商談・値引き

ホンダ『フリード』を限界まで値引きを出す方法は?

トヨタのシエンタに始まり、フリードで完全に火がついたコンパクトミニバン。

ヴォクシーなどのように大きくはないけれど3列シートがウケて現在までの地位を築いた。

そんな売れ筋の2代目フリードはどんな車?

そして値引きを限界まで出す話法も紹介していきます。

本題に入る前に・・

当サイト『車の値引き.com』は車購入時にありがちな””をすることなく値引きを最大化し、皆様にお得に買って頂きたいと考えています。

なぜならそれはディーラー営業だった私が実際に損をしているお客さんを目の前でたくさん見てきたから。

一人でも損をする人を減らしたいと考え、『車業界の落とし穴』であるこの事実を当サイトに訪れた方には真っ先にお伝えしています。

下取り車はあなたの立派な資産、安売りしたら大損

実はディーラーにて商談時に注意しなければならないのは下取り車を安く買い取られてしまうことです。

ディーラーはあなたに下取り車がある場合、車両値引きを多く見せかけて実はちゃっかり下取り車の査定額からやりくりすることもあります。

『値引きが30万円出たぞ!』と喜んでも実は下取り車の査定額は相場より20万円低い価格で買い取られていた場合、実質的な値引きは10万円しかありません。

値引きも少ない上にあなたの立派な資産である車も安く買い取られてしまっては大損ですね。

大事な資産が正当な評価をされないのは本当にもったいない。

20万円も値引きが違ったらどうでしょう。

オプションが増やせたり、旅行に行けたりするレベルの金額です。

車両値引きと下取りは分けて考えるのが重要です。

愛車の買取相場を把握しておくことが重要

ディーラーがあなたの車の査定額をごまかしているかどうか判断する為の材料は一つしかありません。

車の買取相場を把握しておくことです。

商談前に愛車が大体いくらぐらいの価値があるか把握していればディーラーの査定額が『ん?少し安いぞ?』なんてことにも気づけます。

これが把握できていないとディーラーの査定額が高いのか安いのか全くわからないですからね。

また、下取り額が頭に入っていると『あれ、意外と査定額がついたからオプション増やせるぞ?』なんて新車購入計画のための参考情報にもなります。

ちなみに査定額をすぐに把握したい場合は東証一部上場企業が運営する『ナビクル』がオススメ。

年式や走行距離の簡単な入力だけで現在の相場から算出した概算査定価格をWeb上でスグ表示してくれます。

また、出張査定や査定比較も無料なので下取り車を高く売りたい方は必ず利用すべきサービスです。

もちろん利用は無料なのでまずは概算買取価格を把握してから車の購入を検討しましょう。

ナビクル車査定へ

ホンダフリードはこんな車!

フリードの特徴とバリエーション

ホンダフリードは3列シート(フリード)、2列シート(フリード+)の設定があり4265mmで5ナンバー、1695mmの全幅、全高1710mmのコンパクトなミニバンで、燃費に優れたハイブリッド車と低価格なガソリンエンジン車が選択できます。

ハイブリッドにも4WDが設定されており、全タイプで4WDが選択できます。

外見はノーマル系とSUVテイストを持ったデザインのクロスターに分かれていますが、ハイブリッド、ガソリンエンジンどちらでも選択でき、3列シート2列シートのどちらでも選択できる点が魅力。

エンジンはすべて1.5リッターでハイブリッドの変速機はデュアルクラッチトランスミッション、ガソリン車は無段変速機となっておりともにAT免許で乗ることが可能です。

なお、デュアルクラッチトランスミッション車は日本ではかなり希少な存在になっているところも注目点と言えるでしょう。

なお燃費は20.8km/lが最も優れたものとなっています。ガソリン車は17.0km/lです。

フリードの快適さ

フリードは後席がスライドドアになっており、ハンズフリーパワースライドドアのグレードもあり乗り降りがスムーズ。

プラズマクラスター技術搭載フルオートエアコンやフロントシートヒーターも設定され、UV・IRカットガラスもフロント、フロントドアガラスに採用されています。

流行りのロールサンシェードも装備可能でシート表皮はファブリックシートとコンビシートが用意され、コンビシートは汚れやシワに強くっています。

シート構造の点では、3列シート車のキャプテンシート仕様の2列目シートは360mmスライドが可能になっており快適性をアップすることができ、ベンチシート使用は折りたたみが可能となるうえで計7名乗車が可能です。

3列目シートは跳ね上げをすることで荷室を広く取ることができます。

2列シート仕様では荷室の超低床フロアが大きなポイントで、335mmの高さの床になっており、ユーティリティナットでハンガーなどを装着することが可能で、ユーティリティボードで荷室を区分けすることができます。

さらに車椅子仕様は2列シート仕様に設定され、2列目シートの後ろに車椅子スペースが用意されるため、シートの操作が不要で車いすを載せることができ、アルミスロープと電動ウィンチによって楽に車いすを載せることができます。

フリードの安全装備

フリードは予防安全装備にHonda SENSINGを装備しており、衝突被害低減ブレーキや、高速道路において自動で車間距離を維持するアダプティブクルーズコントロールなどが装備されています。

ホンダならではの装備として歩行者事故低減ステアリングが装備され、ステアリングによって事故を回避する性能があります。

ボディは平成28年度自動車アセスメントによってファイブスターを獲得しており、エアバッグとサイドエアバッグ、サイドカーテンエアバッグも装備されます。

フリードの値引き商談シナリオ!

