商談・値引き

スズキ『2代目ハスラー』の値引きを限界まで出す方法は?

昨今のアウトドアブームで軽自動車業界でもSUVが流行っていますね。

そんな中でもスズキはジムニーとハスラーが2強といったところ。

軽自動車を忘れてしまうような本格派はジムニーですが、実用的な機能も兼ね備えているのはハスラー。

そんなハスラーは一体どんな車?

限界まで値引きを引き出す方法は?

本題に入る前に・・

当サイト『車の値引き.com』は車購入時にありがちな””をすることなく値引きを最大化し、皆様にお得に買って頂きたいと考えています。

なぜならそれはディーラー営業だった私が実際に損をしているお客さんを目の前でたくさん見てきたから。

一人でも損をする人を減らしたいと考え、『車業界の落とし穴』であるこの事実を当サイトに訪れた方には真っ先にお伝えしています。

下取り車はあなたの立派な資産、安売りしたら大損

実はディーラーにて商談時に注意しなければならないのは下取り車を安く買い取られてしまうことです。

ディーラーはあなたに下取り車がある場合、車両値引きを多く見せかけて実はちゃっかり下取り車の査定額からやりくりすることもあります。

『値引きが30万円出たぞ!』と喜んでも実は下取り車の査定額は相場より20万円低い価格で買い取られていた場合、実質的な値引きは10万円しかありません。

値引きも少ない上にあなたの立派な資産である車も安く買い取られてしまっては大損ですね。

大事な資産が正当な評価をされないのは本当にもったいない。

20万円も値引きが違ったらどうでしょう。

オプションが増やせたり、旅行に行けたりするレベルの金額です。

車両値引きと下取りは分けて考えるのが重要です。

愛車の買取相場を把握しておくことが重要

ディーラーがあなたの車の査定額をごまかしているかどうか判断する為の材料は一つしかありません。

車の買取相場を把握しておくことです。

商談前に愛車が大体いくらぐらいの価値があるか把握していればディーラーの査定額が『ん?少し安いぞ?』なんてことにも気づけます。

これが把握できていないとディーラーの査定額が高いのか安いのか全くわからないですからね。

また、下取り額が頭に入っていると『あれ、意外と査定額がついたからオプション増やせるぞ?』なんて新車購入計画のための参考情報にもなります。

ちなみに査定額をすぐに把握したい場合は東証一部上場企業が運営する『ナビクル』がオススメ。

年式や走行距離の簡単な入力だけで現在の相場から算出した概算査定価格をWeb上でスグ表示してくれます。

また、出張査定や査定比較も無料なので下取り車を高く売りたい方は必ず利用すべきサービスです。

もちろん利用は無料なのでまずは概算買取価格を把握してから車の購入を検討しましょう。

ナビクル車査定へ

ハスラーはこんな車!

スズキの2代目ハスラー(マツダはフレアクロスオーバー)は『あそべる軽』というキャッチフレーズが付いた、SUV型の5ドアハッチバック軽自動車。

最低地上高は全タイプで180mmとなっており、140mm前後が一般的な軽自動車の中では高めの最低地上高を得ています。

最小回転半径は4.6m、15インチホイールを装着。

室内はオレンジとブラックやデニムブルーとブラックのツートンカラーも選択でき、遊びをイメージした車内を演出しています。

多数のポケットが室内には用意されており、ダッシュボードの開閉式テーブルや後席にもテーブルが用意されているところがメリット。

荷室は水や汚れに強い素材となっており、ラゲッジアンダーボックスを取り外して使うことや、シートを格納して荷室スペースを広げることも可能で、助手席をたたむことも可能となっており、サーフボードを室内に積載することも可能です。

また2人までであれば車中泊も不可能ではありません。

2代目ハスラーのメカニズム

2代目ハスラーは全タイプ1モーターによるエンジンをアシストするタイプのハイブリッドシステムが搭載されています。

このタイプは変速機などの感覚が従来のハイブリッドと同じ感覚で使えるというメリットがあります。

燃費は49馬力エンジンの最も優れた数値でWTLCモードで25.0km/lを達成しています。

ターボ車は64馬力を発生し、最も燃費で劣る4WDでも20.8km/lとなっています。(ターボ2WDは22.6km/l)4WD車はフルタイム式で常に四輪が駆動され、グリップコントロール機能で駆動力の適切な配分が行われぬかるみの脱出をしやすくしています。

