契約・納車

実際にあった新車契約後によくあるキャンセル理由3つとは?

フラっとディーラーにカタログだけもらいたいなーなんて言いながら営業と話をしたらその気になって勢いで買ってしまった。

でもやっぱり家に帰って冷静に考えたらキャンセルしたい。。

家族に無断で決めてしまった。。

これってキャンセルできるの?

クーリングオフは適用されるの?

元車屋の営業が実際にあった3つの実例を交えて解説します。

本題に入る前に・・

当サイト『車の値引き.com』は車購入時にありがちな””をすることなく値引きを最大化し、皆様にお得に買って頂きたいと考えています。

なぜならそれはディーラー営業だった私が実際に損をしているお客さんを目の前でたくさん見てきたから。

一人でも損をする人を減らしたいと考え、『車業界の落とし穴』であるこの事実を当サイトに訪れた方には真っ先にお伝えしています。

下取り車はあなたの立派な資産、安売りしたら大損

実はディーラーにて商談時に注意しなければならないのは下取り車を安く買い取られてしまうことです。

ディーラーはあなたに下取り車がある場合、車両値引きを多く見せかけて実はちゃっかり下取り車の査定額からやりくりすることもあります。

『値引きが30万円出たぞ!』と喜んでも実は下取り車の査定額は相場より20万円低い価格で買い取られていた場合、実質的な値引きは10万円しかありません。

値引きも少ない上にあなたの立派な資産である車も安く買い取られてしまっては大損ですね。

大事な資産が正当な評価をされないのは本当にもったいない。

20万円も値引きが違ったらどうでしょう。

オプションが増やせたり、旅行に行けたりするレベルの金額です。

車両値引きと下取りは分けて考えるのが重要です。

愛車の買取相場を把握しておくことが重要

ディーラーがあなたの車の査定額をごまかしているかどうか判断する為の材料は一つしかありません。

車の買取相場を把握しておくことです。

商談前に愛車が大体いくらぐらいの価値があるか把握していればディーラーの査定額が『ん?少し安いぞ?』なんてことにも気づけます。

これが把握できていないとディーラーの査定額が高いのか安いのか全くわからないですからね。

また、下取り額が頭に入っていると『あれ、意外と査定額がついたからオプション増やせるぞ?』なんて新車購入計画のための参考情報にもなります。

ちなみに査定額をすぐに把握したい場合は東証一部上場企業が運営する『ナビクル』がオススメ。

年式や走行距離の簡単な入力だけで現在の相場から算出した概算査定価格をWeb上でスグ表示してくれます。

また、出張査定や査定比較も無料なので下取り車を高く売りたい方は必ず利用すべきサービスです。

もちろん利用は無料なのでまずは概算買取価格を把握してから車の購入を検討しましょう。

ナビクル車査定へ

早ければキャンセルは可能かもしれない

まず結論から言うとキャンセルは早ければ早いほどできます。

逆に遅ければ遅いほど難しいです。

車は通常、オーダーをかけてもすぐには出来上がりません。

そのため、翌日などであればほぼ問題なくキャンセルは可能でしょう(とはいえ権利があるわけではないので無理と言われたら難しい)

しかしすぐに出来上がらないとは言え、工場もゼロから作っているのではなく、ある程度途中まで作っていて、オーダーがあるとそこからオプションなどをつけて車体番号を発行する形になるのでそれが早いとすぐに引き当てらることになります。

ちなみに車体番号が引き当てられるとディーラーが在庫車を抱えることとなり、キャンセルは難しくなります。

しかしここで『かもしれない』と書いたのは理由があります。

ディーラーは売れたら意地でもそれを無しにはしたくないのでよっぽど強い熱意がない限りキャンセルは難しいものとなります。

例えば違う車に変更しますか?や色を変えますか?などいろいろ提案されるでしょう。

車の購入にクーリングオフは適用されません!

もともとクーリングオフという制度は押し売りなどの訪問販売などの対策としての制度です。

車はお客さんが自ら足を運んでディーラーでじっくり商談をして購入しているので押し売りでもなんでもないのでクーリングオフの対象とはなりません。

陸運局登録後は不可能

登録後(ナンバープレートが発行された後)のキャンセルは不可能です。

登録後の車はディーラーとしても在庫車ではなく中古車扱いとなり、損害が発生します。

一度ナンバーがついた車は初度登録されるので新車とは呼べなくなります。

せいぜい未使用車です。

まあ登録書類までわざわざ出してそれからキャンセルする人は私は見たことがありません。

手付金は返金される?

