商談・値引き

ソレダメ?!新型アクアの値引きはヤリスを競合にしていけない!?

値引き課長

国産車ディーラーでの営業経験を生かし、現在は車の値引きのコツや業界の裏側、その他車に関わる情報を発信中

初代アクアが登場して10年以上が経ちましたね。

こんなに長い間モデルチェンジをしない車もなかなかありません。

そんなアクアがついにモデルチェンジ。

一体値引きはどれくらい?競合車種は?

まだ間に合うから下取り額のさらなるアップを!

もうあなたは車を購入しましたか?

下取り車はもう手放しましたか?

まだ手放していなければ査定額アップの余地があります。

今の下取り額がさらに数万円アップしたら嬉しいですよね。

無料一括査定のナビクルでは同時に複数の買取店が査定をするので一番高い査定額がわかります。

数万円から数十万円アップする業界ですからそのまま下取りに出して手放してしまうのはもったいない。

納車直前でもまだ間に合うからまずはナビクルで愛車の一番高い査定額を調べましょう。

ナビクル車査定

初代アクアは衝撃の爆売れ車だった。

私自身も初代アクアが登場した時は相当な衝撃でしたね。

まあ爆売れですしね。

おかげでこれまで売れていたヴィッツが全く売れなくなったほど。

ヴィッツとアクアの価格差が2011年当時で大体50万円ほどだったのでその差額でハイブリッドカーになるならとほとんどの方がアクアを選びました。

それくらい当時はハイブリッドカーってまだまだプリウスぐらいで今でいう電気自動車か水素自動車くらい憧れの位置だったんです。

しかも燃費がリッター40キロ以上の触れ込みですからそれは売れない理由がありません。

じゃあこんなにハイブリッドカーが当たり前となった今、果たして新型アクアは独走できるのか?

ディーラーは初代アクア保有者の総買い替えを促す!

初代アクアに乗っている人は相当な数います。

そして10年以上が経った今、台替えタイミングを迎えている人が相当数いるのです。

つまり初代アクア乗りだけを相手にしても相当な数の代替えが期待できるのです。

ヴィッツは無くなってヤリスになっただけではない?

ヴィッツという車種は3台目まで登場して4台目から海外名のヤリスとなって新登場しました。

しかしこれは事実上の『ヤリス』というスポーツ推しのスズキスイフトスポーツのようなコンパクトカーが登場して、ヴィッツの後継が今回の新型アクアと考えるべきです。

3台目ヴィッツがすでにアクアにかなり売り上げを食われていたのでトヨタとしてはヴィッツにスポーティという差別化を図ることで共存できるようにしてきました。

その結果、今日までの流れとなったのは自然なことなんです。

アクアの値引きはヤリスが競合ではダメ?

アクアの値引きを引き出すための競合としてヤリスは正直言ってNG。

なぜならどちらもトヨタなのでディーラーとしてはどちらか買ってもらえれば良いので特に慌てることもありません。

そして今はトヨタモビリティとしてオールトヨタ化が進んでいるので以前のようなチャネル制が存在しません。

資本が同じ、グループ会社などは全て一つになったので実は以前より競合させづらい状況となっているのです。

じゃあどの車種が競合にオススメ?

ホンダの新型フィットで値引きを!

ずっとヴィッツとフィットはライバル関係にありました。

そして今現在もヤリスとフィットが競合に挙げられています。

しかしここで新型アクアが入るとヤリスよりもフィットの競合となってくるのです。

いわゆるコンパクトカーというジャンルにおいてフィットは実用性や社内の広さで勝負してきました。

トヨタディーラーとしてはホンダディーラーに流れてしまうのはどうしても食い止めたいところ。

フィットの見積書を提示してしつこい商談で値引きを獲得したいものです。

値引き額はどれくらい?

新型でましてやコンパクトカーなので10万円も取れれば御の字でしょう。

5万円であればコーティングや点検パックのサービスぐらいは欲しいところですね。

まだ間に合うから諦めないで!下取り額をさらにアップさせよう!

あなたはもう車を購入されましたか?

下取り車はどうしましたか?もう手放しましたか?

