元ディーラー営業が運営する車の値引き情報サイト

車の値引き.com

人気記事 商談・値引き

あなたも無意識にやっている!?カーディーラーに嫌われるお客ランキングベスト3!

更新日:

あなたの担当の営業はどんな人ですか?

なかなか値引きがでない、なんだか営業が気が利かない、営業の態度が悪いetc...

実はそれ、カーディーラーから嫌われていませんか?

営業も人間ですからそりゃあ好き嫌いもあるのは当然です。

当然嫌われているよりは好かれている方が気分的にいいですよね。

それに好かれている方が得もします。

ではなぜカーディーラーに嫌われてしまうのか?

元営業が見てきた、車屋に嫌われる客をランキング形式で3位から順に解説していきます。

第3位:車の知識が営業よりもあると思っている客

『営業なんかより俺の方が車には詳しいぜ』

はい、確かにそうかもしれません。しかしそれをディーラーで自慢げにひけらかしても、営業からすれば『この客メンドクサ!』ってしか思いません。

まず根本的に違うのは『車に詳しい』のと『ディーラー業務』は全く別物。

車に詳しければ営業を上回っていると思ってはいけません。

そして営業が車に関してわからないことがあっても営業はあくまで営業。

カーディーラーには必ず車のドクターであるメカニック(整備士)がいることを忘れてはいけません。

次は私が実際に体験したお客さんの話を例にあげましょう。

【実話】車が故障して修理見積りを出してもらったがその内容に納得がいかない客

営業
今回の故障を修理するにはやはりこれらの部品を交換しなければいけませんね
この部品の交換はわかるんだけどこの部品の交換が理解できないなあ。必要なくない?
営業
ではちょっとメカニック呼んできます
メカニック
ここはですね、どうしてもこの二つの部品と一緒に交換しないとあんまり意味がないんですよね
そうかなあ?交換なんてネットでは書いてなかったんだけどなあ
メカニック
まあ車種やお車の状況によっても変わりますからね、ただ今回に関しては点検の結果、これらの部品が交換になります
う〜ん、もうちょっと自分で調べてみるわ!

後日・・・

やっぱりこの間の通り全部交換で!調べてもわからなかったわ!
営業
わかりました。(フザケッ!メンドクサ!)

 

こんなことが結構日常茶飯事でした。

確かにお客さんのいい分もわからなくはないですが、本当に車に詳しい人は自分で修理or見積り内容に納得してくれます。

中途半端にネットで調べたレベルが一番困ります。

見積り内容をチェックして無駄がないか、乗っけられていないかを見るのは重要ですが、度が過ぎた勘ぐりはやめましょう。嫌われます。

第2位:『自分の事』しか考えていない客

『金を払っているんだから当然だ!』確かにわかりますがその考えが嫌われる原因でもあります。

これも2つの実話を例に解説していきますね。

【実話1】点検で車を自宅まで取りにきてほしい客

○月○日の朝9時に車を取りにきてほしいんだけど、、そんで納車は当日の17時でお願いしたい!
営業
9時に取りにいくのは大丈夫なんですけど17時納車はちょっと厳しくて、早くても19時くらいになっちゃうんですが、、(商談があるんだよなあ)
17時じゃないといないんだよ!他のスタッフにお願いしてとかはできないのかね
営業
他のスタッフも空いてなくて、、他の日ではいかがですか(みんな同じくらい忙しくてそれどころじゃないんだよなあ、ていうかいつもこの人こんな感じだよなあ、つか自分で持ってきて取りに来いや)
もういいよ、また連絡する

【実話2】車のエンジンがかからない(バッテリー上がり)がディーラーが休みだった時の客

あれ?車が動かなくなった!故障だ!ディーラーに電話しなきゃ!プルルル、、(お電話ありがとうございます。本日は定休日です)休みかよ〜!確か名刺に営業の携帯電話が書いてあったな!プルルル、、
営業
(なんだよ休みで出かけてるのに客から電話かよ、まあ一応でるか。大した事ないかもしれないし。)もしもし!どうしました?
あ、営業さん?車のエンジンがかからないんだよ!電気も何もつかないし!ちょっと今からきてくれない?
営業
(それバッテリーじゃね?ロードサービス呼べよ!)いやあ〜僕も今日休みで今ちょっと遠くまできてていけないんですよ〜、ロードサービスを手配しましょうか?
え〜何それ〜車が故障したのにきてくれないのかよ!どうなっているんだよ!ムキー
営業
いや、だからロードサービスを、、ガチャッ!ツーツー(そんなキレられても困るよ、、)
まったく使えないなあ!
営業
(もう休日はこの人の電話は取らないでおこう)

