値引き購入体験談

フォルクスワーゲン・パサートの値引き購入体験談

私は40代の女性です。車を購入したのは福島県の比較的都会な町で購入しました。

購入した車は、フォルクスワーゲンのパサート2016年式です。

フォルクスワーゲンの前に乗っていたBMWは2003年式で相当古くて、下取りには出せずに、もし処分するなら10000円はかかるとのことで下取りせず、別の業者に処分してもらいました。
購入にあたり、いくつか福島県のフォルクスワーゲン正規ディーラーさんで試乗しました。

我が家は子供もいるのであまり予算がなかったのですが、中古だとメンテナンス費用がかかる上に、数年後に売る時にほとんどお金にならないという事がわかり、正規ディーラーさんで新車を検討しました。
まず、恥ずかしながらも担当した営業さんに予算がないということを伝えました。主人は○○が乗りたいけど、妻が許してくれなくて悩んでいるということも商談中に何度もいいました。すると、営業さんが、月末までに購入してもらえれば6万円くらい値引きできるキャンペーン中ですと、ディーラーさん側からいくつかお得なキャンペーンを提示してくれました。

また、フォルクスワーゲン以外にも、パサートと似たステーションワゴンタイプに他のメーカーを試乗して、見積もりも出してもらっていたので、正直にマツダとスバルにも試乗しに行って迷っているということを伝えました。ブランド力なども含めるとスバルとフォルクスワーゲンは比較が難しかったのですが、マツダの最新モデルは人気で値段も高く、フォルクスワーゲンとも張り合える感じだったので、マツダかフォルクスワーゲンか迷っていて、若干マツダのほうが値引きが高く予算内に入りそうなのでどうしようかなという話を営業さんに伝えました。
しかし我が家ではといいますか、妻である私がフォルクスワーゲンの方が乗り心地がよかったので、心はフォルクスワーゲンと決まっていました。でも本当にちょっと値段が予算以上であきらめかけていました。

紹介者割引?

すると主人も営業職ですが主人の知り合いがフォルクスワーゲン担当という営業さんを知っていて、その人から紹介してもらってここに来たということを伝えると、紹介者割引というのがあるらしく、5万円くらいはさらに値引きが可能であるとフォルクスワーゲンの担当者さんから教えてもらいました。これで約10万円くらいは割引になります。
しかし、あと10万円くらいは引いてもらいたいなと考えて、いったんここは立ち去り、マツダをもう一回に観行きますといって1回目の商談を終わらせました。
再度マツダで試乗したり見積もりを出してもらったのですが、月末までに契約すれば補助金が下りるという話以外は一切値引きしないという事もわかり、マツダの担当者もマニュアル通りのイマイチな対応だったのでマツダはやめてまたフォルクスワーゲンに見に行きました。
結果、知り合いがいる事や、主人の母親もフォルクスワーゲンに乗っているということもあり、15万円くらい値引いてフォルクスワーゲンパサートを購入するにいたりました。
やはり、母親も含め、知り合いに紹介してもらったということと、似たような車の他のメーカーの見積もりを出してもらってからこれより安くないと買えないという事を言うのが割り引いてもらえる秘訣かなと思います。奥さんに反対されているからという理由も効き目ありだと思います。お金の管理は奥さんという人も多いので。

元カーディーラー営業の批評

外車は値引きもなかなか渋いので少し難しいところもありますが、大健闘だと思います。

ただ、紹介者割引というのはなかなか信じがたいものというか、なんとでも言える部分があります。

むしろ営業としては『紹介者がいる=断ったら紹介者の面子が潰れる』という心理を利用する場合もあるのであまり値引きが大きくなくても決まるだろうというかかり方をする時があります。

家族などに適用される社員割引とはまるで違うものですので紹介者がいるというのは一概に必ずお得になるとはいえません。

商談が詰まって最後の最後に切り札として『〇〇の紹介なんですが。。』と出す方が効果的でしょう。

ただやはり値引きが大きいだけで車を選ぶよりも、欲しい車を買う。ということが一番大事です。

乗り始めたら買った時のことなんて忘れるので長く乗りたくなる車を買うことが重要でしょう。

値引きを気にするより査定額を気にしろ!!”強み別”一括査定サイト3選!

車業界は一年中値引きがあるので結局のところ値引き額ではなく、今乗っている車の査定額をいかに底上げできるかに尽きます。

A店では30万円値引きしてもらっても下取り額が10万円で、B店は値引き額が20万円でも下取り額が30万円かもしれません。

そうなると当然B店の方がお得ですよね。

ディーラーに下取り額、ごまかされていない?

新車の商談で大きな値引きが出たぞ!って喜んでいても実は下取り額で調整されていませんか?

下取り額をごまかされないためにも今あなたが乗っている車の概算査定額を把握しておくことは重要です。

ぶっちゃけディーラーに下取りに出すのはもう古い。

最近では業界の流れとして一括査定を利用して買取専門店で車を売却する方がかなり増えています。

答えは当然『買取額を比較できて高額査定が出るから』

複数の買取店で複数の査定額を比較することで初めてその車の査定額が高いか安いかわかるのです。

とにかく複数の査定額を比べることが超重要

何度も言いますが、一社の査定額では高いのか安いのかわかりません。

それをハッキリさせられるのが一括査定。

元カーディーラー営業の私がいうのもあれですが、所詮新車の値引きには限度があります。

ディーラーも同じものを売っている以上値引きの痛みは同じ。

『ここのディーラーだけめっちゃ値引きする!』とかありえません。

新車の値引きで何十万円という差は出ないのです。

大きく損得が出るのは下取り車の査定額

車によっては『嘘だろ!?』って言いたくなるくらいの価格差が普通に出ちゃいますから。

まずは愛車の概算買取価格を知るだけでもいいでしょう。

絶対に使える一括査定サイトを下記に『強み別』にまとめたので、あなたに合った一括査定サイトを利用してみましょう。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、ざっくり年式と距離を入力するだけであなたの愛車を最新の買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2022年1月現在)
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

カービュー愛車一括査定

carview

『カービュー愛車一括査定』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの300社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大8社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大8社
参加企業数305社(2022年1月現在)
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

楽天愛車一括査定

『楽天 無料愛車一括査定』は文字通りあの楽天が運営しており、査定申し込みでもれなく楽天スーパーポイントを5ポイントプレゼント
さらに買取ご成約で1500ポイントプレゼントと楽天ならではのサービス。
楽天会員なら査定申込入力もログインして楽天会員情報と紐付けされるので入力の手間を省略!
楽天ユーザーが一括査定を利用するならダントツでオススメ。
一括査定とポイントのダブルでお得を獲得しましょう。

最大比較社数不明
参加企業数100社以上(2022年1月現在)
対応地域全国
このサイトの強みもれなく楽天スーパーポイント5ポイント&ご成約で1500ポイント獲得
費用すべて無料

-値引き購入体験談
-,

© 2014 車の値引き.com