もしまだ手放していなければまだまだ査定額がアップできます。

査定額が上がるということは当然ですがお金が増えるということです。

成約済みの方でも愛車を手放していなければまだ間に合いますからまずは査定額がなぜ上がるのかについて少し解説します。

ちなみにこの中古車買取業界の買取額の差額は数百円、数千円ではありません。

数万円から数十万円違うことが普通です。

車の査定額には基準はあってないようなもので、買い手によって全然変わるのです。

なぜ買取店によって査定額に差が出る?

買取店も商売ですので当然利益が出なければ買い取りません。

ではなぜ査定額に差が現れるのか?

買取店毎の車種による再販売の得意分野が違う

買取店とは一口にいっても買い取る車の得意不得意があります。

外車が強いとか四駆が強いとか軽自動車が強いとか車種の数だけ違いは様々。

なぜ得意不得意があるのか?

買い取った車の販路(リセールルート)が違う

四駆・ディーゼル需要の高い海外にそのままダイレクトに輸出できる販路を持つ業者もいれば、国内で自分達で中古車販売店を展開している、軽自動車専門で販売している、一つのメーカーに絞っているなど、業者によって得意不得意は様々なのです。

しかし業者がどの車種が得意かどうかは査定額を比べない限りわからないのです。

私は15万円得しました。

査定額に大きな差が出ることはわかりましたね。

査定額を比べないことは『言い値で手放しますよ』と言っているようなものです。

私自身も乗っていたプリウスαを手放す時に買取店を3店舗比べましたが170万円・178万円・185万円と金額が出揃って、もちろん一番高いところで売却しました。

これでも一番安いところと高いところでは15万円の開きがありますからね。

車はどこで手放しても同じことですから高いところで手放さないと本当にもったいない!

まだ間に合うからまずは即行動を!

もう納車直前という方、今日契約してしまった方、当然ですが自分の愛車を高いところで手放す権利がありますからまずは今出ている査定額からさらにどれくらい査定額が上がるか一括査定で調べましょう。

一括査定は一度の入力で複数店に査定申込ができ、一番最高値をつけてくれるところを一発で見つけられるサービス。

一括査定のメリットは何と言っても最高値をつけてくれる買取店を見つける時間と労力が節約できること。

もう納車直前など時間がない方には特におすすめ。

もちろん納車直前で『やっぱり下取り車を他に出したい』という申し出はディーラーは難色を示すでしょうし言いづらいかもしれません。

この価格差が例えば1万円なら言いづらいからそのまま下取りにだそうと思えるかもしれませんが、では差額が15万円だった場合でも同じように諦めますか?

私なら15万円の開きがあるから他に出したいと素直に伝えますね。

そして15万円も差があると流石にディーラーも応じてもらえるかもしれません。

車を手放すことはそうそうあることじゃないからめんどくさがらずに査定額がどれぐらいアップするかチェックするべきです。

強み別!厳選一括査定サイト3選!

下記に絶対に使える一括査定サイトを”強み別”にまとめて見ました。

あなたにあった一括査定サイトを利用してみましょう。

利用はすべて無料です。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、あなたの愛車を買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2021年10月現在)
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

車査定比較.com

『車査定比較.com』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの200社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大10社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大10社
参加企業数211社(2021年10月現在)
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

楽天愛車一括査定

『楽天 無料愛車一括査定』は文字通りあの楽天が運営しており、査定申し込みでもれなく楽天スーパーポイントを5ポイントプレゼント
さらに買取ご成約で1500ポイントプレゼントと楽天ならではのサービス。
楽天会員なら査定申込入力もログインして楽天会員情報と紐付けされるので入力の手間を省略!
楽天ユーザーが一括査定を利用するならダントツでオススメ。
一括査定とポイントのダブルでお得を獲得しましょう。

最大比較社数不明
参加企業数100社以上(2021年10月現在)
対応地域全国
このサイトの強みもれなく楽天スーパーポイント5ポイント&ご成約で1500ポイント獲得
費用すべて無料
  • この記事を書いた人

値引き課長

国産車ディーラーでの営業経験を生かし、現在は車の値引きのコツや業界の裏側、その他車に関わる情報を発信中

-商談・値引き
-,

© 2014 車の値引き.com