時事・業界ネタ

点検の催促がウザい!?ディーラーの営業活動ってどんな内容なの?

値引きゴリラ

国産車ディーラーでの営業経験を生かし、現在は車の値引きのコツや業界の裏側、その他車に関わる情報を発信中

カーディーラーって車を売るだけじゃ暇じゃないの?

車を売る以外にどんな営業活動してるの?

カーディーラーは車を売る以外にどんな営業活動しているのかわからないですよね。

今回は『車を売る』以外の営業活動についてご紹介します。

ディーラーに下取り額、ごまかされていない?

あなたは自分の車の買取相場を知っていますか?

新車商談時にディーラーで査定してもらい、例えば査定額が『100万円』って言われても『あぁそんなもんか』と鵜呑みにしてはいけません。

特に『これ以上値引きはできないので下取りで調整しますね』と言われた時は要注意。ディーラーはプロですから『大きな値引きが出た!』と喜ばせておいて実は査定でちゃっかりやりくりしているかもしれません。

相場より安い査定額で買い取られないためにも商談前に自分の車の買取相場額を知っておくことは非常に重要。

査定比較.comは簡単な入力でわずか32秒で愛車の概算査定額を無料で表示してくれるので、愛車の買取相場を把握するにはもってこいのサイト。

まずは買取相場額を把握してからディーラーでの商談に臨みましょう。

『売り上げ』がつくものは全て営業する

カーディーラーの営業は何も車を売るだけが仕事ではありません。

例えば新車以外にも

  • 中古車
  • 点検・整備
  • JAF
  • 自動車保険

などが挙げられます。

これら全ての売り上げが成績表として残りますし、『ノルマはない』なんて表向きでは言いますが、目標という名のノルマがやはりあります。

点検整備は新車販売と同じくらい力を入れている

ディーラーの仕事は車を売って終わりではありません。

売った後も継続的にお付き合いをして売り上げを上げていくことが重要なのです。

例えるとプリンターを安くで売ってその後のインクで儲ける、または無料でウォーターサーバーを設置してその後の継続的な水の注文で儲ける、といった感じと似ていますね。

新車は他店と競合されたら多少赤字になってでも自分のところで買ってもらって継続的に点検などに来てもらって徐々に回収していくという流れです。

分母を増やさないと点検整備の母体は増えないのでまずは少々の赤字くらいならとにかく新車を売って母体を増やします。

つまり新車販売よりも実は重要で、ディーラーを支えているのはこの点検整備といっても過言ではありません。

管理客が多いと点検整備の売り上げも上がる

当然ですが、入ったばかりの新人は自分の管理しているお客さんがいないので点検整備なんて売り上げはゼロに等しいです。

飛び込み客がいきなりディーラーに点検整備を依頼するなんて稀なこと。

しかしこれが200台売った先輩スタッフなら200件は自分の管理客として母体があるので200件分の車両情報があり、いつが車検でいつが12ヶ月点検の時期か全てわかります。

このリストがあることで『そろそろ車検ですがどうしましょうか』などと毎日営業活動ができるのです。

つまり車を売った台数が多い営業は自ずと点検整備の売り上げ金額も上がるのです。

点検整備の営業って具体的に何をするの?

点検整備の営業活動は基本的に電話です。

もしくは日中の営業活動時間が取れれば管理客の家を回って点検時期が近いことをお知らせすることもあります。

点検整備の案内はDMなどで早めに案内が来ますよね。

それから電話して予約日時を決めていくのです。

しかしこの電話が実はなかなか大変なのです。

20時〜21時が電話のゴールデンタイム

当然ですが、あまり日中に電話をかけても出てくれませんし、出てくれても点検の案内だとわかると『今仕事中だからまた今度』みたいな感じになってしまいます。

なので私の経験上ゴールデンタイムは20時から21時の間です。

この時間が一番電話に出てくれて予約日時もしっかり決まる確率が高いのです。

当然非常識な時間ですから怒られることもたまにあります。

営業
もしもし〜車検が近づいておりますが〜(21時)
何時だと思ってんじゃゴルァ!