スノーモードも用意されており雪道でのグリップ性を高めます。

さらに4WDは坂道を低速の一定速度で走行するヒルディセントコントロールも搭載されるなど、より悪路走行に対する装備が強化されていると言えるでしょう。

ターボ車には加速力を高めるパワーモードも搭載されています。

予防安全装備は全タイプスズキセーフティサポートが搭載されており衝突被害軽減ブレーキのデュアルカメラブレーキサポートや後退時ブレーキサポート、全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロールなどが搭載されています。

ハスラーのスタイルとバリエーション

2代目ハスラーと先代ハスラーはスタイルは似ているのですが、2代目は後席の後ろに窓があることとヘッドライトの形状の違いで見分けることが可能です。

ツートンカラー車が設定されていますがルーフと後席後ろの窓まわりの色が変化しており、アピール度の強いデザインになっています。

また、ボディカラーによってはバンパーの一部がボディと同色になっていることも特徴です。

ハスラースタイルJ2という特別仕様車はメッキグリルを採用し、メッキによるHUSTLERロゴもグリル上部に用意されている点が魅力です。

ツートンカラーも専用の組み合わせが用意されています。

2代目ハスラー値引きを限界まで引き出すには?

ハスラーは売れ筋の車種ということもあり、黙って入ればもちろん値引きは出てこない。

とはいえスズキ同士の競合もそんなに響かない。

では商談はどのように攻めるべきか?

ダイハツ『タフト』で競合を!

やはりここはダイハツのタフトを競合に出して値引きを崩していきたいところ。

タフトで揺さぶりをかけると競合に応じるスズキディーラーも出てきている。

他社への流失は避けたいですからね。

マツダのフレアクロスオーバーも狙い目

スズキからOEM供給されているマツダのエンブレムをつけたマツダのフレアクロスオーバーの方が値引きが緩む傾向にある。

しかしリセールを考えるとスズキのハスラーの方がおそらく強いので本当に値段だけならフレアクロスオーバーも競合にしてタフトとの三つ巴商談もアリだ。

値引きを気にするより査定額を気にしろ!!”強み別”一括査定サイトはこの2つ!

車業界は一年中値引きがあるので結局のところ値引き額ではなく、今乗っている車の査定額をいかに底上げできるかに尽きます。

A店では30万円値引きしてもらっても下取り額が10万円で、B店は値引き額が20万円でも下取り額が30万円かもしれません。

そうなると当然B店の方がお得ですよね。

ディーラーに下取り額、ごまかされていない?

新車の商談で大きな値引きが出たぞ!って喜んでいても実は下取り額で調整されていませんか?

下取り額をごまかされないためにも今あなたが乗っている車の概算査定額を把握しておくことは重要です。

ぶっちゃけディーラーに下取りに出すのはもう古い。

最近では業界の流れとして一括査定を利用して買取専門店で車を売却する方がかなり増えています。

答えは当然『買取額を比較できて高額査定が出るから』

複数の買取店で複数の査定額を比較することで初めてその車の査定額が高いか安いかわかるのです。

とにかく複数の査定額を比べることが超重要

何度も言いますが、一社の査定額では高いのか安いのかわかりません。

それをハッキリさせられるのが一括査定。

元カーディーラー営業の私がいうのもあれですが、所詮新車の値引きには限度があります。

ディーラーも同じものを売っている以上値引きの痛みは同じ。

『ここのディーラーだけめっちゃ値引きする!』とかありえません。

新車の値引きで何十万円という差は出ないのです。

大きく損得が出るのは下取り車の査定額

車によっては『嘘だろ!?』って言いたくなるくらいの価格差が普通に出ちゃいますから。

まずは愛車の概算買取価格を知るだけでもいいでしょう。

絶対に使える一括査定サイトを下記に『強み別』にまとめたので、あなたに合った一括査定サイトを利用してみましょう。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、ざっくり年式と距離を入力するだけであなたの愛車を最新の買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2022年11月現在
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

カービュー愛車一括査定

carview

『カービュー愛車一括査定』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの300社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大8社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大8社
参加企業数305社(2022年11月現在
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

-商談・値引き
-, ,