契約・納車 時事・業界ネタ

新車なのに傷!?納車時に必ずチェックしておきたい3つのポイント!

新車を購入して登録などの手続きも済ませ、待ちに待った納車の日。

これはテンション上がりますね。

家で何度カタログを見返したかもわかりません。

でもそんな納車時でも実は気は抜けません。

それは必ずしも”車が完璧な状態ではないかもしれない”から。

新車納車時にここだけは必ず見て欲しいチェックポイントをご紹介していきます。

本題に入る前に・・

当サイト『車の値引き.com』は車購入時にありがちな””をすることなく値引きを最大化し、皆様にお得に買って頂きたいと考えています。

なぜならそれはディーラー営業だった私が実際に損をしているお客さんを目の前でたくさん見てきたから。

一人でも損をする人を減らしたいと考え、『車業界の落とし穴』であるこの事実を当サイトに訪れた方には真っ先にお伝えしています。

下取り車はあなたの立派な資産、安売りしたら大損

実はディーラーにて商談時に注意しなければならないのは下取り車を安く買い取られてしまうことです。

ディーラーはあなたに下取り車がある場合、車両値引きを多く見せかけて実はちゃっかり下取り車の査定額からやりくりすることもあります。

『値引きが30万円出たぞ!』と喜んでも実は下取り車の査定額は相場より20万円低い価格で買い取られていた場合、実質的な値引きは10万円しかありません。

値引きも少ない上にあなたの立派な資産である車も安く買い取られてしまっては大損ですね。

大事な資産が正当な評価をされないのは本当にもったいない。

20万円も値引きが違ったらどうでしょう。

オプションが増やせたり、旅行に行けたりするレベルの金額です。

車両値引きと下取りは分けて考えるのが重要です。

愛車の買取相場を把握しておくことが重要

ディーラーがあなたの車の査定額をごまかしているかどうか判断する為の材料は一つしかありません。

車の買取相場を把握しておくことです。

商談前に愛車が大体いくらぐらいの価値があるか把握していればディーラーの査定額が『ん?少し安いぞ?』なんてことにも気づけます。

これが把握できていないとディーラーの査定額が高いのか安いのか全くわからないですからね。

また、下取り額が頭に入っていると『あれ、意外と査定額がついたからオプション増やせるぞ?』なんて新車購入計画のための参考情報にもなります。

ちなみに査定額をすぐに把握したい場合は東証一部上場企業が運営する『ナビクル』がオススメ。

年式や走行距離の簡単な入力だけで現在の相場から算出した概算査定価格をWeb上でスグ表示してくれます。

また、出張査定や査定比較も無料なので下取り車を高く売りたい方は必ず利用すべきサービスです。

もちろん利用は無料なのでまずは概算買取価格を把握してから車の購入を検討しましょう。

ナビクル車査定へ

①ボディー塗装の”ブツ”

