元ディーラー営業が運営する車の値引き情報サイト

車の値引き.com

商談・値引き

ホンダ『N-VAN』は職人向き?配送向き?お得な買い方は?

投稿日:

ホンダN-VANは軽の商用バンで、以前販売されていたアクティバンや軽乗用1BOXのバモスの後継にあたります。立ち位置的には後継ですが、アクティやバモスのエンジン配置が床下にエンジンがあり、後輪を駆動するミッドシップレイアウトから今回はボンネット下部にエンジンを配置し、前輪を駆動するFF車へと変更された点が大きな違いとなっています。

また、変速機が以前の5速マニュアルと3速オートマチックから6速マニュアルと無段変速機となっており、インパネシフト配置が採用されています。燃費は無段変速機で最高23.8km/lと、アクティの17.6km/lから大幅に進化しています。また、インテリアの最大の特徴として、助手席側のフロントドアとリアスライドドアの間に柱がなく、非常に大きな開口スペースができるようになっており、更に助手席と後席の床下格納機能によって非常に広い荷室が発生します。また、非常に低い荷室の地上高もポイントです。

ディーラーに査定額、ごまかされていない?

商談時にディーラーで愛車を査定してもらった時、あなたの車が仮に『100万円』と言われてもその車の買取相場を知らなければ高いか安いかわからないですよね。

しかしこの業界、100万円と言われた車が他のお店では120万円なんてことも普通にあります。これだと20万円損したことになりますから事前に自分の愛車の買取相場額を把握しておくことは非常に重要です。

査定比較.comは簡単な入力でわずか32秒で過去の膨大なビッグデータから愛車の概算査定額を無料で表示してくれるので、愛車の買取相場を把握するにはもってこいのサイト。

精度もかなり高いのでまずは愛車の買取相場額を頭に入れてから商談に臨みましょう。

N-VANのバリエーション

N-VANには3つのバリエーションが用意されており、商用を意識したとベースグレードと、かつてのバモスを受け継ぐ立ち位置の+STYLEの+STYLE FUNとシリーズ唯一のロールーフの+STYLE COOLに分かれています。どのタイプでもFF車と4WD、6速マニュアルと無段変速機がそれぞれ選べるようになっています。ベースグレードでは53馬力のNAエンジンのみの設定となっていますが、+STYLEでは64馬力のターボエンジン搭載車の設定もあります。全タイプでシート格納機能やリアスライドドアの大開口スペースは同じものとなっていますが、リアシートの形状はグレードごとに若干異なり、+STYLEにはヘッドレストが装着されます。また、外観はそれぞれのタイプで異なっており、+STYLE FUNはシリーズで唯一フルLEDヘッドライトが装着され、グリルのデザインは全タイプ異なっています。また、ボディカラーはベースグレードでは白と銀の2色ですが、+STYLE FUNでは黄色、+STYLE COOLには紫の専用色があり、+STYLEでは黒や青、ピンクや緑などが設定されています。

N-VANの新たな装備

N-VANは19年ぶりに登場した軽商用バンだけに先代にあたるアクティにはなかった新たな装備が多数用意されています。特に予防安全装備のHonda SENSINGは全タイプに装備され、衝突被害軽減ブレーキや誤発進抑制機能、歩行者事故低減ステアリング、アダプティブクルーズコントロールなどの機能を搭載しており、軽商用車としては初搭載となる機能も多数あります。また、プッシュエンジンスタートスイッチやマルチインフォメーションディスプレイ、センターアームレスト、USB充電ジャック、熱線を抑えるIRカットガラスの装備などもポイントです。また、助手席を折りたたんでテーブルとして使える機能も装備されています。

使い勝手は配送関係が最高?

やはりこれは近年の物流に大きく貢献するモデルになれるのではないかと思います。

最近ではアマゾンの配達も大手の配送業車ではなく地元の配送業者にお願いしたりしていますが、その配送業者を見るとだいたい軽4で一人で配達していますね。

このN-VANは助手席までフルフラットにできるので一人乗車がメインであとは荷物を積みたいという需要には究極にマッチするわけであり、今までの軽4の積載量の常識をはるかに超える作りとなっています。

また、ピラーレスなので大きい荷物の積み下ろしなども最適です。

このエヌバン、お得に買うには?

