時事・業界ネタ

カーディーラー営業はなぜ客にタメ口を使うのか?

当サイトの検索キーワードで『ディーラー タメ口』『ディーラー タメ語』『ディーラー タメ口 むかつく』などでたどり着いている方が多くいます。

なので今回は私の経験をもとに『なぜカーディーラー営業はタメ口を使うのか』をお伝えします。

あ、先に言っておきますが私はタメ口は使いませんでした。

本題に入る前に・・

当サイト『車の値引き.com』は車購入時にありがちな””をすることなく値引きを最大化し、皆様にお得に買って頂きたいと考えています。

なぜならそれはディーラー営業だった私が実際に損をしているお客さんを目の前でたくさん見てきたから。

一人でも損をする人を減らしたいと考え、『車業界の落とし穴』であるこの事実を当サイトに訪れた方には真っ先にお伝えしています。

下取り車はあなたの立派な資産、安売りしたら大損

実はディーラーにて商談時に注意しなければならないのは下取り車を安く買い取られてしまうことです。

ディーラーはあなたに下取り車がある場合、車両値引きを多く見せかけて実はちゃっかり下取り車の査定額からやりくりすることもあります。

『値引きが30万円出たぞ!』と喜んでも実は下取り車の査定額は相場より20万円低い価格で買い取られていた場合、実質的な値引きは10万円しかありません。

値引きも少ない上にあなたの立派な資産である車も安く買い取られてしまっては大損ですね。

大事な資産が正当な評価をされないのは本当にもったいない。

20万円も値引きが違ったらどうでしょう。

オプションが増やせたり、旅行に行けたりするレベルの金額です。

車両値引きと下取りは分けて考えるのが重要です。

愛車の買取相場を把握しておくことが重要

ディーラーがあなたの車の査定額をごまかしているかどうか判断する為の材料は一つしかありません。

車の買取相場を把握しておくことです。

商談前に愛車が大体いくらぐらいの価値があるか把握していればディーラーの査定額が『ん?少し安いぞ?』なんてことにも気づけます。

これが把握できていないとディーラーの査定額が高いのか安いのか全くわからないですからね。

また、下取り額が頭に入っていると『あれ、意外と査定額がついたからオプション増やせるぞ?』なんて新車購入計画のための参考情報にもなります。

ちなみに査定額をすぐに把握したい場合は東証一部上場企業が運営する『ナビクル』がオススメ。

年式や走行距離の簡単な入力だけで現在の相場から算出した概算査定価格をWeb上でスグ表示してくれます。

また、出張査定や査定比較も無料なので下取り車を高く売りたい方は必ず利用すべきサービスです。

もちろん利用は無料なのでまずは概算買取価格を把握してから車の購入を検討しましょう。

ナビクル車査定へ

タメ口はあえて使っている

タメ口を使う営業は別に接客がめんどくさくて使っているのではなく、あえて選んで使っています。

接客態度が悪くてタメ口はどうしようもないですが、接客態度が良くタメ口はほぼ確実に戦略的にタメ口を使っています。

ではなぜあえてタメ口を選んで使うのか。

客の緊張を解きほぐすため

『車を買いに行く』ということはしょっちゅうあるわけではないのでほとんどのお客さんが警戒心マックスで緊張しています。

なのであまり馬鹿丁寧な接客ではそのまま緊張して帰ってしまうことも多いです。

それを防ぐためにまずは世間話がてらとりあえずとっかかりとしてタメ口で一気に距離を縮めるということで使います。

まずは世間話でタメ口使って『こいつ適当なやつだなぁ〜』と客に思わせられれば突破口は出来上がり。

とにかく営業は立ち話で車の説明ばかり丁寧にやっていて売れる商売ではありません。

いかに早く商談テーブルに座らせられるか。

買う気がなかった人でも実際の見積もりを出したら買う気になるのです。

対等な力関係を保つため

車の営業は当然値引きがあるのでできないものはきっぱり『断る』ということも大事な仕事の一つです。

しかしスタートから腰低く出ていると肝心な商談時に力関係で客が上になってしまいます。

一旦客に舐められてしまうと営業が『もう出来ません』と断っていてもなぜか『まだできる』という思い込みにより、本来客が納得できる値引きのポイントがどんどん上がってしまいます。

