商談・値引き

日産キックスの値引きは渋い?評判と目標値引き額を公開!

日産がどんどんe-POWER車種を投入してきましたね。

そんなキックスはe-POWERのSUVです。

しかも結構街中でも見かけるようになってきました。

この新しいキックスという車はどんな車なのか?

そして値引きはどれぐらいできるのか。

【要点】日産キックスはこんな車!

主要諸元:ニッサンMT 6AA-P15

全長4290mm
全幅1760mm
全高1610mm

コンパクトなSUVって感じですね。

しかし全高は一般的な立体駐車場の1550mmは超えているので入りません。

長さはそこまで長くないので取り回しはしやすそうです。

幅は3ナンバーとなりますがそこまでワイドでもありません。

e-POWERって何?

e-POWERはいわゆる発電機を積んだ状態の電気自動車ということです。

e-POWERは電気自動車だけどエネルギー源をガソリンにできるという仕組みの車。

つまり加速感やドライブフィーリングのぐっと背中を押されるような力強さは電気自動車そのもの。

ガソリンを使った電気自動車なのです。

グレードと価格

グレード燃費(WLTCモード)価格(税込)
X21.6km/L2,759,900円
X ツートーンインテリアエディション21.6km/L2,869,900円
AUTECH-3,114,100円

グレード展開はノートオーラ同様そこまで展開は広くありません。

このツートンインテリアエディションというのは字のごとく内装がツートーンになっています。

しかしこの内装、実車を見ましたがオレンジ色のシートが外車のような高級感を感じました。

なのでツートーンインテリアエディションはとてもオススメのグレードです。

プロパイロットが標準装備!

プロパイロットとは簡単に説明すると運転支援機能です。

自動アクセルやブレーキ、ステアリングをアシストしてくれます。

しかし機能には限界があるのであくまで自己責任の機能です。

しかしこのプロパイロットは日産が誇る先進技術で、ノートなどはオプション設定ですが、このキックスは標準装備。

実はキックスはタイで生産されているのであくまで輸入車扱い。

最初からある程度まとめて装備してなるべく単一な状態で輸入することで効率が上がります。

リヤゲートが意外と広い

ゲート開口部が広く作ってあるので荷室へ載せたりしやすいです。

しかし後席の格納が前倒なので段差ができてしまうのがちょっと残念です。

しかしこのクラスにしては広いので実用性は高いでしょう。

2WDしか設定がないのでセミSUVとも呼べる

SUVとなると悪路走破性も求められるが、このキックスはFF車のみの設定。

しかし近年ではSUVに悪路走破性を必ずしも求めているわけではなくあくまでファッションとしてのSUVの側面が強いのでこれは日産も割り切っていますね。

雪道や悪路を走るシーンが多いのであれば4WDの設定がある車を選びましょう。

日産キックスの評判は?

今回は当サイトに寄せられる声やSNSなどでの情報を元に満足な点と不満な点をまとめてみました。

満足な点

  • ワンペダル最高
  • ツートーンのシートはルノーの様なフランス車みたいでかっこいい
  • 視線も高くて運転しやすい
  • 荷室が広い

不満な点

  • リアシートがリクライニングできればよかった
  • サイドのデザインのせいかサイドミラーで車庫入れが難しい?
  • 乗り味が結構硬めで悪路だと突き上げ感がある
  • 4WDも設定があればよかった

などなどが挙げられました。

内装などは好みもあるので一概に点数はつけられませんね。ご参考までに!

日産キックスの値引き商談シナリオはこれ!

値引き目標15万円〜20万円
競合車新型ヴェゼル
商談回数2回

値引き目標は18万円くらい出れば合格でしょう。

競合車は今回ヴェゼルで設定していますが、このクラスはヤリスクロスやCX-30などもあるのでやりやすい競合車で進めると良いでしょう。

1回目の日産にて商談トーク例

営業
どうでしょう、このキックス、今日決めていただけるのであればお値引きもいたしますよ
どれぐらいでしょうか
営業
5万円のところですが今日決めていただければ10万円します。
実はヴェゼルも気になっているんだよねえー
営業
そうですか、今日は決められなさそうですかねえ
ちょっとヴェゼルも商談してからまたきます

ポイント

まずは軽めの値引き(ここでは5万円から10万円)を引き出しておいて次に商談を持ち越すことで、次はさらに大きい値引きが出ます。

ちなみにヴェゼルは商談してもしなくてもオッケーです。

あくまで競合がいることを匂わせるためと、商談を分割するための材料です。

2回目の日産にて商談トーク例

ここからはしっかり値引きを出して決めにかかります。

営業
どうでしょうか、ヴェゼルも見られましたか
でもやっぱりキックスがいいねえ
営業
ありがとうございます、いくらぐらいお値引きできれば決められますか
25万円値引きできれば即決します
営業
25万円はちょっとできないですええ。。
営業
15万円なら。。
では18万円値引きしてくれたら今ハンコ押します!
営業
上司と相談してきます。
営業
わかりました!18万円お値引きで決めてください!
やったー!

