時事・業界ネタ

【5つの実例】老後にオススメな車の買い替え時期は?

子供が独立したから大きな車はいらないや。。

もう頻繁に乗らなくなってきたから車も小さくしたいなあ。。

ライフスタイルが進むにつれて車のスタイルも変化します。

老後はみんなどんな車を選んでいるの?

ディーラー営業時代に見てきた『老後の正しいクルマ選び』を教えます。

本題に入る前に・・

当サイト『車の値引き.com』は車購入時にありがちな””をすることなく値引きを最大化し、皆様にお得に買って頂きたいと考えています。

なぜならそれはディーラー営業だった私が実際に損をしているお客さんを目の前でたくさん見てきたから。

一人でも損をする人を減らしたいと考え、『車業界の落とし穴』であるこの事実を当サイトに訪れた方には真っ先にお伝えしています。

下取り車はあなたの立派な資産、安売りしたら大損

実はディーラーにて商談時に注意しなければならないのは下取り車を安く買い取られてしまうことです。

ディーラーはあなたに下取り車がある場合、車両値引きを多く見せかけて実はちゃっかり下取り車の査定額からやりくりすることもあります。

『値引きが30万円出たぞ!』と喜んでも実は下取り車の査定額は相場より20万円低い価格で買い取られていた場合、実質的な値引きは10万円しかありません。

値引きも少ない上にあなたの立派な資産である車も安く買い取られてしまっては大損ですね。

大事な資産が正当な評価をされないのは本当にもったいない。

20万円も値引きが違ったらどうでしょう。

オプションが増やせたり、旅行に行けたりするレベルの金額です。

車両値引きと下取りは分けて考えるのが重要です。

愛車の買取相場を把握しておくことが重要

ディーラーがあなたの車の査定額をごまかしているかどうか判断する為の材料は一つしかありません。

車の買取相場を把握しておくことです。

商談前に愛車が大体いくらぐらいの価値があるか把握していればディーラーの査定額が『ん?少し安いぞ?』なんてことにも気づけます。

これが把握できていないとディーラーの査定額が高いのか安いのか全くわからないですからね。

また、下取り額が頭に入っていると『あれ、意外と査定額がついたからオプション増やせるぞ?』なんて新車購入計画のための参考情報にもなります。

ちなみに査定額をすぐに把握したい場合は東証一部上場企業が運営する『ナビクル』がオススメ。

年式や走行距離の簡単な入力だけで現在の相場から算出した概算査定価格をWeb上でスグ表示してくれます。

また、出張査定や査定比較も無料なので下取り車を高く売りたい方は必ず利用すべきサービスです。

もちろん利用は無料なのでまずは概算買取価格を把握してから車の購入を検討しましょう。

ナビクル車査定へ

実際に老後で買い替えに来た人たちの5つのケース

ケース1:孫が生まれたからみんなで乗れるミニバンが欲しい

60代くらいのお客さんでしたが、お孫さんが生まれたそうですがそれも双子ちゃんだと言うことなので一気に二人増えるのでみんなで移動する時に今乗っているセダンじゃどうしようもできないと言うことでミニバンに買い替えたお客さんがいました。

