商談・値引き

トヨタ・ライズ&ダイハツ・ロッキーの値引きを限界まで引き出す!

トヨタのライズやダイハツのロッキーは街で相当見かけますね。

何と言っても売れている理由はその手頃な価格やサイズ感にあります。

170万円台から買える手頃さがウケたこのコンパクトSUVですがもちろんもっと値引きして買いたいもの。

果たしてどう攻めるべきなのか?

本題に入る前に・・

当サイト『車の値引き.com』は車購入時にありがちな””をすることなく値引きを最大化し、皆様にお得に買って頂きたいと考えています。

なぜならそれはディーラー営業だった私が実際に損をしているお客さんを目の前でたくさん見てきたから。

一人でも損をする人を減らしたいと考え、『車業界の落とし穴』であるこの事実を当サイトに訪れた方には真っ先にお伝えしています。

下取り車はあなたの立派な資産、安売りしたら大損

実はディーラーにて商談時に注意しなければならないのは下取り車を安く買い取られてしまうことです。

ディーラーはあなたに下取り車がある場合、車両値引きを多く見せかけて実はちゃっかり下取り車の査定額からやりくりすることもあります。

『値引きが30万円出たぞ!』と喜んでも実は下取り車の査定額は相場より20万円低い価格で買い取られていた場合、実質的な値引きは10万円しかありません。

値引きも少ない上にあなたの立派な資産である車も安く買い取られてしまっては大損ですね。

大事な資産が正当な評価をされないのは本当にもったいない。

20万円も値引きが違ったらどうでしょう。

オプションが増やせたり、旅行に行けたりするレベルの金額です。

車両値引きと下取りは分けて考えるのが重要です。

愛車の買取相場を把握しておくことが重要

ディーラーがあなたの車の査定額をごまかしているかどうか判断する為の材料は一つしかありません。

車の買取相場を把握しておくことです。

商談前に愛車が大体いくらぐらいの価値があるか把握していればディーラーの査定額が『ん?少し安いぞ?』なんてことにも気づけます。

これが把握できていないとディーラーの査定額が高いのか安いのか全くわからないですからね。

また、下取り額が頭に入っていると『あれ、意外と査定額がついたからオプション増やせるぞ?』なんて新車購入計画のための参考情報にもなります。

ちなみに査定額をすぐに把握したい場合は東証一部上場企業が運営する『ナビクル』がオススメ。

年式や走行距離の簡単な入力だけで現在の相場から算出した概算査定価格をWeb上でスグ表示してくれます。

また、出張査定や査定比較も無料なので下取り車を高く売りたい方は必ず利用すべきサービスです。

もちろん利用は無料なのでまずは概算買取価格を把握してから車の購入を検討しましょう。

ナビクル車査定へ

ライズ&ロッキーはこんな車!

『ライズ』と『ロッキー』は共同開発車

この2台はトヨタとその子会社であるダイハツが共同開発したものであり、基本的なプラットフォームは共通としながら細かい部分では両メーカーそれぞれの独自のアレンジが施され、各傘下の販売店にて別の車として販売されている兄弟車です。

エンジンなどメインとなっている部分がダイハツ製であることからOEM車と言われることもありますが、四輪駆動システムに関してはトヨタ製であるなど、正式には共同開発車とされています。

日本のようにあまり広くはない道路事情において、全長4m以下のコンパクトサイズ、そして200万円以下で購入することも可能というリーズナブルな価格のSUVは多くないため、気軽にアクティブさを求めるドライバーを中心に人気の2台となっています。

『ライズ』『ロッキー』の同じポイント

2台ともサイズ、エンジン、駆動システムなどについてはすべて共通しており、基本的な性能は同じです。

初登場時のエンジンは1.0 L直列3気筒ターボのみのラインナップでしたが、2021年に1.2L直列3気筒のハイブリッドエンジンが加わりました。

外寸は5ナンバーに収まるコンパクトサイズでありながら、室内は1,620mmという車高を活かした広さの感じられる作りになっており、前席と後席の距離も900mmと、後席でも膝周りにはかなりの余裕があります。

