商談・値引き

ミニバンから値引きを引き出すためのディーラー攻略法!

私がカーディーラーの営業マンだった頃、一番値引きが荒れた商談はいつもミニバンでした。

国産車ミニバンの価格帯は5ナンバーミニバンで200万円台〜、3ナンバーミニバンは300万円〜500万円台と値が張る為、値引きも何十万円というレベルで商談が行われます。

ディーラー側もミニバンを販売すると利益も大きく、またクレジット(ローン)の比率も上がる為、ディーラーが『一番売りたい車種』と言っても過言ではありません。

その為、ディーラー同士の競合も白熱します。

しかしこの状況は逆に言うと買う側も商談の仕方次第でがっつり値引きが引き出せます。

ここではミニバンの値引きの傾向をしっかりと理解して上手な商談で大幅値引きを獲得しましょう。

本題に入る前に・・

当サイト『車の値引き.com』は車購入時にありがちな””をすることなく値引きを最大化し、皆様にお得に買って頂きたいと考えています。

なぜならそれはディーラー営業だった私が実際に損をしているお客さんを目の前でたくさん見てきたから。

一人でも損をする人を減らしたいと考え、『車業界の落とし穴』であるこの事実を当サイトに訪れた方には真っ先にお伝えしています。

下取り車はあなたの立派な資産、安売りしたら大損

実はディーラーにて商談時に注意しなければならないのは下取り車を安く買い取られてしまうことです。

ディーラーはあなたに下取り車がある場合、車両値引きを多く見せかけて実はちゃっかり下取り車の査定額からやりくりすることもあります。

『値引きが30万円出たぞ!』と喜んでも実は下取り車の査定額は相場より20万円低い価格で買い取られていた場合、実質的な値引きは10万円しかありません。

値引きも少ない上にあなたの立派な資産である車も安く買い取られてしまっては大損ですね。

大事な資産が正当な評価をされないのは本当にもったいない。

20万円も値引きが違ったらどうでしょう。

オプションが増やせたり、旅行に行けたりするレベルの金額です。

車両値引きと下取りは分けて考えるのが重要です。

愛車の買取相場を把握しておくことが重要

ディーラーがあなたの車の査定額をごまかしているかどうか判断する為の材料は一つしかありません。

車の買取相場を把握しておくことです。

商談前に愛車が大体いくらぐらいの価値があるか把握していればディーラーの査定額が『ん?少し安いぞ?』なんてことにも気づけます。

これが把握できていないとディーラーの査定額が高いのか安いのか全くわからないですからね。

また、下取り額が頭に入っていると『あれ、意外と査定額がついたからオプション増やせるぞ?』なんて新車購入計画のための参考情報にもなります。

ちなみに査定額をすぐに把握したい場合は東証一部上場企業が運営する『ナビクル』がオススメ。

年式や走行距離の簡単な入力だけで現在の相場から算出した概算査定価格をWeb上でスグ表示してくれます。

また、出張査定や査定比較も無料なので下取り車を高く売りたい方は必ず利用すべきサービスです。

もちろん利用は無料なのでまずは概算買取価格を把握してから車の購入を検討しましょう。

ナビクル車査定へ

ミニバンってアルファードやヴェルファイアのこと?

ミニバンとはいわゆるアルファードやベルファイアのようなワンボックスカーを指します。

でもなんであんなに大きい車なのにミニがつくの?

アメリカのフルサイズのバンよりは小さいため、ミニバンと呼ぶそうです。

トヨタ

  • アルファード
  • ヴェルファイア
  • ノア
  • ヴォクシー
  • エスクァイア

日産

  • エルグランド
  • セレナ

ホンダ

  • オデッセイ
  • ステップワゴン

三菱

  • デリカD5

などが代表的な例として挙げられます。

なぜミニバンは値引きが大きい?

ミニバンは車の中で一番値引きする車種とも言えます。

コンパクトカーは低価格な為値引きが少ないのは当然ですが、700万円以上の高級車になるとまた値引きは出なくなります。

700万円以上の高級車に値引きが少ない理由としては、

  • 購買層があまり値引きを要求しない
  • 高級車を扱うディーラー自体がブランドを守る為にもあまり『安売り』をテーマにしていない
  • ローンを組まずキャッシュでの購入比率が高い

などがあげられます。

ミニバンは価格帯でみるとコンパクトカーと高級車の間に位置づけされます。

車の値引きはコンパクトカーから始まり価格が上がるにつれて値引きも大きくなるが、一定の金額以上いくと値引きが徐々に減っていきます。

つまりミニバンが車の値引きのピークとも言えます。

ミニバンの購買層と購入理由

ミニバンのメイン購買層は、小さな子供がいる30代から40代くらいのファミリー層がメインです。

理由としてはミニバンは小さい子供がいるシーンを想定して設計されている為、なにかと便利だからです。

小さい子供がいる事を想定したミニバンのメリットは

  • 駐車場などで隣に車がいてもスライドドアならチャイルドシートの乗せ降ろしなどが楽
  • 子供が一人でドアを開けたときなどもスライドドアは隣の車にぶつからない
  • レジャーにも使え、ベビーカーなども楽々積める
  • 8人乗りなどは祖父母も一緒に大勢で移動ができる

などがあげられます。

次にミニバンの購入理由としては

  • 『今までは夫婦二人だけだったから小さい車でもよかったけど今度子供が生まれるのでミニバンに買い替えたい』
  • 『子供が勝手にドアを開けて隣の車にぶつける事が多く、心配なのでスライドドアにしたい』