ディーラーの営業はこのゴールデンタイムに活動するために意外と残業多めです。

しかしこの点検整備の誘致は非常に重要で、特に車検は早くから案内しないとうっかり車検満了日当日に気づいても急に点検整備はできないですし、最悪車検をやっていない状態で車に乗り続けてしまうということもあります。

車検は予約が取りやすく、半年点検はなかなか難しい

車検の案内は過去に自分のところでやったことがあるお客さんならほとんどがやってくれます。

しかも車検はやらなければいけないものですし期限も決まっているので予約が非常に取りやすい上に金額がそれなりにいくので営業としては一番美味しい点検整備です。

逆に12ヶ月点検や6ヶ月点検はやらない人も多いのであまり予約は取れません。

逆に言えばこの半年点検も定期的に来てくれるお客さんはいわゆる神客で、ボディコーティングやガラスコーティングも定期的にやってくれるとってもいいお客様です。

こういっちゃなんですが、点検整備の売り上げが悪い月はこういうお客さんに少し無理言って助けてもらったこともありました。

メンテナンスパックが予約を取る上で最強

ディーラーにはメンテナンスパックというものが存在します。

これはいわゆる年間パスポートみたいなもので、前払いすることで一回一回の点検が安くなりますというもの。

自分がいたところでは車検時に『ほぼ車検代と同じで次の車検前までの半年点検2回と12ヶ月点検一回が付いて来ますよ』というような案内ができるような価格設定でした。

実際どこもかなりお得な設定にしてあります。

ほとんどこれに入ってもらってましたね。

これに入ってもらえれば半年点検の予約などはDMで案内が入ってこちらから案内しなくてもお客さんの方から電話して来てくれるという最強のツール。

営業にとってはメンテナンスパックだろうがそうでなかろうが点検1ポイントは成績としては同じなのです。

そしてメンテナンスパックは点検整備の予約が取りやすいこともメリットですが、やはり定期的にお客さんと顔をあわせることで付き合いも密になりますし、買い替え促進活動もできます。

一度メンテナンスパックに入ったお客さんはその後も『行きつけのディーラー』としてくれるので継続してパックに加入してくれることがほとんど。

メンテナンスパックは最強の会員制度なのです。

自動車保険も点検整備の次に重要

JAFの営業はいつも新車を買ってもらう時に少し値引きして『JAF無料でおつけします』みたいに見せて入ってもらっていました。

しかし任意自動車保険はこれができません。

自動車保険は保険業法で定められているので『値引きや何かの見返りとして保険に入ってもらう』ということは法律で禁じられています。

営業
自動車保険もセットで加入していただけるなら新車の値引きもっと頑張りますよ!

これ、完全に法律違反です。こんな営業から買ってはいけません。

じゃあどうやって自動車保険は営業活動するの?

保険を見直してみませんか?とまずは保険証を見せてもらう

自動車保険に関してはお客さん各々で加入していることがほとんど。

なのでまずは取っ掛かりとして点検時などに保険証を見せてもらうことから始めます。

営業
今自動車保険の見直しフェアやっているんですけど、よかったら点検お待ちの間に保険の見直ししてみませんか?

このような感じで保険の案内をしてまずは保険証を見せてもらい、そこから同じような内容の見積もり、少し内容を削った見積もり、フルサポートの見積もりなど3種類くらい出して案内をします。

最後の口説き文句としては

営業
ディーラーで保険に加入すると保険の更新や継続が点検時などに簡単にできますし、保険会社は土日は休みですが私共ディーラーは土日やっているので対応ができますよ!

このようにいつも案内していました。

これで入っていただけたことも結構ありましたね。

でもインターネット保険に値段では敵わない

ハッキリ言いましょう。

ネット保険は安いです。

当然ですが保険の営業自体の人件費を削れる分価格に反映できる仕組みです。

だから価格だけで比べられてしまうとどうしても勝てないのが現状。

こればっかりは勝てないので先ほどもあげた『土日対応・点検時継続可』を推して案内するしかありませんね。

中古車の営業活動は意外と楽しい

中古車の営業活動?と思う方もいるかもしれませんが、中古車は意外と活動次第で売りやすい商品です。

当然カーディーラーは新車販売をしている会社ですからまずは新車を営業活動としてやってみます。

しかし『どうしても新車は価格的に厳しいけどもう間も無く壊れそう』というお客さんも存在します。

そういうお客さんには狙い撃ちで自社の中古車部門から探して『これくらいの価格のもありますけどー』なんて案内すると即決で決まったりするので新車を売るより楽しかったりします。

営業
50万円で走行距離これくらいですけどいかがです?ネットにも公開してるから売れたら終わりですけど。。
よっしゃ買った!

