元ディーラー営業が運営する車の値引き情報サイト

車の値引き.com

商談・値引き

車選びに失敗しないために確認しておきたい3つの事とは?

投稿日:

車は長く乗るからこそ買ってから『やっぱこれじゃなかった』なんてならないようにしっかりと選んでおきたいものですね。

『この車がずっと欲しかった!!』なんて一つの車に熱い情熱がある方はこの記事を読む必要はなさそうですが、『あれにしようかな、これにしようかな』なんて悩んでいる人は読んでおいて損はないと思います。

では車選びに失敗しないためにやっておきたいこととは?

①今欲しい車とライフスタイルがあっているかどうか。

車は様々な要素を持っています。

ドライブを楽しむのはもちろん、移動手段として、普段使いの足として。

例えば大人二人だけでしか乗らない場合はスポーツカーを選んでも良いですが、小さい子供がいた場合にスポーツカーではチャイルドシートへ乗せたりが非常に大変です。

その点、小さい子供がいる方にはスライドドアの車が非常に相性がいいのです。

スライドドアは狭い駐車場でもスペースを取ることなく大開口が得られる上、子供が勝手にドアを開けても隣の車にドアをぶつける心配がないなど、もはや小さい子供=スライドドアという図式があるといっても過言ではありません。

このように、家族構成や、普段の使い方と欲しい車がマッチしているかは非常に重要な点です。

小さい子供がいる場合

『小さい子供はミニバンが一番!』

私が車屋にいた時はこれが当たり前でした。

ただ、最近では一時期のようなミニバンだらけというわけでもなく、SUVも流行ってきていますね。

しかしSUVは車高が高く乗り口も高いことが多いのでやはり小さい子供がいる場合にはミニバンは非常にオススメ。

最近ではいろんなサイズでスライドドアがあるのでスライドドアを基準に探してみると良いでしょう。

老後の二人の場合

子供も独立して夫婦二人でしか車に乗らなくなった。。

この場合にはパターンが何通りかあります。

意外とあるのが、『孫と一緒に出かけたいから』ともう一度7人乗りミニバンを買うことです。

お孫さんが近くに住んでいてよく一緒に出かける機会がある場合なら非常に良いでしょう。

一方、孫も大きくなって本当に二人だけ、高齢になって運転も心配。。なんて方は思い切ってコンパクトカーにしてしまいましょう。

当然ですが小さい車の方が運転はしやすいですから。

最近のコンパクトカーは自動ブレーキなどの安全装備も充実しているのでこちらも忘れずに。

通勤だけで使う場合

新社会人となって通勤だけで使う場合などは燃費優先が一番ですね。

軽自動車もいいですし、とにかくランニングコストが低いものが良いでしょう。

しかし、通勤というのは意外と距離は伸びなかったりします。

あまり距離を走らないのであればハイブリッドカーはお勧めできません。

ハイブリッドカーは当然ガソリン車より燃費は良いですがそのぶん初期投資に払っていることを忘れてはいけません。

同じ条件の車なら確実にハイブリッドカーの方が価格は高いですから。

それでもめちゃくちゃ距離を走る方はハイブリッドカーの方がお得です。

1年で2万キロ以上走るならハイブリッドカーでも良いかもしれません。

②下取り価格が残る車かどうか。

車は『資産』です。

どうせ買うなら少しでも資産価値が高いものを買った方が、次車を買うときの足しになるので結果的な値引きみたいなものです。

車には、下取り額が残る車と残らない車があります。

簡単に見分けるには中古車市場でも人気があるかどうか。

中古車市場で人気の車は買い取り価格も高い傾向にあります。

まずミニバンは全体的に中古車市場での人気が非常に高いので値段が残りやすいと言えるでしょう。

また、最近では軽自動車も高級な軽自動車は値段が残りやすいです。

そして一番価格が下がらないのがランドクルーザーなどの海外でも販売できるSUVです。

逆にスポーツカーなどは趣味嗜好が高いので車種によっては購入時より価格が高くなるなどの株的な要素もありますが、値段がつかないなんてこともあるくらい博打でもあります。