しかし、やはりミニバンに乗り慣れていないためか、すぐに左後ろのタイヤの前をぶつけていました。

この左後ろタイヤ前(または右後ろタイヤ前)は内輪差がミニバンとセダンでは少し位置が違うので慣れないでぶつけてしまうパターンは多々あります。

もちろんハイエースなどのロングボディで運転席がうんと前にある車よりは運転しやすいですが、セダンよりは多少変わってくるのに注意したいものです。

ケース2:妻に条件付きで買った車を手放す時期が来た

これは少し特殊かもしれませんが、その時乗っていた車がまだ新車から3年目くらいのスポーツカーで、ご主人はこれに乗るのが夢だったそう。

しかしこの車、実は奥さんに条件付きで購入を許されたそう。

と言うのも70歳までにはもう少し小さい車にして欲しいと言うのが条件でした。

確かにご主人もその車に乗る夢は叶ったし、ご自身ももう少し小さくしたいと言うのが本音でした。

もちろんその車はまだ新しいので査定したところ、次の車を買えるくらいの価格がついたのでそのまま乗り換えていただきました。

ご家庭内で条件付きや、高齢になる前に小さい車にするなどは結構ありましたね。

ケース3:老後だからこそ好きな車に乗りたい

これは上のケース2とは逆で、子供も家を出て夫婦二人になったのでスポーツカーが欲しいというお客さんでした。

確かにスポーツカーってシートが4つあっても結局二人乗りみたいなもんですから実は老後こそピッタリだったりします。

老後だからこそずっと憧れていた車に乗るというのは非常に良いですね。

私が見て来た限りではこのケースのお客さんは非常にロングドライブが大好きで、走行距離もうんと伸びるタイプでした。

ふらっとドライブで500キロくらい走っちゃうというツワモノもいました。

まあその方が車も調子いいですけどね。

ケース4:運転に自信がなくなって来たから小さい車に買い換え

これは結構ありましたね。

やはり大きな車に乗っていた人ほど『最近車庫入れが下手になって来た』などと実感するようで小さい車に買い換えていました。

また、毎日乗る方はこうして自分が『車庫入れが下手になった気がする』という変化に気づけますが、たまにしか乗らない人はこういう変化に気づかないので結構危険です。

ケース5:自動ブレーキなどの安全装置が欲しくて買い替え

今はこれが一番多いかもしれませんね。

特に自動ブレーキなどの機能は本人はいらないと言っても家族がお金出すからこれにしてというほど。

実際自動ブレーキがついたことでうんと事故率が減って保険料も変わってくるぐらいですからね。

今ラインナップされている新車はほとんど自動ブレーキを選ぶことができますから是非つけておきたい装置です。

老後のクルマ選びのポイントまとめ

自動ブレーキは必須なのはいうまでもありませんが、あとはライフスタイルにあった車を選ぶ必要がありますね。

何も小さい車にすることが全てではありません。

お孫さんとみんなで移動することが多いのであればミニバンがオススメですし、スポーツカーに乗ってドライブするのも素敵です。

後悔のないカーライフを送ることがポイントでしょう。

値引きを気にするより査定額を気にしろ!!”強み別”一括査定サイトはこの2つ!

車業界は一年中値引きがあるので結局のところ値引き額ではなく、今乗っている車の査定額をいかに底上げできるかに尽きます。

A店では30万円値引きしてもらっても下取り額が10万円で、B店は値引き額が20万円でも下取り額が30万円かもしれません。

そうなると当然B店の方がお得ですよね。

ディーラーに下取り額、ごまかされていない?

新車の商談で大きな値引きが出たぞ!って喜んでいても実は下取り額で調整されていませんか?

下取り額をごまかされないためにも今あなたが乗っている車の概算査定額を把握しておくことは重要です。

ぶっちゃけディーラーに下取りに出すのはもう古い。

最近では業界の流れとして一括査定を利用して買取専門店で車を売却する方がかなり増えています。

答えは当然『買取額を比較できて高額査定が出るから』

複数の買取店で複数の査定額を比較することで初めてその車の査定額が高いか安いかわかるのです。

とにかく複数の査定額を比べることが超重要

何度も言いますが、一社の査定額では高いのか安いのかわかりません。

それをハッキリさせられるのが一括査定。

元カーディーラー営業の私がいうのもあれですが、所詮新車の値引きには限度があります。

ディーラーも同じものを売っている以上値引きの痛みは同じ。

『ここのディーラーだけめっちゃ値引きする!』とかありえません。

新車の値引きで何十万円という差は出ないのです。

大きく損得が出るのは下取り車の査定額

車によっては『嘘だろ!?』って言いたくなるくらいの価格差が普通に出ちゃいますから。

まずは愛車の概算買取価格を知るだけでもいいでしょう。

絶対に使える一括査定サイトを下記に『強み別』にまとめたので、あなたに合った一括査定サイトを利用してみましょう。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、ざっくり年式と距離を入力するだけであなたの愛車を最新の買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2022年11月現在
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

カービュー愛車一括査定

carview

『カービュー愛車一括査定』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの300社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大8社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大8社
参加企業数305社(2022年11月現在
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

-時事・業界ネタ