商談・値引き

新型セレナの値引きはどう攻める!?答えはノア&ヴォクシーとの競合!

『やっちゃえ日産』というキャッチフレーズとともに先進性をアピールしてきた近年の日産自動車。

そんな日産自動車が満を持してこの新型セレナでついに自動運転を『やっちゃう』のである。

しかしこの賛否両論ある新型セレナ。

値引きはどのように攻めればいいのか?

新型セレナってどんな車?

自動運転技術『プロパイロット』搭載

2016年8月下旬発売の新型セレナに搭載される自動運転『プロパイロット』

しかし自動運転とは一言で言ってもあまりよく分からない。

日産は自動運転のプランを公表

これからの自動車業界で皆揃って目指していくであろう技術が『自動運転』

この自動運転のプランについて日産自動車はこのようにプランを掲げている。

  • 2016年 プロパイロット1,0(単一車線での自動運転、高速道路)
  • 2018年 プロパイロット2,0(複数車線での自動運転、高速道路)
  • 2020年 プロパイロット3,0(交差点を含む市街地での自動運転)

つまり今回は高速道路上の単一車線での自動運転『プロパイロット1,0』ということになる。

ではその仕組みとは。

プロパイロットってどんなもの?

『自動運転』と言ってもとてもシンプルに『カメラ』で前方の車両などを認知判断して車間距離や車速をコントロールするというものである。

同時に路面の白線も認識してその中央を走り続けるようにハンドルを操舵。

もちろん自動ブレーキも搭載。

実は前からあった?

でも実はこれらの技術はかなり前から他のメーカーなどでも個々に開発している。

レーダークルーズコントロールやレーンキーピングアシスト、そして自動ブレーキ。

つまりこれは運転補助技術を一つに集約し、『自動運転』と呼んでいるが、あくまで一定の条件下で『ほぼ自動運転』と言えるところである。

例えば高速道路上でしっかり白線が引かれていて前方に車がいれば『ほぼ自動運転』となるだろう。

プロパイロット中は手を離しても平気?

当然だが、答えは『NO』である。

この技術は完全に手放しでOKな『自動運転』ではなく、あくまで『運転補助』だと思って欲しい。

そのため、運転中もハンドルから手は離さず、しっかり前を見て細心の注意を払わなければいけない。

カメラだけなので低コストでの実現が可能に

しかし今回特筆すべきはプロパイロットは『単眼カメラ』だけなのである。

高度な画像解析技術と演算処理が単眼カメラだけでプロパイロットを実現させたのである。

つまりあの自動運転の最先端を行く『テスラ』みたいにめちゃくちゃ高額になるというものではなく、あくまでオプションの一つとして気軽に選択できるといったものである。(もちろんテスラと比べてはいけないが)

他にもいい装備増えました。

さらなる低床化でこれにより、乗り降りを楽にしてくれる。

そして私個人的に注目したいのが3列目シートのスライド機構である。

もちろん今までどおり3列目のシートは跳ね上げ式だが、このクラスのミニバンにはなかったスライド機構を採用。

これにより、3列目も広々座ることができる。

もはやLサイズミニバンとMサイズミニバンに線引きはなくなってきたようだ。

新型セレナの値引きはどう攻める!?

新型セレナはめちゃくちゃ売れていると思いきや実はまだ反応があまり良くないらしい。

日本人はこういう新技術にはあまり飛びつかないからだ。

まずは様子を見るのでそんなに購買行動が過熱していないのだろう。

そんな今こそ実は狙いどき。

きっと日産各販売店は高めな台数目標を強いられているはずだ。

そのためいくら新型とはいえ値引きを全くせずには売れないはずだ。

ここでしっかり値引きを出すにはやはり競合商談がとても重要になってくる。

競合相手はノア&ヴォクシーで攻めろ!