しかしこのエヌバン、実はまだ売れるかどうかは実際にはわからないところ。

私個人的には売れると思っていますが如何せん前例がありません。

ここのところ軽四はほぼダイハツとスズキの二強でした。

そして今は個人的にスズキのエブリイが一番だと思います。

そんな最強軽四エブリイに果たして勝てるのか、

いや、ホンダとしては勝たなければならないのです。

つまり前例を出すためにもホンダはエブリイを競合にしていけば大きな値引きが出るんじゃないかと考えます。

絶対に売れる車は値引きもする必要ないですし、目標だってあっという間に達成できます。

しかしホンダはまだそれがわからない。しかし間違いなく目標数値はあるはず。

なので間違いなく軽四競合が必要です。

しかもこれは同じホンダ同士よりもスズキやダイハツの方がいいでしょう。

ホンダにとってもこれまで捨ててきた軽四市場ですが、これからは主導権を握るためにもここで一発数字を出しておきたいところでしょう。

値引きを気にするよりも下取査定額を気にしろ!!

新車の商談は値引きは当然ですが『値引き』以外で大きく損得を分ける部分があります。

私はカーディーラー営業時代、いつもそれを目の前で見てきました。

『あーもったいないなぁこの人』と思う人もいれば『この人はガッチリ得している』など、いろいろなお客さんを見て、一番得をしている人たちは何をしているのかを身をもって学びました。

では何が損得を大きく分けるのか。

値引きは競合させるのに下取り車の査定額は競合させていない

古い車から新車に買い換えとなれば、なんの疑いもなく購入先のディーラーで車を下取りに出していませんか?

実は”ココ”が損得を大きく分けるのです。

ディーラーに下取り額、ごまかされていない?

『新車の値引きが大きく出たぞ!』って喜んでいても実はその値引き、下取り額で調整されていませんか?

A店では30万円値引きしてもらっても下取り額が10万円で、B店は値引き額が20万円でも下取り額が30万円もしれません。

値引きだけ見るとA店の方が大きいですが、トータルではB店の方がお得ですよね。

A店で下取り額が『10万円』と言われても、自分の車の価値を把握していなければその金額が高いか安いかわからないですよね。

B店に行って査定してもらって、初めてA店の査定額が安かったことに気づくのです。

この業界ではこういうことは普通にあります。

ディーラーで下取り額をごまかされないためにも今自分が乗っている車の概算査定価格を把握しておくことは非常に重要です。

ぶっちゃけ査定額に適正価格なんてない

実は正しい査定額というものはあってないようなもので、買い手によって全然変わるのです。

私がディーラーで営業をしていた時の実体験として、ディーラーでは0円と言われた下取り車の査定額も買取専門店では25万円つくことがありました。

25万円の誤差ってちょっとありえないですよね。

でもそれが普通にあり得る業界です。

25万円違ったらどうでしょう。

新車で限界まで値引きが出て、さらにそこから25万円の値引きなんて到底出ません。

元カーディーラー営業の私が言うのもあれですが、値引きには限度があります。

ディーラーは同じ物を売っている以上値引きの痛みは同じ。

ここのディーラーだけめっちゃ値引きする!とかありえません。

新車の値引きで何十万円という差は出ないのです。

何十万円という差が出るのは下取り額の方なんです。

重要なのは今乗っている車の査定額をいかに底上げできるか。

値引き同様、下取り車の査定も競合が必須なのです。

でもなぜ買取業者によってそんなに査定額に差が出るの?

買取業者も意地だけで値段を吊り上げているわけではありません。

商売ですから当然利益が出なければ買い取りません。

ではなぜ査定額に25万円も差が現れるのか?

買取業者によって再販売の得意分野が違う

買取業者とは一口にいっても買い取る車の得意不得意があります。

『外車が強い』とか『四駆が強い』とか『軽自動車が強い』とか車種の数だけ違いは様々。

なぜ得意不得意があるのか?

