商談・値引き

フルモデルチェンジしたスズキ・スイフトの値引きはどう攻める!?競合はデミオ!

スズキの看板車であるコンパクトカー、『スイフト』が2017年1月4日に発売された。

スズキの燃費不祥事により発表が遅れて、本来であれば2016年秋に発表して年内販売という予定だったが、2017年初の発売となった。

燃費不祥事とは言ってもスズキの場合は燃費を欺いて低い数値を高くしていたのではなく、逆に高い燃費数値を、測定方法が正しくなく、低く表示していたというのだから個人的には評価が上がったとも言える問題であった。

そんな紆余曲折を乗り越えやっと販売の運びとなったこのスイフト。

どうしても私はスイフトと聞くとRSなどの走り屋好みなマニュアルモデル車がすぐに浮かんでしまうが、今回はかなり一般ウケするデザインに切り替わった。

そんな走り屋からの評価も高いスイフト。

今回のフルモデルチェンジで何が変わった?

新しいスイフトはここが変わった!

エンジンにマイルドハイブリッドと1lターボを用意

エンジンは2種類で、一つは1,2lマイルドハイブリッドと1lターボを用意。

まずマイルドハイブリッドだが、こちらはアクアのような、電気モーターのみでも走れるいわゆるストロングハイブリッドではなく、アイドリングストップ後の始動時にモーターでガソリンエンジンをアシストして燃費向上を図るといったハイブリッドである。

そもそも『ハイブリッド』という言葉は『何かと何かを組み合わせる』という意味なので、ガソリンエンジンとモーターを組み合わせているこのマイルドハイブリッドもハイブリッドと呼ぶにふさわしいが、現在の車業界ではハイブリッドというとどうしてもストロングハイブリッドを意味する傾向にあるので、個人的に元カーディーラー営業としてはマイルドハイブリッドは『売りづらい』車だと感じる。

このほかに近年流行りのダウンサイジングターボである1lターボも用意した。

これは自然吸気の1,5l並みの力を発生させるとのこと。

私個人的にはこちらの方がおすすめである。

デザインも一新

スイフトは2代目、3代目はそこまで大きなデザイン変更はなかったが今回4代目で大きく刷新。

近年のスズキはデザインに非常に定評があり、イグニスやバレーノなどの流れを汲んで、今回のスイフトに反映されている。

私個人的にはフロントフェイスはかなりマツダ感を感じるが、同時にかっこいいとも感じる。

近年の流行りとでも言えるスタイルだ。

そしてリヤドアにはドアハンドルを上に持ってくるスタイルへ変更。

これも近年コンパクトSUVのヴェゼルやC-HRなどに取り入れられているトレンド。

かなりいいとこ取りをしたデザインとなっている。

気になる値引きはどう攻める!?

競合車はデミオで決まり!

競合車というのは何でもかんでも値段が近くて同じセグメントの車を当てればいいというものではない。

例えば値段が一緒というだけでNBOXのようなハイト軽とこのスイフトを競合させるのはナンセンス。

あくまで顧客層が非常に似ている、つまりカーディーラー営業から見て『この客は本当にこの2車種で悩んでいる』と思わせることが競合値引きのポイント。

じゃあコンパクトカーであればなんでもいいのではないか?

確かに間違いではないが、例えばここにホンダのフィットを当てると、顧客層にズレが生じてくる。

ホンダのフィットは居住性や積載量で選ぶ人が多いのに対し、スズキのスイフトは走りやデザインで選ぶ傾向にある。

ヴィッツのRSであればRS同士の競合も悪くはないが、正直言って発売から何年も経っている車との競合はあまり効果がない。

つまり今回スズキが一番寄せてきたであろうデミオが一番いい競合車となる。

それが一番カーディーラー営業から見て自然な競合だからだ。

デミオとスイフトの価格帯を合わせて競合すれば値引き拡大が期待できるだろう。

スイフトにせよデミオにせよ、走りは間違いないので両者とも必ず試乗したい。

値引きを気にするより査定額を気にしろ!!”強み別”一括査定サイト3選!

車業界は一年中値引きがあるので結局のところ値引き額ではなく、今乗っている車の査定額をいかに底上げできるかに尽きます。

A店では30万円値引きしてもらっても下取り額が10万円で、B店は値引き額が20万円でも下取り額が30万円かもしれません。

そうなると当然B店の方がお得ですよね。

ディーラーに下取り額、ごまかされていない?

新車の商談で大きな値引きが出たぞ!って喜んでいても実は下取り額で調整されていませんか?

下取り額をごまかされないためにも今あなたが乗っている車の概算査定額を把握しておくことは重要です。

ぶっちゃけディーラーに下取りに出すのはもう古い。

最近では業界の流れとして一括査定を利用して買取専門店で車を売却する方がかなり増えています。

答えは当然『買取額を比較できて高額査定が出るから』

複数の買取店で複数の査定額を比較することで初めてその車の査定額が高いか安いかわかるのです。

とにかく複数の査定額を比べることが超重要

何度も言いますが、一社の査定額では高いのか安いのかわかりません。

それをハッキリさせられるのが一括査定。

元カーディーラー営業の私がいうのもあれですが、所詮新車の値引きには限度があります。

ディーラーも同じものを売っている以上値引きの痛みは同じ。

『ここのディーラーだけめっちゃ値引きする!』とかありえません。

新車の値引きで何十万円という差は出ないのです。

大きく損得が出るのは下取り車の査定額

車によっては『嘘だろ!?』って言いたくなるくらいの価格差が普通に出ちゃいますから。

まずは愛車の概算買取価格を知るだけでもいいでしょう。

絶対に使える一括査定サイトを下記に『強み別』にまとめたので、あなたに合った一括査定サイトを利用してみましょう。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、ざっくり年式と距離を入力するだけであなたの愛車を最新の買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2022年1月現在)
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

カービュー愛車一括査定

carview

『カービュー愛車一括査定』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの300社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大8社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大8社
参加企業数305社(2022年1月現在)
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

楽天愛車一括査定

『楽天 無料愛車一括査定』は文字通りあの楽天が運営しており、査定申し込みでもれなく楽天スーパーポイントを5ポイントプレゼント
さらに買取ご成約で1500ポイントプレゼントと楽天ならではのサービス。
楽天会員なら査定申込入力もログインして楽天会員情報と紐付けされるので入力の手間を省略!
楽天ユーザーが一括査定を利用するならダントツでオススメ。
一括査定とポイントのダブルでお得を獲得しましょう。

最大比較社数不明
参加企業数100社以上(2022年1月現在)
対応地域全国
このサイトの強みもれなく楽天スーパーポイント5ポイント&ご成約で1500ポイント獲得
費用すべて無料

-商談・値引き
-,

© 2014 車の値引き.com