カー用品・ケア

実はこんなスグレモノが!?新車購入で絶対に押さえておきたいオプションBEST3!

新車の商談で営業マンに『オプションはどうしますか?』なんて言われても頻繁に買う物でもないから何を選んでいいかわからないですよね。

営業もそれを分かっているのをいいことに『これは皆さん付けていてオススメですよ!』などの誘導によって正しいオプション選びができていない人が多く感じます。

でも実はオプションって奥が深くてまだまだ知らないだけで『こんな便利な物あったのか!』なんて物もたくさんあります。

そこで今回は、私がディーラー目線で見てきた便利なオプションを解説していきたいと思います。

但し、今回はナビやETCなどの必須オプションには触れず、『これいるかな?いらないかな?』的な立ち位置のオプションを取り上げたいと思います。

本題に入る前に・・

当サイト『車の値引き.com』は車購入時にありがちな””をすることなく値引きを最大化し、皆様にお得に買って頂きたいと考えています。

なぜならそれはディーラー営業だった私が実際に損をしているお客さんを目の前でたくさん見てきたから。

一人でも損をする人を減らしたいと考え、『車業界の落とし穴』であるこの事実を当サイトに訪れた方には真っ先にお伝えしています。

下取り車はあなたの立派な資産、安売りしたら大損

実はディーラーにて商談時に注意しなければならないのは下取り車を安く買い取られてしまうことです。

ディーラーはあなたに下取り車がある場合、車両値引きを多く見せかけて実はちゃっかり下取り車の査定額からやりくりすることもあります。

『値引きが30万円出たぞ!』と喜んでも実は下取り車の査定額は相場より20万円低い価格で買い取られていた場合、実質的な値引きは10万円しかありません。

値引きも少ない上にあなたの立派な資産である車も安く買い取られてしまっては大損ですね。

大事な資産が正当な評価をされないのは本当にもったいない。

20万円も値引きが違ったらどうでしょう。

オプションが増やせたり、旅行に行けたりするレベルの金額です。

車両値引きと下取りは分けて考えるのが重要です。

愛車の買取相場を把握しておくことが重要

ディーラーがあなたの車の査定額をごまかしているかどうか判断する為の材料は一つしかありません。

車の買取相場を把握しておくことです。

商談前に愛車が大体いくらぐらいの価値があるか把握していればディーラーの査定額が『ん?少し安いぞ?』なんてことにも気づけます。

これが把握できていないとディーラーの査定額が高いのか安いのか全くわからないですからね。

また、下取り額が頭に入っていると『あれ、意外と査定額がついたからオプション増やせるぞ?』なんて新車購入計画のための参考情報にもなります。

ちなみに査定額をすぐに把握したい場合は東証一部上場企業が運営する『ナビクル』がオススメ。

年式や走行距離の簡単な入力だけで現在の相場から算出した概算査定価格をWeb上でスグ表示してくれます。

また、出張査定や査定比較も無料なので下取り車を高く売りたい方は必ず利用すべきサービスです。

もちろん利用は無料なのでまずは概算買取価格を把握してから車の購入を検討しましょう。

ナビクル車査定へ

第3位:ラバータイプのフロアマット

『え?フロアマットもオプションなの?』

と思う方もいらっしゃるかと思いますが、一般的にフロアマットはオプションです。

そしてフロアマットは大体4種類くらいあります。

  • 標準タイプ
  • 高級タイプ
  • ディーラーオリジナルタイプ(純正品ではありません)
  • ラバータイプ

標準タイプ

まずは標準タイプですが、至って普通のフロアマットです。

特筆すべき所は特になく、一般的なフロアマットです。純正品には車名が刺繍されていたりします。

高級タイプ

次に高級タイプですが、大体標準タイプに加えて車名のロゴがちょっと硬めのプレートになっていたりします。

後はマットのパターンが違ったりします。(ダイヤカットになっていたりなど、絨毯の模様みたいな物ですね。)

ディーラーオリジナルタイプ(非純正)

こちらは純正の標準タイプ、高級タイプとそっくりに作ってあるフロアマットです。

大体のディーラーは自分たちでフロアマットくらいは作っているのです。

車名のロゴなどは入っていない場合が多いです。

そして営業マンは会社からこの商品を推販するように言われています。

なぜならオリジナルフロアマットは純正のマットに比べて自社で作っている事もあり、利益率が高いからです。

但し、純正品より安い場合もあります。(同じ値段の場合もあります)

ラバータイプ

そして私が一番お勧めしたいのはラバータイプのフロアマットです。

これは元々4ナンバーの車、つまり軽トラックやバンなどに使われている汚れても簡単に水で洗えたりするフロアマットです。

4ナンバー車両はほとんど用意がありますが最近では乗用車のオプションにもラインナップされてきています。

そして、社外品ですがシートカバーで有名なクラッツィオ社からは車種別専用フロアマット(ラバータイプ)なども販売されています。

なぜこちらがオススメかというと、お客さんでよく普通のフロアマットの上にさらにビニール製の汎用マットなんかをひいている方が実はかなりいます。

しかしお世辞にもこれはあまりかっこいい物ではありません。汎用マットですからただ四角かったりサイズが合ってなくて折れ曲がっていたりと。。。

私はそれを見ていて、いっその事フロアマットをラバーにしてしまえば汚れも気にせず見た目もスマートなんじゃないか!と思い私はそれからラバーマット一筋です。(クラッツィオ派ですが)