当然あってはならないことですが、車も全てが完璧ではありません。

ごく稀に、新車でもいわゆる塗装不良”ブツ”と呼ばれるものが存在します。

本当に小さいゴマ粒にも満たないくらいの大きさですが、塗料がダマになっていたり、とがっていたりします。

これは塗装面に対して正面からではなかなか発見できず、塗装面に横から覗き込むようにしてみると発見しやすいでしょう。

もちろんこれを発見したらすぐに言って直してもらいましょう。

ここでは当然ですが車の交換などはしてくれません。

塗装修理となりますが、これで査定が落ちることなどはないでしょう。

というかブツを塗装で直すくらいのレベルは間違いなくどこを直したかわからないようになるので安心していいです。

これがあまり後での発見になってしまうと『傷がついたんじゃないか』などと逃げられてしまうこともあるのでできれば納車時の発見がベストです。

納車時にじっくり車を見るのは何も悪いことではありません。

しっかり隅々まで確認しましょう。

②ドアノブ付近の傷

もちろんディーラー側も新車は細心の注意を払って取り扱いますが、メーカーからディーラーまで来るのに複数の人間があなたの車の触れています。

モータープールでオプションをつける人や車を輸送する人など多岐にわたります。

その人たちが必ず触る場所といえば運転席のドアハンドルです。

近年はメッキのドアハンドルだったりするので傷が目立ちやすかったりします。

あまりにもドアハンドルの傷がひどい場合は伝えましょう。

ただし爪で引っかからないような傷は傷とは言いませんのであまり神経質になりすぎて営業マンを困らせるのもまた問題です。

あくまで爪で引っかかるようながっつりした傷に限っての話です。

③ガラスに付着したウォータースポット

これは主にオーダー車よりも在庫車に多いです。

在庫車は場合によってはモータープールで長期にわたって屋外に置いてあったりします。

そうすると当然ですがガラスにウオータースポットという雨による鱗のような跡がガラスに付着します。

これがなかなか頑固で洗車ぐらいじゃまず落ちません。

特に前3面よりもプライバシーガラスになっている後ろ3面の方が背景が黒いので水アカを発見しやすいです。

これも当然ですが発見したら伝えてしっかり落としてもらいましょう。

新車のガラスがウォータースポットが付いているのは言語道断です。

新車のシートやバイザーのビニールは取った方がいい?

新車のスカッフプレート(乗り口の足元)やサンバイザー、シートにはビニールがついていますね。

これ、基本的に取らないで納車をしますが、納車されたら即取りましょう。

バイザーやシートはまだしもプレートなどにピタッとくっついているものは取らないと後でボロボロになって取れなくなります。

シートやサンバイザーも蒸れたりビニールが溶けたりしてあまりよくないのですぐに取りましょう。

あのビニールがついているからといって査定額は1円も上がりませんし汚らしくなっていくので外しましょう。

まとめ

あまり神経質になりすぎて営業マンを困らせるのもよくないですが、最低限この3つのポイントは確認するようにしましょう。

100%安心ということはありえません。

一回でもお店を出てしまえばあなたの責任になります。

大多数の方が納車時はテンションが上がって確認をおざなりにしていますが、時間がかかってもいいのでしっかり確認するようにしましょう。

値引きを気にするより査定額を気にしろ!!”強み別”一括査定サイトはこの2つ!

車業界は一年中値引きがあるので結局のところ値引き額ではなく、今乗っている車の査定額をいかに底上げできるかに尽きます。

A店では30万円値引きしてもらっても下取り額が10万円で、B店は値引き額が20万円でも下取り額が30万円かもしれません。

そうなると当然B店の方がお得ですよね。

ディーラーに下取り額、ごまかされていない?

新車の商談で大きな値引きが出たぞ!って喜んでいても実は下取り額で調整されていませんか?

下取り額をごまかされないためにも今あなたが乗っている車の概算査定額を把握しておくことは重要です。

ぶっちゃけディーラーに下取りに出すのはもう古い。

最近では業界の流れとして一括査定を利用して買取専門店で車を売却する方がかなり増えています。

答えは当然『買取額を比較できて高額査定が出るから』

複数の買取店で複数の査定額を比較することで初めてその車の査定額が高いか安いかわかるのです。

とにかく複数の査定額を比べることが超重要

何度も言いますが、一社の査定額では高いのか安いのかわかりません。

それをハッキリさせられるのが一括査定。

元カーディーラー営業の私がいうのもあれですが、所詮新車の値引きには限度があります。

ディーラーも同じものを売っている以上値引きの痛みは同じ。

『ここのディーラーだけめっちゃ値引きする!』とかありえません。

新車の値引きで何十万円という差は出ないのです。

大きく損得が出るのは下取り車の査定額

車によっては『嘘だろ!?』って言いたくなるくらいの価格差が普通に出ちゃいますから。

まずは愛車の概算買取価格を知るだけでもいいでしょう。

絶対に使える一括査定サイトを下記に『強み別』にまとめたので、あなたに合った一括査定サイトを利用してみましょう。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、ざっくり年式と距離を入力するだけであなたの愛車を最新の買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2022年8月現在)
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

カービュー愛車一括査定

carview

『カービュー愛車一括査定』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの300社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大8社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大8社
参加企業数305社(2022年8月現在)
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

-契約・納車, 時事・業界ネタ