買い取った車の販路に違いがあるから

四駆・ディーゼル需要の高い海外にそのままダイレクトに輸出できる販路を持つ業者もいれば、自分達で直営で中古車販売店を展開している、軽自動車専門で販売しているなど、業者によって得意不得意は様々なのです。

四駆ディーゼル車を直で輸出できる販路を持つ業者からすれば、20万キロ走っているボロボロのディーゼル車でも売る自信があるので値段をつけることができるのですが、これが国内だけでしか販売できない業者であれば、あまり売る自信がないので0円になったりするのです。

しかしどの業者がどの車種が得意かどうかは査定額を比べない限りプロでもわからないのです。

『一括査定サイト』を使えば査定額の比較が超かんたんに。

一括査定とは、一括査定サイトからかんたんな入力だけで同時に複数の買取業者に査定依頼が無料でできるサービス。

これにより複数の査定業者に査定をしてもらい、その中から一番最高値をつけた業者を選んで売ることで愛車の最高値がわかるというもの。

もちろん値段に納得がいかなければ売らなくてもよし。とにかく比べることで最高値は決まるのです。

一括査定サイト経由により、買取業者に競合他社の存在をアピールできる。

一括査定サイトを使うことによるもう一つのメリットは、買取業者に『ライバルがいることが伝わる』ことです。

新車でもそうですが、買取も競合他社がいるとわかると我先にと自分たちが買い取りたいので負けじと査定額が高くなっていきます。

一括査定サイト経由の申し込みであることは買取業者にも伝わるので、競合がいることも当然わかります。

すると競合がいる手前、買取業者はその中で勝ち残るためにもヘタに安い値段をつけられなくなるのです。

これで新車購入時と同じく、車の売却でも『競合』の状態に。

買うのも売るのもとにかく”競り”が大事

私はカーディーラー営業時代、8割のお客さんは古い車を下取りとしてなんの疑いもなくディーラーに出してもらっていました。

もちろんディーラーも下取り車は大事な『仕入れ』で欲しいのでありがたいことですが、ぶっちゃけもったいないなぁと内心いつも思っていました。

でも残りの2割のお客さんはちゃんと下取り車も複数の買取業者に査定してもらい比較して一番高いところで手放していました。

しっかり比較して最高値で手放した人は浮いたお金でオプションを増やしたりしていました。

一番もったいないのは『どうせ0円だから』と勝手に決めつけて諦めるパターンです。

本当にもったいない。

先ほども触れましたが、ディーラー営業時代に自分のところで0円の査定額だったのですが、お客さんが他の買取業者で査定したら25万円の査定額がついたこともありました。

『0円だから』なんてプロでも比べない限りわかりません。

せっかくこのサイトに辿り着いたなら、査定額をちゃんと比較して一番高いところで手放してガッツリ得してほしい。

買取店をまわって査定額を比べるのは非常に手間がかかります。

しかし、一括査定サイトを使えば時間と労力を大幅に節約できます。

下記に絶対に使える一括査定サイトを3つの強み別にまとめてみました。

まずは概算買取価格を知るだけでもいいでしょう。

ぜひ、あなたにあった一括査定サイトを利用しましょう。利用は3社すべて無料です。

車査定比較.com

『車査定比較.com』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの200社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大10社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくても大丈夫。
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数 最大10社
参加企業数

211社(2020年10月現在)

対応地域 全国
このサイトの強み 参加企業の多さ
費用 すべて無料

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、あなたの愛車を買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業が大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数 最大10社
参加企業数 47社(2020年10月現在)
対応地域 全国
このサイトの強み 愛車の概算買取価格をスグ表示
費用 すべて無料

楽天愛車一括査定

『楽天 無料愛車一括査定』は文字通りあの楽天市場が運営しており、査定申し込みでもれなく楽天スーパーポイントを5ポイントプレゼント
さらに買取ご成約で1500ポイントプレゼントと楽天ならではのサービス。
楽天会員なら査定申込入力もログインして楽天会員情報と紐付けされるので入力の手間を省略!
楽天ユーザーが一括査定を利用するならダントツでオススメ。
一括査定とポイントのダブルでお得を獲得しましょう。

最大比較社数 不明
参加企業数

92社(2020年10月現在)

対応地域 全国
このサイトの強み もれなく楽天スーパーポイント5ポイント&ご成約で1500ポイント獲得
費用 すべて無料

-商談・値引き
-,

Copyright© 車の値引き.com , 2020 All Rights Reserved.