商談・値引き

トヨタカローラクロスの値引きは渋い?限界値引き額と商談トーク例を公開!

トヨタがSUVを続々投入し続けていますね。

もちろんそれは”売れる”から。

そしてあのカローラにもついにSUVが登場。

しかもカローラならではの親しみやすさ(価格的に)も残しています。

そんなカローラクロスは一体どんな車?

限界値引き額は?

本題に入る前に・・

当サイト『車の値引き.com』は車購入時にありがちな””をすることなく値引きを最大化し、皆様にお得に買って頂きたいと考えています。

なぜならそれはディーラー営業だった私が実際に損をしているお客さんを目の前でたくさん見てきたから。

一人でも損をする人を減らしたいと考え、『車業界の落とし穴』であるこの事実を当サイトに訪れた方には真っ先にお伝えしています。

下取り車はあなたの立派な資産、安売りしたら大損

実はディーラーにて商談時に注意しなければならないのは下取り車を安く買い取られてしまうことです。

ディーラーはあなたに下取り車がある場合、車両値引きを多く見せかけて実はちゃっかり下取り車の査定額からやりくりすることもあります。

『値引きが30万円出たぞ!』と喜んでも実は下取り車の査定額は相場より20万円低い価格で買い取られていた場合、実質的な値引きは10万円しかありません。

値引きも少ない上にあなたの立派な資産である車も安く買い取られてしまっては大損ですね。

大事な資産が正当な評価をされないのは本当にもったいない。

20万円も値引きが違ったらどうでしょう。

オプションが増やせたり、旅行に行けたりするレベルの金額です。

車両値引きと下取りは分けて考えるのが重要です。

愛車の買取相場を把握しておくことが重要

ディーラーがあなたの車の査定額をごまかしているかどうか判断する為の材料は一つしかありません。

車の買取相場を把握しておくことです。

商談前に愛車が大体いくらぐらいの価値があるか把握していればディーラーの査定額が『ん?少し安いぞ?』なんてことにも気づけます。

これが把握できていないとディーラーの査定額が高いのか安いのか全くわからないですからね。

また、下取り額が頭に入っていると『あれ、意外と査定額がついたからオプション増やせるぞ?』なんて新車購入計画のための参考情報にもなります。

ちなみに査定額をすぐに把握したい場合は東証一部上場企業が運営する『ナビクル』がオススメ。

年式や走行距離の簡単な入力だけで現在の相場から算出した概算査定価格をWeb上でスグ表示してくれます。

また、出張査定や査定比較も無料なので下取り車を高く売りたい方は必ず利用すべきサービスです。

もちろん利用は無料なのでまずは概算買取価格を把握してから車の購入を検討しましょう。

ナビクル車査定へ

【簡単】カローラクロスはこんな車!

主要諸元

サイズ
全長4490mm
全幅1825mm
全高1620mm
室内長1800mm
室内幅1505mm
室内高1260mm
ホイールベース2640mm
最低地上高160mm

大きなSUVというわけではありませんが幅は1825mmとこのクラスにしてはかなりある方ですね。

また全高は1620とヤリスクロスより30mm高く、一般的な機械式駐車場の1550mmを上回っているので機械式は難しそうです。

全長はカローラツーリングより5mm短く、そこまで長い方ではないので取り回しはしやすい方です。

また、プラットフォームはTNGAのコンパクトカー向けである『GA-C』を採用。

グレードと価格

ハイブリッド

グレード駆動方式燃費(WLTCモード)価格(税込)
ハイブリッド ZFF26.2km/L2,990,000円
4WD24.2km/L3,199,000円
ハイブリッド SFF26.2km/L2,750,000円
4WD24.2km/L2,959,000円
ハイブリッド GFF26.2km/L2,590,000円
4WD24.2km/L2,799,000円

ガソリン

グレード駆動方式燃費(WLTCモード)価格(税込)
ZFF14.4km/L2,640,000円
S2,400,000円
G2,240,000円
G"X"1,999,000円

なんと一番安い価格は200万円切りの1,999,000円から!