後席は前に倒すことでフラット化することができ、スノーボードといった長物を積み込むことも可能です。

倒さない状態でも369Lと同クラス最高レベルの荷室容量を実現させており、日常の利用に十分な大きさを備えています。

走行性能はガソリン車の場合で、1.0Lながらもターボによって2,400rpmで140Nmというパワフルなトルクを発揮し、コンパクトなボディも相まって軽快で安定した走りを見せます。

『ライズ』『ロッキー』の異なるポイント

両者は基本的な部分はほぼ同じといっていいものになっていますが、トヨタ・ダイハツそれぞれの考え方や経緯によって細かな違いを持っています。

たとえばトヨタは1994年に『RAV4』というSUVを発売しています。

日本におけるコンパクトサイズのクロスオーバーSUVの先駆け的存在であり、街乗りもオフロードもいけるカジュアルな車として若者を中心に人気を博し、90年代SUVブームの火付け役ともなりました。

RAV4はその後、海外を中心とした販売に切り替わり、モデルチェンジを重ねるごとに大型化、2018年には再び日本でも発売されるようになりましたが、かつてのRAV4のカジュアルな存在感とはかなり違うポジションとなっていました。

そうした経緯もあり、新たに投入された『ライズ』はそのサイズ感から、かつての『RAV4』が担っていたユーザー層を意識している側面があります。

そのためかつての『RAV4』を引き継ぐようにワイルドさとカジュアル感を併せ持つようなエクステリアデザインになっており、低めに配置されたフロントグリルはSUVでありながら重心の低さを感じさせます。

また『ロッキー』にはない専用色として「ターコイズブルーマイカメタリック」が用意されている点も、街乗りのカジュアルさを意識してのものでしょう。
グレードの点でも、両者を通じて最も価格が低く抑えられているのが『ライズ』の「X」です。

一方の『ロッキー』は、『ライズ』が初代であるのに対し、ダイハツで1990年に発売され2002年に販売終了となった初代の名を受け継ぐ2代目と位置づけられています。

初代『ロッキー』はライトクロカンとして登場しており、サイズこそコンパクトではあるものの、本格的なオフロード走行も可能な車としてアウトドアを好む層に人気を博しました。

そのため、この『ロッキー』でもクロスカントリーの方向性が強めに意識されており、『ライズ』に比べて高めに大きく配置されたフロントグリルは、オフロードの走破性を感じさせる重心の高さをイメージさせられます。

両者を通じて最も高級なグレードは『ロッキー』の「プレミアムG HEV」で、装備の充実とやや高級志向であることも窺わせています。
また『ロッキー』の専用色は『コンパーノレッド』で、こちらもアウトドア的なアクティブさを感じさせるものになっています。

他に2台の大きな違いとしては、コネクテッド機能の違いがあります。

いずれもトヨタ・ダイハツそれぞれが開発した独自のシステムを採用しており、「ダイハツコネクト」は車載通信機を使わず料金持つ用がない点、「トヨタコネクティッド」はT-Connectナビをオプションで付ける必要があるなどの違いがあります。

このようにどちらも基本的な部分はほぼ共有されていますが、コネクテッド機能のシステムや、メーカー内での位置づけによるコンセプトの方向性などに違いを見ることができます。

そしてどちらにも共通するのが、コンパクトでオン・オフともに十分な性能を発揮できる、手頃な価格帯のクロスオーバーSUVだということが言えるでしょう。

ライズ&ロッキーの値引きシナリオ!