 

上記の2パターン以外にもたくさんこのような事はありますが、だいたいこのような人は毎回こうです。

ディーラーに査定額、ごまかされていない?

商談時にディーラーで愛車を査定してもらった時、『50万円』と言われても買取相場を知らなければその50万円が高いか安いかわからないですよね。

その車がよそでは70万円で買取なんてこともザラ。これだと20万円損したことになりますから事前に自分の愛車の買取相場額を把握しておくことは非常に重要です。

査定比較.comは簡単な入力でわずか32秒で愛車の買取相場額を無料で表示してくれるので、愛車の買取相場を把握するにはもってこいのサイト。

まずは愛車の買取相場額を把握してから商談に臨みましょう。

営業マンもスケジュールがある為、客の要求通りに動く事はまず不可能。

しかしそれを『気が利かない営業だなあ』なんて思ってしまうようでは嫌われてしまいます。

営業にも予定があり、休みもある一人の人間だという事を忘れないようにしましょう。

第1位:値引き要求が非常に高い客

『新車は値引きがあるのは当たり前!』これは確かにディーラーが自分たちから始めた風習ですから今更やめることは難しいです。

しかし値引きはあくまで『売る側』が決める物。

つまり恩恵的なものであり、絶対にしなければいけない決まりなどありません。

そして何より値引き要求が高い客は『今後付き合えるかどうか』を営業マンは考えてしまいます。

その結果、『付き合いたくない』となると必然的に値引きは少なくなります。

営業マンと客の思考のギャップとして

客は『うちは他とも商談をしているんだ、買ってほしいなら値引きをしろ』というスタンスに対し

営業マンは『買ってくれるなら値引きをいたしますよ』という考え方です。

少し大げさな例ではありますが思考の根底は上記のようになります。

そしてこれはどちらが間違っているとかではなく『どちらも正しい』のです。

だからこそお互いにギャップが生まれ、相性が悪くなるという図式です。

ただしこれは商談から契約までこのまま進んだ場合の話です。

普通は商談を進めるにあたってお互いの考え方を変えていきながら歩み寄って初めて契約となり、お互いに気持ちのいい契約ができるのです。

相性が良くなる商談の流れ

『うちは他とも商談をしているんだ、買ってほしいなら値引きをしろ』 →

『やっぱりこの車が欲しいんだよなあ、でも値引きがもうひと頑張りなんだよなあ』→

『営業の方も頑張ってくれたし、ここらで手を打つか』

営業
『買ってくれるなら値引きをいたしますよ』→

『購入にあたっての障壁はなんですか?教えてください』→

『わかりました。競合店に負けない値引きを出します』

形式はこれに限らずですが、共通しているのはお互いに歩み寄って折り合いをつけるという事です。

お互いに歩み寄る事で契約がまとまり、今後もいいお付き合いができるのがこの流れです。

相性が悪くなる商談の流れ

『うちは他とも商談をしているんだ、買ってほしいなら値引きをしろ』→

『この車種の値引きをネットで検索、、何!まだこんなに値引きできるのか!営業の奴まだ値引きを隠しているな』→

『ネットではあんなに値引きができるって書いてあったけど営業はできないって言うしなあ、でもこのお店が一番大きな値引きをしてくれているし、、納得できないがここで決めるか』

営業
『買ってくれるなら値引きをいたしますよ』→

『ネットネットってネットの情報が絶対じゃないのに、、なんだか契約してからもいろいろ言われそうだなあ、ネットが〜って、付き合いたくないからあんまり値引きださないでおこっと』→

『他のディーラーもウザがって値引きだしてないのかよ!買わないで〜お願いだから僕から買わないで〜』

 

