商談・値引き

初めてディーラーに行ったら電話番号や住所を聞かれたけど、教えなければいけないの?

初めてディーラーに行くと必ず氏名住所電話番号を聞かれるor書かされます。

結論から言えば個人情報ですので教えるか教えないかはあなたの自由

しかし今あなたの新車購入に対する気持ちの段階によって教えた方がいいのか、教えない方がいいのかが変わってきます。

本題に入る前に・・

当サイト『車の値引き.com』は車購入時にありがちな””をすることなく値引きを最大化し、皆様にお得に買って頂きたいと考えています。

なぜならそれはディーラー営業だった私が実際に損をしているお客さんを目の前でたくさん見てきたから。

一人でも損をする人を減らしたいと考え、『車業界の落とし穴』であるこの事実を当サイトに訪れた方には真っ先にお伝えしています。

下取り車はあなたの立派な資産、安売りしたら大損

実はディーラーにて商談時に注意しなければならないのは下取り車を安く買い取られてしまうことです。

ディーラーはあなたに下取り車がある場合、車両値引きを多く見せかけて実はちゃっかり下取り車の査定額からやりくりすることもあります。

『値引きが30万円出たぞ!』と喜んでも実は下取り車の査定額は相場より20万円低い価格で買い取られていた場合、実質的な値引きは10万円しかありません。

値引きも少ない上にあなたの立派な資産である車も安く買い取られてしまっては大損ですね。

大事な資産が正当な評価をされないのは本当にもったいない。

20万円も値引きが違ったらどうでしょう。

オプションが増やせたり、旅行に行けたりするレベルの金額です。

車両値引きと下取りは分けて考えるのが重要です。

愛車の買取相場を把握しておくことが重要

ディーラーがあなたの車の査定額をごまかしているかどうか判断する為の材料は一つしかありません。

車の買取相場を把握しておくことです。

商談前に愛車が大体いくらぐらいの価値があるか把握していればディーラーの査定額が『ん?少し安いぞ?』なんてことにも気づけます。

これが把握できていないとディーラーの査定額が高いのか安いのか全くわからないですからね。

また、下取り額が頭に入っていると『あれ、意外と査定額がついたからオプション増やせるぞ?』なんて新車購入計画のための参考情報にもなります。

ちなみに査定額をすぐに把握したい場合は東証一部上場企業が運営する『ナビクル』がオススメ。

年式や走行距離の簡単な入力だけで現在の相場から算出した概算査定価格をWeb上でスグ表示してくれます。

また、出張査定や査定比較も無料なので下取り車を高く売りたい方は必ず利用すべきサービスです。

もちろん利用は無料なのでまずは概算買取価格を把握してから車の購入を検討しましょう。

ナビクル車査定へ

カタログだけ欲しいなら教えない方がいい

営業マンは来店したお客の名前や住所を聞き出せなければ何もアクションが起こせません。

従って今後もしつこい電話や訪問営業も何もありません。

まだ気持ちが商談する段階でないにも関わらず教えてしまうと、電話や手紙などがきたり、場合によってはその晩に営業マンが自宅に訪問にくることもあります。

まだ買う気がない人にとってみれば困惑してしまいますね。

しかし聞かれた時になかなか『教えない』とは言いづらいので、『今はまだカタログだけ見てみたい』と強く伝えましょう。

そうすることで営業マンも中途半端に期待もしません。

営業に中途半端に期待させるのが一番よくない

場合によってはあなた自身が商談できるディーラーを減らす事にもなりかねないからです。

まだあなたが買う気がないのに営業マンだけスイッチが入ってしまうとあなたと営業の間に熱量のギャップが生じます。

営業マンは商談がしたいがあなたはまだ買う気がない。

つまりあなたは徐々に営業マンと連絡を取りたくなくなります。

しかし営業はとことん連絡をしてくる。

最後は居留守を使ったりしてとにかく営業マンから遠ざかる事が目標になってしまい、いざ買う気になった時にそのディーラーには行きづらいなぁという気持ちが生じるのです。

私もこのケースは何度も経験しました。

『営業マンがしつこいからいけないんじゃないの?』と思うかもしれません。

その通りなんです。しかし営業マン自身もそれをわかっていますし連絡を取りたくなくても上司から何度も『この前の客はどうだ?』とつつかれるので連絡せざるえないのです。

本格的な商談を始めたいなら教えよう!

