契約・納車

カーディーラーは現金一括払いだと嫌がられる?お得な支払い方法は?

ディーラーは一括払いだと嫌がられるの?むしろ喜ばれるの?

これってなかなかわからないですよね。

私もカーディーラー営業になるまではわかりませんでした。

ここではディーラーでの支払い方法やどの支払い方法が一般的か、またお得かなどを解説していきます。

結論から言えば一括は歓迎はされない

なぜ?すぐにお金が入るのに?と思うかもしれませんね。

しかしディーラーは車を売るだけでなく、ローンを組んでもらうことにも目標数値があります。(割賦比率を上げるとも言う)

つまりなるべくローンで買ってもらうように営業活動をするのです。

ローンを組んでもらうことによって、その信販会社からバックマージンがディーラーに入ります。

しかし現金一括ではこのバックマージンは一切入ってきませんから歓迎されないわけですね。

なので『少し値引きを大きくしますから是非ローンを組んでください』なんて言うセールストークをする時もあります。

一般的な支払い方法は?

これは地域や取り扱っている車でもだいぶ変わってくると思いますが、私が勤めていたカーディーラーは一般的な大衆車を扱うところで現金一括払いの人は3割くらいだった気がします。

残り7割はローンで購入されている方が多かったように思えます。

現金でも買えるけどローンという方ももちろんいました。

ローンにも残価設定型など色々なローンがありますからその人にあったローン内容によっては現金で変えても現金より合っている場合もありますから。

新車購入時『残価設定型ローン』のメリットとデメリット

車は高額商品だからローンだって当たり前。 でもそんなカーローンも最近では『新車が半額で乗れる!』などと謳った”残価設定型ローン”(残クレとも呼ばれる)というものが存在します。 この『残価設定型ローン』 ...

続きを見る

現金一括購入は少数派ということですね。

ちなみにローンの審査に通らなくて契約したが買えなくて白紙になるという方もたまーにいました。

信販会社に『なぜ審査に通らないのか』と聞いても絶対に理由は教えてくれません。

私たちディーラーでさえ当然ですが教えてくれません。

でも一括が一番お得な支払い方法です

間違い無く言えるのは現金一括が一番お得です。

ディーラーもバックマージンがあるとは言えそのバックマージンが金利分を超えることはありませんから。

その金利の中の何割かしかもらえないのですから金利分をチャラにしてなおかつというのは無理です。

値引き額だけで見ればローンを組んだ方が大きいかもしれませんが総額の支払いは必ずローンの方が上回ります。

なので現金一括で購入を検討している場合は嫌がられるとか関係なく現金一括で購入しましょう。

値引きを頑張るより査定額を気にしろ!

車の購入は『値引き』以外で大きく損得がわかれる部分があります。

私はカーディーラー営業時代にたくさんのお客さんを見てきましたが、数十万円得しているお客さんにはある共通点があることがわかりました。

得している人はディーラーに下取りに出さない

古い車から新車に買い換えとなれば、なんの疑いもなく購入先のディーラーで下取りに出していませんか?

実は”ココ”が損得を大きく分けるのです。

私のカーディーラー営業時代の肌感覚では9割のお客さんはそのまま下取りに出されていました。

しかし数十万円得しているお客さんたちは必ず他の買取店でも査定をしてもらい、一番高いところで車を手放していました。

ちなみにこの中古車買取業界の買取額の差額は数百円、数千円ではありません。

数万円から数十万円違うことが普通にあるのです。

車の査定額には基準はあってないようなもので、買い手によって全然変わるのです。

なんで買取店によって査定額に差が出るの?

買取店も意地だけで値段を吊り上げているわけではありません。

買取店も商売ですので当然利益が出なければ買い取りません。

ではなぜ査定額に差が現れるのか?

買取店毎の車種による再販売の得意分野が違う

買取店とは一口にいっても買い取る車の得意不得意があります。

外車が強いとか四駆が強いとか軽自動車が強いとか車種の数だけ違いは様々。

なぜ得意不得意があるのか?

買い取った車の販路(リセールルート)が違う

四駆・ディーゼル需要の高い海外にそのままダイレクトに輸出できる販路を持つ業者もいれば、国内で自分達で中古車販売店を展開している、軽自動車専門で販売している、一つのメーカーに絞っているなど、業者によって得意不得意は様々なのです。

しかし業者がどの車種が得意かどうかは査定額を比べない限りわからないのです。

最低3つの買取店は比べたい!

査定額に大きな差が出ることはわかりましたね。

査定額を比べないことは『言い値で手放しますよ』と言っているようなものです。

私自身も乗っていたプリウスαを手放す時に買取店を3店舗比べましたが170万円・178万円・185万円みたいな感じで金額が出揃って、もちろん一番高いところで売却しました。

これでも一番安いところと高いところでは15万円の開きがありますからね。

車はどこで手放しても同じことですから高いところで手放さないと本当にもったいない!

買取店巡りがめんどくさい方は一括査定がオススメ

私は買取店を何店舗も巡るのはこういうサイトを運営している人間ですから全く苦ではありませんですし、なんなら買取店の方と少し話もしたいぐらいなので積極的に巡ってしまいますが、一般的には買取店で査定をお願いすると『ではこちらにまずご記入を〜』みたいな感じで毎回名前や住所を書かされたり、前のお客さんがいて待たされたりと時間はかかります。

一括査定は一度の入力で複数店に査定申込ができ、一番最高値をつけてくれるところを見つけられるサービス。

一括査定のメリットは何と言っても最高値をつけてくれる買取店を見つける時間と労力が節約できること。

もちろん金額に納得がいかなければ売らなくてもOKなのでまずは査定額がどんなもんかぐらいの気持ちでやってみると良いでしょう。

下記に絶対に使える一括査定サイトを”強み別”にまとめて見ました。

あなたにあった一括査定サイトがあれば利用して見てください。

利用はすべて無料です。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、ざっくり年式と距離を入力するだけであなたの愛車を最新の買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

年式や距離がうろ覚えでもざっくりでOK。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2021年12月現在)
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

車査定比較.com

『車査定比較.com』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの200社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大10社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大10社
参加企業数211社(2021年12月現在)
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

楽天愛車一括査定

『楽天 無料愛車一括査定』は文字通りあの楽天が運営しており、査定申し込みでもれなく楽天スーパーポイントを5ポイントプレゼント
さらに買取ご成約で1500ポイントプレゼントと楽天ならではのサービス。
楽天会員なら査定申込入力もログインして楽天会員情報と紐付けされるので入力の手間を省略!
楽天ユーザーが一括査定を利用するならダントツでオススメ。
一括査定とポイントのダブルでお得を獲得しましょう。

最大比較社数不明
参加企業数100社以上(2021年12月現在)
対応地域全国
このサイトの強みもれなく楽天スーパーポイント5ポイント&ご成約で1500ポイント獲得
費用すべて無料

-契約・納車

© 2014 車の値引き.com