時事・業界ネタ

ディーラー営業に好かれるお客さんの5つの特徴とは?

ディーラーに行くとやけに営業と仲良しな常連っぽいお客さんがいる。。

なんか自分は営業さんに嫌われている気がする。。

この記事にたどり着いたあなたはそんな経験があったりするかもしれませんね。

ではカーディーラーの営業に好かれる客って一体どんな客だろう?

ディーラー営業だった私が肌で感じた『好かれる客』を解説します。

そもそも営業は客を好き嫌いする?

結論から言うとします。

まあ表面的には当然わかりませんが、好き嫌いは当然ありますし、お店の中でも嫌われている客・好かれている客は他のスタッフとも共通の認識としてあります。

車屋さんって点検などの値引きも営業の自由でかなり不平等ですから、営業に好かれているか嫌われているかで色々サービスも変わってきます。

当然ですが好かれている方が大変お得にはなります。

営業に嫌われる客とは?

人に嫌われていいことはありませんが、大体嫌われている人ってそもそもその自覚がないから嫌われているんだと思うんです。

私が営業時代に見てきた嫌われる客はとにかく横柄で偉そうな客です。

まあ横柄で偉そうな人が好かれるわけないですよね。

嫌われる客ってカテゴライズせずとも嫌われる人=嫌われる客です。

営業を下に見ているような人は大体嫌われます。

好かれる客の特徴とは?

好かれるお客さんは割と様々です。

ただ腰が低いから好かれるとかそう言うわけでもありません。

まあこれも好かれる人間は客であろうとなかろうと好かれると言うのが結論なんですけどね。

とはいえそんなことで片付けては面白くありませんから私が営業時代に見てきた好かれるお客さんの特徴をあげていきます。

好かれる特徴①話をしていて楽しい

話をしていて楽しいお客さんは好かれます。

どうしても営業は相手との会話に合わせてお話をしていますから、相手がキャッチボールのボールを返そうとしないとこちらとしてもあまり楽しくはありません。

それが会話のキャッチボールがうまいこと流れて行くとこちらも仕事を忘れて楽しい時間を過ごしてしまいます。

美容室でもそうですよね。

美容師さんが話しかけてくれてもこちらでボールを止めてしまったら会話は終わってしまいますからね。

美容師さんとしてもずっと黙っているよりは楽しく話をしている方が仕事も楽しいと思います。

別に面白い話をしろというわけではなく、会話のキャッチボールをしてくれればいい方向に営業から持って行きますよってことです。

しっかり会話ができるお客さんは結構好かれますね。

あと結構仲良くなります。

好かれる特徴②よくお店にきてくれる

これも結構大きい要素ですね。

やっぱり来店回数が多いと自然とお店全体のスタッフから認知され、好かれます。

逆にお客さんも来店回数が多いと全スタッフと顔なじみになるのでいわゆる常連と化していきます。

しかしここで注意したいのは、来店回数が多くなって常連と勘違いして嫌われる客になる人も一定数いるということです。

まあそんなにはいませんが、常連になってしまうとこちらも言いたいことがあまり言えない時もあるので、こればかりは困ったものです。

好かれる特徴③お金を使ってくれる

申し訳ありませんがこれに尽きます。

お金を落としてくれるお客さんが一番好かれます。

当然です。

うちのお店に全部お任せしてくれるって感じのお客さんはめちゃくちゃ好かれます。

当然そういうお客さんには何らかの形で還元はしますけどね。

点検の際にボディコートやガラスコートはいかがですか?という提案を必ずやってくれたりとか。

まあお金があるからできることなんでしょうけど。

お金を使ってくれるとその営業の成績になるので当然贔屓にしますね。

好かれる特徴④差し入れとかしてくれる

意外と差し入れしてくれるお客さんっていらっしゃって、これ結構嬉しいです。

どら焼きとか和菓子系が多かったりします。

お店のみんなで食べるから結構な量でもあっという間になくなります。

以前いただいた差し入れで一番驚いたのはたこ焼きでした。(美味しかった)

やっぱ差し入れの内容よりも差し入れを持ってきていただける心遣いにこちらも嬉しくなってしまいますよね。

好かれる特徴⑤自分のところで車を買い替えてくれる

何台も同じお店で買っていただいている方はやっぱり大事にされています。

親子3代にわたってこのお店で買っているなんてお客さんもいました。

なかなかいろんな車がありますからずっと同じお店では買ってくれませんよね。

ありがたいことです。

好かれるお客さんは店全体から好かれている!

結局のところ好かれるお客さんはお店全体に利益をもたらしてくれる人です。

全スタッフと顔なじみになればもう好かれているも当然です。

逆に言えば好かれる客は1日にしてならずなのです。

あなたもディーラー営業に好かれたければ『近くを通ったから』ってだけでもいいのでお店に寄って顔を覚えてもらう事から始めましょう。

値引きを気にするより査定額を気にしろ!!”強み別”一括査定サイト3選!

車業界は一年中値引きがあるので結局のところ値引き額ではなく、今乗っている車の査定額をいかに底上げできるかに尽きます。

A店では30万円値引きしてもらっても下取り額が10万円で、B店は値引き額が20万円でも下取り額が30万円かもしれません。

そうなると当然B店の方がお得ですよね。

ディーラーに下取り額、ごまかされていない?

新車の商談で大きな値引きが出たぞ!って喜んでいても実は下取り額で調整されていませんか?

下取り額をごまかされないためにも今あなたが乗っている車の概算査定額を把握しておくことは重要です。

ぶっちゃけディーラーに下取りに出すのはもう古い。

最近では業界の流れとして一括査定を利用して買取専門店で車を売却する方がかなり増えています。

答えは当然『買取額を比較できて高額査定が出るから』

複数の買取店で複数の査定額を比較することで初めてその車の査定額が高いか安いかわかるのです。

とにかく複数の査定額を比べることが超重要

何度も言いますが、一社の査定額では高いのか安いのかわかりません。

それをハッキリさせられるのが一括査定。

元カーディーラー営業の私がいうのもあれですが、所詮新車の値引きには限度があります。

ディーラーも同じものを売っている以上値引きの痛みは同じ。

『ここのディーラーだけめっちゃ値引きする!』とかありえません。

新車の値引きで何十万円という差は出ないのです。

大きく損得が出るのは下取り車の査定額

車によっては『嘘だろ!?』って言いたくなるくらいの価格差が普通に出ちゃいますから。

まずは愛車の概算買取価格を知るだけでもいいでしょう。

絶対に使える一括査定サイトを下記に『強み別』にまとめたので、あなたに合った一括査定サイトを利用してみましょう。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、ざっくり年式と距離を入力するだけであなたの愛車を最新の買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2022年1月現在)
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

カービュー愛車一括査定

carview

『カービュー愛車一括査定』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの300社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大8社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大8社
参加企業数305社(2022年1月現在)
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

楽天愛車一括査定

『楽天 無料愛車一括査定』は文字通りあの楽天が運営しており、査定申し込みでもれなく楽天スーパーポイントを5ポイントプレゼント
さらに買取ご成約で1500ポイントプレゼントと楽天ならではのサービス。
楽天会員なら査定申込入力もログインして楽天会員情報と紐付けされるので入力の手間を省略!
楽天ユーザーが一括査定を利用するならダントツでオススメ。
一括査定とポイントのダブルでお得を獲得しましょう。

最大比較社数不明
参加企業数100社以上(2022年1月現在)
対応地域全国
このサイトの強みもれなく楽天スーパーポイント5ポイント&ご成約で1500ポイント獲得
費用すべて無料

-時事・業界ネタ

© 2014 車の値引き.com