カーディーラー営業は値引きを大きくするのが仕事ではありません。

客にいかにお買い得な気分になってもらうかです。

しかし舐められてからのスタートではどこまでいっても客はお買い得感が得られません。

まずは力関係を対等にするためにも、舐められないためにもタメ口を使うのです。

内心仲良くなりたいとも思っている

上記の2点以外にも、営業自身が客と仲良くなりたい一心で徐々にタメ口を使っている場合も多いです。

車の営業は一人のお客とそれなりに長いおつきあいになるので、仲良くなった方が営業だって楽なのです。

私がカーディーラーで働いていた時、タメ口を使ってても嫌味がない感じの関係になっている営業と客をよく見ましたが、微笑ましい光景でした。

タメ口のデメリット

しかしながらタメ口は万能な接客ではありません。

カーディーラー営業においてはかなり有効な接客ですが、デメリットも存在します。

少なからず不快に思われる方がいる

少なからずというか、結構いるかもしれませんね。

八百屋のおじさんがタメ口で『今日は何にする?』っていうのとディーラーが『今日は何にする?』では違いすぎますよね。

この時の営業の気持ちに悪意は全くありません。

しかしながらそれは必ずしも皆さんに伝わるわけではないので誤解されることもあります。

仲良くなれれば早いけど誤解もされるというまさにハイリスクハイリターンな接客なのです。

まとめ

ディーラー営業のタメ口は『車屋』ならではの特殊な環境が生んだ接客方法です。

当然理解されていないので誤解もされやすい。

でも私自身はこの方がいいかななんて思ったりもします。

日本は『おもてなし』として世界に誇る接客などが売りですが、全部が全部それでなくても良いと思うんです。

八百屋のおじさんの『タメ口』だって味があっていいじゃないですか。

何でもかんでも腰低く出ているから日本には『モンスタークレーマー』というのも生まれるわけです。

『クレーム=まず謝る』という企業の姿勢が生んでしまったものです。

『お客様は神様』という言葉は客がいう言葉ではありません。売る側の言葉。

今あなたが商談している営業も、悪意があってタメ口を使っているのではなく仕事としてやっているのを理解してあげましょう。

値引きを気にするより査定額を気にしろ!!”強み別”一括査定サイトはこの2つ!

車業界は一年中値引きがあるので結局のところ値引き額ではなく、今乗っている車の査定額をいかに底上げできるかに尽きます。

A店では30万円値引きしてもらっても下取り額が10万円で、B店は値引き額が20万円でも下取り額が30万円かもしれません。

そうなると当然B店の方がお得ですよね。

ディーラーに下取り額、ごまかされていない?

新車の商談で大きな値引きが出たぞ!って喜んでいても実は下取り額で調整されていませんか?

下取り額をごまかされないためにも今あなたが乗っている車の概算査定額を把握しておくことは重要です。

ぶっちゃけディーラーに下取りに出すのはもう古い。

最近では業界の流れとして一括査定を利用して買取専門店で車を売却する方がかなり増えています。

答えは当然『買取額を比較できて高額査定が出るから』

複数の買取店で複数の査定額を比較することで初めてその車の査定額が高いか安いかわかるのです。

とにかく複数の査定額を比べることが超重要

何度も言いますが、一社の査定額では高いのか安いのかわかりません。

それをハッキリさせられるのが一括査定。

元カーディーラー営業の私がいうのもあれですが、所詮新車の値引きには限度があります。

ディーラーも同じものを売っている以上値引きの痛みは同じ。

『ここのディーラーだけめっちゃ値引きする!』とかありえません。

新車の値引きで何十万円という差は出ないのです。

大きく損得が出るのは下取り車の査定額

車によっては『嘘だろ!?』って言いたくなるくらいの価格差が普通に出ちゃいますから。

まずは愛車の概算買取価格を知るだけでもいいでしょう。

絶対に使える一括査定サイトを下記に『強み別』にまとめたので、あなたに合った一括査定サイトを利用してみましょう。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、ざっくり年式と距離を入力するだけであなたの愛車を最新の買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2022年11月現在
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

カービュー愛車一括査定

carview

『カービュー愛車一括査定』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの300社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大8社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大8社
参加企業数305社(2022年11月現在
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

-時事・業界ネタ
-