カー用品・ケア

カーナビは純正品と社外品では何が違うの?

最近ではカー用品店に行くとカーナビコーナーがとても充実していますよね。

そもそもカーナビって純正品も結構な種類があるのに社外品までこんなに沢山あるなんて、実はかなり選択肢多い?

はい。その通りなんです。

新車を買う時にカーナビを選ぶのがよくわからなくて営業マンのオススメのやつを選んでいませんか?

実はそれ、使わない機能までついていたりして割高になっていませんか?

もしくは『もっといいの入れとけばよかったなあ』なんてなっていませんか?

今回はカーナビの純正品と社外品の違いとそれぞれの長所と短所を解説していきます。

本題に入る前に・・

当サイト『車の値引き.com』は車購入時にありがちな””をすることなく値引きを最大化し、皆様にお得に買って頂きたいと考えています。

なぜならそれはディーラー営業だった私が実際に損をしているお客さんを目の前でたくさん見てきたから。

一人でも損をする人を減らしたいと考え、『車業界の落とし穴』であるこの事実を当サイトに訪れた方には真っ先にお伝えしています。

下取り車はあなたの立派な資産、安売りしたら大損

実はディーラーにて商談時に注意しなければならないのは下取り車を安く買い取られてしまうことです。

ディーラーはあなたに下取り車がある場合、車両値引きを多く見せかけて実はちゃっかり下取り車の査定額からやりくりすることもあります。

『値引きが30万円出たぞ!』と喜んでも実は下取り車の査定額は相場より20万円低い価格で買い取られていた場合、実質的な値引きは10万円しかありません。

値引きも少ない上にあなたの立派な資産である車も安く買い取られてしまっては大損ですね。

大事な資産が正当な評価をされないのは本当にもったいない。

20万円も値引きが違ったらどうでしょう。

オプションが増やせたり、旅行に行けたりするレベルの金額です。

車両値引きと下取りは分けて考えるのが重要です。

愛車の買取相場を把握しておくことが重要

ディーラーがあなたの車の査定額をごまかしているかどうか判断する為の材料は一つしかありません。

車の買取相場を把握しておくことです。

商談前に愛車が大体いくらぐらいの価値があるか把握していればディーラーの査定額が『ん?少し安いぞ?』なんてことにも気づけます。

これが把握できていないとディーラーの査定額が高いのか安いのか全くわからないですからね。

また、下取り額が頭に入っていると『あれ、意外と査定額がついたからオプション増やせるぞ?』なんて新車購入計画のための参考情報にもなります。

ちなみに査定額をすぐに把握したい場合は東証一部上場企業が運営する『ナビクル』がオススメ。

年式や走行距離の簡単な入力だけで現在の相場から算出した概算査定価格をWeb上でスグ表示してくれます。

また、出張査定や査定比較も無料なので下取り車を高く売りたい方は必ず利用すべきサービスです。

もちろん利用は無料なのでまずは概算買取価格を把握してから車の購入を検討しましょう。

ナビクル車査定へ

純正品のカーナビとは

いわゆるディーラーのカタログに載っているナビの事を指します。

ディーラーで新車の商談をしていれば必ず目にするカタログですが、実はこの純正品の中でも大きく分けてメーカーオプションのナビディーラーオプションのナビが存在します。

メーカーオプションのナビは大体カタログの中で一番高価な場合が多いです。

それはETCやバックモニターまでセットになっている事があるから。

そして車へのフィッティングもいわゆるナビを付ける場所(DIN)に入れるのではなく、どちらかというと車と一体になっている事が多いです。

つまりボタンやボリュームのつまみなどがナビの枠の中ではなくナビと独立して車側に取り付くようなイメージです。

ましてや高級車になってくるとメーカーオプションのナビしかない場合もあります。

ただそれだけ性能もよく、車の機能を余すところなく使えるといった感じで、一番高機能ともいえます。

しかしメーカーナビはその車が発売から年数が経ってくると地図データが古い場合があります。

基本的にディーラーオプションのナビは年1回ニューモデルがでたりしますがメーカーオプションのナビにはそれがありません。

なので年数が経ってくると見劣りする場合もあります。

ディーラーオプションのナビとは

これは純正品という名の社外品でもあります。

社外ナビメーカーが作ってその名前を出さずに自動車メーカーにディーラーオプションナビとして卸しているのです。

つまりディーラーオプションのナビと社外品のナビでもメーカーが一緒であれば画面内のレイアウトやプログラムが同じだったりします。

ただし全く一緒という事でもなく、少し機能が違ったりもします。

どちらが高機能とかではなく、差別化の為でもあると思われます。

そしてディーラーオプションナビはETCやバックモニターも互換性のあるディーラーオプション用を選ぶ必要があります。

純正ナビのメリット

新車購入時の保証が付帯

多くはどのメーカーもナビなどの電装品は3年又は5万キロのどちらか早い方まで保証、みたいな内容が多いです。

しかし社外品のナビで3年保証はあまりありませんのでこれは大きな違いです。

ナビに付帯するオプションが豊富

これはバックモニターやサイドモニター、ETCなどの連動ですね。

これらのアクセサリーが社外品に比べ豊富です。

地図更新がディーラーで可能

純正ナビは点検ついでにディーラーで地図更新が可能です。(有償)

