商談・値引き

6代目新型ワゴンR&スティングレーの値引きはどう攻める!?競合はムーブにあり!

『ワゴンR』と聞けば知らないものはいないくらい、軽トールワゴンの基礎を作り上げたスズキの屋台骨的存在。

2017年2月1日、そんな6代目となる新型ワゴンRの発表となる。

本当は2016年秋に発表予定だったが燃費問題の影響からか延期となっていた為、期待もさらに大きい。

近年NBOXやタントなどのスライドドアハイト系ワゴンが売れ筋となっている軽自動車業界だが、ワゴンRは果たしてまた軽自動車業界で返り咲くことができるのか。

そして気になる値引きはどのように攻めるのが有効なのか。

新型WAGON Rは何が変わる!?

ストロングハイブリッド投入で燃費が格段に向上

もうこれは当然の流れであるが、2016年11月に登場したソリオハイブリッドに搭載された1モーター1クラッチAGSストロングハイブリッドシステムが投入される。

これにより、5代目モデルの最高値であるリッター33km(JC08モード)からリッター40kmへと大幅な燃費向上となる。

もちろん、ハイブリッドのみではなく、Sエネチャージを搭載したNAも用意。

こちらもリッター35kmと前モデルよりも燃費の向上に努めた。

伝統を守りつつ感じる『新型感デザイン』

ワゴンRは時代に流されずにその姿を守ってきた。

もちろん今回もいつものワゴンR感を残しつつも一目で新型とわかるような新しさも投入された。

例えば2分割ヘッドライトはヴェルファイアやヴォクシーをはじめとするミニバンの大定番だがこのwagonRにも搭載。

これによりフロントフェイスの迫力が出てくる。

スティングレーは今まで感ゼロの新デザイン

一方新型スティングレーは今までの殻をぶちやぶったかのような全く新しい雰囲気である。

それこそフロントフェイスはキャデラック・エスカレードを感じさせるような大迫力の縦長ヘッドライト。

軽自動車はフロントフェイスがとても肝心だが、サイドのデザインも今までよりも刷新。

Bピラー部分は前と後ろの窓ガラスを大きく引き離したデザインはさながらアルファードのような、まるでスライドドアなんじゃないかと感じられるデザイン。

バックショットもシンプルなテールランプ配置でありながら、そのバランスは完全に磨かれ抜いたもの。

一目で美しいと感じられる印象となっている。

気になる新型ワゴンRの値引きはどう攻める!?

出たばかりでは決算値引きは難しいかも

発表されてすぐに3月の決算となるが、新型車なだけに値引きはあまり期待できないと予想される。

どのメーカーでもそうだが基本的に新型車は値引きが渋い。

もちろん決算で数字をぶち込みたいのは間違いないが、値引きを押さえろという指示が確実に出ているので決算だけでは値引き材料としては弱いだろう。

競合はダイハツ・ムーヴにあり!

この車はいわゆるスライドドア系のNBOXやタントとは違う車だと考えるべきである。

当然スライドドアとスイングドアで大きな違いはあるがぱっと見は変わらない。

しかしスライドドアとスイングドアでは価格に差が出てくる。

そんな中、ワゴンRに一番近いのはダイハツ・ムーヴ。

ムーヴは2014年の発表でLEDラインを使った先進的デザインが大人気となっている。

車格クラス同様、ターゲットユーザーも全く同じなので、一番競合に潤いが出てくるものである。

ここでのポイントは、単純な値段比べでは『新型車なので』とスズキの営業に門前払いされてしまうのでまずはスズキでワゴンRだけ商談をして営業との関係をあっためておく。

そして心苦しいかもしれないが二度目の商談からムーヴもやっぱり捨てがたい的なノリで競合商談に持ち込もう。

一度商談をしていると営業は二度目の商談で落ちると見込み報告を入れている可能性があるので二度目は『必ず落とせ』と上司からプレッシャーがあるので値引きは荒れがちとなる。

よって、一度目で決めるのではなく、二度に分けて商談を上手に進めよう。

2017年はスイフトやワゴンRとスズキの快進撃の年となりそうだ。

値引きを気にするより査定額を気にしろ!!”強み別”一括査定サイト3選!

車業界は一年中値引きがあるので結局のところ値引き額ではなく、今乗っている車の査定額をいかに底上げできるかに尽きます。

A店では30万円値引きしてもらっても下取り額が10万円で、B店は値引き額が20万円でも下取り額が30万円かもしれません。

そうなると当然B店の方がお得ですよね。

ディーラーに下取り額、ごまかされていない?

新車の商談で大きな値引きが出たぞ!って喜んでいても実は下取り額で調整されていませんか?

下取り額をごまかされないためにも今あなたが乗っている車の概算査定額を把握しておくことは重要です。

ぶっちゃけディーラーに下取りに出すのはもう古い。

最近では業界の流れとして一括査定を利用して買取専門店で車を売却する方がかなり増えています。

答えは当然『買取額を比較できて高額査定が出るから』

複数の買取店で複数の査定額を比較することで初めてその車の査定額が高いか安いかわかるのです。

とにかく複数の査定額を比べることが超重要

何度も言いますが、一社の査定額では高いのか安いのかわかりません。

それをハッキリさせられるのが一括査定。

元カーディーラー営業の私がいうのもあれですが、所詮新車の値引きには限度があります。

ディーラーも同じものを売っている以上値引きの痛みは同じ。

『ここのディーラーだけめっちゃ値引きする!』とかありえません。

新車の値引きで何十万円という差は出ないのです。

大きく損得が出るのは下取り車の査定額

車によっては『嘘だろ!?』って言いたくなるくらいの価格差が普通に出ちゃいますから。

まずは愛車の概算買取価格を知るだけでもいいでしょう。

絶対に使える一括査定サイトを下記に『強み別』にまとめたので、あなたに合った一括査定サイトを利用してみましょう。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、ざっくり年式と距離を入力するだけであなたの愛車を最新の買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2022年1月現在)
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

カービュー愛車一括査定

carview

『カービュー愛車一括査定』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの300社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大8社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大8社
参加企業数305社(2022年1月現在)
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

楽天愛車一括査定

『楽天 無料愛車一括査定』は文字通りあの楽天が運営しており、査定申し込みでもれなく楽天スーパーポイントを5ポイントプレゼント
さらに買取ご成約で1500ポイントプレゼントと楽天ならではのサービス。
楽天会員なら査定申込入力もログインして楽天会員情報と紐付けされるので入力の手間を省略!
楽天ユーザーが一括査定を利用するならダントツでオススメ。
一括査定とポイントのダブルでお得を獲得しましょう。

最大比較社数不明
参加企業数100社以上(2022年1月現在)
対応地域全国
このサイトの強みもれなく楽天スーパーポイント5ポイント&ご成約で1500ポイント獲得
費用すべて無料

-商談・値引き
-, ,

© 2014 車の値引き.com