トヨタの得意のやり方ですね。

トヨタはCMなどで『200万円切っている車』などのキャッチコピーを取りたいためにエントリーモデルを設定することが多いです。

過去に一番わかりやすかったのがトヨタのスポーツカー『86』が出た時に199万円のモデルがあり『200万円以下!』なんて謳い文句でしたが、実はそのグレードはRCといってエアコンもついていないレース用車両のベース車でした。

しかしこのカローラクロスのエントリーグレードはトヨタセーフティセンスもついていますし、オートエアコンやLEDヘッドライトも装備しているので十分選ぶことのできるエントリーモデルとなっています。

オススメのグレードは?

やはり最上位グレードのZがオススメ。

ヘッドライトがZだけフルLEDヘッドランプユニットとなり、LEDフォグランプも装備。

ウィンカーも流れるタイプのシーケンシャルターンランプとなります。

ホイールも225/50R18タイヤ&アルミホイール(切削光輝ダークグレーメタリック塗装)と他のグレードが17インチに対してインチアップされます。

それ以外にも全てが最上位でシートもパワーシートになったりとカローラを忘れるようなプレミアム感が演出されます。

オススメのオプションは?

メーカーオプションは44,000円のアクセサリーコンセント(AC100V・1500W/1個/非常給電システム付)はマストで選びたいところ。

これは車が災害時や非常時には発電機がわりになってくれるようなものです。

発電機は44000円ではなかなか買えませんので災害に備えて絶対につけておきたいオプション。

あとはパノラマルーフがかなりの大開口なので晴れた日などは開放感を感じられるでしょう。

価格は110,000円とやや値が張りますが、後からはつけられないものですから気になっている方はつけた方が良いと思います。

このようなメーカーオプションはリセールバリューにも貢献してくれるので決して選ぶことは損ではありません。

ちなみにディスプレイオーディオは7インチ+4スピーカーが前者標準装備となり、オプションで9インチ+6スピーカーを選ぶこともできます。

G”X”以外はバックガイドモニターも標準で装備されます。

カローラクロスの特徴はココ!

意外となかったサイズのSUV

トヨタはいい加減SUV出しすぎじゃない?と思われる方もいるかもしれませんが実はこのクラスはぽっかり空いてて、ハリアーやRAV4だと大きすぎるけどライズやヤリスクロスじゃ小さい。。というニーズを満たしてくれるのがこのカローラクロス。

ウィッシュやプリウスアルファぐらいのサイズに乗っていた方は違和感なく乗り換えができそうなSUVなのです。

FFと4WDでサスペンションが変わる

とはいえファッションSUVではなく、ハイブリッドにはE-Fourを設定。

ランクルのようなハードな4WDではないが日常生活では十分な性能。

雪道でもしっかり後輪を補助モーターで支えます。

ちなみに4WDとFFではリヤのサスペンションが異なります。

FFはトーションビーム式に対して4WDはダブルウィッシュボーン方式となります。

これはリヤモーターのスペースの都合上でこのようになっています。

ちなみに一般的にトーションビームは低コスト向けと言われ、ダブルウィッシュボーンは高級スポーツカーにも採用されます。

これから見ると少し4WDを選んだ方がお得なのかな?という気もします。

カローラらしいクセのないデザイン

現在のトヨタのSUVはハリアーなら都会的で、RAV4ならアウトドアで無骨なイメージですが、このカローラクロスはどちらもとったハイブリッドな顔つき。

どこか都会的だけどしっかりアウトドアにも使えるSUVといった万人ウケ間違いなしなデザイン。

トヨタが一番得意とする『クセのないデザイン』なのです。

実際にZグレードに乗ってみた!

今回はZグレードのパノラマルーフがついているモデルに試乗させてもらいました!

まず最初に思ったのは『これはカローラなのか?』と思わせるほどのSUV感と内装の上質さ。

ハイブリッドの方でしたがもちろん出足は静かで振動もなく、走りも安定していました。

何よりパノラマルーフの開放感は最高ですね。

まるでオープンカーのような開放感です。

ただ、普段は雨が当たっては日が当たってを繰り返すので水垢はかなり目立ちやすいのでお手入れは定期的に必要と感じました。

カローラクロスの納期は?