ポイント

もちろんこんなに簡単には決まりませんが、ここでのポイントは高い値引き額からどんどん落としていき、間を取るような形で着地すること。

そして営業は『こんだけ引いてくれたら即決します』というワードに非常に弱いです。

魔法の値引きワード『即決』を上手に使う!

ディーラーが最終値引きを出すときは『もう決めてくれる』と確信したときです。

逆にまだ競合店を回るかもしれないと思われてるうちは値引きは絶対に出ません。

逆にこちらも最終値引きを出して決めたいときは『〇〇円引いてくれたら今ここで即決します。』というぐらいの覚悟がないと値引きは出ません。

まあ目標額に届かなければ決めなくていいのですから結構ぶっ飛んだ価格を提示しても良いかもしれません。

しかしこの即決というワードは本当に決める時しか使えませんのでむやみに使ってはいけません。

最後の畳み掛ける詰めとして使いましょう。

値引きを頑張るより査定額を気にしろ!

車の購入は『値引き』以外で大きく損得がわかれる部分があります。

私はカーディーラー営業時代にたくさんのお客さんを見てきましたが、数十万円得しているお客さんにはある共通点があることがわかりました。

得している人はディーラーに下取りに出さない

古い車から新車に買い換えとなれば、なんの疑いもなく購入先のディーラーで下取りに出していませんか?

実は”ココ”が損得を大きく分けるのです。

私のカーディーラー営業時代の肌感覚では9割のお客さんはそのまま下取りに出されていました。

しかし数十万円得しているお客さんたちは必ず他の買取店でも査定をしてもらい、一番高いところで車を手放していました。

ちなみにこの中古車買取業界の買取額の差額は数百円、数千円ではありません。

数万円から数十万円違うことが普通にあるのです。

車の査定額には基準はあってないようなもので、買い手によって全然変わるのです。

なんで買取店によって査定額に差が出るの?

買取店も意地だけで値段を吊り上げているわけではありません。

買取店も商売ですので当然利益が出なければ買い取りません。

ではなぜ査定額に差が現れるのか?

買取店毎の車種による再販売の得意分野が違う

買取店とは一口にいっても買い取る車の得意不得意があります。

外車が強いとか四駆が強いとか軽自動車が強いとか車種の数だけ違いは様々。

なぜ得意不得意があるのか?

買い取った車の販路(リセールルート)が違う

四駆・ディーゼル需要の高い海外にそのままダイレクトに輸出できる販路を持つ業者もいれば、国内で自分達で中古車販売店を展開している、軽自動車専門で販売している、一つのメーカーに絞っているなど、業者によって得意不得意は様々なのです。

しかし業者がどの車種が得意かどうかは査定額を比べない限りわからないのです。

最低3つの買取店は比べたい!

査定額に大きな差が出ることはわかりましたね。

査定額を比べないことは『言い値で手放しますよ』と言っているようなものです。

私自身も乗っていたプリウスαを手放す時に買取店を3店舗比べましたが170万円・178万円・185万円みたいな感じで金額が出揃って、もちろん一番高いところで売却しました。

これでも一番安いところと高いところでは15万円の開きがありますからね。

車はどこで手放しても同じことですから高いところで手放さないと本当にもったいない!

買取店巡りがめんどくさい方は一括査定がオススメ

私は買取店を何店舗も巡るのはこういうサイトを運営している人間ですから全く苦ではありませんですし、なんなら買取店の方と少し話もしたいぐらいなので積極的に巡ってしまいますが、一般的には買取店で査定をお願いすると『ではこちらにまずご記入を〜』みたいな感じで毎回名前や住所を書かされたり、前のお客さんがいて待たされたりと時間はかかります。

一括査定は一度の入力で複数店に査定申込ができ、一番最高値をつけてくれるところを見つけられるサービス。

一括査定のメリットは何と言っても最高値をつけてくれる買取店を見つける時間と労力が節約できること。

もちろん金額に納得がいかなければ売らなくてもOKなのでまずは査定額がどんなもんかぐらいの気持ちでやってみると良いでしょう。

下記に絶対に使える一括査定サイトを”強み別”にまとめて見ました。

あなたにあった一括査定サイトがあれば利用して見てください。

利用はすべて無料です。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、ざっくり年式と距離を入力するだけであなたの愛車を最新の買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

年式や距離がうろ覚えでもざっくりでOK。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2021年12月現在)
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

車査定比較.com

『車査定比較.com』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの200社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大10社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大10社
参加企業数211社(2021年12月現在)
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

楽天愛車一括査定

『楽天 無料愛車一括査定』は文字通りあの楽天が運営しており、査定申し込みでもれなく楽天スーパーポイントを5ポイントプレゼント
さらに買取ご成約で1500ポイントプレゼントと楽天ならではのサービス。
楽天会員なら査定申込入力もログインして楽天会員情報と紐付けされるので入力の手間を省略!
楽天ユーザーが一括査定を利用するならダントツでオススメ。
一括査定とポイントのダブルでお得を獲得しましょう。

最大比較社数不明
参加企業数100社以上(2021年12月現在)
対応地域全国
このサイトの強みもれなく楽天スーパーポイント5ポイント&ご成約で1500ポイント獲得
費用すべて無料

-商談・値引き
-, ,

© 2014 車の値引き.com