時事・業界ネタ

新車はあんなに値引きして利益出るの?実はカーディーラーはこの5つで儲けていた!!

『新車は値引きが当たり前。』

誰が決めたか知らないけど本当にこれ。

私は営業マン時代、値引きしないで売ったことは一度もありません。

まあ値引きがあるから商談も盛り上がるんですけどね。

『でも車ってそんな何十万円も値引きしてやっていけるの?利益は出るの?』

利益?もちろん出ませんよ?

じゃあどこで儲けを出すのか?

実はディーラーはこの5つでがっちり儲けていた!!

本題に入る前に・・

当サイト『車の値引き.com』は車購入時にありがちな””をすることなく値引きを最大化し、皆様にお得に買って頂きたいと考えています。

なぜならそれはディーラー営業だった私が実際に損をしているお客さんを目の前でたくさん見てきたから。

一人でも損をする人を減らしたいと考え、『車業界の落とし穴』であるこの事実を当サイトに訪れた方には真っ先にお伝えしています。

下取り車はあなたの立派な資産、安売りしたら大損

実はディーラーにて商談時に注意しなければならないのは下取り車を安く買い取られてしまうことです。

ディーラーはあなたに下取り車がある場合、車両値引きを多く見せかけて実はちゃっかり下取り車の査定額からやりくりすることもあります。

『値引きが30万円出たぞ!』と喜んでも実は下取り車の査定額は相場より20万円低い価格で買い取られていた場合、実質的な値引きは10万円しかありません。

値引きも少ない上にあなたの立派な資産である車も安く買い取られてしまっては大損ですね。

大事な資産が正当な評価をされないのは本当にもったいない。

20万円も値引きが違ったらどうでしょう。

オプションが増やせたり、旅行に行けたりするレベルの金額です。

車両値引きと下取りは分けて考えるのが重要です。

愛車の買取相場を把握しておくことが重要

ディーラーがあなたの車の査定額をごまかしているかどうか判断する為の材料は一つしかありません。

車の買取相場を把握しておくことです。

商談前に愛車が大体いくらぐらいの価値があるか把握していればディーラーの査定額が『ん?少し安いぞ?』なんてことにも気づけます。

これが把握できていないとディーラーの査定額が高いのか安いのか全くわからないですからね。

また、下取り額が頭に入っていると『あれ、意外と査定額がついたからオプション増やせるぞ?』なんて新車購入計画のための参考情報にもなります。

ちなみに査定額をすぐに把握したい場合は東証一部上場企業が運営する『ナビクル』がオススメ。

年式や走行距離の簡単な入力だけで現在の相場から算出した概算査定価格をWeb上でスグ表示してくれます。

また、出張査定や査定比較も無料なので下取り車を高く売りたい方は必ず利用すべきサービスです。

もちろん利用は無料なのでまずは概算買取価格を把握してから車の購入を検討しましょう。

ナビクル車査定へ

新車販売は一番利益が出ない

いや、値引きしてますから当然です。

全く出ないわけではありませんが数千円なんてこともありますし、時には赤字なんてこともあります。

だからよくても数万円がいいところでしょう。

オプション多めの車は割と利益が出やすいですけどね。

新車の唯一の大きな利益といえばボディコーティングや点検パックです。

経験ないですか?

見積もりをお願いしたら頼んでもいないのにボディコーティングや点検パックが勝手に見積もりに入れられたり。

利益が出るから当然ですね。

それくらいギリギリまで新車は値引きをしているんです。

ディーラーはここで儲けていた!

①分割払いの金利

車は現金で買う人もいますが高額商品の為、当然ローンで購入する人もたくさんいます。

実はこれ、ディーラーの旨味なんです。

ディーラーは分割払いを組むことにより、信販会社よりバックマージンが発生します。

このバックマージンがディーラーの儲けの柱の一つ。

意外とバカにできない金額なんです。

ディーラー営業の成績の項目には割賦比率というものすら存在しますからね。

もちろん割賦比率が高い方が評価されるのです。

②点検・車検・その他整備

これこそがディーラーの一番の柱。

定期点検や車検、その他整備は利益が出ます。

ご存知の通り、ディーラーの点検整備はカー用品店に比べれば費用は高額。

もちろん技術もあるし、ディーラーでしかできない整備もあるのでぼったくっているわけではありませんが、そもそも点検整備は新車販売みたいに値引き競争が激しくありません。

だから利益の出る適正価格でやっていけるのです。

利益が出ない新車販売の方が”異常”な状態ですから。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-12-7-45-21

ちなみに車検は車検のみ扱っている専用サイトから予約する方が安くてお得ですよ。

全国対応『EPARK車検』なら基本車検料が最大81%オフも。とはいえ安かろう悪かろうではなく、全ての店舗でディーラーと同じ法令24ヶ月点検を実施。店舗には必ず国家資格整備士が常駐。さらに店舗ごとの特典もあるので車検は絶対に車検サイトの方がお得です。まずは車検見積もりだけでもして金額を比較してみましょう。

 

③自動車保険の代理店業務

ほとんどのディーラーが新車販売と同時に自動車保険の代理店でもあったりします。

これもローンの金利と同様、保険に加入してもらえればバックマージンが発生します。

代理店だから当然ですよね。

でも今はインターネット保険がメインになってきているのでディーラーの保険売り上げは減少傾向。

特に自動車保険は一括見積もりをすることで価格差が一目瞭然となります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-23-13-36-38

自動車保険の一括見積りなら保険の窓口インズウェブがオススメ。

最短5分で最大21社の見積りが一括で取れて比較できるのでどこの保険が安いのか一目瞭然。

もちろん利用は無料なのでまずは一度、あなたの自動車保険料も見直してもらいたい。

④中古車販売

知ってました?

