値引き購入体験談

エスクァイアを元カーディーラー営業が値引き商談した体験談

今回の商談レポートはなんと元カーディーラー営業という方。

どんな商談テクニックを見せてくれるのか!?

エスクァイアの値引き購入レポート!

エスクァイアを購入して現状納車待ちです。
グレードは一番上から2番目だったと思います。Xiかな。
下取りはヴォクシーの14年式の白で走行距離13万キロ
海外に輸出したらお金になるかもしれないとの事だったが結局下取りは0円。

値引き額

360万から332万の28万引き。
通常はマイナーチェンジしたエスクァイアなので15万までの値引きしかできないとの事だった。
28万円引きからのCPCコーティング、ナンバープレート、希望番号、納車時ガソリン満タンのサービスをつけてもらう。

商談の流れ

現状乗っている14年式ヴォクシーの車検が2017年10月の末で期限が切れる事と走行距離もかなり走っていたので2017年8月頃に新車購入に動き出す。
家族で話し合った結果エスクァイアが欲しいとなり取り扱いをしているトヨペットに行き、現車を見て試乗をさせてもらう。
そして簡単に見積もりをしてもらい一回目の商談は終わり。予算は320万だったが340万ぐらい。まあこんなもんだと思いつつ、オプションのカタログなど見ながらこれもいい、あれもいいとなりこれは外せないと思うオプションを入れる事にした。それはフロントマスクとエアロとスポイラーをつける事になる。
正直、自分自身メーカーは言えないがディーラーにいたので分かっていたが、知り合いの車屋に同じ見積もり頼んでみた。
その間に2度目のトヨペットに行き、欲しいオプションなど伝えて今できる値引きを教えてもらう。
360万から338万になるとの事。とりあえず検討をすると言い帰り、知り合いに頼んでいた車屋に値引きを伝え結論を待つ事にした。しかし1週間後ぐらいに連絡があり正直太刀打ちできないと言われ、前のモデルの新古車を買ったら?と提案をされるが、どうせ新車を買うなら現行車がいいのでそこの車屋から買うのはやめてトヨタカローラ1本で勝負する事にした。
普通の人は360万から338万で満足する人がいるかもしれないが損をしますよ。ちょっと前に話したように元ディーラーにいたので大体の事は分かるんです。笑
担当者レベルの方と話をしていたので店長レベルと話したら値引き額は変わっていきます。
値引き額は担当と店長とここまでしかできないと振り分けられていて営業マン一人一人に渡されているんですよ。担当者に自分は元ディーラーで値引き額は大体分かっていると分かっていないけど、かまをかけて言い店長を呼び出してもらい車を買うだけの付き合いではないし、車を購入をしたら点検や車検とあなたの店と付き合う事になるので店長の本気の値引きお願いしますよー!
と言い360万から332万になりました。まだ僕のプランは終わってないです。笑
契約書を作ってもらい名前を書いている途中にあ!コーティングとナンバープレート言うの忘れてたって言って今日買うでお願いしますよ!って言ったらサービスしてくれました。その勢いのノリで納車時ガソリン満タンで!ってお願いしたら了解もらいました。
結局他の見積もりを取るのもいいですけど、こちらも誠意を持って本気でここから買うからサービスお願いしますと言ったら向こうもそれなりにしてくれますよ。
後点検パックを入れてもらえたら完璧だったんですけどさすがにそれは無理って怒られました。笑

元カーディーラー営業の批評

うまい!!

元カーディーラー営業というだけあって素晴らしいです!

特に『今後も付き合う』という姿勢はまさにディーラーとして一番くすぐられるところ。

そして思い出したかのようにいうコーティングとナンバーなどをなし崩し的につけるという高等テクニックですね。

これはテクニックとして頭でわかっていても商談はかなり流動的なものなので全体的なタイミングの把握ができていないとここまでできません。

いやあ素晴らしい。

ただ、もし欲を言うのなら、下取り車ゼロ円は諦めずに一括査定などを利用して買取専門店にも見てもらってもよかったかもしれません。

しかしこれはかなりすごいでしょう。満点の商談です。

値引きを気にするより査定額を気にしろ!!”強み別”一括査定サイト3選!

車業界は一年中値引きがあるので結局のところ値引き額ではなく、今乗っている車の査定額をいかに底上げできるかに尽きます。

A店では30万円値引きしてもらっても下取り額が10万円で、B店は値引き額が20万円でも下取り額が30万円かもしれません。

そうなると当然B店の方がお得ですよね。

ディーラーに下取り額、ごまかされていない?

新車の商談で大きな値引きが出たぞ!って喜んでいても実は下取り額で調整されていませんか?

下取り額をごまかされないためにも今あなたが乗っている車の概算査定額を把握しておくことは重要です。

ぶっちゃけディーラーに下取りに出すのはもう古い。

最近では業界の流れとして一括査定を利用して買取専門店で車を売却する方がかなり増えています。

答えは当然『買取額を比較できて高額査定が出るから』

複数の買取店で複数の査定額を比較することで初めてその車の査定額が高いか安いかわかるのです。

とにかく複数の査定額を比べることが超重要

何度も言いますが、一社の査定額では高いのか安いのかわかりません。

それをハッキリさせられるのが一括査定。

元カーディーラー営業の私がいうのもあれですが、所詮新車の値引きには限度があります。

ディーラーも同じものを売っている以上値引きの痛みは同じ。

『ここのディーラーだけめっちゃ値引きする!』とかありえません。

新車の値引きで何十万円という差は出ないのです。

大きく損得が出るのは下取り車の査定額

車によっては『嘘だろ!?』って言いたくなるくらいの価格差が普通に出ちゃいますから。

まずは愛車の概算買取価格を知るだけでもいいでしょう。

絶対に使える一括査定サイトを下記に『強み別』にまとめたので、あなたに合った一括査定サイトを利用してみましょう。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、ざっくり年式と距離を入力するだけであなたの愛車を最新の買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2022年1月現在)
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

カービュー愛車一括査定

carview

『カービュー愛車一括査定』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの300社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大8社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大8社
参加企業数305社(2022年1月現在)
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

楽天愛車一括査定

『楽天 無料愛車一括査定』は文字通りあの楽天が運営しており、査定申し込みでもれなく楽天スーパーポイントを5ポイントプレゼント
さらに買取ご成約で1500ポイントプレゼントと楽天ならではのサービス。
楽天会員なら査定申込入力もログインして楽天会員情報と紐付けされるので入力の手間を省略!
楽天ユーザーが一括査定を利用するならダントツでオススメ。
一括査定とポイントのダブルでお得を獲得しましょう。

最大比較社数不明
参加企業数100社以上(2022年1月現在)
対応地域全国
このサイトの強みもれなく楽天スーパーポイント5ポイント&ご成約で1500ポイント獲得
費用すべて無料

-値引き購入体験談
-,

© 2014 車の値引き.com