元ディーラー営業が運営する車の値引き情報サイト

車の値引き.com

商談・値引き

スズキ・クロスビーの商談はどう攻める?!値引きは?

更新日:

スズキといえば軽自動車が非常に強いですよね。

その中でもハスラーは非常に人気の車。

そんなハスラーの登場を受けて『小型車版が欲しいなあ』というユーザーの声に応える形で開発されたのが今回新発表となった『クロスビー/XBEE』

このクロスビー、一体ハスラーとは何が違うの?そして気になる値引きは?

査定額、鵜呑みにしていない?

商談時にディーラーで車を査定してもらった時、例えばあなたの車が『80万円』と言われてもその車の買取相場を知らなければ高いのか安いのかわからないですよね。

残念ですがこの業界、80万円と言われた車が他のお店では100万円で下取りなんてことも普通にあります。これでは20万円損したことになりますから事前に自分の愛車の買取相場額を把握しておくことは非常に重要。

査定比較.comは簡単な入力でわずか32秒で過去の膨大なデータから愛車の概算査定額を無料で表示してくれるので、愛車の買取相場を把握するにはもってこいのサイト。

精度もかなり高いのでまずは愛車の買取相場額を把握しましょう。利用は無料です。

クロスビーとハスラーの違いって?

クロスビーのポイントとして、スズキの軽SUVハスラーに似た大きなタイヤを装備した四角いボディに丸いライトと言う外観の5ドアハッチバック車という特徴がありますが、ハスラーと異なり後席ドアの後ろにも窓が配置されており、視界の優れているものに。

当たり前だけど5人乗りができる、でも取り回しは楽

登録車のクロスビーは軽自動車のハスラーと比べてサイズアップしているため5人乗車が可能なうえ、荷室スペースが大幅に広くなっている。

ハスラーよりサイズアップはしているものの、全長3760mmで取り回しは非常にしやすく仕上げた。

クロスビーのエンジンは1.0リッターターボエンジンを搭載し、99馬力とハスラーより大幅にパワフルで、マイルドハイブリッドシステムの採用で22.0km/lの燃費を達成。

変速機はパドルシフト付きの6速オートマチックのみ。

4WDにはハスラーにはない制御システムが搭載されており、より悪路走行に強くなっている。

カラーはハスラーよりも1トーン多い3トーンコーディネイトで差をつける

ボディカラーは2トーンカラーに加え、ハスラーにはない3トーンコーディネイトというボディカラー、ルーフカラーに加えてアクセントカラーが用意されており、モノトーン系も含めて10種類のカラーが用意されています。

インテリアのカラーコーディネートはハスラーに近いもので、シートカラーのカラーパイピング処理などはハスラーを受け継いでいますが、色自体は落ち着いたトーンのものが採用されています。

クロスビーは悪路がめちゃ得意?クルコンも?

クロスビーはコンパクトなボディを持ちながら悪路走行性能に優れたシステムを搭載しているのが大きな特徴。

4WDシステムは一般路でも前輪後輪が駆動するフルタイム式となっており、エンジンを高回転にシフトするスポーツモード、タイヤの空転を抑えて雪道での発進などをしやすくするスノーモード、ぬかるみなどの悪路に強いグリップコントロールの走行モードと、坂道を下る際にブレーキ操作をしなくても自動的に時速7kmに維持させるヒルディセントコントロールが装備された。
エンジンにはアイドリングストップシステムが採用されており、上級グレードのHYBRID MZには上級車に多く見られる装備であるクルーズコントロールが装備される。

クロスビーのインテリアはアウトドアに持ってこい!

クロスビーのシートは上級グレードのHYBRID MZには撥水加工が施されていることが特徴的。

リヤシートはスライドとリクライニング、片側分割格納が可能で荷室スペースを大幅に拡大させて使うことが可能。

HYBRID MZの後席の背面とラゲッジフロアは防汚タイプとなっているためアウトドア関連の荷物も気にせず積載することが出来る。

5人乗車時でもゴルフバッグ一つ積載できるスペースを持っています。荷室にはアンダーフロアラゲッジボックスが用意されており、濡れた物の収納も可能。
コクピット周りではマルチインフォメーションディスプレイの装備が特徴的でハスラーには設定されていないタコメーターも装備されている。

クロスビーの気になる値引きは?