ラバーマットは何と言っても手入れがとっても簡単です。

汚れたら洗車の時にざーっと水をかけてそのままカーシャンプーで洗ったってOKですから。

そしてラバーな為、汚れがつきにくいというのもあります。

どうしても普通のマットは絨毯みたいな作りな為、子供が食べたお菓子の食べカスなんかも取れないし、一度汚れるとなかなか落ちなくなりますからね。

フロアマットは社外品も多数存在するので、営業マンにお任せで勝手に入れられたフロアマットではなく、一度フロアマットをしっかり吟味してみてはいかがでしょうか。

第2位:ドアエッジモールプロテクタ(ボディ同色タイプ)

これはドアのふちに貼付ける樹脂製のモールで、ドア開閉時のふちの部分の保護材です。

お客さんの車を見ているとかなりの確率でドアの縁は傷だらけになっています。

車のドアは、風が強いときや狭い場所での開閉などはドアを隣の車などにぶつけてしまうリスクが高いです。 

そして自分の車ならまだしも他人の車を傷つけてしまう恐れがあります。

ドアの縁の部分は面の部分と違い、非常に強度がある為、もし隣の車のドアの面の部分にぶつけた場合、自分の車は無傷でも相手の車のドアがへこむなどもあります。

このエッジモールは柔らかい樹脂を使っている為、衝撃を吸収するので自分の車や相手の車を守る為にも欠かせないオプションです。

メッキタイプもありますが、私個人的にはボディ同色がオススメです。

一見付けているかわからないような感じで美観も損ないません。

ディーラーでの取り付けであれば、ヒートガンなど熱を使って取り付けを行うので簡単には取れません。

そんなに高いオプションではないので付けていて損はないと思いますよ。

第1位:リモートスターター

これは車に乗り込まずにエンジンをかけられるスグレモノ。

車の暖気目的もありますが、なんと言っても最大のメリットは冷房or暖房が車に乗る前からかけられるという事です。

つまり夏の暑い時や冬の寒い朝でも快適な状態で車に乗れるのです。

そしてリモートスタートは普通の車のリモコンキーよりも遥かに遠くからでもエンジンがかけられるようになっています。

家の中に居ながらにしてエンジンをかける事も可能です。

私は過去にアウトレットモールの広い駐車場で200m以上離れていてもエンジンがかけられました。

もちろん機種やメーカー、屋外・屋内などの状況で距離は変わりますが、一般的に家のすぐ近くに駐車場があるのであれば大丈夫でしょう。

機能としてはエンジンがかかったかどうか教えてくれたり、エンジンがかかってから20分で切れるなどのタイマー付きであったり、上位機種だと車内の温度まで表示してくれます。

これを一度使ってしまうと暑い車、寒い車にはもう乗れません笑

純正品は少し値は張りますが(大体5万円〜7万円)社外品は1万円台から多数ありますので、新車時に関わらず今車に乗っている方もオススメの逸品です。

まとめ

車のオプションはかなりの数がありますが、カタログの隅っこに埋もれている物が案外スグレモノだったりもします。

カタログを細かく見るのは意外と楽しいですしね。

オプションカタログを隅まで見落とさずに、最高の1台を作り上げましょう!

値引きを気にするより査定額を気にしろ!!”強み別”一括査定サイトはこの2つ!

車業界は一年中値引きがあるので結局のところ値引き額ではなく、今乗っている車の査定額をいかに底上げできるかに尽きます。

A店では30万円値引きしてもらっても下取り額が10万円で、B店は値引き額が20万円でも下取り額が30万円かもしれません。

そうなると当然B店の方がお得ですよね。

ディーラーに下取り額、ごまかされていない?

新車の商談で大きな値引きが出たぞ!って喜んでいても実は下取り額で調整されていませんか?

下取り額をごまかされないためにも今あなたが乗っている車の概算査定額を把握しておくことは重要です。

ぶっちゃけディーラーに下取りに出すのはもう古い。

最近では業界の流れとして一括査定を利用して買取専門店で車を売却する方がかなり増えています。

答えは当然『買取額を比較できて高額査定が出るから』

複数の買取店で複数の査定額を比較することで初めてその車の査定額が高いか安いかわかるのです。

とにかく複数の査定額を比べることが超重要

何度も言いますが、一社の査定額では高いのか安いのかわかりません。

それをハッキリさせられるのが一括査定。

元カーディーラー営業の私がいうのもあれですが、所詮新車の値引きには限度があります。

ディーラーも同じものを売っている以上値引きの痛みは同じ。

『ここのディーラーだけめっちゃ値引きする!』とかありえません。

新車の値引きで何十万円という差は出ないのです。

大きく損得が出るのは下取り車の査定額

車によっては『嘘だろ!?』って言いたくなるくらいの価格差が普通に出ちゃいますから。

まずは愛車の概算買取価格を知るだけでもいいでしょう。

絶対に使える一括査定サイトを下記に『強み別』にまとめたので、あなたに合った一括査定サイトを利用してみましょう。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、ざっくり年式と距離を入力するだけであなたの愛車を最新の買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2022年8月現在)
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

カービュー愛車一括査定

carview

『カービュー愛車一括査定』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの300社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大8社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大8社
参加企業数305社(2022年8月現在)
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

-カー用品・ケア
-