商談・値引き

どんな車を買ったらいいかわからない?車選びの3つのポイントを押さえた車の買い方!

車は一度買ったら何年も乗るからこそ、買ってから『やっぱこれじゃなかった』なんてならないようにしっかりと選んでおきたいものですね。

『この車がずっと欲しかった!!』みたいに一つの車に熱い情熱がある方はこの記事を読む必要はなさそうですが、『車を初めて買うけどどんな車がいいかわからない』なんて悩んでいる人は読んでおいて損はないと思います。

では車選びに失敗しないためにおさえておきたい3つのポイントとは?

本題に入る前に・・

当サイト『車の値引き.com』は車購入時にありがちな””をすることなく値引きを最大化し、皆様にお得に買って頂きたいと考えています。

なぜならそれはディーラー営業だった私が実際に損をしているお客さんを目の前でたくさん見てきたから。

一人でも損をする人を減らしたいと考え、『車業界の落とし穴』であるこの事実を当サイトに訪れた方には真っ先にお伝えしています。

下取り車はあなたの立派な資産、安売りしたら大損

実はディーラーにて商談時に注意しなければならないのは下取り車を安く買い取られてしまうことです。

ディーラーはあなたに下取り車がある場合、車両値引きを多く見せかけて実はちゃっかり下取り車の査定額からやりくりすることもあります。

『値引きが30万円出たぞ!』と喜んでも実は下取り車の査定額は相場より20万円低い価格で買い取られていた場合、実質的な値引きは10万円しかありません。

値引きも少ない上にあなたの立派な資産である車も安く買い取られてしまっては大損ですね。

大事な資産が正当な評価をされないのは本当にもったいない。

20万円も値引きが違ったらどうでしょう。

オプションが増やせたり、旅行に行けたりするレベルの金額です。

車両値引きと下取りは分けて考えるのが重要です。

愛車の買取相場を把握しておくことが重要

ディーラーがあなたの車の査定額をごまかしているかどうか判断する為の材料は一つしかありません。

車の買取相場を把握しておくことです。

商談前に愛車が大体いくらぐらいの価値があるか把握していればディーラーの査定額が『ん?少し安いぞ?』なんてことにも気づけます。

これが把握できていないとディーラーの査定額が高いのか安いのか全くわからないですからね。

また、下取り額が頭に入っていると『あれ、意外と査定額がついたからオプション増やせるぞ?』なんて新車購入計画のための参考情報にもなります。

ちなみに査定額をすぐに把握したい場合は東証一部上場企業が運営する『ナビクル』がオススメ。

年式や走行距離の簡単な入力だけで現在の相場から算出した概算査定価格をWeb上でスグ表示してくれます。

また、出張査定や査定比較も無料なので下取り車を高く売りたい方は必ず利用すべきサービスです。

もちろん利用は無料なのでまずは概算買取価格を把握してから車の購入を検討しましょう。

ナビクル車査定へ

①欲しい車とライフスタイルが意外とズレている!?

車は一口に言っても様々な要素を持っています。

ドライブを楽しむ趣味としての車もあれば、日常の移動手段として、仕事で使ったりと使い道にあった車を選ばないと後悔します。

そして私がカーディーラー時代に感じたのは乗っている車とライフスタイルがズレていて買い換えたいという要望が多いこと。

私がカーディーラー営業時代に見てきた経験をもとにライフスタイル別に事例をご紹介します。

小さい子供がいるなら絶対スライドドア!

悪い事は言いません。

小さい子供がいるなら絶対にスライドドアを選んでください。

小さい子供がいる方にはスライドドアの車が非常に相性がいいのです。

スライドドアは狭い駐車場でもスペースを取ることなく大開口が得られる上に、子供が勝手にドアを開けても隣の車にドアをぶつける心配がないなど、もはや小さい子供=スライドドアという図式があるといっても過言ではありません。

実際に『子供が勝手にドアを開けるが隣の車にぶつけないか心配でスライドドアの車が欲しい』というお客さんはかなりいました。

そしてスライドドアのミニバンは小さい子供がいる前提で作っているので小さい子供に嬉しい装備がたくさんあります。

床も低く作ってあるので子供だけで乗り降りもしやすいですし子供の高さに合わせたところにグリップがあったりとまさに子供目線で作っている車なのです。

これに後席モニターをつければもう無敵です。

スライドドアのミニバンを買った小さい子供がいるファミリーの満足度は非常に高いです。

実用性を考えればスライドドアミニバン一択です。

ちなみに以前私が営業だった時に小さい子供がいるけどスポーツカーを買ったお客さんがいましたが、その方はそのスポーツカーに対して熱い情熱を持っていたので2ドアの狭い後席にチャイルドシートをつけて頑張っていました。

相当な情熱がない限り大変ですのでやめましょう。

老後二人になったらみんなコンパクトカーを買うワケ

『子供も独立して夫婦二人しかいないので大きい車はいらない』『運転に自信がなくなってきた』

こんな感じの理由でコンパクトカーに乗り換える方は非常に多いです。

当然ですが小さい車の方が運転はしやすいですから。

そして皆さんコンパクトカーに変えると圧倒的に『運転しやすくなった』と喜ばれます。

点検などの維持費が安いのも嬉しいですね。

最近のコンパクトカーは自動ブレーキなどの安全装備も充実しているのでこちらも忘れずに。

通勤だけなら燃費最優先!でもハイブリッドはダメ?

