商談・値引き 時事・業界ネタ

付き合いがあるディーラーの方が新車は安く買えないって本当!?

車を買う時に少しでも大きくしたい値引き。

でもこの値引き、もし購入予定の車がいつも通っている馴染みのディーラーで売っていた場合、馴染みのディーラーと全く知らないディーラーではやっぱり馴染みのディーラーの方が値引きは大きいのでしょうか。

元カーディーラー営業が本音でお答えします。

本題に入る前に・・

当サイト『車の値引き.com』は車購入時にありがちな””をすることなく値引きを最大化し、皆様にお得に買って頂きたいと考えています。

なぜならそれはディーラー営業だった私が実際に損をしているお客さんを目の前でたくさん見てきたから。

一人でも損をする人を減らしたいと考え、『車業界の落とし穴』であるこの事実を当サイトに訪れた方には真っ先にお伝えしています。

下取り車はあなたの立派な資産、安売りしたら大損

実はディーラーにて商談時に注意しなければならないのは下取り車を安く買い取られてしまうことです。

ディーラーはあなたに下取り車がある場合、車両値引きを多く見せかけて実はちゃっかり下取り車の査定額からやりくりすることもあります。

『値引きが30万円出たぞ!』と喜んでも実は下取り車の査定額は相場より20万円低い価格で買い取られていた場合、実質的な値引きは10万円しかありません。

値引きも少ない上にあなたの立派な資産である車も安く買い取られてしまっては大損ですね。

大事な資産が正当な評価をされないのは本当にもったいない。

20万円も値引きが違ったらどうでしょう。

オプションが増やせたり、旅行に行けたりするレベルの金額です。

車両値引きと下取りは分けて考えるのが重要です。

愛車の買取相場を把握しておくことが重要

ディーラーがあなたの車の査定額をごまかしているかどうか判断する為の材料は一つしかありません。

車の買取相場を把握しておくことです。

商談前に愛車が大体いくらぐらいの価値があるか把握していればディーラーの査定額が『ん?少し安いぞ?』なんてことにも気づけます。

これが把握できていないとディーラーの査定額が高いのか安いのか全くわからないですからね。

また、下取り額が頭に入っていると『あれ、意外と査定額がついたからオプション増やせるぞ?』なんて新車購入計画のための参考情報にもなります。

ちなみに査定額をすぐに把握したい場合は東証一部上場企業が運営する『ナビクル』がオススメ。

年式や走行距離の簡単な入力だけで現在の相場から算出した概算査定価格をWeb上でスグ表示してくれます。

また、出張査定や査定比較も無料なので下取り車を高く売りたい方は必ず利用すべきサービスです。

もちろん利用は無料なのでまずは概算買取価格を把握してから車の購入を検討しましょう。

ナビクル車査定へ

付き合いがある方が安く買えない

正直にお話ししましょう。

馴染みのディーラーだから値引きが大きくなるとかありません

むしろディーラーサイドは馴染みの客だからこそ『買ってくれるだろう』と思い、そこまで値引きを大きくしないケースさえあります。

いやーいつも世話になるねーこんなに値引きしてもらってー
営業
いえいえこちらこそ助かりますよー(そんなに値引きしなくて済んだ)

ちょっと残酷ですが現実はこんなもんです。

むしろ管理客ではない新規客の方が母体としては増えるので赤字になっても欲しいほど

このお店初めてなんだけどちょっと商談を。。
営業
喜んで!(がっつり値引きしてでも絶対売るでー!)

新規客が一番値引きされる!?

インターネットの契約や携帯電話キャリアって他者からの乗り換えですごいサービスがついて来ますよね。

何万円キャッシュバックとか。

実はディーラーもこれに近いです。

要するに新しい客を増やして管理客の母体を増やすのが目的です。

だから馴染みのディーラーで購入しても管理客としての母体は増えないのであまり割引する必要がありません。

では馴染みのディーラーでは値引きは大きくならないの?

いえいえそんなことはありません。

馴染みのディーラーならではの値引き拡大方法がちゃんと存在します。

馴染みのディーラーで値引きを大きくする方法

ヤキモチ作戦で値引き拡大!