純正ナビのデメリット

社外品に比べ、同等の機能でも少し割高である。

社外品のような突出した個性がない(例えば社外品は音質の良さを売りにしたナビや車種専用ナビなどがあるがそういった個性はない)

社外ナビとは

いわゆるカー用品で売っているナビを指します。

価格帯は多岐にわたり、一番安いものではオンダッシュタイプ(ポン付け)では1万円を切るものも存在します。

ここではインダッシュタイプ(埋め込み)のナビについて触れていきます。

ほとんどディーラーオプションナビと同等

前述した通り、社外ナビとディーラーオプションナビは中身はメーカーが同じならほぼ変わりません。

あとは容量が違うとか画面の画質が違うとかそんなところです。

社外ナビのメリット

DOPナビより安い

ディーラーオプションナビと同等の内容の社外ナビであれば後者の方が安いです。

あとは量販店の型落ちセールなんかも狙うとさらに安く買えることも。

車種専用品など個性がある

最近ではアルパインがBIG Xシリーズで車種専用のナビが販売されています。

オープニング画面ではその車種の画像が表示されたりとなかなか遊び心があってくすぐられるものがあります。

そんな私もBIGXを使っていました。

走行中にテレビが見れる

まあこれは基本的に危険ですので純正品は走行中にテレビが見れないようになっています。

しかし社外品のナビは取り付け時にそれを解除することが純正ナビに比べて容易です。

なので社外ナビであればカー用品店で取り付けてもらう際に『走行中もテレビ観れるようにして』というと大体やってくれます。(やるやらないは店ごとに違うので場所によってはやらないor誓約書を書かされるかもしれません)

純正品でもテレビキットなるものが販売されており、それを組み込めば純正ナビでも走行中にテレビを見ることができます。

走行中にナビ画面を注視することは危険です。何かあっても自己責任となります。

ちなみに純正ナビは下記のようなテレビキットというものを装着すると見れるようになります。

社外ナビのデメリット

純正ナビより保証期間が短い

これは当然です。

というか純正ナビも新車時装着でないと保証期間が短くなります。

要するに新車装着時の純正ナビは車と同じ扱いとなりますが、それ以外のタイミングの取り付けは純正品であってもただのオプション品扱いです。

ただ、社外品ナビにもナビメーカーの保証はありますのでそちらの保証を利用しましょう。

地図更新がディーラーでできない

ただし地図更新はそのメーカーに問い合わせれば地図ソフトを販売していることがほとんどですので地図更新は可能です。

最近ではパソコンでダウンロードしてナビに反映させる地図更新もあります。

まとめ

ナビは本当に沢山あります。

特に社外ナビが本当に色々なものがあって、ディーラーも純正ナビより社外ナビを売ることが多くなってきています。

ディーラーで商談する前に一度、カー用品店でナビをチェックするのもこれからは必要ですね。

値引きを気にするより査定額を気にしろ!!”強み別”一括査定サイトはこの2つ!

車業界は一年中値引きがあるので結局のところ値引き額ではなく、今乗っている車の査定額をいかに底上げできるかに尽きます。

A店では30万円値引きしてもらっても下取り額が10万円で、B店は値引き額が20万円でも下取り額が30万円かもしれません。

そうなると当然B店の方がお得ですよね。

ディーラーに下取り額、ごまかされていない?

新車の商談で大きな値引きが出たぞ!って喜んでいても実は下取り額で調整されていませんか?

下取り額をごまかされないためにも今あなたが乗っている車の概算査定額を把握しておくことは重要です。

ぶっちゃけディーラーに下取りに出すのはもう古い。

最近では業界の流れとして一括査定を利用して買取専門店で車を売却する方がかなり増えています。

答えは当然『買取額を比較できて高額査定が出るから』

複数の買取店で複数の査定額を比較することで初めてその車の査定額が高いか安いかわかるのです。

とにかく複数の査定額を比べることが超重要

何度も言いますが、一社の査定額では高いのか安いのかわかりません。

それをハッキリさせられるのが一括査定。

元カーディーラー営業の私がいうのもあれですが、所詮新車の値引きには限度があります。

ディーラーも同じものを売っている以上値引きの痛みは同じ。

『ここのディーラーだけめっちゃ値引きする!』とかありえません。

新車の値引きで何十万円という差は出ないのです。

大きく損得が出るのは下取り車の査定額

車によっては『嘘だろ!?』って言いたくなるくらいの価格差が普通に出ちゃいますから。

まずは愛車の概算買取価格を知るだけでもいいでしょう。

絶対に使える一括査定サイトを下記に『強み別』にまとめたので、あなたに合った一括査定サイトを利用してみましょう。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、ざっくり年式と距離を入力するだけであなたの愛車を最新の買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2022年11月現在
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

カービュー愛車一括査定

carview

『カービュー愛車一括査定』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの300社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大8社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大8社
参加企業数305社(2022年11月現在
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

-カー用品・ケア