新車より中古車の方が何倍も利益が出ることを。

基本的に新車は数万円利益が出ればいいですが、中古車は平均して下取り額に40〜50万円ほど上乗せした金額で販売されます。

つまり50万円で下取りした車は100万円で売られるといったように。

中古車は新車と違い競合がないのです。

なぜなら『そのオプションでその走行距離でこの金額』といったように、そこに一台しかない唯一無二の条件だから。

たまに勘違いしたお客さんが中古車で値引きを要求してきますが、あなたが買わなくても他に買い手はたくさんいるという売り手市場なんです。

その為中古車は回転がめちゃくちゃ早いし今はネット販売もあるので全国から買いにきます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-23-13-48-58

とはいえディーラーはあくまで新車販売が本業。中古車はやはり専門の中古車販売業者の方が台数も鮮度も違います。

ちなみになびくる+は今までの中古車検索サイトとは大きく違い、あなたの欲しい希望条件などを入力するとその好みに合わせて選んで教えてくれます。たとえそれが漠然としたイメージでもOK。

従来の中古車検索サイトは膨大な数の中から探さなければいけないので全部は到底見切れません。

そしてこのサイトの一番の売りは扱っている中古車が修復歴なし・返品OK・最長10年保証というところ。

非公開車両も多数なので一度覗いてみると面白いですよ。

 

⑤JAF・クレジットカード・携帯電話等

ディーラーは他にもJAF加入促進やクレジットカード加入促進、メーカーによっては携帯電話も扱っています。

これらも新車購入時などに同時にお勧めできる大事な商品です。

ちなみにJAF会員になると毎月いろいろなところで使えるクーポンが届くので、クーポンを上手に使えばあっという間に年会費分(4000円)くらいはお得になります。

ちなみにクーポンの内容はファミレスやファストフード店、その他飲食店や映画館や旅先などいろいろな割引があります。

まとめ

ここまでくると実はカーディーラーって売れないものはないんじゃないかと思うほど何でも屋です。

というか他のことやらないとあんなに新車で値引きできないのが現状です。

まず新車販売オンリーではやっていけません。

『新車を安く売って管理客になってもらい、後から他の部分で回収する』

これが基本中の基本です。

だから新車は赤字になってでも売りたいのです。

値引きを気にするより査定額を気にしろ!!”強み別”一括査定サイト3選!

車業界は一年中値引きがあるので結局のところ値引き額ではなく、今乗っている車の査定額をいかに底上げできるかに尽きます。

A店では30万円値引きしてもらっても下取り額が10万円で、B店は値引き額が20万円でも下取り額が30万円かもしれません。

そうなると当然B店の方がお得ですよね。

ディーラーに下取り額、ごまかされていない?

新車の商談で大きな値引きが出たぞ!って喜んでいても実は下取り額で調整されていませんか?

下取り額をごまかされないためにも今あなたが乗っている車の概算査定額を把握しておくことは重要です。

ぶっちゃけディーラーに下取りに出すのはもう古い。

最近では業界の流れとして一括査定を利用して買取専門店で車を売却する方がかなり増えています。

答えは当然『買取額を比較できて高額査定が出るから』

複数の買取店で複数の査定額を比較することで初めてその車の査定額が高いか安いかわかるのです。

とにかく複数の査定額を比べることが超重要

何度も言いますが、一社の査定額では高いのか安いのかわかりません。

それをハッキリさせられるのが一括査定。

元カーディーラー営業の私がいうのもあれですが、所詮新車の値引きには限度があります。

ディーラーも同じものを売っている以上値引きの痛みは同じ。

『ここのディーラーだけめっちゃ値引きする!』とかありえません。

新車の値引きで何十万円という差は出ないのです。

大きく損得が出るのは下取り車の査定額

車によっては『嘘だろ!?』って言いたくなるくらいの価格差が普通に出ちゃいますから。

まずは愛車の概算買取価格を知るだけでもいいでしょう。

絶対に使える一括査定サイトを下記に『強み別』にまとめたので、あなたに合った一括査定サイトを利用してみましょう。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、ざっくり年式と距離を入力するだけであなたの愛車を最新の買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2022年5月現在)
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

カービュー愛車一括査定

carview

『カービュー愛車一括査定』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの300社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大8社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大8社
参加企業数305社(2022年5月現在)
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

楽天愛車一括査定

『楽天 無料愛車一括査定』は文字通りあの楽天が運営しており、査定申し込みでもれなく楽天スーパーポイントを5ポイントプレゼント
さらに買取ご成約で1500ポイントプレゼントと楽天ならではのサービス。
楽天会員なら査定申込入力もログインして楽天会員情報と紐付けされるので入力の手間を省略!
楽天ユーザーが一括査定を利用するならダントツでオススメ。
一括査定とポイントのダブルでお得を獲得しましょう。

最大比較社数不明
参加企業数100社以上(2022年5月現在)
対応地域全国
このサイトの強みもれなく楽天スーパーポイント5ポイント&ご成約で1500ポイント獲得
費用すべて無料

-時事・業界ネタ

© 2014 車の値引き.com