商談・値引き

トヨタ・タンク&ルーミー、スバル・ジャスティ、ダイハツ・トールの値引きはどう攻める!?

スズキのソリオの登場により、一気に市民権を得たコンパクトトール2BOX。

そこに新たな一石を投じるのがダイハツ・トヨタ・スバルの3社だ。

この3社といえば2代目bBなどでもそうだったがダイハツが開発、生産をしてトヨタ・スバルにOEM供給という形が多い。

まさに今回のコンパクトトール2BOXも同様、ダイハツが開発生産してトヨタ・スバルにOEM供給される。

その気になるコンパクトトール2ボックスとはどんなものなのか。

コンパクトトール2ボックス、いったいどんな車?

4ブランド展開・6系列店販売

展開としてはトヨタが『タンク』をトヨペット店&ネッツ店で、『ルーミー』がトヨタ店&カローラ店で取り扱われる。

そしてダイハツが『トール』、スバルが『ジャスティ』となる。

bBの後継モデルという扱いだが、スライドドアとなっているので完全にライバルはスズキのソリオを意識している。

シエンタはあくまで3列コンパクトミニバンだが、こちらは5人乗りプチバンといったところである。

ちなみにトヨタはプチバンという設定でポルテとスペイドも出しているが、これらのコンパクトトール2ボックス登場でさらに霞んでしまうかもしれない。

サイズはほぼソリオと同じ

全長は3700㎜×全幅1670㎜×全高1735㎜と幅は少し大きめだがほぼソリオである。

とはいえかなりコンパクトサイズなので運転や取り回しはかなり楽である。

参考までにトヨタのアクアはあんなに小さく見えるが、この車はアクアよりも約30センチも全長は短いのだ。

毎日運転するならわかると思うが、車の30センチはかなり大きい。

どんな層がターゲット?

やはりスライドドアが最重要視される子育て世代だろう。

さらに付け加えるとヴォクシーやノアでは大きいからと女性から敬遠される傾向が多いので奥様方の子供の送り迎え専用セカンドカーという位置付けが濃厚である。

スライドドアは子供が勝手にドアを開けてぶつける心配もなく、狭い駐車場でもチャイルドシートに子供を乗せやすかったりと、小さい子供がいる家庭はスライドドアはとっても重宝するのだ。

逆にお年寄りがいる家庭でも乗り降りのしやすさからスライドドアは重宝される。

ただbBの後継車という背景もあるので少なからず若者も意識しているはずだ。

特にタンクはデザイン的にもかなりbBを感じさせる”若者向け”としている。

エンジンは1リッターNAとターボの2種類を用意、ハイブリッドはなし

ここはやはりダイハツといったところだろうか。

得意の直3、1リッターエンジンと同ターボの2展開。

軽自動車の技術を持つダイハツならではの小排気量エンジンだが、街乗りでは十分に走る。

高速走行が多いとかであればターボを選んでも良いかもしれない。

ただし、燃費に関してはソリオはハイブリッドがあるのでソリオに勝つのはちと厳しい。

今の時代にハイブリッドを投入しないのは賛否両論あるが、このサイズでハイブリッド化による車両重量のアップを考えるときっとハイブリッドの恩恵は少ししか受けられないかもしれない。

それで価格がボーンと上がってしまうようであれば1lターボという選択は非常に絶妙であると言える。

グレードは標準&カスタムの2パターン

タントを考えてもらうと分かりやすいが、グレードは標準グレードとカスタムグレードに分かれる。

4ブランド全てボディは共用だが、フロントマスクなどで印象を変えていく。

もちろんグレード展開の数もメーカーによって変わる。

印象的にはダイハツのトールとトヨタのタンクはフロントフェイスがかなり似ている。

ルーミーとジャスティはファミリー向けといったところか。

安全装備はスマートアシスト2

これはあくまでダイハツの車なのでトヨタのセーフティセンスやスバルのアイサイトがつくのではなく、ダイハツのスマートアシスト2がつく。

現代の車では欠かせない安全装備は無視できない。

この車、値引きはどう攻める!?

