商談・値引き

新型ヴェゼルはキックスとヤリスクロスを競合に値引きを仕掛ける!

値引き課長

国産車ディーラーでの営業経験を生かし、現在は車の値引きのコツや業界の裏側、その他車に関わる情報を発信中

新型ヴェゼル、めちゃくちゃかっこいいですよね。

当然新型車なので値引きは渋いはず。

それでも値引きをして安く買える?

まだ間に合うから下取り額のさらなるアップを!

もうあなたは車を購入しましたか?

下取り車はもう手放しましたか?

まだ手放していなければ査定額アップの余地があります。

今の下取り額がさらに数万円アップしたら嬉しいですよね。

無料一括査定のナビクルでは同時に複数の買取店が査定をするので一番高い査定額がわかります。

数万円から数十万円アップする業界ですからそのまま下取りに出して手放してしまうのはもったいない。

納車直前でもまだ間に合うからまずはナビクルで愛車の一番高い査定額を調べましょう。

ナビクル車査定

ヤリスクロス、キックス、CXー30がライバル

以前の先代ヴェゼルはいわゆるCH-Rやジュークなどの小さめSUV御三家でしたが、どうしても値段の通りのようなデザインでした。

しかし最近のホンダはデザインが格段にかっこよくなっており、特にこの新型ヴェゼルはモーターショーからそのまま出てきたかのような渋さ。

これにより、現在のトヨタならヤリスクロス、日産はキックス、マツダならCXー30が競合となるのでこれに十分すぎるほど対抗できる出来となっている。

値引き額はどれくらい?

正直なところ普通に商談すれば値引きはワンプライスで『ゼロ』と言われて終わりだ。

しかし新型車というのはスタートダッシュをメーカーから煽られるのでディーラーも売りたいのが本音。

ここから値引きを絞り出して購入するにはどうすれば良いのか。

粘っこい商談でキッチリ『買う気』をアピール

新型車の商談で値引きがしっかり出せるお客さんは最低でも3回ぐらい商談をするしつこさが必要。

1回目の来店で決めるのはあまりにも欲しい気持ちが漏れ出ていること間違いなし。

『欲しいけど予算が合わない、あと一歩なのに』ということをいかにディーラー営業に伝えられるかが値引きのキモとなる。

車両本体からの値引きは渋くてもコーティングやメンテナンスパックの無料付帯などでサービスを受けられることもある。

逆に言えば買う気が伝わらなければ絶対に値引きは出ないので本気で買う気を持って3回ぐらい商談をする必要がある。

最初にあげた3車種で競合を

正直言ってヴェゼルに対してこの3車種は競合とは言え、少しヴェゼルが高い。

グレードにもよるが大体50万円ほどの差があるように思える。

この50万円を削れというのは到底不可能だがヴェゼルが高い方が競合値引きは引き出しやすい。

3車種の全ディーラーを回って見積書をもらい、ヴェゼルの商談で出してみれば一番ヴェゼルが高いので商談は自ずと値引きありきのような流れになる。

これで値引きが出なければこの日は一度持ち帰って良い。

ディーラーも当然売りたいし他のホンダに行って欲しくもないのでしつこくなってくればこっちのもの。

ディーラーは話を持ち帰られるのが一番嫌

ディーラー営業は商談=成約を目指しています。

そして店長はそれを見込んで本部に数字を報告します。

つまり商談=なんとしてでも売らなければいけない状況なのです。

そこで『今日はやっぱり決められないんで帰ります』というのは店側にとって一番やきもきする状況。

だからちょっと値引きを出してでも引き止めたいのです。

しかしここでちょっとの値引きで買ってしまってはもったいないので何度かに分けてしっかり商談をすれば値引きは出るでしょう。

まだ間に合うから諦めないで!下取り額をさらにアップさせよう!

あなたはもう車を購入されましたか?

下取り車はどうしましたか?もう手放しましたか?

