契約・納車

新車を購入したけど車庫証明の書類は何が必要なの?

車庫証明とは『この車はちゃんと車庫を確保してここに車を保管してますよ〜』と管轄の警察署に証明してもらうものです。

これは陸運局でのナンバー登録の際に必要な証明となります。

車庫証明の申請を出すと実際に車庫が車の寸法以上に確保されているか警察の方が見に来ます。

そしてそれをクリアして初めて車庫証明が発行されます。

車庫証明を取得するにあたっては基本的にディーラーが手続きしてくれます。

車庫証明に必要な書類

  1. 委任状
  2. 自認書or車庫使用許可承諾書
  3. 配置図・所在図

です。

委任状はディーラーが用意している委任状に記名・押印するだけ。

次に自認書と車庫使用許可承諾書の違いについてご説明いたします。

自認書とは

車庫証明の申請にあたって、申請する駐車場が自分の名義の土地である場合に必要な書類です。

まさに自分で認めるので自認書です。

これは自分で必要事項を記載するだけなので用意は簡単ですね。

こちらの場合には車庫使用許可承諾書は必要ありません。

車庫使用許可承諾書とは

車庫証明の申請にあたって、申請する駐車場が借りている土地の場合に、土地の持ち主に書いてもらう書類です。

月極駐車場であれば管理会社に『車を買うので承諾書をください』といえばもらえます。(管理会社によっては発行手数料として数千円かかる場合があります。)

賃貸のアパートやマンションの場合も同じく管理会社に連絡しましょう。(これも会社によっては発行手数料として有料の場合があります)

近所に親戚がいて、そこの駐車場を借りて申請する場合にはその土地の持ち主の方に車庫使用許可承諾書に記名・押印してもらいましょう。

(車庫使用許可承諾書はディーラーにてフォーマットを渡されます。管理会社発行の場合には管理会社が用意したフォーマットの車庫使用許可承諾書でも問題ありません)

ただし、ここで注意が必要なのは、使用の本拠地から保管場所までは直線距離で2km以内と決められています。(詳しくは管轄の警察に確認してください)

使用の本拠地とはあなたが今住んで生活している場所の住所です。

そこから保管場所は直線距離で2km以内でないと車庫証明は発行されませんので注意が必要です。

この書類は管理会社に取りに行ったり、郵送だったりと時間がかかる書類でもあるのですぐに動きましょう。

再確認!車庫証明でよくあるうっかりミス

側溝は自分の土地ではない

当然ですが縦・横の長さや高さが足りない場所は申請は通りません。

よくあるのが、一見自宅の土地に見えるが側溝があったりする場合があります。

基本的に側溝は公共の土地である場合が多いため、側溝に少しでもかかると申請は通りません。

実際に側溝が引っかかってその場に呼び出されて確認しに行ったことがあります。(もちろん申請は通りません)

申請する際にはちゃんと寸法(縦・横・屋内なら高さ)を測りましょう。

現在、車を持ってなくても先に駐車場は必要

現在車を持っていなくても、これらの書類を用意する為には月極の場合、車庫を契約しなければなりません。

よく『駐車場なんてもったいないから車がきてからでいいよ』という方もいますがそれでは書類が用意できないので車は来ないのです。

車がないのに駐車場を契約するのは確かにもったいないかもしれませんが、この書類が用意できない限り、車は登録できない為、納車もされません。

ただし、駐車場の管理会社と相談次第では車がない間は日割り計算をしてくれたりなど何らかの措置をとって頂ける場合もあります。

まずは管理会社に相談してみましょう。

ダメであればもったいなくても契約しましょう。

配置図・所在図の違い

配置図とは

配置している図です。

家の前の道路が〇〇メートルで保管場所の縦が〇〇メートル横〇〇メートルなどといったかなりドアップで書く書類。

実際に図にして書く必要があります。

ディーラーの記入例を参考にしましょう。

所在図とは

今はインターネットが普及したので本当に便利です。

こちらの書類はインターネットから出せるグーグルマップ的な地図で構いません。

まさに所在する所を示す図です。

ここが自宅でここが保管場所と地図に記入します。

これもディーラーの記入例を参考にしましょう。

営業マンがやってくれる?