値引き目標25万円〜30万円
競合車シエンタ
商談回数2回
商談難易度普通

かなり値引きは大荒れで値引き目標は25万円を合格ラインとし、30万円が出れば万々歳です。

フルオプションなら35万円も目指せるかも。

1回目:ホンダでの商談トーク例

フリードが気になっているんですが、
営業
かしこまりました。お見積書を作りますね。
営業
フリードは結構値引きが多いので安くできますよ!
でも実はシエンタも考えていて、
営業
今日決めるのは難しそうですか?
ちょっとシエンタも見てみたいです。
営業
ではまた後日お約束いかがですか
では来週の同じ日にまたきます。
営業
かしこまりました。

ポイント

商談は一回では決めてはいけません。

もし大きな値引きを提示されても一度持ち帰りましょう。

ここではトヨタに行っても良いですが、特に行かなくてもOKです。

あくまで競合がいることを伝えたいのと1度目の切り上げるための材料に使うだけですから。

2回目:ホンダでの商談トーク例

やっぱりフリードがいいですね
営業
いい車ですから
あとは値引きだけなんです/st-kaiwa2]

[st-kaiwa1]うーん、15万円でしたらお値引きしますが。。[/st-kaiwa1]

[st-kaiwa2 r]30万円引いてくれたら即決します

営業
30万円は無理ですう。。
じゃあいくらならできるのでしょうか
営業
うーん20万円で限界です
25万で即決します
営業
では、25万円で今日決めてください!
お願いします!

ポイント

実際の商談はこんなにすんなりいきませんが、ここでのポイントは高い値引き額から徐々に下げて折り合いをつけることです。

やすいところから上げていくのは難しいのでまずは高い額を提示することが有効。

うんと高くてもいいんです。

そして最後のひと押しは『即決』や『今ハンコ押す』などの本気度が伝わるワードを使って最後の値引きを絞り出しましょう。

値引きを気にするより査定額を気にしろ!!”強み別”一括査定サイト3選!

車業界は一年中値引きがあるので結局のところ値引き額ではなく、今乗っている車の査定額をいかに底上げできるかに尽きます。

A店では30万円値引きしてもらっても下取り額が10万円で、B店は値引き額が20万円でも下取り額が30万円かもしれません。

そうなると当然B店の方がお得ですよね。

ディーラーに下取り額、ごまかされていない?

新車の商談で大きな値引きが出たぞ!って喜んでいても実は下取り額で調整されていませんか?

下取り額をごまかされないためにも今あなたが乗っている車の概算査定額を把握しておくことは重要です。

ぶっちゃけディーラーに下取りに出すのはもう古い。

最近では業界の流れとして一括査定を利用して買取専門店で車を売却する方がかなり増えています。

答えは当然『買取額を比較できて高額査定が出るから』

複数の買取店で複数の査定額を比較することで初めてその車の査定額が高いか安いかわかるのです。

とにかく複数の査定額を比べることが超重要

何度も言いますが、一社の査定額では高いのか安いのかわかりません。

それをハッキリさせられるのが一括査定。

元カーディーラー営業の私がいうのもあれですが、所詮新車の値引きには限度があります。

ディーラーも同じものを売っている以上値引きの痛みは同じ。

『ここのディーラーだけめっちゃ値引きする!』とかありえません。

新車の値引きで何十万円という差は出ないのです。

大きく損得が出るのは下取り車の査定額

車によっては『嘘だろ!?』って言いたくなるくらいの価格差が普通に出ちゃいますから。

まずは愛車の概算買取価格を知るだけでもいいでしょう。

絶対に使える一括査定サイトを下記に『強み別』にまとめたので、あなたに合った一括査定サイトを利用してみましょう。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、ざっくり年式と距離を入力するだけであなたの愛車を最新の買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2022年5月現在)
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

カービュー愛車一括査定

carview

『カービュー愛車一括査定』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの300社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大8社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大8社
参加企業数305社(2022年5月現在)
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

楽天愛車一括査定

『楽天 無料愛車一括査定』は文字通りあの楽天が運営しており、査定申し込みでもれなく楽天スーパーポイントを5ポイントプレゼント
さらに買取ご成約で1500ポイントプレゼントと楽天ならではのサービス。
楽天会員なら査定申込入力もログインして楽天会員情報と紐付けされるので入力の手間を省略!
楽天ユーザーが一括査定を利用するならダントツでオススメ。
一括査定とポイントのダブルでお得を獲得しましょう。

最大比較社数不明
参加企業数100社以上(2022年5月現在)
対応地域全国
このサイトの強みもれなく楽天スーパーポイント5ポイント&ご成約で1500ポイント獲得
費用すべて無料

-商談・値引き
-, ,

© 2014 車の値引き.com