商談・値引き

ホンダ 新型CRーVの値引きは?商談はどう攻める?

空前のSUVブームである昨今、ホンダが新型のCRーVを投入しました。

このCRーV、一体どんな車なのか?

そして商談はどう攻めるべきか。

本題に入る前に・・

当サイト『車の値引き.com』は車購入時にありがちな””をすることなく値引きを最大化し、皆様にお得に買って頂きたいと考えています。

なぜならそれはディーラー営業だった私が実際に損をしているお客さんを目の前でたくさん見てきたから。

一人でも損をする人を減らしたいと考え、『車業界の落とし穴』であるこの事実を当サイトに訪れた方には真っ先にお伝えしています。

下取り車はあなたの立派な資産、安売りしたら大損

実はディーラーにて商談時に注意しなければならないのは下取り車を安く買い取られてしまうことです。

ディーラーはあなたに下取り車がある場合、車両値引きを多く見せかけて実はちゃっかり下取り車の査定額からやりくりすることもあります。

『値引きが30万円出たぞ!』と喜んでも実は下取り車の査定額は相場より20万円低い価格で買い取られていた場合、実質的な値引きは10万円しかありません。

値引きも少ない上にあなたの立派な資産である車も安く買い取られてしまっては大損ですね。

大事な資産が正当な評価をされないのは本当にもったいない。

20万円も値引きが違ったらどうでしょう。

オプションが増やせたり、旅行に行けたりするレベルの金額です。

車両値引きと下取りは分けて考えるのが重要です。

愛車の買取相場を把握しておくことが重要

ディーラーがあなたの車の査定額をごまかしているかどうか判断する為の材料は一つしかありません。

車の買取相場を把握しておくことです。

商談前に愛車が大体いくらぐらいの価値があるか把握していればディーラーの査定額が『ん?少し安いぞ?』なんてことにも気づけます。

これが把握できていないとディーラーの査定額が高いのか安いのか全くわからないですからね。

また、下取り額が頭に入っていると『あれ、意外と査定額がついたからオプション増やせるぞ?』なんて新車購入計画のための参考情報にもなります。

ちなみに査定額をすぐに把握したい場合は東証一部上場企業が運営する『ナビクル』がオススメ。

年式や走行距離の簡単な入力だけで現在の相場から算出した概算査定価格をWeb上でスグ表示してくれます。

また、出張査定や査定比較も無料なので下取り車を高く売りたい方は必ず利用すべきサービスです。

もちろん利用は無料なのでまずは概算買取価格を把握してから車の購入を検討しましょう。

ナビクル車査定へ

ホンダにおけるCR-Vの立ち位置

ホンダCR-Vは日本国内でのホンダ車では最上級にあたるSUVです。エンジン排気量はガソリンターボ車が1.5リッター、ハイブリッド車が2.0リッターとなっていますが、出力はガソリンターボで190馬力、ハイブリッド車のシステム最高出力は215馬力となっており、出力的に見るとホンダ車ラインナップではかなり高い一台となっています。全タイプで4WDが選べることも特長です。サイズ的には4605mmの全長で、オデッセイなどはもちろん、ジェイドやシビックセダン、インサイトよりも短くなっています。最低地上高は4WDで200mm、2WD190mmとなっており、ホンダで最も高い最低地上高となっています。