少し気持ち悪く書きましたが、要は他のお店に移るように匂わせて商談を進めるということです。

当然馴染みの客であれば営業も離れてしまうととても困りますので止めにかかります。

ましてや同じメーカー車を買うならなおさら。

まずは馴染みのディーラーで商談をしてから他のディーラーでも見積もりを取ると良いでしょう。

そしてその見積もりをまた持って帰って来ることで、営業は他店に移ってしまうかもしれないという心配が出てきますね。

すると必然的に値引きは大きくなります。

step
1
馴染みのディーラーで商談

まずは馴染みのディーラーで商談をしましょう。

ここでの商談で値引きも聞いておきましょう。

馴染みであれば値引きは出さないということはないでしょう。

step
2
馴染みディーラーの見積もりを持って他店ディーラーで商談

ここでは『値引きが大きい方で買いたい』と伝えるのが良いでしょう。

馴染みディーラーで出ている値引きにかぶせるように値引きを出してくれたらあとはここで買うのはぐっとこらえて帰ります。

多分値引きを出した後では営業も簡単には帰してくれませんので、めちゃくちゃ強い意志を持って『今日は持ち帰ります』と帰りましょう。

step
3
他店ディーラーの見積もりを持って再度馴染みディーラーで商談

ここで他店で大きくしてきた値引きをぶつけてそれを超える値引きえお出してもらいましょう。

そしてここで一番営業に効くセリフは『あなたのところで買いたいから頑張って欲しい』です。

これで営業が店長決済をもらって値引きを大きくして来れれば成功です。

ココがポイント

あなたから買いたい!をアピールすること。

まとめ

基本的に馴染みだから勝手に値引きしてくれるとかはありません。

ただ、馴染みのお客さんの中でも値引きが大きいお客さんと少ないお客さんがいます。

これはやはり営業に好かれているお客さんの方が値引きは大きいことが多いです。

営業も人間ですから好きなお客さんには安く売ってあげたいもの。

普段から通っているディーラーがあるなら、そこの営業とは仲良くしておくと良いでしょう。

値引きを気にするより査定額を気にしろ!!”強み別”一括査定サイトはこの2つ!

車業界は一年中値引きがあるので結局のところ値引き額ではなく、今乗っている車の査定額をいかに底上げできるかに尽きます。

A店では30万円値引きしてもらっても下取り額が10万円で、B店は値引き額が20万円でも下取り額が30万円かもしれません。

そうなると当然B店の方がお得ですよね。

ディーラーに下取り額、ごまかされていない?

新車の商談で大きな値引きが出たぞ!って喜んでいても実は下取り額で調整されていませんか?

下取り額をごまかされないためにも今あなたが乗っている車の概算査定額を把握しておくことは重要です。

ぶっちゃけディーラーに下取りに出すのはもう古い。

最近では業界の流れとして一括査定を利用して買取専門店で車を売却する方がかなり増えています。

答えは当然『買取額を比較できて高額査定が出るから』

複数の買取店で複数の査定額を比較することで初めてその車の査定額が高いか安いかわかるのです。

とにかく複数の査定額を比べることが超重要

何度も言いますが、一社の査定額では高いのか安いのかわかりません。

それをハッキリさせられるのが一括査定。

元カーディーラー営業の私がいうのもあれですが、所詮新車の値引きには限度があります。

ディーラーも同じものを売っている以上値引きの痛みは同じ。

『ここのディーラーだけめっちゃ値引きする!』とかありえません。

新車の値引きで何十万円という差は出ないのです。

大きく損得が出るのは下取り車の査定額

車によっては『嘘だろ!?』って言いたくなるくらいの価格差が普通に出ちゃいますから。

まずは愛車の概算買取価格を知るだけでもいいでしょう。

絶対に使える一括査定サイトを下記に『強み別』にまとめたので、あなたに合った一括査定サイトを利用してみましょう。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、ざっくり年式と距離を入力するだけであなたの愛車を最新の買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2022年9月現在)
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

カービュー愛車一括査定

carview

『カービュー愛車一括査定』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの300社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大8社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大8社
参加企業数305社(2022年9月現在)
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

-商談・値引き, 時事・業界ネタ