下取・査定 商談・値引き

【超重要】高年式の中古車を買うときは必ず”保証継承”を!!

新車にはメーカー保証というものが付いています。

これは家電を買った時などについてくるものと同じ、いわゆる”保証”ですね。

車はその中でも一般保証と特別保証に分かれています。

一般保証とは・・・

オイルなどの消耗品や油脂類を除いた一般的な部品等の保証。

新車登録から3年または60000㎞のいずれか早い方まで保証。

特別保証とは・・・

『走る・曲がる・止まる』といった車の根幹部分に関わる保証。

新車登録から5年または100000㎞のいずれか早い方まで保証。

といった保証内容が国産ディーラーではほとんどでしょう。

ではこのメーカー保証、中古車で買ってもこの条件以内なら使えるのでしょうか。

中古車でも”保証継承”をすればメーカー保証を引き継げる

実は中古車でも上記の条件以内の距離や年式であれば保証を受けられます。

ただしその為には”保証継承”という手続きが必要になります。

つまり裏を返せば”保証継承”をしなければ条件内でも保証を受けられないということです。

保証継承って具体的に何をするの?

保証継承は、まずディーラーに行って法令12ヶ月点検と同じ内容の点検をし、問題がなければ保証継承となります。

費用は点検費用と保証継承代がかかるので国産車で1万5千円〜、外車で2〜3万円といったところです。

この点検時に不具合がある箇所については保証は受けれませんのでご注意ください。(そうじゃないと不具合が出てからでも継承できる事になりますからね)

また、あまり改造している車も保証継承できない場合があります。

中古車を購入してから自分で行くのも構いませんが、購入先の中古車店で代行してくれる場合もあります。

保証書はどこにある?

保証書は車検証ケースの中のメンテナンスノート、いわゆる”記録簿”の一番最初のページにあることが多いです。

当然ですが記録簿のない中古車は保証書がないも同然です。

保証継承されると自分の名前がここに上書きされます。

中古車購入の上でメーカー保証は一番重要!

はっきり言いましょう。

ディーラーに勤めていた私の経験上、車は新しいからって絶対壊れないわけではありません。

だからメーカーも万が一に備え保証を付けているのです。

しかしこれは新車購入時のオーナー名義に付帯されているもので、次の中古車を買うオーナーは保証を継承できることを知らないことが多く、そのメーカー保証を無駄にしていることも多いのです。

まあ言い方は悪いですが保証継承なんて制度はメーカーからしたらあまり知られない方が都合がいいかもしれませんけどね。

仮に新車登録から3年の比較的新しい中古車を買ったとしましょう。

しかし1年くらい乗った頃からこちらに瑕疵がなくエンジンが何らかの不具合で動かなかくなった場合、きちんと保証継承をしていればメーカー保証で無償修理することができます。

しかしこの保証継承をしていないと実費の修理となります。

ちなみにエンジンやミッションなどの修理はかなり高額で、また中古車買えちゃうんじゃないかってくらいかかったりします。

エンジンなんて乗せ変えるだけでもそれなりの工賃がかかりますしね。

『走る・曲がる・止まる』に付随する部分はいわゆる車の重要機関なので高額なのも当然です。

仮に中古車店の保証に入っている場合もあるかもしれませんが、中古車店の保証は一部免責負担や保証上限額があったりすることもあります。

なのであまり高額な修理費のかかる不具合では対応しきれないこともあるのです。

その点、メーカー保証であれば保証内容の範囲内ならいくらかかろうが無償です。

中古車店で保証継承を説明されなかった

まだメーカー保証が残っている車にもかかわらず、中古車店が自社の保証制度を売りたいが為に保証継承をしっかり説明せずに自社の保証を勧めるということも聞いたことがありますが、はっきり言って論外です。