現在半導体不足の影響が強く、まだまだ納期が不明とのこと。

何れにしても即納は厳しそうです。

カローラクロスの評価・評判は?

今回は当サイトに寄せられる声や、各種SNSなどでリサーチしたカローラクロスのレビューを満足な点と不満な点にまとめました!

満足な点

  • Zグレードのヘッドライトとウインカーがかっこよすぎる!
  • 意外と走りは悪くない
  • 足回りが固めなのでカーブも走りやすい
  • 内装ランプが全てLED

不満な点

  • ロードノイズが大きく感じる?
  • リヤシートを倒すと結構段差ができる
  • 内装はそこまで。。

みなさん多く言われていたのが『カローラらしく、やりすぎず、値段も良い』という感じでしたね。

当然値段が上がれば上がるほど内装も良くなりますし装備も良くなりますが、カローラはまず親しみやすい価格ありきでその中で最高の車を作ろうとしているので『カローラらしい』というのはカローラクロスという名前をつけている車としては褒め言葉ではないでしょうか。

カローラクロスの値引き商談シナリオはこれ!

値引き合格ライン15万円〜20万円
競合車日産キックス・カローラクロス
商談回数3回
商談難易度普通

競合車もカローラクロスということでいわゆる同士競合とします。

しかしここで日産キックスを挙げているのは後述しますがいきなりカローラクロスだけあからさまに競合させないための咬ませ犬的な存在です。

しかし本当は同士競合が値引きは最強です。

トヨタはチャネル(カローラやネッツなど)を廃止してトヨタと名のつくお店ではトヨタ車が買えるような動きになってきています。

言い換えればカローラクロスを扱うディーラーがたくさんあるので競合相手もたくさんいるのです。

もちろん同じ経営のディーラー同士では競合させても意味がないので違う経営資本同士のディーラーで競合させましょう。

新車を買う時、ディーラーは何社ぐらい比較すればいい?

新車には値引きがあるので何社も比較して競合させたいですよね。 確かに競合させれば車の値段は1社で決めるよりは安くなる可能性があるでしょう。 でも何社もたくさん比べればいいってもんでもありません。 では ...

続きを見る

同士競合でやってはいけないこと

いきなりトヨタのA店に『B店より安くなる?』みたいなあからさまな競合はディーラーサイドは超やる気をなくして相手にしてくれませんのでやめましょう。

まずは咬ませ犬的な車を競合車に挟むことが重要。

全く考えてなくても他の車と悩んでいる素ぶりでディーラーに本気になってもらうことが最初のスタートです。

1回目のトヨタA店での商談トークのコツ

まずは一番最初に行くトヨタA店での商談の進め方ですが、カローラクロスと日産キックスで悩んでいるという設定でいきます。

カローラクロスもいいけど日産キックスも見たいんだよねえ、ちなみに値引きはいくらぐらい?