こんな感じのことが結構ありましたね。

中古車は延長保証をつけないとトラブルの元

そうは言っても中古車販売には注意が必要です。

中古車全てがそうとは言いませんが、当然新車よりはトラブルが多いです。

私個人の感想ですが、車って生きてるのかなって思うぐらい乗り手が変わるとトラブルが発生する気がします。

新車は新車の保証があるので何が起こっても対応できますが、中古車は保証継承などをしなければ基本的に保証はついていません。

なのでお店の延長保証には加入してもらっていました。

こちらとしても納車してすぐトラブルがあった時にお金は取りづらいですが延長保証であれば保険扱いなのでお金をもらわずに直せますからね。

私は中古車を売るときは必ず延長保証に加入してもらっていました。

ただし、走る・曲がる・止まるに関しては大体メーカーの5年または10万キロのどちらか早い方などの保証がありますが、これは中古車の場合、保証継承をしなければ保証対象外となりますので注意が必要です。

参考【超重要】高年式の中古車を買うときは必ず”保証継承”を!!

新車にはメーカー保証というものが付いています。 これは家電を買った時などについてくるものと同じ、いわゆる”保証”ですね。 車はその中でも一般保証と特別保証に分かれています。 一般保証とは・・・ オイル ...

続きを見る

まとめ

ディーラーの新車販売以外の活動、いかがでしたか?

車屋さんはとにかく点検整備が重要なんです。

整備工場もあって整備士もいますので点検整備の予約を営業がとってこないとマジで潰れちゃうんです。

ただでさえ新車が昔より売れていませんからますます牌の取り合いです。

だから各社メンテナンスパックで囲い込みたいんです。

もし21時頃に点検の電話がかかってきても『彼らも仕事なんだな』とグッとこらえて理解してあげましょう。

値引きよりも査定額を気にしろ!

車を買う時、『値引き』以外で損得が大きくわかれる部分があります。

私はカーディーラー営業時代、目の前でそれをたくさん見てきました。

『数十万円得しているお客さん』とそうでない『凡人のお客さん』の違いを。

数十万円得しているお客さん達にはある共通点がありました。

では何が損得を大きく分けるのか。

値引きは競合させるのに下取り車は競合させていない

新車に買い換えとなれば、なんの疑いもなくディーラーで下取りに出していませんか?

実は”ココ”が損得を大きく分けるのです。

私はカーディーラー営業時代にたくさん下取り査定をしてきましたが、買取専門店で査定してきたお客さんはほとんどそちらで買い取ってもらっていました。

つまり買取店の方が査定額が高いということがわかりますね。

私の実体験としてお客さんに言われたのが、うちで0円だった査定額の車を他の買取店に見せたら25万円の値がついたと言われたこともありました。

それくらい下取り車の値段というのは買取側によっていくらでも変わってしまうものなのです。

25万円違ったらオプション増やせますよね。

元カーディーラー営業の私が言うのもあれですが、新車の値引きには限度があります。

ディーラーは”新車”という全く同じ物をディーラー同士で売っているので値引きの痛みは同じ。

ここのディーラーだけめっちゃ値引きする!とかありえません。

新車の値引きで何十万円という差は絶対に出ないのです。

車業界は1年中値引きがあるので結局のところ値引き額よりも重要なのは今乗っている車の査定額をどこまで底上げできるか。

値引き同様、下取り車の査定も競合が必須なのです。

なぜ買取店によって査定額に差が出るの?

買取店も商売ですので当然利益が出なければ買い取りません。

ではなぜ査定額に差が現れるのか?

車種による再販売の得意分野が違う

買取店とは一口にいっても買い取る車の得意不得意があります。

『外車が強い』『四駆が強い』『軽自動車が強い』と車種の数だけ違いは様々。

なぜ得意不得意があるのか?