というかこの行為は自分たちの首をしめていると言っても過言ではありません。

メーカー保証があるうちはメーカーに保証を振れるにもかかわらず自社で全て負うと言っているようなもんですからね。

何度も言いますが、新車だからって壊れない可能性はゼロではありませんよ。

というかゼロならそもそも保証なんて必要ありません。

ただ、必ずしも中古車店が保証継承の説明するとは限りませんので、まずは保証継承の確認をしましょう。

まとめ

中古車を購入する上で一番重要なのは保証制度です。

  • 5年以上経っているなら中古車店の保証制度に加入する
  • 5年以内なら必ず保証継承をディーラーでする

中古車で一番トラブルが多いのは『納車後の不具合』です。

車って不思議なもので

スポンサーリンク

スポンサーリンク

、乗り手が変わると調子が狂うのか中古車納車後の不具合によるトラブルは意外と多いです。

なので営業も自分自身をトラブルから守るためにも保証継承などは必ず購入者にオススメします。

あと保証継承されているかされていないかで今後の買取価格も変わる可能性がありますので高年式の中古車を購入した場合は保証継承は必ずしましょう。

値引きを気にするより査定額を気にしろ!!”強み別”一括査定サイト3選!

車業界は一年中値引きがあるので結局のところ値引き額ではなく、今乗っている車の査定額をいかに底上げできるかに尽きます。

A店では30万円値引きしてもらっても下取り額が10万円で、B店は値引き額が20万円でも下取り額が30万円かもしれません。

そうなると当然B店の方がお得ですよね。

ディーラーに下取り額、ごまかされていない?

新車の商談で大きな値引きが出たぞ!って喜んでいても実は下取り額で調整されていませんか?

下取り額をごまかされないためにも今あなたが乗っている車の概算査定額を把握しておくことは重要です。

ぶっちゃけディーラーに下取りに出すのはもう古い。

最近では業界の流れとして一括査定を利用して買取専門店で車を売却する方がかなり増えています。

答えは当然『買取額を比較できて高額査定が出るから』

複数の買取店で複数の査定額を比較することで初めてその車の査定額が高いか安いかわかるのです。

とにかく複数の査定額を比べることが超重要

何度も言いますが、一社の査定額では高いのか安いのかわかりません。

それをハッキリさせられるのが一括査定。

元カーディーラー営業の私がいうのもあれですが、所詮新車の値引きには限度があります。

ディーラーも同じものを売っている以上値引きの痛みは同じ。

『ここのディーラーだけめっちゃ値引きする!』とかありえません。

新車の値引きで何十万円という差は出ないのです。

大きく損得が出るのは下取り車の査定額

車によっては『嘘だろ!?』って言いたくなるくらいの価格差が普通に出ちゃいますから。

まずは愛車の概算買取価格を知るだけでもいいでしょう。

絶対に使える一括査定サイトを下記に『強み別』にまとめたので、あなたに合った一括査定サイトを利用してみましょう。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、ざっくり年式と距離を入力するだけであなたの愛車を最新の買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2022年1月現在)
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

カービュー愛車一括査定

carview

『カービュー愛車一括査定』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの300社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大8社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大8社
参加企業数305社(2022年1月現在)
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

楽天愛車一括査定

『楽天 無料愛車一括査定』は文字通りあの楽天が運営しており、査定申し込みでもれなく楽天スーパーポイントを5ポイントプレゼント
さらに買取ご成約で1500ポイントプレゼントと楽天ならではのサービス。
楽天会員なら査定申込入力もログインして楽天会員情報と紐付けされるので入力の手間を省略!
楽天ユーザーが一括査定を利用するならダントツでオススメ。
一括査定とポイントのダブルでお得を獲得しましょう。

最大比較社数不明
参加企業数100社以上(2022年1月現在)
対応地域全国
このサイトの強みもれなく楽天スーパーポイント5ポイント&ご成約で1500ポイント獲得
費用すべて無料

-下取・査定, 商談・値引き

© 2014 車の値引き.com