人気記事 商談・値引き

カーディーラーに行く時は事前に商談予約をしたほうがいいの?

ディーラーっていきなり行って相手にしてもらえるの?

商談予約とかしないといけないの?

車って頻繁に買うもんじゃないからどうしていいかわからない方も多いのではないでしょうか。

実はこれ、あなたの購入にあたっての気持ち次第では予約したほうがいい場合もあれば、しないほうがいい場合もあるんです。

ディーラーに商談予約をすると実は裏ではこんなことが起こっているのですから。

本題に入る前に・・

当サイト『車の値引き.com』は車購入時にありがちな””をすることなく値引きを最大化し、皆様にお得に買って頂きたいと考えています。

なぜならそれはディーラー営業だった私が実際に損をしているお客さんを目の前でたくさん見てきたから。

一人でも損をする人を減らしたいと考え、『車業界の落とし穴』であるこの事実を当サイトに訪れた方には真っ先にお伝えしています。

下取り車はあなたの立派な資産、安売りしたら大損

実はディーラーにて商談時に注意しなければならないのは下取り車を安く買い取られてしまうことです。

ディーラーはあなたに下取り車がある場合、車両値引きを多く見せかけて実はちゃっかり下取り車の査定額からやりくりすることもあります。

『値引きが30万円出たぞ!』と喜んでも実は下取り車の査定額は相場より20万円低い価格で買い取られていた場合、実質的な値引きは10万円しかありません。

値引きも少ない上にあなたの立派な資産である車も安く買い取られてしまっては大損ですね。

大事な資産が正当な評価をされないのは本当にもったいない。

20万円も値引きが違ったらどうでしょう。

オプションが増やせたり、旅行に行けたりするレベルの金額です。

車両値引きと下取りは分けて考えるのが重要です。

愛車の買取相場を把握しておくことが重要

ディーラーがあなたの車の査定額をごまかしているかどうか判断する為の材料は一つしかありません。

車の買取相場を把握しておくことです。

商談前に愛車が大体いくらぐらいの価値があるか把握していればディーラーの査定額が『ん?少し安いぞ?』なんてことにも気づけます。

これが把握できていないとディーラーの査定額が高いのか安いのか全くわからないですからね。

また、下取り額が頭に入っていると『あれ、意外と査定額がついたからオプション増やせるぞ?』なんて新車購入計画のための参考情報にもなります。

ちなみに査定額をすぐに把握したい場合は東証一部上場企業が運営する『ナビクル』がオススメ。

年式や走行距離の簡単な入力だけで現在の相場から算出した概算査定価格をWeb上でスグ表示してくれます。

また、出張査定や査定比較も無料なので下取り車を高く売りたい方は必ず利用すべきサービスです。

もちろん利用は無料なのでまずは概算買取価格を把握してから車の購入を検討しましょう。

ナビクル車査定へ

商談予約ってみんなするの?

私の経験上、付き合いのあるお客さん(管理客)はほぼ商談予約の連絡をもらってました。

『ちょっと買い換え考えてるから何日に行くね〜』みたいな。

新規のお客さんは商談予約をする人はそんなに多くない印象で、突然『車見たいんですけど〜』って感じで来店します。

商談予約をしたほうがいい場合

試乗したい車があるなら商談予約を!

試乗車が置いてあるかどうかは意外とお店によってばらつきがあり、行けば必ずあるというわけではありません。

『乗ってみたい・見てみたい』という車が決まっているのであれば電話してみましょう。

そのお店になくても事前にリクエストが分かっていれば近隣の店舗から手配できる場合があります。

ただ当然ですが、『試乗したい』と言ってくるお客さんはディーラーからしたらメチャクチャホット(ホットとはすぐに買うかもしれない客のこと)なのでおそらく簡単には帰してくれません。

本当に『ただ乗って見たいだけ』ぐらいだったらやめといた方がいいかもしれません。

値引き有りの商談したいなら予約をしよう!