と理由に子供が絡んでくる事が私の経験上多かったです。

ミニバンはオプション装着率がとても高い

ミニバンならではのオプション(電動スライドドアや後席モニター)などもあり、オプション装着率が高くなってきています。

オプションは付けてくれればくれるほどディーラー側の値引き幅が広がります。

ミニバンはクレジット(ローン)比率が高い

何度も言いますがメインの購買層は若いファミリーです。

つまりキャッシュで買う貯蓄はないが車を必要としている状況が多く、金利がたくさんつくとわかっていても利用せざるおえないのがクレジット(いわゆるローン)です。

クレジット契約によるディーラーのメリット

クレジットで契約をすると金利が発生します。

その金利は信販会社に入りますが、ディーラーにはクレジット契約のバックマージンが入ります。

このバックマージンの発生により、値引きの幅が広がるのです。

つまりミニバンは値引きが大きいにも関わらず、しっかりと利益はでているのでディーラーは積極的に売りたいのです。

キャッシュ(現金)では値引きは少ないのか

確かにキャッシュではクレジットほどの値引きはでませんが、競合に晒されると大幅値引きを出してくる可能性があります。

そしてクレジットの金利分を超えるほどの値引きはできないので資金に余裕があるのならキャッシュの方が実質お得です。

あくまでクレジットによる値引きは実質的には金利を下げたのと同じ事でしかありません。

ミニバンの値引きを引き出す2つの攻め方!

ミニバンは競合が多く、買う側も値引きの為でなく本当にどのメーカーのミニバンも魅力的で悩んでいる方が多い印象です。

その為、ディーラーもあとは価格で勝負!と言った感じになりやすいです。

値引きは早い段階で何十万円と言った流れになり、最後は競合同士で『あと5万円やります』『ボディーコートサービスします』などどちらかが折れるまで続きます。

ミニバンの商談には競合が必須となってきます。

①兄弟車競合or資本が違うディーラー競合が値引きに効く!

これは他の車種でも競合全てに言える事ですが、他メーカー車よりも同メーカー車を競合にかけたほうが値引きがでやすいという事です。

同メーカー車を競合にかけるという事は同メーカーの経営元の違うディーラー同士の競合となります。

いわゆるアルファード・ヴェルファイアがいい例ですね。

こちらであれば車両本体価格やオプションまで価格が全く同じなので純粋にどちらのディーラーが値引きが大きいかわかりやすいのです。(取り付け工賃や手数料などは違う場合があります)

そしてディーラー同士も同じ車種を扱っているのでどこまでが限界かわかるのでギリギリまで値引きを出す傾向にあります。

他メーカー車では条件が限りなく近ければ競合できない事もないですが、基本的には比べられてもあまりディーラーには響かない事が多いですので競合は同メーカー車でかけましょう。

②オプションから値引きしてもらう!

ミニバンは前述した通りオプションが多くなります。

そしてたくさんオプションがついている場合、オプションからも値引きが期待できます。

まとまった金額になっている場合はオプションからも利益がでている為、値引きのポケットは広がっている筈です。

特にディーラーにとって利益のでやすいオプションはボディーコーティングや点検のパックなどです。

その辺から切り開いてオプションの値引きをつついて値引きを出しましょう。

まとめ

私の経験上、ミニバンは一年を通して一番商談が多かったです。(買う・買わないは別として)

それだけ購買層も活発に動いており、競争が激しくディーラーも厳しい値引きを強いられるときもあります。

しかしそれだけ営業マンもレスポンスが早く、決断を迫られる事も多いかと思います。

車購入の決め手は値引きだけが全てではありません。

A車の値引きの方が大きいがB車のほうが本当は欲しいなんて事もあると思います。

自分の中で予め合格ラインとゴールを決めておくと商談も自分のペースでスムーズに進められるでしょう。

値引きを気にするより査定額を気にしろ!!”強み別”一括査定サイトはこの2つ!

車業界は一年中値引きがあるので結局のところ値引き額ではなく、今乗っている車の査定額をいかに底上げできるかに尽きます。

A店では30万円値引きしてもらっても下取り額が10万円で、B店は値引き額が20万円でも下取り額が30万円かもしれません。

そうなると当然B店の方がお得ですよね。

ディーラーに下取り額、ごまかされていない?

新車の商談で大きな値引きが出たぞ!って喜んでいても実は下取り額で調整されていませんか?

下取り額をごまかされないためにも今あなたが乗っている車の概算査定額を把握しておくことは重要です。

ぶっちゃけディーラーに下取りに出すのはもう古い。

最近では業界の流れとして一括査定を利用して買取専門店で車を売却する方がかなり増えています。

答えは当然『買取額を比較できて高額査定が出るから』

複数の買取店で複数の査定額を比較することで初めてその車の査定額が高いか安いかわかるのです。

とにかく複数の査定額を比べることが超重要

何度も言いますが、一社の査定額では高いのか安いのかわかりません。

それをハッキリさせられるのが一括査定。

元カーディーラー営業の私がいうのもあれですが、所詮新車の値引きには限度があります。

ディーラーも同じものを売っている以上値引きの痛みは同じ。

『ここのディーラーだけめっちゃ値引きする!』とかありえません。

新車の値引きで何十万円という差は出ないのです。

大きく損得が出るのは下取り車の査定額

車によっては『嘘だろ!?』って言いたくなるくらいの価格差が普通に出ちゃいますから。

まずは愛車の概算買取価格を知るだけでもいいでしょう。

絶対に使える一括査定サイトを下記に『強み別』にまとめたので、あなたに合った一括査定サイトを利用してみましょう。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、ざっくり年式と距離を入力するだけであなたの愛車を最新の買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2022年8月現在)
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

カービュー愛車一括査定

carview

『カービュー愛車一括査定』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの300社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大8社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大8社
参加企業数305社(2022年8月現在)
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

-商談・値引き