上記の二つの図に関しては営業マンが作成してくれる事もあります。

お願いしてみるのも一つの手です。

特に自分の土地の場合で寸法を書く配置図に関しては慣れている人が書いたほうが間違いありません。

広い土地であれば誰が書いてもそんなに問題ありませんが、狭い土地で結構ギリギリ、などシビアな場合は営業にその旨を伝えて書いてもらうほうが良いでしょう。

書き慣れない人が狭い土地などの配置図を書くとたまに実際の寸法とあっておらず、先ほどの側溝の話ではないですが申請が通らない場合があるので、土地がギリギリなど不安であればお願いしましょう。

まとめ

車庫証明の申請は車の登録に関わります。

車は登録しないと売り上げにはならないので、もし見込んでいた登録が翌月などにずれると営業は上司から始末書並みに叱責されるので営業も期日には厳しいです。

遅れのないように用意しましょう。

値引きを気にするより査定額を気にしろ!!”強み別”一括査定サイト3選!

車業界は一年中値引きがあるので結局のところ値引き額ではなく、今乗っている車の査定額をいかに底上げできるかに尽きます。

A店では30万円値引きしてもらっても下取り額が10万円で、B店は値引き額が20万円でも下取り額が30万円かもしれません。

そうなると当然B店の方がお得ですよね。

ディーラーに下取り額、ごまかされていない?

新車の商談で大きな値引きが出たぞ!って喜んでいても実は下取り額で調整されていませんか?

下取り額をごまかされないためにも今あなたが乗っている車の概算査定額を把握しておくことは重要です。

ぶっちゃけディーラーに下取りに出すのはもう古い。

最近では業界の流れとして一括査定を利用して買取専門店で車を売却する方がかなり増えています。

答えは当然『買取額を比較できて高額査定が出るから』

複数の買取店で複数の査定額を比較することで初めてその車の査定額が高いか安いかわかるのです。

とにかく複数の査定額を比べることが超重要

何度も言いますが、一社の査定額では高いのか安いのかわかりません。

それをハッキリさせられるのが一括査定。

元カーディーラー営業の私がいうのもあれですが、所詮新車の値引きには限度があります。

ディーラーも同じものを売っている以上値引きの痛みは同じ。

『ここのディーラーだけめっちゃ値引きする!』とかありえません。

新車の値引きで何十万円という差は出ないのです。

大きく損得が出るのは下取り車の査定額

車によっては『嘘だろ!?』って言いたくなるくらいの価格差が普通に出ちゃいますから。

まずは愛車の概算買取価格を知るだけでもいいでしょう。

絶対に使える一括査定サイトを下記に『強み別』にまとめたので、あなたに合った一括査定サイトを利用してみましょう。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、ざっくり年式と距離を入力するだけであなたの愛車を最新の買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2022年1月現在)
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

カービュー愛車一括査定

carview

『カービュー愛車一括査定』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの300社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大8社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大8社
参加企業数305社(2022年1月現在)
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

楽天愛車一括査定

『楽天 無料愛車一括査定』は文字通りあの楽天が運営しており、査定申し込みでもれなく楽天スーパーポイントを5ポイントプレゼント
さらに買取ご成約で1500ポイントプレゼントと楽天ならではのサービス。
楽天会員なら査定申込入力もログインして楽天会員情報と紐付けされるので入力の手間を省略!
楽天ユーザーが一括査定を利用するならダントツでオススメ。
一括査定とポイントのダブルでお得を獲得しましょう。

最大比較社数不明
参加企業数100社以上(2022年1月現在)
対応地域全国
このサイトの強みもれなく楽天スーパーポイント5ポイント&ご成約で1500ポイント獲得
費用すべて無料

-契約・納車
-,

© 2014 車の値引き.com