もう他の競合ディーラーにも行ってきて、すぐにでも商談がしたい!という状況であれば商談予約をしたほうがいいです。

商談予約の電話してくるお客さんに冷やかしはまずいないので営業マンはすでに本気になっています。

つまりすぐに値引き有りの商談に応じてくれる。

しかも商談予約が入るとホットな商談があること自体が上司の耳にも入る為、あわよくばその日に結構な値引きが出るかもしれません。

基本的に値引きというのはふらっと立ち寄ったお客さんぐらいではでません。

なぜなら営業マンはふらっと来店された店頭客にはまずしっかり話を聞いて、このお客が冷やかし客かどうか見極めているので、すぐに商談には入ってくれません。

『この値引きが出るなら即決する!』ぐらいの臨戦態勢なら電話して商談予約をしましょう。

商談予約をしないほうがいい場合

まだ買うかわからないがカタログは欲しい

これぐらいの気持ちであれば電話していくなどは絶対にやめたほうがいいです。

急かされてもしかしたら買ってしまうかもしれません。

意外と多いんです。カタログ見るだけ〜なんて言ってそのまま買ってしまった人。もちろんそんな値引きは多くないですが。

でもせっかくこのサイトを見ているならそんな勢いでは決めて欲しくないですね。

値引きを大きくする為には絶対に一回の商談で決めてはいけないから。

一回で決まってしまう商談は間違いなく限界値引きではありません。

限界値引きを出す為の方法はこちらに詳しく書いてあります。

参考【究極の商談シナリオ】新車の値引きを限界まで出すには『7つの極意』を守れ!!

新車の商談はただ黙っているだけでは値引きはしてくれません。 かといって『値引きして!』と言えばいいわけでもありません。 商談なんて年中するもんじゃないからやり方も商談の流れもよくわからないですよね。 ...

続きを見る

商談はしたいけど名前や住所は教える気はない

当然ですが商談予約の段階で名前と電話番号は聞かれます。

まだ教えたくない場合は商談予約はそもそもできません。

ただ、商談はしたいけど名前や住所を教えてくれないお客さんがたまにいますが、これは確実に営業マンに冷やかし認定されているので見積もりは出してくれるけど値引きは絶対に出ないでしょう。

でもこういう人に限って『値引きは?』って聞いてくるんです。

後で連絡もつくかわからない人に営業マンは値引きは出しません。

ただの値引きの叩き台になってしまいますから。

冷やかしと思われたくないなら最低限連絡のつく情報は教えましょう。

買う気があるなら商談予約を

あなたの車を買う気持ちの高まり具合に応じて商談予約はするかしないか見極めましょう。

もう車種は決まっている・すぐに具体的な数字の話がしたいぐらいの状態であれば商談予約をしたほうが本気度も伝わり、値引きも比較的出やすいです。

逆にまだ車も決まっていない・買うかもわからないくらいなら商談予約はせずにふらっと立ち寄ってカタログをもらって速攻で逃げるように帰りましょう。

あまり話し込むと気づいたら少ない値引きで契約書にサインしているかもしれません。

点検は予約なしは厳しい?

ディーラーは商談以外にも点検で来店することもありますよね。

では点検には予約は必要?