こちらもほんの一例ですが、共通するのはお互いに警戒し合っているという事です。

このパターンでは今後もあまりいいお付き合いはできず、そのうち足が遠くなり関係が自然消滅したりします。

これらから見て言えるのは、『お互いに歩み寄る方が良いベクトルが生まれ、警戒し合っていると悪いベクトルが生まれる』という事です。

つまり相性が良くなる商談ができれば値引きも大きく今後の関係も良好と言うことなしです。

あまり警戒せずに歩み寄るのは重要な値引きテクニックの一つ。

まとめ

カーディーラーに嫌われていいことなんて一つもありません。

逆に好かれていれば値引きしてもらったりといいことばかりです。

カーディーラーは御用聞きでもなんでもありません。

一人の人間ですから横柄な態度をとっていれば嫌われること間違いなしです。

一人の人間として良いお付き合いをしていきましょう。

値引きをも重要だが下取額の底上げの方が超重要!

新車の商談は値引きは当然ですが『値引き』以外で大きく損得を分ける部分があります。

私はカーディーラー営業時代、いつもそれを目の前で見てきました。

『あーもったいないなぁこの人』と思う人もいれば『この人はガッチリ得している』など、いろいろなお客さんを見て、一番得をしている人たちは何をしているのかを身をもって学びました。

では何が損得を大きく分けるのか。

値引きは競合させるのに下取り車の査定額は競合させていない

古い車から新車に買い換えとなれば、なんの疑いもなく購入先のディーラーで車を下取りに出していませんか?

実は”ココ”が損得を大きく分けるのです。

ディーラーに下取り額、ごまかされていない?

『新車の値引きが大きく出たぞ!』って喜んでいても実はその値引き、下取り額で調整されていませんか?

A店では30万円値引きしてもらっても下取り額が10万円で、B店は値引き額が20万円でも下取り額が30万円もしれません。

値引きだけ見るとA店の方が大きいですが、トータルではB店の方がお得ですよね。

A店で下取り額が『10万円』と言われても、自分の車の価値を把握していなければその金額が高いか安いかわからないですよね。

B店に行って査定してもらって、初めてA店の査定額が安かったことに気づくのです。

この業界ではこういうことは普通にあります。

ディーラーで下取り額をごまかされないためにも今自分が乗っている車の概算査定価格を把握しておくことは非常に重要です。

ぶっちゃけ査定額に適正価格なんてない

実は正しい査定額というものはあってないようなもので、買い手によって全然変わるのです。

私がディーラーで営業をしていた時の実体験として、ディーラーでは0円と言われた下取り車の査定額も買取専門店では25万円つくことがありました。

25万円の誤差ってちょっとありえないですよね。

でもそれが普通にあり得る業界です。

25万円違ったらどうでしょう。

新車で限界まで値引きが出て、さらにそこから25万円の値引きなんて到底出ません。

元カーディーラー営業の私が言うのもあれですが、値引きには限度があります。

ディーラーは同じ物を売っている以上値引きの痛みは同じ。

ここのディーラーだけめっちゃ値引きする!とかありえません。

新車の値引きで何十万円という差は出ないのです。

何十万円という差が出るのは下取り額の方なんです。

重要なのは今乗っている車の査定額をいかに底上げできるか。

値引き同様、下取り車の査定も競合が必須なのです。

でもなぜ買取業者によってそんなに査定額に差が出るの?

買取業者も意地だけで値段を吊り上げているわけではありません。

商売ですから当然利益が出なければ買い取りません。

ではなぜ査定額に25万円も差が現れるのか?

買取業者によって再販売の得意分野が違う

買取業者とは一口にいっても買い取る車の得意不得意があります。

『外車が強い』とか『四駆が強い』とか『軽自動車が強い』とか車種の数だけ違いは様々。

なぜ得意不得意があるのか?

