カー用品・ケア

新車を購入時、フロアマットはみんなどうしてるの?

値引きゴリラ

国産車ディーラーでの営業経験を生かし、現在は車の値引きのコツや業界の裏側、その他車に関わる情報を発信中

新車の見積もりを初めてされたお客さんに結構びっくりされるのはフロアマットが『オプション』ということ。

フロアマットとは車の床に敷いてある、まあ字のごとくフロアのマットです。

これ、オプションな上になぜかスタンダードとかラグジュアリーとか、さらにはディーラーオリジナルなど数種類あったりします。

フロアマットはみんなどれを選んでいるの?

それともつけない人もいるの?

ディーラー側から見て来た私が教えます。

ディーラーに下取り額、ごまかされていない?

あなたは自分の車の買取相場を知っていますか?

新車商談時にディーラーで査定してもらい、例えば査定額が『100万円』って言われても『あぁそんなもんか』と鵜呑みにしてはいけません。

特に『これ以上値引きはできないので下取りで調整しますね』と言われた時は要注意。ディーラーはプロですから『大きな値引きが出た!』と喜ばせておいて実は査定でちゃっかりやりくりしているかもしれません。

相場より安い査定額で買い取られないためにも商談前に自分の車の買取相場額を知っておくことは非常に重要。

査定比較.comは簡単な入力でわずか32秒で愛車の概算査定額を無料で表示してくれるので、愛車の買取相場を把握するにはもってこいのサイト。

まずは買取相場額を把握してからディーラーでの商談に臨みましょう。

そもそもフロアマットの種類とは?

スタンダード・ベーシックなどの表記があるもの

これが一番基本的なフロアマットですね。

フロアマットの中でも一番標準的で安いものになります。

ラグジュアリーなどの表記があるもの

これはスタンダードモデルよりも少し上位のマットで、大体車名のロゴプレートがついてたりします。

ディーラーオリジナルフロアマット

上記で説明したスタンダードとラグジュアリーはメーカー純正のオプションです。

このディーラーオリジナルフロアマットとは、メーカー純正の上記のものと全く同じ価格に設定していることの多いフロアマットです。

もちろんスタンダードとラグジュアリーとあります。

ビジネスユース向け!ラバーマット

ラバーマットはいわゆる商用車に敷いてあるようなゴム製のマットです。

アウトドアで使う人や、仕事で使う人にはオススメですが、一般的な普段使いで選ぶ人はあまりいません。

ディーラーオリジナルフロアマットは利益商品

ディーラーオリジナルフロアマットはもうお気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、利益を出すための商品です。

メーカーの純正品を右から左へ売るよりも自分たちで作って売った方が儲けには繋がりますからね。

なので当然ですがディーラーはオリジナルフロアマットをオススメしてきます。

場合によっては純正のフロアマットの説明は全くなしに勝手にオリジナルフロアマットを入れて話を進めていることもあります。

私はトラブルになるのが嫌でしたし、純正の方がかっこいいと個人的に思っていたのであまりオリジナルは売りませんでしたけど。

商談中の方は今一度フロアマットの項目を再確認してみると良いかもしれません。

8割の人がベーシックな方を選ぶ

まあ当然ですがフロアマットはあまりこだわる方も多くないのでほとんどの方はベーシックなフロアマットを選びます。

そしてラグジュアリーを選ぶ方はほぼいません。

じゃあ残りの2割の人はどうしてるの?

2割の人は通販などで社外品のマットを購入

実は自分も毎回これです。

社外品でも今はフロアマットがたくさんあります。

もちろんめちゃくちゃ安いフロアマットを買って節約する人もいますが、私がいつもこの方法を選んでいるのはクラッツィオのフロアマットが一番お気に入りだから。

クラッツィオのフロアマットは最初から立体構造になっているのでぐじゃぐじゃになったりせず、なおかつラバータイプもあるのにラバーっぽく見えないからこれを選んでいます。

結構マットって汚れますけどこれなら水でガシガシ洗えるので大変重宝しています。

値段も車によってはベーシックとそんなに変わらないのでオススメです。

フロアマットをつけない人はほぼいない

ちなみにフロアマットなしで乗っている方を少なくとも私は見たことがありません。

フロアマットがないと汚れてしまった時に掃除ができませんからね。

いらないという選択肢はないと思います。

こだわりがなければスタンダードを選ぶのが一番でしょう。

でも色々社外品もありますから一度ネットで探してみるのもオススメです。

値引きよりも査定額を気にしろ!

車を買う時、『値引き』以外で損得が大きくわかれる部分があります。

私はカーディーラー営業時代、目の前でそれをたくさん見てきました。

『数十万円得しているお客さん』とそうでない『凡人のお客さん』の違いを。

数十万円得しているお客さん達にはある共通点がありました。

では何が損得を大きく分けるのか。

値引きは競合させるのに下取り車は競合させていない

新車に買い換えとなれば、なんの疑いもなくディーラーで下取りに出していませんか?

