては同じメーカーだけど経営資本の違うカーディーラーが道路を挟んで向き合っている場所もあるほど。

当然同じメーカーの看板を両者とも掲げているのでお客さんからすれば同じお店にしか見えませんね。

こうなるとお店としては『なんとかライバル店と差別化をして自分たちのところで買ってもらいたい』と思うのは当然のことですね。

でも扱っている物は全く同じなので差別化と言っても簡単にできません。

そこで生まれる差別化が『値引き』となるのです。

これをディーラー業界用語でいうところの競合と呼びます。

つまり同じメーカーでも経営資本の違うお店であれば価格を比べて値引きが見込めるのです。

ではここで一つ疑問。

同じ経営の別店舗同士では競合はできないのか?

本題に入る前に・・

当サイト『車の値引き.com』は車購入時にありがちな””をすることなく値引きを最大化し、皆様にお得に買って頂きたいと考えています。

なぜならそれはディーラー営業だった私が実際に損をしているお客さんを目の前でたくさん見てきたから。

一人でも損をする人を減らしたいと考え、『車業界の落とし穴』であるこの事実を当サイトに訪れた方には真っ先にお伝えしています。

下取り車はあなたの立派な資産、安売りしたら大損

実はディーラーにて商談時に注意しなければならないのは下取り車を安く買い取られてしまうことです。

ディーラーはあなたに下取り車がある場合、車両値引きを多く見せかけて実はちゃっかり下取り車の査定額からやりくりすることもあります。

『値引きが30万円出たぞ!』と喜んでも実は下取り車の査定額は相場より20万円低い価格で買い取られていた場合、実質的な値引きは10万円しかありません。

値引きも少ない上にあなたの立派な資産である車も安く買い取られてしまっては大損ですね。

大事な資産が正当な評価をされないのは本当にもったいない。

20万円も値引きが違ったらどうでしょう。

オプションが増やせたり、旅行に行けたりするレベルの金額です。

車両値引きと下取りは分けて考えるのが重要です。

愛車の買取相場を把握しておくことが重要

ディーラーがあなたの車の査定額をごまかしているかどうか判断する為の材料は一つしかありません。

車の買取相場を把握しておくことです。

商談前に愛車が大体いくらぐらいの価値があるか把握していればディーラーの査定額が『ん?少し安いぞ?』なんてことにも気づけます。

これが把握できていないとディーラーの査定額が高いのか安いのか全くわからないですからね。

また、下取り額が頭に入っていると『あれ、意外と査定額がついたからオプション増やせるぞ?』なんて新車購入計画のための参考情報にもなります。

ちなみに査定額をすぐに把握したい場合は東証一部上場企業が運営する『ナビクル』がオススメ。

年式や走行距離の簡単な入力だけで現在の相場から算出した概算査定価格をWeb上でスグ表示してくれます。

また、出張査定や査定比較も無料なので下取り車を高く売りたい方は必ず利用すべきサービスです。

もちろん利用は無料なのでまずは概算買取価格を把握してから車の購入を検討しましょう。

ナビクル車査定へ

同じグループのディーラー内で掛け持ち商談はNG

これはディーラーの経営サイドから見て考えるとわかりますが、利益の削減を進んでやっていることになりますね。

個々の営業スタッフは自分の成績になれば系列店舗同士で競合してでも自分が売りたいですが、会社からすれば何の意味もないどころか自ら自分の首を絞めてるようなもんです。

自分の会社内で値段を競合して下げていくなんて馬鹿馬鹿しいにもほどがありますよね。(メーカーから見ればディーラー間の競合も同じことなんですが)

なので暗黙の了解で同じ経営のディーラーでは店舗間では競合できないようになっています。

でも見積書を見せなければ系列だってバレないんじゃないの?

ディーラーは見積もりを作る前にあなたの名前、住所、電話番号を必ず聞いてきます。

これを教えてくれないお客さんには絶対に値引きは出しません

そして個人情報を商談専用の端末に登録して商談を進めるので競合してるお客は社内ネットワークにて共有しているのでどこのお店で見積もりを出しているとか全てわかるのでですぐにバレます。

私も営業時代にお客さんで、グループ店舗内の見積書を持って来店されたことが何度かありましたが、これはディーラーよりもお客さんが正直かわいそうです。

だってお客さんが一生懸命足で回って今までかけた時間と労力が完全に水の泡になりますからね。

紛らわしいのはこっちのせいなのにごめんなさいって感じです。

このお店はこれぐらい値引するんだけどおたくはどれぐらいできるの?
このお店、うちの会社です。
営業
えっ
えっ
営業

とっても無駄な時間と恥ずかしい思いをすることになるので同経営ディーラー競合はやめましょう。

あと、名前や住所を偽って車を買う事はナンバー登録時に印鑑証明が必要ですからまず無理なので諦めましょう。

同経営と知らないうちに競合している場合もありますので各ディーラー(メーカーではない)のホームページ等でよく調べておきましょう。

経営の違うディーラーの見極め方とは

簡単な見極め方としてはそのディーラーのホームページを見れば分かります。

ディーラーのホームページで店舗一覧などを見れば、同じ一覧に載っているお店は同じ資本です。

メーカーのホームページで店舗一覧を見てしまうと資本がバラバラでも同じように一覧に表示されるので必ずディーラーのホームページを見ましょう。

資本が違うディーラー同士なら赤字覚悟で値引きをする。なぜ?