あとは奇抜な色などは少し査定が下がる傾向にあり、逆に白やシルバー、黒などは評価される傾向にあります。

何車種かで迷っている場合には中古車情報誌などを見て中古車市場人気を調べてみても良いかもしれません。

③過剰なローンを組みすぎていないか。

車はローンを組んで買うことが多いとおもいます。

最近では残価設定型プランなどもあって非常に買いやすくなってきました。

しかし車はローンで計算すると月々の金額でしか見えてこなくなります。

あくまで全体の金額を支払うことが大前提なのです。

しかもローンは組めば組むほど金利がたくさんかかるので結果的に損をします。

営業はローンは組んでくれればくれるほど信販会社からのキャッシュバックや自分の成績になるので大きな金額でローンを組んでくれることを大歓迎としています。

ローンって、5年とか7年とか組んじゃうと結構ジワジワくるものがあります。

3年くらいで無理なく返せるローンプランが一番無理がないとおもいます。

実際にローンが払えなくて車を売るなんてことは日常茶飯事です。

そんなにローンも払っていないのに車を売っても当然チャラにはなりませんし、ほぼマイナスです。

というか金を借りて車を買って売って利益が出たらみんなそれで商売しますよね。

欲しい車が手に入る素晴らしい仕組みですが、結局は借金です。

なるべく身の丈にあった車を買った方が、次の車を買うための貯金もできるのです。

まとめ

車選びで悩んでいるあなた。

まずはこの3つを再確認してみましょう。

ディーラー営業に相談するのも良いですが、彼らは『親身になって考える』というよりは『考える時間を与えない』のが仕事です。

考える時間を与えない方が車は成約率が高いのです。

車選びで頼れるのは自分の調べる能力だけ。

たくさん調べて後悔のない車を購入しましょう!

値引きをも重要だが下取額の底上げの方が超重要!

新車の商談は値引きは当然ですが『値引き』以外で大きく損得を分ける部分があります。

私はカーディーラー営業時代、いつもそれを目の前で見てきました。

『あーもったいないなぁこの人』と思う人もいれば『この人はガッチリ得している』など、いろいろなお客さんを見て、一番得をしている人たちは何をしているのかを身をもって学びました。

では何が損得を大きく分けるのか。

値引きは競合させるのに下取り車の査定額は競合させていない

古い車から新車に買い換えとなれば、なんの疑いもなく購入先のディーラーで車を下取りに出していませんか?

実は”ココ”が損得を大きく分けるのです。

ディーラーに下取り額、ごまかされていない?

『新車の値引きが大きく出たぞ!』って喜んでいても実はその値引き、下取り額で調整されていませんか?

A店では30万円値引きしてもらっても下取り額が10万円で、B店は値引き額が20万円でも下取り額が30万円もしれません。

値引きだけ見るとA店の方が大きいですが、トータルではB店の方がお得ですよね。

A店で下取り額が『10万円』と言われても、自分の車の価値を把握していなければその金額が高いか安いかわからないですよね。

B店に行って査定してもらって、初めてA店の査定額が安かったことに気づくのです。

この業界ではこういうことは普通にあります。

ディーラーで下取り額をごまかされないためにも今自分が乗っている車の概算査定価格を把握しておくことは非常に重要です。

ぶっちゃけ査定額に適正価格なんてない

実は正しい査定額というものはあってないようなもので、買い手によって全然変わるのです。

私がディーラーで営業をしていた時の実体験として、ディーラーでは0円と言われた下取り車の査定額も買取専門店では25万円つくことがありました。

25万円の誤差ってちょっとありえないですよね。

でもそれが普通にあり得る業界です。

25万円違ったらどうでしょう。

新車で限界まで値引きが出て、さらにそこから25万円の値引きなんて到底出ません。

元カーディーラー営業の私が言うのもあれですが、値引きには限度があります。

ディーラーは同じ物を売っている以上値引きの痛みは同じ。

ここのディーラーだけめっちゃ値引きする!とかありえません。

新車の値引きで何十万円という差は出ないのです。

何十万円という差が出るのは下取り額の方なんです。

重要なのは今乗っている車の査定額をいかに底上げできるか。

値引き同様、下取り車の査定も競合が必須なのです。

でもなぜ買取業者によってそんなに査定額に差が出るの?

買取業者も意地だけで値段を吊り上げているわけではありません。

商売ですから当然利益が出なければ買い取りません。

ではなぜ査定額に25万円も差が現れるのか?

買取業者によって再販売の得意分野が違う

買取業者とは一口にいっても買い取る車の得意不得意があります。

『外車が強い』とか『四駆が強い』とか『軽自動車が強い』とか車種の数だけ違いは様々。

なぜ得意不得意があるのか?