買い取った車の販路に違いがあるから

四駆・ディーゼル需要の高い海外にそのままダイレクトに輸出できる販路を持つ業者もいれば、自分達で直営で中古車販売店を展開している、軽自動車専門で販売しているなど、業者によって得意不得意は様々なのです。

四駆ディーゼル車を直で輸出できる販路を持つ業者からすれば、20万キロ走っているボロボロのディーゼル車でも売る自信があるので値段をつけることができるのですが、これが国内だけでしか販売できない業者であれば、あまり売る自信がないので0円になったりするのです。

しかしどの業者がどの車種が得意かどうかは査定額を比べない限りプロでもわからないのです。

『一括査定サイト』を使えば査定額の比較が超かんたんに。

一括査定とは、一括査定サイトからかんたんな入力だけで同時に複数の買取業者に査定依頼が無料でできるサービス。

これにより複数の査定業者に査定をしてもらい、その中から一番最高値をつけた業者を選んで売ることで愛車の最高値がわかるというもの。

もちろん値段に納得がいかなければ売らなくてもよし。とにかく比べることで最高値は決まるのです。

一括査定サイト経由により、買取業者に競合他社の存在をアピールできる。

一括査定サイトを使うことによるもう一つのメリットは、買取業者に『ライバルがいることが伝わる』ことです。

新車でもそうですが、買取も競合他社がいるとわかると我先にと自分たちが買い取りたいので負けじと査定額が高くなっていきます。

一括査定サイト経由の申し込みであることは買取業者にも伝わるので、競合がいることも当然わかります。

すると競合がいる手前、買取業者はその中で勝ち残るためにもヘタに安い値段をつけられなくなるのです。

これで新車購入時と同じく、車の売却でも『競合』の状態に。

買うのも売るのもとにかく”競り”が大事

私はカーディーラー営業時代、8割のお客さんは古い車を下取りとしてなんの疑いもなくディーラーに出してもらっていました。

もちろんディーラーも下取り車は大事な『仕入れ』で欲しいのでありがたいことですが、ぶっちゃけもったいないなぁと内心いつも思っていました。

でも残りの2割のお客さんはちゃんと下取り車も複数の買取業者に査定してもらい比較して一番高いところで手放していました。

しっかり比較して最高値で手放した人は浮いたお金でオプションを増やしたりしていました。

一番もったいないのは『どうせ0円だから』と勝手に決めつけて諦めるパターンです。

本当にもったいない。

先ほども触れましたが、ディーラー営業時代に自分のところで0円の査定額だったのですが、お客さんが他の買取業者で査定したら25万円の査定額がついたこともありました。

『0円だから』なんてプロでも比べない限りわかりません。

せっかくこのサイトに辿り着いたなら、査定額をちゃんと比較して一番高いところで手放してガッツリ得してほしい。

買取店をまわって査定額を比べるのは非常に手間がかかります。

しかし、一括査定サイトを使えば時間と労力を大幅に節約できます。

下記に絶対に使える一括査定サイトを3つの強み別にまとめてみました。

まずは概算買取価格を知るだけでもいいでしょう。

ぜひ、あなたにあった一括査定サイトを利用しましょう。利用は3社すべて無料です。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、あなたの愛車を買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業が大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数 最大10社
参加企業数 47社(2020年7月現在)
対応地域 全国
このサイトの強み 愛車の概算買取価格をスグ表示
費用 すべて無料

車査定比較.com

『車査定比較.com』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの200社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。
最大10社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、自宅に業者を招いてその場でガレージオークションをしても盛り上がります。
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数 最大10社
参加企業数

211社(2020年7月現在)

対応地域 全国
このサイトの強み 参加企業の多さ
費用 すべて無料

楽天愛車一括査定

『楽天 無料愛車一括査定』は文字通りあの楽天市場が運営しており、査定申し込みでもれなく楽天スーパーポイントを5ポイントプレゼント
さらに買取ご成約で1500ポイントプレゼントと楽天ならではのサービス。
楽天会員なら査定申込入力もログインして楽天会員情報と紐付けされるので入力の手間を省略!
楽天ユーザーが一括査定を利用するならダントツでオススメ。
一括査定とポイントのダブルでお得を獲得しましょう。

最大比較社数 不明
参加企業数 92社(2020年7月現在)
対応地域 全国
このサイトの強み もれなく楽天スーパーポイント5ポイント&ご成約で1500ポイント獲得
費用 すべて無料

-人気記事, 商談・値引き
-, ,

Copyright© 車の値引き.com , 2020 All Rights Reserved.