CR-Vのメカニズム

CR-Vは先進的なメカニズムを搭載していることも特長で、2.0リッターエンジンと2モーターハイブリッドシステムのSPORT HYBRID i-MMDに4WDを組み合わせたことはホンダでは初となっています。JC08モード燃費は25.0km/lとなっており、同排気量クラスのSUVでは最も優れた燃費を誇っています。また2WDでも同ハイブリッドシステムが選択できます。このハイブリッドシステムではモーターのみの走行、ガソリンとモーターでの走行、ガソリンのみの走行の3つのモードが用意されており、最適な走行モードを選択できるようになっています。また、ガソリンターボエンジンはホンダの1.5リッターでは最も高出力ながら2WDで15.8km/lの燃費を誇っており、さらにレギュラーガソリン仕様となっている点も特長です。
4WDシステムは全後輪へのトルク配分を精密に制御するリアルタイムAWDを採用しており、悪路ではない路面では2WDで走行し燃費を向上させています。また、前輪と後輪のトルク配分はメーターで確認できることもポイントです。ハンドリング装備として最近のホンダ車に共通するアジャイルハンドリングアシストが装備され旋回性能が向上しています。
予防安全装備はHonda SENSINGを全タイプ標準装備しており、衝突軽減ブレーキや誤発進抑制機能、歩行者事故低減ステアリング、渋滞追従機能付きアダプティブクルーズコントロールもなどが搭載されています。

7人乗りも追加されたCR-Vのインテリア

CR-Vは今回のモデルチェンジでガソリン車には7人乗りが追加されています。7人乗り仕様の2列目シートは跳ね上げやスライドが可能です。また、7人乗り、5人乗りともに2列めシートは収納が可能で荷室を大きくすることができます。シートは2色用意された本革も選択可能です。テールゲートはハンズフリー式のパワーテールゲートとなっており、荷室の開口部の低さなどと相まって使い勝手が良くなっています。グレード別装備としてはMASTER PIECEに装備された電動パノラミックサンルーフはホンダ車では唯一の装備となっており、新鮮な視界を楽しむことができます。

商談の攻め方は?

やはり同じクラスでの競合が好ましいでしょう。

トヨタのハリアーやマツダのCXー8あたりでも良いでしょう。

しかし、新型車ですので大きい値引きは難しいかもしれませんのでメンテナンスパックなどをサービスさせるなど、オプション狙いも良いかもしれません。

値引きを気にするより査定額を気にしろ!!”強み別”一括査定サイトはこの2つ!

車業界は一年中値引きがあるので結局のところ値引き額ではなく、今乗っている車の査定額をいかに底上げできるかに尽きます。

A店では30万円値引きしてもらっても下取り額が10万円で、B店は値引き額が20万円でも下取り額が30万円かもしれません。

そうなると当然B店の方がお得ですよね。

ディーラーに下取り額、ごまかされていない?

新車の商談で大きな値引きが出たぞ!って喜んでいても実は下取り額で調整されていませんか?

下取り額をごまかされないためにも今あなたが乗っている車の概算査定額を把握しておくことは重要です。

ぶっちゃけディーラーに下取りに出すのはもう古い。

最近では業界の流れとして一括査定を利用して買取専門店で車を売却する方がかなり増えています。

答えは当然『買取額を比較できて高額査定が出るから』

複数の買取店で複数の査定額を比較することで初めてその車の査定額が高いか安いかわかるのです。

とにかく複数の査定額を比べることが超重要

何度も言いますが、一社の査定額では高いのか安いのかわかりません。

それをハッキリさせられるのが一括査定。

元カーディーラー営業の私がいうのもあれですが、所詮新車の値引きには限度があります。

ディーラーも同じものを売っている以上値引きの痛みは同じ。

『ここのディーラーだけめっちゃ値引きする!』とかありえません。

新車の値引きで何十万円という差は出ないのです。

大きく損得が出るのは下取り車の査定額

車によっては『嘘だろ!?』って言いたくなるくらいの価格差が普通に出ちゃいますから。

まずは愛車の概算買取価格を知るだけでもいいでしょう。

絶対に使える一括査定サイトを下記に『強み別』にまとめたので、あなたに合った一括査定サイトを利用してみましょう。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、ざっくり年式と距離を入力するだけであなたの愛車を最新の買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2022年8月現在)
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

カービュー愛車一括査定

carview

『カービュー愛車一括査定』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの300社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大8社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大8社
参加企業数305社(2022年8月現在)
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

-商談・値引き
-, ,