全てのブランドをごちゃ混ぜにした”6つ巴”競合を!

この車は合計で6つの販売店が扱うこととなる。

つまり6つのお店で競合ができることとなり、したがって値引きはかなり激しく荒れるはず。

新車は出たばかりだと紳士協定的な感じでどこも値引きは出さないが、結局競合が始まってどこかが値引きを出し始めると当然自分たちのところで買って欲しいので、赤字でも長い目で見れば自分の顧客になれば安いものなので値引きは大きくなる。

スズキのソリオも競合相手としてはバッチリだが、同じ車の方が価格やオプションも同じになるのでよりシビアに競合がしやすい。

トヨタだけでも4チャネルで競合ができるのでまずは全てのメーカーで見積もりを取ってもらいたい。

まとめ

6店競合はかなり簡単に値引きが出やすくなると思うので、労力を惜しまずにお店に足を運んでもらいたい。

面倒であればまずはこのオートックワン でかんたんにネット見積りしても良いだろう。

間違いなく売れる車種なのでチェックしておきたい車であることは間違いなさそうだ。

値引きを気にするより査定額を気にしろ!!”強み別”一括査定サイト3選!

車業界は一年中値引きがあるので結局のところ値引き額ではなく、今乗っている車の査定額をいかに底上げできるかに尽きます。

A店では30万円値引きしてもらっても下取り額が10万円で、B店は値引き額が20万円でも下取り額が30万円かもしれません。

そうなると当然B店の方がお得ですよね。

ディーラーに下取り額、ごまかされていない?

新車の商談で大きな値引きが出たぞ!って喜んでいても実は下取り額で調整されていませんか?

下取り額をごまかされないためにも今あなたが乗っている車の概算査定額を把握しておくことは重要です。

ぶっちゃけディーラーに下取りに出すのはもう古い。

最近では業界の流れとして一括査定を利用して買取専門店で車を売却する方がかなり増えています。

答えは当然『買取額を比較できて高額査定が出るから』

複数の買取店で複数の査定額を比較することで初めてその車の査定額が高いか安いかわかるのです。

とにかく複数の査定額を比べることが超重要

何度も言いますが、一社の査定額では高いのか安いのかわかりません。

それをハッキリさせられるのが一括査定。

元カーディーラー営業の私がいうのもあれですが、所詮新車の値引きには限度があります。

ディーラーも同じものを売っている以上値引きの痛みは同じ。

『ここのディーラーだけめっちゃ値引きする!』とかありえません。

新車の値引きで何十万円という差は出ないのです。

大きく損得が出るのは下取り車の査定額

車によっては『嘘だろ!?』って言いたくなるくらいの価格差が普通に出ちゃいますから。

まずは愛車の概算買取価格を知るだけでもいいでしょう。

絶対に使える一括査定サイトを下記に『強み別』にまとめたので、あなたに合った一括査定サイトを利用してみましょう。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、ざっくり年式と距離を入力するだけであなたの愛車を最新の買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2022年1月現在)
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

カービュー愛車一括査定

carview

『カービュー愛車一括査定』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの300社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大8社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大8社
参加企業数305社(2022年1月現在)
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

楽天愛車一括査定

『楽天 無料愛車一括査定』は文字通りあの楽天が運営しており、査定申し込みでもれなく楽天スーパーポイントを5ポイントプレゼント
さらに買取ご成約で1500ポイントプレゼントと楽天ならではのサービス。
楽天会員なら査定申込入力もログインして楽天会員情報と紐付けされるので入力の手間を省略!
楽天ユーザーが一括査定を利用するならダントツでオススメ。
一括査定とポイントのダブルでお得を獲得しましょう。

最大比較社数不明
参加企業数100社以上(2022年1月現在)
対応地域全国
このサイトの強みもれなく楽天スーパーポイント5ポイント&ご成約で1500ポイント獲得
費用すべて無料

-商談・値引き
-, , , ,

© 2014 車の値引き.com