競合相手は間違いなくノアヴォクシーだろう。

自動運転というのははっきり言って値引き商談を進める上では何の競合にもならない。

そこそこ値引きが出始めているノアヴォクシーの見積もりをぶつけてセレナからも値引きを引き出すのが一番簡単だろう。

そのためにはノアヴォクシーの研究も必要となってくる。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-12-10-13-10

無料見積りシミュレーションサイトオートックワン を使えばノアもヴォクシーも新型セレナも簡単に諸費用込みの見積もりが取れるので必ずこれで事前にシミュレーションをして金額差を頭に叩き込んでおくと商談でとても有利になるのでオススメだ。

無料見積りをする

 

 

 

追記:2016年12月にスズキからOEMとして『ランディ』が発売されるのでそちらとの競合も非常に有効だ。

まとめ

個人的な感想としては、今までの運転補助技術をまとめて『自動運転』と言い切ってしまうところはいかがなものかと思う。

日産は『S-HYBRID』でもそうだが、名前の付け方や印象付けなどのコピーライティングは上手い。

しかし、同時に誤解を招く恐れもあることは間違い無いだろう。

そういう意味では『やっちゃえ日産』も間違っていないかもしれない。

値引きを気にするより査定額を気にしろ!!”強み別”一括査定サイト3選!

車業界は一年中値引きがあるので結局のところ値引き額ではなく、今乗っている車の査定額をいかに底上げできるかに尽きます。

A店では30万円値引きしてもらっても下取り額が10万円で、B店は値引き額が20万円でも下取り額が30万円かもしれません。

そうなると当然B店の方がお得ですよね。

ディーラーに下取り額、ごまかされていない?

新車の商談で大きな値引きが出たぞ!って喜んでいても実は下取り額で調整されていませんか?

下取り額をごまかされないためにも今あなたが乗っている車の概算査定額を把握しておくことは重要です。

ぶっちゃけディーラーに下取りに出すのはもう古い。

最近では業界の流れとして一括査定を利用して買取専門店で車を売却する方がかなり増えています。

答えは当然『買取額を比較できて高額査定が出るから』

複数の買取店で複数の査定額を比較することで初めてその車の査定額が高いか安いかわかるのです。

とにかく複数の査定額を比べることが超重要

何度も言いますが、一社の査定額では高いのか安いのかわかりません。

それをハッキリさせられるのが一括査定。

元カーディーラー営業の私がいうのもあれですが、所詮新車の値引きには限度があります。

ディーラーも同じものを売っている以上値引きの痛みは同じ。

『ここのディーラーだけめっちゃ値引きする!』とかありえません。

新車の値引きで何十万円という差は出ないのです。

大きく損得が出るのは下取り車の査定額

車によっては『嘘だろ!?』って言いたくなるくらいの価格差が普通に出ちゃいますから。

まずは愛車の概算買取価格を知るだけでもいいでしょう。

絶対に使える一括査定サイトを下記に『強み別』にまとめたので、あなたに合った一括査定サイトを利用してみましょう。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、ざっくり年式と距離を入力するだけであなたの愛車を最新の買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2022年1月現在)
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

カービュー愛車一括査定

carview

『カービュー愛車一括査定』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの300社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大8社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大8社
参加企業数305社(2022年1月現在)
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

楽天愛車一括査定

『楽天 無料愛車一括査定』は文字通りあの楽天が運営しており、査定申し込みでもれなく楽天スーパーポイントを5ポイントプレゼント
さらに買取ご成約で1500ポイントプレゼントと楽天ならではのサービス。
楽天会員なら査定申込入力もログインして楽天会員情報と紐付けされるので入力の手間を省略!
楽天ユーザーが一括査定を利用するならダントツでオススメ。
一括査定とポイントのダブルでお得を獲得しましょう。

最大比較社数不明
参加企業数100社以上(2022年1月現在)
対応地域全国
このサイトの強みもれなく楽天スーパーポイント5ポイント&ご成約で1500ポイント獲得
費用すべて無料

-商談・値引き

© 2014 車の値引き.com