点検は基本的に予約制

基本的に点検はどこのお店も予約制を取っています。

どうしてもメカニックが暇にならないように事前に営業スタッフがみっちり点検の案内をして予約枠を埋めていますからね。

それに点検は最低でも30分から1時間はかかるので予約制にしないととんでもない待ち時間が発生してしまうから。

空きがあれば予約なしでも点検できる

とはいえ完全に予約がないと点検ができないわけではありません。

当日に急遽キャンセルになっていたり、そもそも予約枠が埋まっていない場合も当然あるから。

空きがある可能性もあるので当日でも電話してまずは確認してみましょう。

平日は割と空きが多い

特に平日は土日に比べて点検に空きがある場合があります。

どうしても土日は予約客でいっぱいになってしまうので空きは見込めないでしょう。

平日なら当日の電話確認で点検できる場合が多いです。

突然のトラブルなら予約なしで対応してくれる場合も

私がいたところでは緊急時のトラブルに対応するために整備のリーダーは必ずフリー(整備予約が入っていない)状態にしていました。

なぜならディーラーは緊急時に来店することもあるから。

一番多いのがタイヤのパンクで、そのほか何かトラブルがあって一番近いディーラーだったといった場合のようなガソリンスタンドみたいな側面も持っています。

そういった緊急時の整備に対応できるようにしてあるお店もあるのです。

まとめ

ディーラーは普段行く機会が決して多い場所ではありませんからわからないことが多いですよね。

点検の場合は予約したほうが間違いないので予約することをお勧めします。

商談の場合は上でも説明したようにあなたの車購入に対する本気度次第で使い分けたほうが良いです。

カタログ見たいなーぐらいで商談予約をしてしまうと営業のしつこい攻撃を断るのに苦労しますからね。

ただ最近では密になるのを防ぐために完全予約制を取っているディーラーもありますのでまずは確認してみることが重要です。

値引きを気にするより査定額を気にしろ!!”強み別”一括査定サイト3選!

車業界は一年中値引きがあるので結局のところ値引き額ではなく、今乗っている車の査定額をいかに底上げできるかに尽きます。

A店では30万円値引きしてもらっても下取り額が10万円で、B店は値引き額が20万円でも下取り額が30万円かもしれません。

そうなると当然B店の方がお得ですよね。

ディーラーに下取り額、ごまかされていない?

新車の商談で大きな値引きが出たぞ!って喜んでいても実は下取り額で調整されていませんか?

下取り額をごまかされないためにも今あなたが乗っている車の概算査定額を把握しておくことは重要です。

ぶっちゃけディーラーに下取りに出すのはもう古い。

最近では業界の流れとして一括査定を利用して買取専門店で車を売却する方がかなり増えています。

答えは当然『買取額を比較できて高額査定が出るから』

複数の買取店で複数の査定額を比較することで初めてその車の査定額が高いか安いかわかるのです。

とにかく複数の査定額を比べることが超重要

何度も言いますが、一社の査定額では高いのか安いのかわかりません。

それをハッキリさせられるのが一括査定。

元カーディーラー営業の私がいうのもあれですが、所詮新車の値引きには限度があります。

ディーラーも同じものを売っている以上値引きの痛みは同じ。

『ここのディーラーだけめっちゃ値引きする!』とかありえません。

新車の値引きで何十万円という差は出ないのです。

大きく損得が出るのは下取り車の査定額

車によっては『嘘だろ!?』って言いたくなるくらいの価格差が普通に出ちゃいますから。

まずは愛車の概算買取価格を知るだけでもいいでしょう。

絶対に使える一括査定サイトを下記に『強み別』にまとめたので、あなたに合った一括査定サイトを利用してみましょう。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、ざっくり年式と距離を入力するだけであなたの愛車を最新の買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2022年5月現在)
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

カービュー愛車一括査定

carview

『カービュー愛車一括査定』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの300社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大8社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大8社
参加企業数305社(2022年5月現在)
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

楽天愛車一括査定

『楽天 無料愛車一括査定』は文字通りあの楽天が運営しており、査定申し込みでもれなく楽天スーパーポイントを5ポイントプレゼント
さらに買取ご成約で1500ポイントプレゼントと楽天ならではのサービス。
楽天会員なら査定申込入力もログインして楽天会員情報と紐付けされるので入力の手間を省略!
楽天ユーザーが一括査定を利用するならダントツでオススメ。
一括査定とポイントのダブルでお得を獲得しましょう。

最大比較社数不明
参加企業数100社以上(2022年5月現在)
対応地域全国
このサイトの強みもれなく楽天スーパーポイント5ポイント&ご成約で1500ポイント獲得
費用すべて無料

-人気記事, 商談・値引き

© 2014 車の値引き.com