実は”ココ”が損得を大きく分けるのです。

私はカーディーラー営業時代にたくさん下取り査定をしてきましたが、買取専門店で査定してきたお客さんはほとんどそちらで買い取ってもらっていました。

つまり買取店の方が査定額が高いということがわかりますね。

私の実体験としてお客さんに言われたのが、うちで0円だった査定額の車を他の買取店に見せたら25万円の値がついたと言われたこともありました。

それくらい下取り車の値段というのは買取側によっていくらでも変わってしまうものなのです。

25万円違ったらオプション増やせますよね。

元カーディーラー営業の私が言うのもあれですが、新車の値引きには限度があります。

ディーラーは”新車”という全く同じ物をディーラー同士で売っているので値引きの痛みは同じ。

ここのディーラーだけめっちゃ値引きする!とかありえません。

新車の値引きで何十万円という差は絶対に出ないのです。

車業界は1年中値引きがあるので結局のところ値引き額よりも重要なのは今乗っている車の査定額をどこまで底上げできるか。

値引き同様、下取り車の査定も競合が必須なのです。

なぜ買取店によって査定額に差が出るの?

買取店も商売ですので当然利益が出なければ買い取りません。

ではなぜ査定額に差が現れるのか?

車種による再販売の得意分野が違う

買取店とは一口にいっても買い取る車の得意不得意があります。

『外車が強い』『四駆が強い』『軽自動車が強い』と車種の数だけ違いは様々。

なぜ得意不得意があるのか?

買い取った車の販路(リセールルート)が違う

四駆・ディーゼル需要の高い海外にそのままダイレクトに輸出できる販路を持つ業者もいれば、国内で自分達で中古車販売店を展開している、軽自動車専門で販売している、一つのメーカーに絞っているなど、業者によって得意不得意は様々なのです。

つまり再販売するのが得意な車種であれば強気の値段で買い取ることができるのです。

しかし買取店がどの車種が得意かどうかは査定額を比べない限りわからないのです。

『一括査定』で査定額の比較が一発でわかる

街中にある買取店を何店舗も巡るのは私も経験がありますが、飛び込みで査定をお願いすると『ではこちらにまずご記入を〜』みたいな感じで毎回名前や住所を書かされたり、前のお客さんがいて待たされたりとか正直超時間かかるしめちゃくちゃめんどくさいです。

これを解決してくれるのが一括査定。

一括査定は一度の入力で同時に複数の買取店に査定をしてもらい、その中から一番最高値をつけた買取店を選んで売ることで愛車の最高値がわかるというもの。

買取店側としてもこちらを利用してくれた方がいちいち応対もしなくて良いので売る側と買う側のどちら側にとってもありがたい仕組みなのです。

一括査定サイトを経由すると買取店に競合他社の存在をアピールできる。

一括査定サイトを使うことによるもう一つの大きなメリットは、買取業者に『ライバルがいることが伝わる』ことです。

新車でもそうですが、買取も競合他社がいるとわかると我先にと自分たちが買い取りたいので査定額が高くなっていく傾向にあります。

一括査定サイト経由の申し込みであることは買取業者にも伝わるので、競合がいることも当然買取店にはわかります。

すると競合がいる手前、買取業者はその中で勝ち残るためにもヘタに安い査定額をつけられなくなるのです。

これで足元を見られることなく車の売却でも『競合』の状態に。

買うのも売るのも”競わせる”ことが大事

私はカーディーラー営業時代、新車の商談中でお客さんの車を査定をしたらお客さんに『なんで君のところと他のお店はこんなに査定額に差があるんだ!』と詰め寄られたことがあります。

私もそんなことを言われるのは嫌になってきたのでそれからはお客さんに一括査定を勧めるようになりました。

すると一括査定をお客さんに教えるようになってから『全然高く売れたよ、ありがとう』と感謝されることが多くなりました。

感謝されることで信頼を得やすくなり、結果的に新車の成約率も上がりました。

確かにディーラーも下取りをすることは立派な仕入れなのでディーラー営業としては失格ですが、お客さんに有用な情報はカーラーフアドバイザーとして提供すべきと考えていたからです。

結果的に成約率が上がったので間違ってはいなかったと思っています。

先ほども触れましたが、ディーラー営業時代に自分のところで0円の査定額だったのが、お客さんが他の買取店で査定したら25万円の査定額がついたこともありました。

せっかくこのサイトに辿り着いたあなたには、損をしない為にも必ず”愛車を最も高い額で”手放してほしい。

下記に私がオススメしてきた絶対に使える一括査定サイトを強み別にまとめてみました。

ぜひ、あなたにあった一括査定サイトを利用しましょう。利用はすべて無料です。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、あなたの愛車を買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2021年7月現在)
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

車査定比較.com

『車査定比較.com』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの200社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

JADRI(日本自動車流通研究所)会員企業も参加しています。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大10社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大10社
参加企業数211社(2021年7月現在)
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

楽天愛車一括査定

『楽天 無料愛車一括査定』は文字通りあの楽天が運営しており、査定申し込みでもれなく楽天スーパーポイントを5ポイントプレゼント
さらに買取ご成約で1500ポイントプレゼントと楽天ならではのサービス。
楽天会員なら査定申込入力もログインして楽天会員情報と紐付けされるので入力の手間を省略!
楽天ユーザーが一括査定を利用するならダントツでオススメ。
一括査定とポイントのダブルでお得を獲得しましょう。

最大比較社数不明
参加企業数92社(2021年7月現在)
対応地域全国
このサイトの強みもれなく楽天スーパーポイント5ポイント&ご成約で1500ポイント獲得
費用すべて無料
  • この記事を書いた人

値引きゴリラ

国産車ディーラーでの営業経験を生かし、現在は車の値引きのコツや業界の裏側、その他車に関わる情報を発信中

-カー用品・ケア

© 2014 車の値引き.com