こう攻めるとディーラーは必ず『今日決めていただけるのであれば本気の値引きを出します』という返答になりますのでここは今日は決められないという返事で良いでしょう。

日産キックスも見てみたいということでここでの商談は一度切り上げます。

必ず商談は一度切り上げること

営業はそう簡単には帰してくれませんので『なぜ今日決められないのか?』という障害を一つ一つ取り除こうとしてきます。

ここで一番有効なのが『まだ他の車も見たい』というワードです。

これを言われるとディーラーもこれ以上攻めることができないので切り上げるには一番有効な一言です。

1回目のトヨタB店での商談トークのコツ

A店の見積もりを持ってB店に出向きましょう。

B店ではすぐに『A店で見積もり取ってきたんだけどこちらだとどれくらい安くなります?』という感じで進めましょう。

A店で見積もりしてきたんだけどこちらだとどれくらい値引きできますかねえ
任せてください!頑張りますよ!
営業

このような流れになります。

そしてB店の営業は『今日この場で決めてくれるなら最大の値引きを出します』というA店に行かずにこの場で即決を条件に値引きを出すことが想定されます。

ここでは値引きを引き出したいので『値引き次第では考えます、まずは値引きを聞いて見ないことにはなんとも』ということでかわしていきます。

ここで値引きが出ればめちゃくちゃ悩んだふりをして一度切り上げます。

多分値引きを出してからB店は相当帰してくれないと思いますがここでは必ず切り上げます。

2回目のA店での商談トークのコツ

2回目のA店ではB店の見積もりをそのまま見せて商談を進めましょう。

あとは値引き次第という流れを作ります。

B店はこれぐらい値引きするらしくて、あれだったらもうちょっとやるぐらい言ってるんだけど。。

もしここでB店より値引きが大きければ即決しても良いと思います。

しかしここでB店を下回るようでしたらこれはもうA店に断られているようなものなので値引きは望めませんのでB店で買いましょう。

競合しすぎるとどちらからも相手にされなくなる

競合はこのラリーを続ければ値引きが大きくなるんじゃね?と思われるかもしれませんが、やめましょう。

大きくなるどころか最初に出ていた値引きすらなくなって相手にされなくなります。

ネビキネビキうるさいお客さんはディーラーも付き合いたくないので売りたくないと判断されてしまいます。

ラリーはA→B→Aぐらいで終わりが一番理想です。

値引きを気にするより査定額を気にしろ!!”強み別”一括査定サイト3選!

車業界は一年中値引きがあるので結局のところ値引き額ではなく、今乗っている車の査定額をいかに底上げできるかに尽きます。

A店では30万円値引きしてもらっても下取り額が10万円で、B店は値引き額が20万円でも下取り額が30万円かもしれません。

そうなると当然B店の方がお得ですよね。

ディーラーに下取り額、ごまかされていない?

新車の商談で大きな値引きが出たぞ!って喜んでいても実は下取り額で調整されていませんか?

下取り額をごまかされないためにも今あなたが乗っている車の概算査定額を把握しておくことは重要です。

ぶっちゃけディーラーに下取りに出すのはもう古い。

最近では業界の流れとして一括査定を利用して買取専門店で車を売却する方がかなり増えています。

答えは当然『買取額を比較できて高額査定が出るから』

複数の買取店で複数の査定額を比較することで初めてその車の査定額が高いか安いかわかるのです。

とにかく複数の査定額を比べることが超重要

何度も言いますが、一社の査定額では高いのか安いのかわかりません。

それをハッキリさせられるのが一括査定。

元カーディーラー営業の私がいうのもあれですが、所詮新車の値引きには限度があります。

ディーラーも同じものを売っている以上値引きの痛みは同じ。

『ここのディーラーだけめっちゃ値引きする!』とかありえません。

新車の値引きで何十万円という差は出ないのです。

大きく損得が出るのは下取り車の査定額

車によっては『嘘だろ!?』って言いたくなるくらいの価格差が普通に出ちゃいますから。

まずは愛車の概算買取価格を知るだけでもいいでしょう。

絶対に使える一括査定サイトを下記に『強み別』にまとめたので、あなたに合った一括査定サイトを利用してみましょう。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、ざっくり年式と距離を入力するだけであなたの愛車を最新の買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2022年5月現在)
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

カービュー愛車一括査定

carview

『カービュー愛車一括査定』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの300社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大8社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大8社
参加企業数305社(2022年5月現在)
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

楽天愛車一括査定

『楽天 無料愛車一括査定』は文字通りあの楽天が運営しており、査定申し込みでもれなく楽天スーパーポイントを5ポイントプレゼント
さらに買取ご成約で1500ポイントプレゼントと楽天ならではのサービス。
楽天会員なら査定申込入力もログインして楽天会員情報と紐付けされるので入力の手間を省略!
楽天ユーザーが一括査定を利用するならダントツでオススメ。
一括査定とポイントのダブルでお得を獲得しましょう。

最大比較社数不明
参加企業数100社以上(2022年5月現在)
対応地域全国
このサイトの強みもれなく楽天スーパーポイント5ポイント&ご成約で1500ポイント獲得
費用すべて無料

-商談・値引き
-, ,

© 2014 車の値引き.com