ライズ&ロッキーは同じ車なので価格もほぼ同じ。

つまりライズとロッキーのトヨタVSダイハツ勝負でもいいし、トヨタ同士でライズの競合やダイハツ同士でロッキーの競合でもOKだ。

まずはあなたがどちらが欲しいかを絞る必要がある。

ライズならライズだけで攻め、ロッキーならロッキーで攻めた方がディーラーも商談の本気度が変わってくる。

しかし本当に価格だけで決めたいというのであれば全ての競合にさせて限界まで値引きを引き伸ばしてもいいだろう。

目標値引き額15万円〜20万円
競合車ライズ・ロッキー
商談回数2回
商談難易度普通

値引き目標は15万円を合格ラインとし、20万円が出れば万々歳です。
ここでは紛らわしいのでライズを購入する流れで統一します。

1回目:トヨタにて商談トーク

まずは一軒目のトヨタディーラーに行きましょう。

ライズいいですよね。実際値引きはどれくらいですか?
そうですねーとりあえず10万円くらいなら
営業
ロッキーとかも見て見たいんでまた今度

競合を匂わせ値引きが出ても出なくともまずは切り上げましょう。

必ず商談は一度切り上げること

営業がなかなか帰してくれない場合ここで一番有効な断り文句が『まだ他の車も見たい』というワード。

これを言われるとディーラーもこれ以上攻めることができないので切り上げるには一番有効な一言です。

1回目:ダイハツでの商談トーク

次はライズの見積もりを持ってダイハツに商談に行きます。

すでに見積もりを取ってきている客はディーラーからすれば冷やかしとは思われず、ホット客なので値引きが出やすいです。

トヨタで見積もり出してもらったのですがロッキーはどれぐらい値引きできますか?
任せてください!
営業

そしてダイハツの営業は『今日この場でロッキーを契約してくれるなら最大の値引きを出します』というトヨタに行かずにこの場で即決を条件に値引きを出すことが想定されます。

しかしここではまだ値引きを引き出したいので『値引き次第では考えますが、まずは聞いて見ないことにはなんとも』ということでかわしましょう。

ここで値引きが出たら、やはり決められないということでここでも切り上げましょう。

値引きを出してからダイハツは相当帰してくれないと思いますがここでは必ず切り上げます。

2回目:トヨタでの商談トーク

2回目のトヨタではロッキーの見積もり出してダイハツの値引きも伝え商談を進めましょう。

ロッキーはこのぐらい値引きするらしいんですが、ライズはどうですか?

もしここでダイハツより値引きが大きければ即決しても良いと思います。

しかしここでダイハツを下回るようでしたらこれはもうトヨタに断られているようなものなので値引きは望めませんので他のトヨタで競合するか、ロッキーを買いましょう。

競合しすぎはNG

競合もやればやるだけいいというものではなく、嫌われない程度にやらなければいけません。

しかしビビっては値引きも出ないので適度に競合させ、ここだ!というところで決めましょう。

値引きを気にするより査定額を気にしろ!!”強み別”一括査定サイトはこの2つ!

車業界は一年中値引きがあるので結局のところ値引き額ではなく、今乗っている車の査定額をいかに底上げできるかに尽きます。

A店では30万円値引きしてもらっても下取り額が10万円で、B店は値引き額が20万円でも下取り額が30万円かもしれません。

そうなると当然B店の方がお得ですよね。

ディーラーに下取り額、ごまかされていない?

新車の商談で大きな値引きが出たぞ!って喜んでいても実は下取り額で調整されていませんか?

下取り額をごまかされないためにも今あなたが乗っている車の概算査定額を把握しておくことは重要です。

ぶっちゃけディーラーに下取りに出すのはもう古い。

最近では業界の流れとして一括査定を利用して買取専門店で車を売却する方がかなり増えています。

答えは当然『買取額を比較できて高額査定が出るから』

複数の買取店で複数の査定額を比較することで初めてその車の査定額が高いか安いかわかるのです。

とにかく複数の査定額を比べることが超重要

何度も言いますが、一社の査定額では高いのか安いのかわかりません。

それをハッキリさせられるのが一括査定。

元カーディーラー営業の私がいうのもあれですが、所詮新車の値引きには限度があります。

ディーラーも同じものを売っている以上値引きの痛みは同じ。

『ここのディーラーだけめっちゃ値引きする!』とかありえません。

新車の値引きで何十万円という差は出ないのです。

大きく損得が出るのは下取り車の査定額

車によっては『嘘だろ!?』って言いたくなるくらいの価格差が普通に出ちゃいますから。

まずは愛車の概算買取価格を知るだけでもいいでしょう。

絶対に使える一括査定サイトを下記に『強み別』にまとめたので、あなたに合った一括査定サイトを利用してみましょう。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、ざっくり年式と距離を入力するだけであなたの愛車を最新の買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2022年9月現在)
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

カービュー愛車一括査定

carview

『カービュー愛車一括査定』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの300社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大8社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大8社
参加企業数305社(2022年9月現在)
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

-商談・値引き
-, , , ,