買い取った車の販路(リセールルート)が違う

四駆・ディーゼル需要の高い海外にそのままダイレクトに輸出できる販路を持つ業者もいれば、国内で自分達で中古車販売店を展開している、軽自動車専門で販売している、一つのメーカーに絞っているなど、業者によって得意不得意は様々なのです。

つまり再販売するのが得意な車種であれば強気の値段で買い取ることができるのです。

しかし買取店がどの車種が得意かどうかは査定額を比べない限りわからないのです。

『一括査定』で査定額の比較が一発でわかる

街中にある買取店を何店舗も巡るのは私も経験がありますが、飛び込みで査定をお願いすると『ではこちらにまずご記入を〜』みたいな感じで毎回名前や住所を書かされたり、前のお客さんがいて待たされたりとか正直超時間かかるしめちゃくちゃめんどくさいです。

これを解決してくれるのが一括査定。

一括査定は一度の入力で同時に複数の買取店に査定をしてもらい、その中から一番最高値をつけた買取店を選んで売ることで愛車の最高値がわかるというもの。

買取店側としてもこちらを利用してくれた方がいちいち応対もしなくて良いので売る側と買う側のどちら側にとってもありがたい仕組みなのです。

一括査定サイトを経由すると買取店に競合他社の存在をアピールできる。

一括査定サイトを使うことによるもう一つの大きなメリットは、買取業者に『ライバルがいることが伝わる』ことです。

新車でもそうですが、買取も競合他社がいるとわかると我先にと自分たちが買い取りたいので査定額が高くなっていく傾向にあります。

一括査定サイト経由の申し込みであることは買取業者にも伝わるので、競合がいることも当然買取店にはわかります。

すると競合がいる手前、買取業者はその中で勝ち残るためにもヘタに安い査定額をつけられなくなるのです。

これで足元を見られることなく車の売却でも『競合』の状態に。

買うのも売るのも”競わせる”ことが大事

私はカーディーラー営業時代、新車の商談中でお客さんの車を査定をしたらお客さんに『なんで君のところと他のお店はこんなに査定額に差があるんだ!』と詰め寄られたことがあります。

私もそんなことを言われるのは嫌になってきたのでそれからはお客さんに一括査定を勧めるようになりました。

すると一括査定をお客さんに教えるようになってから『全然高く売れたよ、ありがとう』と感謝されることが多くなりました。

感謝されることで信頼を得やすくなり、結果的に新車の成約率も上がりました。

確かにディーラーも下取りをすることは立派な仕入れなのでディーラー営業としては失格ですが、お客さんに有用な情報はカーラーフアドバイザーとして提供すべきと考えていたからです。

結果的に成約率が上がったので間違ってはいなかったと思っています。

先ほども触れましたが、ディーラー営業時代に自分のところで0円の査定額だったのが、お客さんが他の買取店で査定したら25万円の査定額がついたこともありました。

せっかくこのサイトに辿り着いたあなたには、損をしない為にも必ず”愛車を最も高い額で”手放してほしい。

下記に私がオススメしてきた絶対に使える一括査定サイトを強み別にまとめてみました。

ぜひ、あなたにあった一括査定サイトを利用しましょう。利用はすべて無料です。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、あなたの愛車を買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2021年7月現在)
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

車査定比較.com

『車査定比較.com』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの200社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

JADRI(日本自動車流通研究所)会員企業も参加しています。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大10社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大10社
参加企業数211社(2021年7月現在)
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

楽天愛車一括査定

『楽天 無料愛車一括査定』は文字通りあの楽天が運営しており、査定申し込みでもれなく楽天スーパーポイントを5ポイントプレゼント
さらに買取ご成約で1500ポイントプレゼントと楽天ならではのサービス。
楽天会員なら査定申込入力もログインして楽天会員情報と紐付けされるので入力の手間を省略!
楽天ユーザーが一括査定を利用するならダントツでオススメ。
一括査定とポイントのダブルでお得を獲得しましょう。

最大比較社数不明
参加企業数92社(2021年7月現在)
対応地域全国
このサイトの強みもれなく楽天スーパーポイント5ポイント&ご成約で1500ポイント獲得
費用すべて無料
  • この記事を書いた人

値引きゴリラ

国産車ディーラーでの営業経験を生かし、現在は車の値引きのコツや業界の裏側、その他車に関わる情報を発信中

-時事・業界ネタ

© 2014 車の値引き.com