契約時に手付金(内金、申込金)として車両代金の一部を先に払っている場合もありますよね。

これに関しては相手次第といったところです。

これをキャンセル料として返金しない場合もありますが、まあ大手ディーラーであれば返金することも考えられます。

そもそもこの手付金というのはキャンセル防止や逃げられるのを防止するためにいくらか支払わせることでそれを防ごうというものです。

たとえ話ですがスーパーのカートが100円入れてロックを外してまた元に戻せば100円が返ってくるものがありますよね。

やってることは同じです。

手付金をお客さんに決めさせる場合もあるので額にもよりますが、早い段階のキャンセルであれば返してもらえるかもしれません。

ちなみに違約金などは説明がない限り発生しません。

【実例】今まで実際に受けたよくあるキャンセル理由3つ

私が営業時代に実際に受けたキャンセル理由をご紹介します。

①『一日経って興奮が冷めて我に返った』

まあよくあります。

『昨日はどうかしてた』などと言われますが正直この理由ではちょっとキャンセルは困ります。

私自身この理由はショッピングモールなどでの移動展示会で契約してくれたお客さんに多かったですね。

ショッピングモールで新車を売ってるけど、本当に買って大丈夫?

最近、大型ショッピングモールなどで新車の販売をしているのをよく目にしますよね。 何を隠そう私もカーディーラー営業マン時代はこのショッピングモールでの販売はよく担当しました。 本当にショッピングモールで ...

続きを見る

②『やっぱり他の車がいい』

まあこれもよくあります。

ちなみにこれは推定されるに他のディーラーでも商談を同時進行しててそちらの方が値引きが多くて一度契約したがキャンセルできないかという申し出であることが多いです。

当然他で契約したなんて言いませんが大半はこうです。

他の車と悩んでいる状態で契約させてしまう営業も営業ですけどね。

③『お金がない』

正直これを言われるとまあ営業としては一番諦めはつきます。

なぜ買ったの?って突っ込みたくなります。

まあ本当はお金はあるんでしょうけど少し計算が甘かったから考え直したいということでしょうね。

しかしこれに関してはローンをお勧めしてなんとかキャンセルにならなかったこともあります。

だいたいキャンセルしたくなるのは翌日

私が営業時代にキャンセルを受けたのはほとんどが翌日でした。

他にも

『奧さんに相談してなかった』

『今の車をもう少し乗りたい』

などいろいろなキャンセル理由がありました。

しかしもう一度商談をして改めて買ってもらったことがほとんどです。

キャンセルは営業の力不足

キャンセルは言ってしまえば営業の力不足です。

営業がしっかりお客さんを納得させられていないので不安が残ってしまうのです。

まとめ:車を買うのは勢いも必要

車を買うというのは家の次に大きな買い物ですからそれなりの勢いが必要。

車も家もそうですが、高い買い物は悩んでいては一生決められません。

勢いが一番必要なのです。

あなたもわざわざディーラーに足を運んで車を買ったなら勢いとは言えそれなりに新車を考えてはいたはず。

まずはキャンセルしたいと思ったらそれを営業に伝えてもう一度じっくり営業とお話をしましょう。

それが一番の解決策です。

値引きを気にするより査定額を気にしろ!!”強み別”一括査定サイトはこの2つ!

車業界は一年中値引きがあるので結局のところ値引き額ではなく、今乗っている車の査定額をいかに底上げできるかに尽きます。

A店では30万円値引きしてもらっても下取り額が10万円で、B店は値引き額が20万円でも下取り額が30万円かもしれません。

そうなると当然B店の方がお得ですよね。

ディーラーに下取り額、ごまかされていない?

新車の商談で大きな値引きが出たぞ!って喜んでいても実は下取り額で調整されていませんか?

下取り額をごまかされないためにも今あなたが乗っている車の概算査定額を把握しておくことは重要です。

ぶっちゃけディーラーに下取りに出すのはもう古い。

最近では業界の流れとして一括査定を利用して買取専門店で車を売却する方がかなり増えています。

答えは当然『買取額を比較できて高額査定が出るから』

複数の買取店で複数の査定額を比較することで初めてその車の査定額が高いか安いかわかるのです。

とにかく複数の査定額を比べることが超重要

何度も言いますが、一社の査定額では高いのか安いのかわかりません。

それをハッキリさせられるのが一括査定。

元カーディーラー営業の私がいうのもあれですが、所詮新車の値引きには限度があります。

ディーラーも同じものを売っている以上値引きの痛みは同じ。

『ここのディーラーだけめっちゃ値引きする!』とかありえません。

新車の値引きで何十万円という差は出ないのです。

大きく損得が出るのは下取り車の査定額

車によっては『嘘だろ!?』って言いたくなるくらいの価格差が普通に出ちゃいますから。

まずは愛車の概算買取価格を知るだけでもいいでしょう。

絶対に使える一括査定サイトを下記に『強み別』にまとめたので、あなたに合った一括査定サイトを利用してみましょう。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、ざっくり年式と距離を入力するだけであなたの愛車を最新の買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2022年11月現在
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

カービュー愛車一括査定

carview

『カービュー愛車一括査定』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの300社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大8社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大8社
参加企業数305社(2022年11月現在
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

-契約・納車
-