買い取った車の販路に違いがあるから

四駆・ディーゼル需要の高い海外にそのままダイレクトに輸出できる販路を持つ業者もいれば、自分達で直営で中古車販売店を展開している、軽自動車専門で販売しているなど、業者によって得意不得意は様々なのです。

四駆ディーゼル車を直で輸出できる販路を持つ業者からすれば、20万キロ走っているボロボロのディーゼル車でも売る自信があるので値段をつけることができるのですが、これが国内だけでしか販売できない業者であれば、あまり売る自信がないので0円になったりするのです。

しかしどの業者がどの車種が得意かどうかは査定額を比べない限りプロでもわからないのです。

『一括査定サイト』を使えば査定額の比較が超かんたんに。

一括査定とは、一括査定サイトからかんたんな入力だけで同時に複数の買取業者に査定依頼が無料でできるサービス。

これにより複数の査定業者に査定をしてもらい、その中から一番最高値をつけた業者を選んで売ることで愛車の最高値がわかるというもの。

もちろん値段に納得がいかなければ売らなくてもよし。とにかく比べることで最高値は決まるのです。

一括査定サイト経由により、買取業者に競合他社の存在をアピールできる。

一括査定サイトを使うことによるもう一つのメリットは、買取業者に『ライバルがいることが伝わる』ことです。

新車でもそうですが、買取も競合他社がいるとわかると我先にと自分たちが買い取りたいので負けじと査定額が高くなっていきます。

一括査定サイト経由の申し込みであることは買取業者にも伝わるので、競合がいることも当然わかります。

すると競合がいる手前、買取業者はその中で勝ち残るためにもヘタに安い値段をつけられなくなるのです。

これで新車購入時と同じく、車の売却でも『競合』の状態に。

買うのも売るのもとにかく”競り”が大事

私はカーディーラー営業時代、8割のお客さんは古い車を下取りとしてなんの疑いもなくディーラーに出してもらっていました。

もちろんディーラーも下取り車は大事な『仕入れ』で欲しいのでありがたいことですが、ぶっちゃけもったいないなぁと内心いつも思っていました。

でも残りの2割のお客さんはちゃんと下取り車も複数の買取業者に査定してもらい比較して一番高いところで手放していました。

しっかり比較して最高値で手放した人は浮いたお金でオプションを増やしたりしていました。

一番もったいないのは『どうせ0円だから』と勝手に決めつけて諦めるパターンです。

本当にもったいない。

先ほども触れましたが、ディーラー営業時代に自分のところで0円の査定額だったのですが、お客さんが他の買取業者で査定したら25万円の査定額がついたこともありました。

『0円だから』なんてプロでも比べない限りわかりません。

せっかくこのサイトに辿り着いたなら、査定額をちゃんと比較して一番高いところで手放してガッツリ得してほしい。

買取店をまわって査定額を比べるのは非常に手間がかかります。

しかし、一括査定サイトを使えば時間と労力を大幅に節約できます。

下記に絶対に使える一括査定サイトを3つの強み別にまとめてみました。

まずは概算買取価格を知るだけでもいいでしょう。

ぜひ、あなたにあった一括査定サイトを利用しましょう。利用は3社すべて無料です。

ナビクル

『ナビクル』は、あなたの愛車を買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業が大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数 最大10社
参加企業数 47社(2020年7月現在)
対応地域 全国
このサイトの強み 愛車の概算買取価格をスグ表示
費用 すべて無料

車査定比較.com

『車査定比較.com』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの200社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。
最大10社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、自宅に業者を招いてその場でガレージオークションをしても盛り上がります。
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数 最大10社
参加企業数

211社(2020年7月現在)

対応地域 全国
このサイトの強み 参加企業の多さ
費用 すべて無料

楽天愛車一括査定

『楽天 無料愛車一括査定』は文字通りあの楽天市場が運営しており、査定申し込みでもれなく楽天スーパーポイントを5ポイントプレゼント
さらに買取ご成約で1500ポイントプレゼントと楽天ならではのサービス。
楽天会員なら査定申込入力もログインして楽天会員情報と紐付けされるので入力の手間を省略!
楽天ユーザーが一括査定を利用するならダントツでオススメ。
一括査定とポイントのダブルでお得を獲得しましょう。

最大比較社数 不明
参加企業数 92社(2020年7月現在)
対応地域 全国
このサイトの強み もれなく楽天スーパーポイント5ポイント&ご成約で1500ポイント獲得
費用 すべて無料

-商談・値引き

Copyright© 車の値引き.com , 2020 All Rights Reserved.