商談・値引き

ディーラーの『ナビプレゼント!』は本当にお得なのか?

よく車のチラシで『ナビプレゼント中!』や『オプション5万円分サポート!』などと謳っていたりしますよね。

でもそもそも値引きがある業界で果たしてそのプレゼントは本当にお得なのか。

言い方を変えているだけじゃないの?

元カーディーラー営業の私が真実をお伝えします。

本当に通常よりもお得

基本的にチラシやテレビCMなどで謳っているプレゼント系の値引きはメーカーから販促費としてディーラーに支援されているものなので、ディーラーはナビをプレゼントしても痛くないのです。

つまり普段の値引きプラスメーカー支援の値引きなので通常よりも値引きが大きいのです。

だからこのプレゼント系値引きは本当にお得なのです。

プレゼント値引きはどんなものが多い?

ナビプレゼントであれば一番安いエントリーモデルのナビで大体10万円前後のものでしょう。

もしくは差額で10万円引きや、あとはオプションサービス系は3〜5万円がいいところでしょう。

どのぐらいの頻度でやっているの?

私がいた国産車ディーラーでは年に3回くらいでしたかね。

いつもやっているような感じですが実はそんなにやっていないのでプレゼント系の値引きCMを見かけたらチャンスです。

決算期などはやっていない

基本的に決算期は何もしなくても車が売れます。

このような施策はあくまで売れていない時期のテコ入れの販売促進費してメーカーから支援があるものなので売れていない時期、つまり決算期以外に多いのです。

最大の値引きを出さないと恩恵を受けられない

とはいえこのプレゼント系値引きはしっかりと値引きを出し切らないと恩恵を受けられません。

営業マンは当然値引きを絞って売りたいので普段は20万円まで値引きできる車も、このプレゼント系値引きが仮に5万円本部から支援されるとすればトータル20万円の値引きでも店舗の値引きの痛手は15万円で済みます。

つまりこのプレゼント系値引きに惑わされて普段出るはずの値引きが少なくされていることが非常に多いのです。

そうすれば車も売れてディーラーも利益が出るという状態になります。

しかしこれでは恩恵を受けれたとは言えません。

しっかり最大の値引きを出し切ってさらにプレゼント系値引きの恩恵も受けられているお客さんもたくさんいます。

営業
値引きは25万円が限界なんですが、今回はさらに特別にナビをプレゼントします。10万円相当のナビなので実質35万円の値引きです。これで決めてください!
これはお得だ!お願いします!
営業
ありがとうございます!(実は値引きは30万円までできるんだけどね!5万円抑えられちゃった!)

これではもったいないですね。

やはり値引きは競合が最重要

ディーラーにおいての値引きはやはり他店との競合が最強です。

競合というのはサドンデスなので値引きが確実に大きくなります。

1店舗だけ回って『ナビプレゼントだからお得ですよ』と言われて買ってしまうようではまだまだ値引きしろがあります。

必ず競合をしましょう。

商談に関してはこちらを参考にしてください。

【究極の商談シナリオ】新車の値引きを限界まで出すには『7つの極意』を守れ!!

新車の商談はただ黙っているだけでは値引きはしてくれません。 かといって『値引きして!』と言えばいいわけでもありません。 商談なんて年中するもんじゃないからやり方も商談の流れもよくわからないですよね。 ...

続きを見る

プレゼント系値引きがあるときは車の買い時

プレゼント系値引きをやっているときはディーラー自体も販売に力を入れていて通常よりも値引きしてでも売りたい時が多く、少し無理をしてでも値引きをしてくれるケースもよく見られます。

同時に商談の難易度も上がるので普段以上のしつこい競合値引きが必要です。

プレゼント系値引き&最大の値引きが出せればかなりお得に車を買うことができるでしょう。

私がいたところではこの組み合わせでかなり大きな値引きを出して購入されているお客さんも結構いました。

もし気になる車があるのであれば、プレゼント系値引きが出てくるまで待ってみるのも一つの手でしょう。

値引きを気にするより査定額を気にしろ!!”強み別”一括査定サイト3選!

車業界は一年中値引きがあるので結局のところ値引き額ではなく、今乗っている車の査定額をいかに底上げできるかに尽きます。

A店では30万円値引きしてもらっても下取り額が10万円で、B店は値引き額が20万円でも下取り額が30万円かもしれません。

そうなると当然B店の方がお得ですよね。

ディーラーに下取り額、ごまかされていない?

新車の商談で大きな値引きが出たぞ!って喜んでいても実は下取り額で調整されていませんか?

下取り額をごまかされないためにも今あなたが乗っている車の概算査定額を把握しておくことは重要です。

ぶっちゃけディーラーに下取りに出すのはもう古い。

最近では業界の流れとして一括査定を利用して買取専門店で車を売却する方がかなり増えています。

答えは当然『買取額を比較できて高額査定が出るから』

複数の買取店で複数の査定額を比較することで初めてその車の査定額が高いか安いかわかるのです。

とにかく複数の査定額を比べることが超重要

何度も言いますが、一社の査定額では高いのか安いのかわかりません。

それをハッキリさせられるのが一括査定。

元カーディーラー営業の私がいうのもあれですが、所詮新車の値引きには限度があります。

ディーラーも同じものを売っている以上値引きの痛みは同じ。

『ここのディーラーだけめっちゃ値引きする!』とかありえません。

新車の値引きで何十万円という差は出ないのです。

大きく損得が出るのは下取り車の査定額

車によっては『嘘だろ!?』って言いたくなるくらいの価格差が普通に出ちゃいますから。

まずは愛車の概算買取価格を知るだけでもいいでしょう。

絶対に使える一括査定サイトを下記に『強み別』にまとめたので、あなたに合った一括査定サイトを利用してみましょう。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、ざっくり年式と距離を入力するだけであなたの愛車を最新の買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2022年1月現在)
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

カービュー愛車一括査定

carview

『カービュー愛車一括査定』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの300社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大8社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大8社
参加企業数305社(2022年1月現在)
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

楽天愛車一括査定

『楽天 無料愛車一括査定』は文字通りあの楽天が運営しており、査定申し込みでもれなく楽天スーパーポイントを5ポイントプレゼント
さらに買取ご成約で1500ポイントプレゼントと楽天ならではのサービス。
楽天会員なら査定申込入力もログインして楽天会員情報と紐付けされるので入力の手間を省略!
楽天ユーザーが一括査定を利用するならダントツでオススメ。
一括査定とポイントのダブルでお得を獲得しましょう。

最大比較社数不明
参加企業数100社以上(2022年1月現在)
対応地域全国
このサイトの強みもれなく楽天スーパーポイント5ポイント&ご成約で1500ポイント獲得
費用すべて無料

-商談・値引き
-,

© 2014 車の値引き.com