契約・納車

新車の納車準備って一体なにをすればいいの?

車って頻繁に買うものではないから何かと不慣れなことばかりですよね。

特に書類や、下取車を引き渡す時の準備etc。。。

元カーディーラー営業がこれだけ押さえておけば大丈夫な納車準備のポイントを絞ってみました。

 登録書類はとにかく素早く揃えて!

晴れてご成約となってからは、まず陸運局に車を登録する為の登録書類が必要です。(下取車がある場合は下取書類も必要)

これらは営業マンが全部教えてくれるのでその指示に従いましょう。

ただしこの書類は営業マンにとって超大事なものです。

ディーラーは車が売れた日が成績ではなく、登録して初めて『売れた』事になります。

例えば今月に登録を見込んでいたのに書類が間に合わず登録できないとなると営業マンは上司から大変な叱責を受けるのです。

私はこれで間に合わずにマジで始末書書かされました。

なので車の納期や月末月初などの関係はありますが、ディーラーの決めた期日までに必ず準備をしましょう。

書類は余裕を持って揃えておかないと場合によっては仕事を休んでまで書類集めに行く事になるかもしれません。(印鑑証明などがある為)

他のディーラーでまた商談とかダメ、ゼッタイ。

書類を渡したらあとは新車を待つだけ。

この待っている間の期間に『ちょっとほかのディーラーに行って私の買った値段が適正だったか確認がてら見積もりを出してもらおう』などは絶対にやめましょう。

仮にそのディーラーの方が安かったらどうするつもりですか?キャンセルしてそのディーラーで買うのですか?

それはタブーであり、立派な契約違反です。

車は登録が終わったにもかかわらずキャンセルされると新車ではなく未使用車という名の中古車になります。

当然価値も下がり、とても困るのです。

売って赤字のほうがまだマシ。

なんでもそうですが買った後に値段を調べてもいいことはないので買う前に思う存分調べましょう。

あ、ちなみにこれやる人たまにいるのでマジで驚きです。

待ちに待った納車!いくつかの注意点

新車の納車は大変うれしいものですよね。

お客さんが喜んでいるのを見ると営業マンもうれしくなっちゃいます。

そんな楽しい納車を台無しにしない為にもここでもいくつかの注意点に触れていきます。

下取車は査定時と同じ状態で!(距離は除く)

下取車がある場合には納車時に下取車を引き渡しますが、下取車は基本的に査定時と同じ装備のままにして引き渡しましょう。

自分でつけたレーダーなどは大抵外しても構わないですが、ナビやETCなどは査定項目にしっかりと入っていますので外すのはやめましょう。

それらがあっての値段です。

査定時に予めわかっている場合には、査定時に『ナビは外します』などと伝えておきましょう。

もし後になって外したくなった場合には素直に営業マンにその旨を申し出ましょう。

場合によっては外しても金額が変わらない場合もありますが、比較的下取車が新しい場合(10年以内)だと査定額に関わってきます。

あと下取車はなるべく奇麗にしてから引き渡すのがマナーです。

ワックスをかけろとまではいいませんが、長年の愛車に感謝の意を込めて洗車と車内の掃除機がけくらいはしましょう。

あ、でもガソリンはほぼ空に近くてもいいと思います。

うっかり満タンにして出しちゃう人いるけどあれはもったいないと思います。

別に営業も満タンでも嬉しくないですし。

自動車保険の手続きは必ず済ませておこう

車に乗る方は必須なのが任意保険である自動車保険です。

この手続きを忘れて納車日がズレるという事は実はよくあります。

購入したディーラーで自動車保険に加入する場合は営業マンが全てやってくれますが、そうでない場合には全て自分で手続きします。

といっても難しい事はありません。

現在加入されている自動車保険会社の保険をそのまま使うのであれば『車両入替』を行います。

保険会社に連絡して新車の車検証コピーを送って保険始期日(納車当日)を伝えればこれで完了です。

車検証は登録した段階で出来上がっているので営業マンに伝えて納車前に車検証のコピーをもらっておきましょう。

新しい保険会社に加入する場合、現在保険に入っている場合にその保険を入替するのであれば『他社新規』扱いとなり、等級は継承されます。

『自動車保険自体全くの初めて』という場合には『新規』という扱いとなり、一般的には6等級から契約開始となります。

納車当日に安心して乗って帰る為にも、自動車保険の手続きはしっかりすませておきましょう。

まとめ

車の購入は人生の一大イベント。

基本的には営業マンが全て説明してくれますが、それでも時々情報が行き違いになったりしてトラブルになることもあります。

特に全て営業に任せっきりの場合にトラブルは多く、営業が説明したにもかかわらず『聞いてないよ』なんていやーな感じになったりも。

あなたの車ですから納車まで積極的に参加しましょう。

値引きを気にするより査定額を気にしろ!!”強み別”一括査定サイト3選!

車業界は一年中値引きがあるので結局のところ値引き額ではなく、今乗っている車の査定額をいかに底上げできるかに尽きます。

A店では30万円値引きしてもらっても下取り額が10万円で、B店は値引き額が20万円でも下取り額が30万円かもしれません。

そうなると当然B店の方がお得ですよね。

ディーラーに下取り額、ごまかされていない?

新車の商談で大きな値引きが出たぞ!って喜んでいても実は下取り額で調整されていませんか?

下取り額をごまかされないためにも今あなたが乗っている車の概算査定額を把握しておくことは重要です。

ぶっちゃけディーラーに下取りに出すのはもう古い。

最近では業界の流れとして一括査定を利用して買取専門店で車を売却する方がかなり増えています。

答えは当然『買取額を比較できて高額査定が出るから』

複数の買取店で複数の査定額を比較することで初めてその車の査定額が高いか安いかわかるのです。

とにかく複数の査定額を比べることが超重要

何度も言いますが、一社の査定額では高いのか安いのかわかりません。

それをハッキリさせられるのが一括査定。

元カーディーラー営業の私がいうのもあれですが、所詮新車の値引きには限度があります。

ディーラーも同じものを売っている以上値引きの痛みは同じ。

『ここのディーラーだけめっちゃ値引きする!』とかありえません。

新車の値引きで何十万円という差は出ないのです。

大きく損得が出るのは下取り車の査定額

車によっては『嘘だろ!?』って言いたくなるくらいの価格差が普通に出ちゃいますから。

まずは愛車の概算買取価格を知るだけでもいいでしょう。

絶対に使える一括査定サイトを下記に『強み別』にまとめたので、あなたに合った一括査定サイトを利用してみましょう。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、ざっくり年式と距離を入力するだけであなたの愛車を最新の買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2022年1月現在)
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

カービュー愛車一括査定

carview

『カービュー愛車一括査定』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの300社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大8社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大8社
参加企業数305社(2022年1月現在)
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

楽天愛車一括査定

『楽天 無料愛車一括査定』は文字通りあの楽天が運営しており、査定申し込みでもれなく楽天スーパーポイントを5ポイントプレゼント
さらに買取ご成約で1500ポイントプレゼントと楽天ならではのサービス。
楽天会員なら査定申込入力もログインして楽天会員情報と紐付けされるので入力の手間を省略!
楽天ユーザーが一括査定を利用するならダントツでオススメ。
一括査定とポイントのダブルでお得を獲得しましょう。

最大比較社数不明
参加企業数100社以上(2022年1月現在)
対応地域全国
このサイトの強みもれなく楽天スーパーポイント5ポイント&ご成約で1500ポイント獲得
費用すべて無料

-契約・納車
-

© 2014 車の値引き.com