買う気があって商談もしたいのに教えないのはもったいないですし時間の無駄。

以前、ふらっと来たお客さんで名前も住所も教えてくれないのに真剣に値引きを迫られたこともあります。

まあ値引きなんて出すわけがありませんけどね。

もちろん後で電話や訪問があることは覚悟の上で教えてくださいね。

車の商談はこれがつきものです。

これが嫌であれば商談が終わった時などに一言『必ず返事はしますから電話や訪問はやめてください』といえばあまり来ないと思います。

ただその代わりちゃんと返事などはした方が営業のためですのでしてあげましょう。

関連記事:複数のディーラーで商談していたが、契約した際には他のディーラーには連絡した方がいいの?

名前も住所も教えずに車は買えません

確かに車屋さんに住所を教えるのは、『後で家に来るかも』とか思って警戒してしまうかもしれません。

しかしあなたに買う気が見受けられなければそんなに迫っては来ません。

逆に買う気があって商談が煮詰まってきた頃なら家に来られてもあなたも決して嫌な気はしないのではないでしょうか。

これに関しては賛否両論あるし私自身、お客さんの後追いなどの訪問は大嫌いでしたからいいとは思いませんが。

ただ、名前も住所も教えてくれない人に値引きを出したことはただの一度もありません。

お話になりませんからね。

もし値引きを含めた商談がしたいのであれば個人情報は引き換えです。教えましょう。

値引きを気にするより査定額を気にしろ!!”強み別”一括査定サイトはこの2つ!

車業界は一年中値引きがあるので結局のところ値引き額ではなく、今乗っている車の査定額をいかに底上げできるかに尽きます。

A店では30万円値引きしてもらっても下取り額が10万円で、B店は値引き額が20万円でも下取り額が30万円かもしれません。

そうなると当然B店の方がお得ですよね。

ディーラーに下取り額、ごまかされていない?

新車の商談で大きな値引きが出たぞ!って喜んでいても実は下取り額で調整されていませんか?

下取り額をごまかされないためにも今あなたが乗っている車の概算査定額を把握しておくことは重要です。

ぶっちゃけディーラーに下取りに出すのはもう古い。

最近では業界の流れとして一括査定を利用して買取専門店で車を売却する方がかなり増えています。

答えは当然『買取額を比較できて高額査定が出るから』

複数の買取店で複数の査定額を比較することで初めてその車の査定額が高いか安いかわかるのです。

とにかく複数の査定額を比べることが超重要

何度も言いますが、一社の査定額では高いのか安いのかわかりません。

それをハッキリさせられるのが一括査定。

元カーディーラー営業の私がいうのもあれですが、所詮新車の値引きには限度があります。

ディーラーも同じものを売っている以上値引きの痛みは同じ。

『ここのディーラーだけめっちゃ値引きする!』とかありえません。

新車の値引きで何十万円という差は出ないのです。

大きく損得が出るのは下取り車の査定額

車によっては『嘘だろ!?』って言いたくなるくらいの価格差が普通に出ちゃいますから。

まずは愛車の概算買取価格を知るだけでもいいでしょう。

絶対に使える一括査定サイトを下記に『強み別』にまとめたので、あなたに合った一括査定サイトを利用してみましょう。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、ざっくり年式と距離を入力するだけであなたの愛車を最新の買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2022年8月現在)
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

カービュー愛車一括査定

carview

『カービュー愛車一括査定』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの300社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大8社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大8社
参加企業数305社(2022年8月現在)
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

-商談・値引き
-