カーディーラー業界は値引きがある為、実は新車販売の利益なんて雀の涙みたいなもの。

時には売って赤字になる場合もありますからね。

赤字ですよ?売ったら損するんですよ?

ではなぜ売って損するのに赤字になっても売るのか。

長い目で見たら実は赤字ではない

ディーラーは新車販売のほかに中古車販売、中古車買取、自動車の点検・車検・修理、自動車保険販売、携帯電話販売、クレジットカードからJAFなど多岐にわたった商品を幅広く取り扱っています。

しかしこれらの商品は顧客との親密なお付き合いがあってこそ売れる物。

その辺を歩いている人に『車検やりませんかー、自動車保険は入りませんかー』っていうのはかなり無謀な挑戦ですよね。

裏を返せば顧客が多いディーラーほどこれらの商品の販売は強くなります。

新車販売はあくまでこれらの商品を売る為に顧客となってもらうキッカケにすぎないのです。

ディーラーは新規顧客をどんどん増やす為、新車販売は利益が出なくても売りたいので値引きがあるのです。

こちらに新車販売以外の営業内容が詳しく書かれています。

参考実はディーラー営業はなんでも屋!?一日の仕事内容とは?

カーディーラーって車を売るだけじゃ暇じゃないの? 車を売る以外にどんな営業活動してるの? カーディーラーは車を売る以外にどんな営業活動しているのかわからないですよね。 今回は『車を売る』以外の営業活動 ...

続きを見る

まとめ

車は売って終わりではない商品なので、悪く言うと一度売ってしまえばいやでもしばらくは付き合えるのです。(点検や車検の誘致等)

顧客になってもらえると営業はそれだけアタックできるチャンスがある。

例えば『ウォーターサーバー無料で設置!』なんてありますが、あれはその後の継続的なお水の注文で成り立っているのです。

そのためには無料でも設置したいのです。(当然ですがあの機械、買うとなったらめちゃ高いです)

『新車値引き』も同じであくまでその後に顧客になってもらう為のツールに過ぎません。

営業マン達は赤字だろうが値引きしまくろうが自分の懐が痛むわけではないので『売ること』しか考えていません。

とはいえ同じ社内で競合して販売しても会社自体の母体数は増えません。

あくまで外部との戦いに勝って顧客母体を増やして行くことが仕事なのです。

だから同経営資本内では競合値引きなんて絶対しませんが、そこに他経営ディーラーが絡んでくれば話は全く別ということ。

経営資本が違うかどうかは正直かなりわかりづらいのでとにかくそのディーラーのホームページを見ることが一番です。

無駄な時間と労力を使わないためにも事前にしっかり調べていきましょう。

値引きを気にするより査定額を気にしろ!!”強み別”一括査定サイトはこの2つ!

車業界は一年中値引きがあるので結局のところ値引き額ではなく、今乗っている車の査定額をいかに底上げできるかに尽きます。

A店では30万円値引きしてもらっても下取り額が10万円で、B店は値引き額が20万円でも下取り額が30万円かもしれません。

そうなると当然B店の方がお得ですよね。

ディーラーに下取り額、ごまかされていない?

新車の商談で大きな値引きが出たぞ!って喜んでいても実は下取り額で調整されていませんか?

下取り額をごまかされないためにも今あなたが乗っている車の概算査定額を把握しておくことは重要です。

ぶっちゃけディーラーに下取りに出すのはもう古い。

最近では業界の流れとして一括査定を利用して買取専門店で車を売却する方がかなり増えています。

答えは当然『買取額を比較できて高額査定が出るから』

複数の買取店で複数の査定額を比較することで初めてその車の査定額が高いか安いかわかるのです。

とにかく複数の査定額を比べることが超重要

何度も言いますが、一社の査定額では高いのか安いのかわかりません。

それをハッキリさせられるのが一括査定。

元カーディーラー営業の私がいうのもあれですが、所詮新車の値引きには限度があります。

ディーラーも同じものを売っている以上値引きの痛みは同じ。

『ここのディーラーだけめっちゃ値引きする!』とかありえません。

新車の値引きで何十万円という差は出ないのです。

大きく損得が出るのは下取り車の査定額

車によっては『嘘だろ!?』って言いたくなるくらいの価格差が普通に出ちゃいますから。

まずは愛車の概算買取価格を知るだけでもいいでしょう。

絶対に使える一括査定サイトを下記に『強み別』にまとめたので、あなたに合った一括査定サイトを利用してみましょう。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、ざっくり年式と距離を入力するだけであなたの愛車を最新の買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2022年11月現在
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

カービュー愛車一括査定

carview

『カービュー愛車一括査定』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの300社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大8社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大8社
参加企業数305社(2022年11月現在
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

-商談・値引き, 時事・業界ネタ
-