いくら登録車とはいえ新型車であり、なおかつこのクラスでは競合がまだ存在しない。

競合が存在しないというのはいわゆる売り手市場になりがちなパターンなのだ。

よって値引きはしばらくはほぼないと思って良いだろう。

少しでも値引きを出すにはどんな商談すれば良い?

ここではしばらく競合が存在しなそうなので競合は諦めてボディコーティングと点検パックの両方を無料でつけさせられれば上出来だ。

ボディコーティングと点検パックの2つをあげたのには理由がある。

①ボディコーティングは半分利益なのでディーラーとしてはサービスしやすい商品

一つ目のボディコーティングは半分が利益なので実質サービスにしてもそれほどディーラーは痛くない。

よって引き出しやすいのだ。

さらに元営業目線から言うと、ボディコーティングをつけたほうが納車前に気を使わなくて済むので大変楽なのである。

ボディコーティングがない車はモータープールなどで付着した汚れなどが多く、納車前の洗車などが意外と大変なのである。(納車前の洗車は営業の仕事)

よって、ボディコーティングは営業としても積極的にサービスしたいのだ。

②点検パックは定期的にアプローチするためのキッカケ

また、点検パックもこれも営業としてはディーラーはサービスしたい商品。

点検パックとは、最初の車検までなど一つの区切りを持って半年毎の点検がパックになった商品などを指す。

この点検パックはディーラーが顧客流出を止めたいために、割と赤字覚悟の値段設定でやっていることが多い。

そして何よりこの点検パックで来店回数が増えればお客さんと顔をあわせる回数も多くなる。

それが営業にとっては一番の旨みなのである。

自分から営業活動に出なくてもお客さんが来てくれて、査定したり新車の提案ができるのだから。

実際私も営業時代点検パックに入ってたお客さんの車が入庫した時に新車の提案をして買ってもらったことも一度や二度ではない。

これは営業としては必ずと言っていいほどつけたい商品なのだ。

まとめ

この2つはまともにつければ10万円は間違いなく超える価格となる。

実質値引きがない中であれば10万円を超えるサービスは大きい。

ボディコーティングはともかく点検パックはサービスにするには利益的には厳しい商品。

攻め方としては『営業さんと長いお付き合いをしたいのでサービスしてください』など、これからも長期的なお付き合いをしたいと言う意思表示で営業としてもなんとかサービスしたいと言う気持ちで上司と掛け合うかもしれない。

強み別!絶対に使える一括査定サイトBEST3!※2021年3月現在

車業界は1年中値引きがあるので結局のところ、いつ買っても安いんです。

それよりも注力して欲しいのは今乗っている車の査定額をいかに底上げできるか。これに尽きます。

下取り額、他と比べました?

私自身ディーラー営業時代に肌で感じたのは、お客さんは皆値引きは頑張るのでですが、下取りだけは当然のように査定額を鵜呑みにして特に他店と比べる様子もありませんでした。

実はココこそが損得を大きく分けているのです。

査定額を一度も比べずに下取りに出すのはもったいない

ディーラーで査定してもらった車の査定額が『50万円です』と言われてもその50万円という金額が高いか安いかはプロでも他と比べない限りはわかりません。

他の買取店が『60万円』をつければその『50万円』は安くなってしまいますからね。

複数の買取店で複数の査定額を比較することで初めてその車の査定額が高いか安いかわかるのです。

1社の査定額だけでは相場がわからない

営業
お車の査定額ですが50万円ですね。
50万円ですか。(高いんだか安いんだかわからないなあ)

査定額の底上げには複数の査定額を比べることが超重要

何度も言いますが、1社の査定額ではその金額が高いのか安いのかプロでもわかりません。

元カーディーラー営業の私が言うのもあれですが、新車の値引きには限度があります。

ディーラーも同じ物を売っている以上値引きの痛みは同じ。

ここのディーラーだけめっちゃ値引きする!とかありえません。

新車の値引きで何十万円という差は出ないのです。

はっきりとわかっていることは、何十万円と差が出るのは下取り車の査定額なのです。

でも何回も査定したりってめんどくさいです。。

街中にある買取店を何店舗も巡るのは私も経験がありますが、飛び込み来店で査定をお願いすると『ではこちらにまずご記入を〜』みたいな感じで毎回名前や住所を書かされたり、前のお客さんがいて結構待たされたりとか確かにめんどくさいです。