新社会人となって通勤だけで使う場合などは燃費優先が一番ですね。

軽自動車もいいですし、とにかくランニングコストが低いものが良いでしょう。

しかし、通勤というのは意外と距離は伸びなかったりします。

あまり距離を走らないのであればハイブリッドカーはお勧めできません。

ハイブリッドカーは当然ガソリン車より燃費は良いですがそのぶん初期投資に車両価格がガソリン車よりも高いことを忘れてはいけません。

同じ条件の車なら確実にハイブリッドカーの方が価格は高いですから。

それでもめちゃくちゃ距離を走る方はハイブリッドカーの方がお得です。

1年で2万キロ以上走るならハイブリッドカーでも良いかもしれません。

②下取り価格が残る車かどうか。

車は『資産』です。

どうせ買うなら少しでも資産価値が高いものを買った方が、次の車を買うときの足しになるので結果的な値引きみたいなものです。

車には、下取り額が残る車と残らない車があります。

簡単に見分けるには中古車市場でも人気があるかどうか。

中古車市場で人気の車は買い取り価格も高い傾向にあります。

まずミニバンは全体的に中古車市場での人気が非常に高いので値段が残りやすいと言えるでしょう。

また、最近では軽自動車も高級な軽自動車は値段が残りやすいです。

そして一番価格が下がらないのがランドクルーザーなどの海外でも販売できるSUVです。

逆にスポーツカーなどは趣味嗜好が高いので車種によっては購入時より価格が高くなるなどの株的な要素もありますが、値段がつかないなんてこともあるくらい博打でもあります。

あとは奇抜な色などは少し査定が下がる傾向にあり、逆に白やシルバー、黒などは評価される傾向にあります。

何車種かで迷っている場合には中古車情報誌などを見て中古車市場人気を調べてみても良いかもしれません。

③過剰なローンを組みすぎていないか。

車はローンを組んで買うことが多いですね。

最近では残価設定型プランなどもあって非常に買いやすくなってきました。

しかし車は購入時にローンで計算すると月々の金額でしか見えてこなくなり、非常に視野が狭くなります。

あくまで全体の金額を支払うことが大前提なのです。

しかもローンは組めば組むほど金利がたくさんかかるので結果的に損をします。

営業はローンは組んでくれればくれるほど信販会社からのキャッシュバックや自分の成績になるので大きな金額でローンを組んでくれることを大歓迎としています。

ローンって、5年とか7年とか組んじゃうと結構ジワジワくるものがあります。

3年くらいで無理なく返せるローンプランが金利も少なくて一番オススメですね。

実際にローンが払えなくて車を売るなんてことは日常茶飯事です。

そんなにローンもまだ払っていないのに車を売っても当然チャラにはなりませんし、むしろマイナスです。

そりゃ金を借りて車を買って売って利益が出たらみんなそれで商売しますよね。

欲しい車が手に入る素晴らしい仕組みですが、結局は借金です。

なるべく身の丈にあった車を買った方が、次の車を買うための貯金もできるのです。

まとめ

車選びで悩んでいるあなた。

まずはこの3つを再確認してみましょう。

ディーラー営業に相談するのも良いですが、彼らは『親身になって考える』というフリをしますが実は『考える時間を与えない』のが仕事です。

考える時間を与えない方が車は成約率が高いのです。

悩めば悩むほど買えなくなるから。

車選びで頼れるのは自分の調べる能力だけですからたくさん調べて後悔のない車を購入しましょう!

値引きを気にするより査定額を気にしろ!!”強み別”一括査定サイトはこの2つ!

車業界は一年中値引きがあるので結局のところ値引き額ではなく、今乗っている車の査定額をいかに底上げできるかに尽きます。

A店では30万円値引きしてもらっても下取り額が10万円で、B店は値引き額が20万円でも下取り額が30万円かもしれません。

そうなると当然B店の方がお得ですよね。

ディーラーに下取り額、ごまかされていない?

新車の商談で大きな値引きが出たぞ!って喜んでいても実は下取り額で調整されていませんか?

下取り額をごまかされないためにも今あなたが乗っている車の概算査定額を把握しておくことは重要です。

ぶっちゃけディーラーに下取りに出すのはもう古い。

最近では業界の流れとして一括査定を利用して買取専門店で車を売却する方がかなり増えています。

答えは当然『買取額を比較できて高額査定が出るから』

複数の買取店で複数の査定額を比較することで初めてその車の査定額が高いか安いかわかるのです。

とにかく複数の査定額を比べることが超重要

何度も言いますが、一社の査定額では高いのか安いのかわかりません。

それをハッキリさせられるのが一括査定。

元カーディーラー営業の私がいうのもあれですが、所詮新車の値引きには限度があります。

ディーラーも同じものを売っている以上値引きの痛みは同じ。

『ここのディーラーだけめっちゃ値引きする!』とかありえません。

新車の値引きで何十万円という差は出ないのです。

大きく損得が出るのは下取り車の査定額

車によっては『嘘だろ!?』って言いたくなるくらいの価格差が普通に出ちゃいますから。

まずは愛車の概算買取価格を知るだけでもいいでしょう。

絶対に使える一括査定サイトを下記に『強み別』にまとめたので、あなたに合った一括査定サイトを利用してみましょう。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、ざっくり年式と距離を入力するだけであなたの愛車を最新の買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2022年11月現在
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

カービュー愛車一括査定

carview

『カービュー愛車一括査定』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの300社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大8社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大8社
参加企業数305社(2022年11月現在
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

-商談・値引き