もしまだ手放していなければまだまだ査定額がアップできます。

査定額が上がるということは当然ですがお金が増えるということです。

成約済みの方でも愛車を手放していなければまだ間に合いますからまずは査定額がなぜ上がるのかについて少し解説します。

ちなみにこの中古車買取業界の買取額の差額は数百円、数千円ではありません。

数万円から数十万円違うことが普通です。

車の査定額には基準はあってないようなもので、買い手によって全然変わるのです。

なぜ買取店によって査定額に差が出る?

買取店も商売ですので当然利益が出なければ買い取りません。

ではなぜ査定額に差が現れるのか?

買取店毎の車種による再販売の得意分野が違う

買取店とは一口にいっても買い取る車の得意不得意があります。

外車が強いとか四駆が強いとか軽自動車が強いとか車種の数だけ違いは様々。

なぜ得意不得意があるのか?

買い取った車の販路(リセールルート)が違う

四駆・ディーゼル需要の高い海外にそのままダイレクトに輸出できる販路を持つ業者もいれば、国内で自分達で中古車販売店を展開している、軽自動車専門で販売している、一つのメーカーに絞っているなど、業者によって得意不得意は様々なのです。

しかし業者がどの車種が得意かどうかは査定額を比べない限りわからないのです。

私は15万円得しました。

査定額に大きな差が出ることはわかりましたね。

査定額を比べないことは『言い値で手放しますよ』と言っているようなものです。

私自身も乗っていたプリウスαを手放す時に買取店を3店舗比べましたが170万円・178万円・185万円と金額が出揃って、もちろん一番高いところで売却しました。

これでも一番安いところと高いところでは15万円の開きがありますからね。

車はどこで手放しても同じことですから高いところで手放さないと本当にもったいない!

まだ間に合うからまずは即行動を!

もう納車直前という方、今日契約してしまった方、当然ですが自分の愛車を高いところで手放す権利がありますからまずは今出ている査定額からさらにどれくらい査定額が上がるか一括査定で調べましょう。

一括査定は一度の入力で複数店に査定申込ができ、一番最高値をつけてくれるところを一発で見つけられるサービス。

一括査定のメリットは何と言っても最高値をつけてくれる買取店を見つける時間と労力が節約できること。

もう納車直前など時間がない方には特におすすめ。

もちろん納車直前で『やっぱり下取り車を他に出したい』という申し出はディーラーは難色を示すでしょうし言いづらいかもしれません。

この価格差が例えば1万円なら言いづらいからそのまま下取りにだそうと思えるかもしれませんが、では差額が15万円だった場合でも同じように諦めますか?

私なら15万円の開きがあるから他に出したいと素直に伝えますね。

そして15万円も差があると流石にディーラーも応じてもらえるかもしれません。

車を手放すことはそうそうあることじゃないからめんどくさがらずに査定額がどれぐらいアップするかチェックするべきです。

強み別!厳選一括査定サイト3選!

下記に絶対に使える一括査定サイトを”強み別”にまとめて見ました。

あなたにあった一括査定サイトを利用してみましょう。

利用はすべて無料です。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、あなたの愛車を買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2021年10月現在)
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

車査定比較.com

『車査定比較.com』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの200社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大10社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大10社
参加企業数211社(2021年10月現在)
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

楽天愛車一括査定

『楽天 無料愛車一括査定』は文字通りあの楽天が運営しており、査定申し込みでもれなく楽天スーパーポイントを5ポイントプレゼント
さらに買取ご成約で1500ポイントプレゼントと楽天ならではのサービス。
楽天会員なら査定申込入力もログインして楽天会員情報と紐付けされるので入力の手間を省略!
楽天ユーザーが一括査定を利用するならダントツでオススメ。
一括査定とポイントのダブルでお得を獲得しましょう。

最大比較社数不明
参加企業数100社以上(2021年10月現在)
対応地域全国
このサイトの強みもれなく楽天スーパーポイント5ポイント&ご成約で1500ポイント獲得
費用すべて無料
  • この記事を書いた人

値引き課長

国産車ディーラーでの営業経験を生かし、現在は車の値引きのコツや業界の裏側、その他車に関わる情報を発信中

-商談・値引き
-,

© 2014 車の値引き.com