コロナ禍ですから特にいろんなお店に行くのは避けたい状況です。

一括査定サイトを使えば比較が超かんたんに

ここで非常に便利なのが一括査定サイト。

一括査定とは、スマホからかんたんな入力だけで同時に複数の買取業者に査定依頼が無料でできるサービス。

これにより複数の査定業者に査定をしてもらうことで愛車の最高値がわかるというもの。

一度申し込めばあとは査定業者から連絡があり、査定してもらえばいいのです。

もちろん値段に納得がいかなければ売らなくてもよし。

近隣なら来店してもいいですし、自宅まで査定に来てもらうことも可能。

もちろん非対面のオンラインでもおよその査定額を出すことも可能。

しかも一括査定サイト経由することで、買取業者に競合他社の存在をアピールできる。

一括査定サイトを使うことによるもう一つのメリットは、買取業者に『ライバルがいることが伝わる』ことです。

新車でもそうですが、買取も競合他社がいるとわかるとみんな自分のところで買い取りたいので負けじと査定額が高くなっていきます。

一括査定サイト経由の申し込みであることはもちろん他の買取業者にも伝わるので、競合がいることもわかります。

すると競合がいる手前、買取業者はその中で勝ち残るためにもヘタに足元を見るような安い値段をつけられなくなるのです。

これで新車購入時の『値引き』と同じく、車の売却でも『競合』の状態に。

『どうせ0円だから』と諦めるのがマジでもったいない。

ディーラー営業時代、私の実体験として本当にあったのですが、私がいたお店は中古車買取にも結構力を入れており、新車購入で訪れたお客さんが他店で0円と言われた下取り車が自分の営業所では25万円の査定額をつけることができたので、そのお客さんに大変喜ばれたことがありました。

ディーラー時代の実話

うちの車、他のお店で0円って言われたんだけど。。
営業
では早速査定させていただきますね!
営業
25万円です!
ににに、にじゅうごまんえん!?マジか!
営業
マジです!

せっかくこのサイトに辿り着いたからには、損をしない為にも必ず”愛車を最も高い額で”手放してほしい。

車はあなたの立派な資産です。

その資産を高く売るか安く売るかはあなた次第。

買取店をまわって査定額を比べるのは確かにめんどくさい。

しかし、一括査定サイトを使えば時間と労力を大幅に節約できます。

今乗っている車の査定額がざっくり知りたい。

すぐ売るかわからないけど新車商談のためにも自分の乗っている車のざっくりした査定額が知りたい。

でもその為だけに中古車買取店にわざわざいって査定をお願いするのは気が引けますよね。

しかし、一括査定サイトならかんたんな車両情報の入力で過去の膨大な買取データから、精度の高い概算買取価格をスグにはじき出してくれます。

まずは愛車の概算買取価格を知るだけでもいいでしょう。

絶対に使える一括査定サイトを『強み別』に3社まとめたので、あなたに合った一括査定サイトを利用してみましょう。もちろん利用は3社全て無料です。

車査定比較.com

『車査定比較.com』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの200社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大10社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくても大丈夫。
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数 最大10社
参加企業数

211社(2021年3月現在)

対応地域 全国
このサイトの強み 参加企業の多さ
費用 すべて無料

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、あなたの愛車を買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業が大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数 最大10社
参加企業数 47社(2021年3月現在)
対応地域 全国
このサイトの強み 愛車の概算買取価格をスグ表示
費用 すべて無料

楽天愛車一括査定

『楽天 無料愛車一括査定』は文字通りあの楽天市場が運営しており、査定申し込みでもれなく楽天スーパーポイントを5ポイントプレゼント
さらに買取ご成約で1500ポイントプレゼントと楽天ならではのサービス。
楽天会員なら査定申込入力もログインして楽天会員情報と紐付けされるので入力の手間を省略!
楽天ユーザーが一括査定を利用するならダントツでオススメ。
一括査定とポイントのダブルでお得を獲得しましょう。

最大比較社数 不明
参加企業数

92社(2021年3月現在)

対応地域 全国
このサイトの強み もれなく楽天スーパーポイント5ポイント&ご成約で1500ポイント獲得
費用 すべて無料

-商談・値引き
-, ,

Copyright© 車の値引き.com , 2021 All Rights Reserved.