元ディーラー営業が運営する車の値引き情報サイト

車の値引き.com

まず初めに言っておく。車の値引きは超かんたんである。

『車は値引きが当たり前!』

当サイトに辿り着いたぐらいですからもちろん知っていますよね。

確かに車の値引きは『当たり前』です。

そして車の値引きはいたってシンプルで超簡単。

 

『ディーラー同士を競合させるだけ』

 

元カーディーラー営業の私が言うのだから間違いない。

『こんな値引きテクニックを持っているから何十万円も値引きが出た!』とかありえない。

ディーラー同士の見積もりを競合させれば勝手に値引きなんて出るんです。

競合とは

A店ディーラーはこれぐらい値引きするらしいんだけどこっちはどれくらい値引きできるの?(見積もりチラッ!)
営業
このお値引きより頑張らせていただきますので是非うちでご購入を!

というのを繰り返して値引きを大きくしていくこと

カーディーラー営業は競合ディーラーがいるとわかると勝手に燃えてくれて勝手に値引きを限界まで出してくれますからとりあえず競合しておけばOKです。

しかし車購入というイベントにおいて『新車の値引き』以外で大きく損得が分かれる部分があります。

私はカーディーラー営業時代、目の前でそれを見てきました。

『あーもったいないなぁこの人』とか『もっといい方法があるのになぁ』といつも思っていました。

では何が損得を大きく分けるのか。

新車は競合させるのに下取り車の査定額は競合させていない

MOK_ichimanensatu2mai500

古い車から新車に買い換えとなれば、なんの疑いもなく新車の購入先で下取りに出していませんか?

実は”ココ”が損得を大きく分けるのです。

私はカーディーラー営業時代にたくさん下取り査定をしてきましたが、ハッキリ言って査定額というものはあってないようなもので、それこそ買い手によって全然変わるのです。

私の実体験として、0円だった査定額も他に見せたら25万円の値がついたということもありました。

それくらい下取り車の値段というのは曖昧で変わってしまうものなのです。

25万円違ったらどうでしょう。

新車で限界まで値引きが出てさらにそこから25万円の値引きなんて到底出ません。

新車はみなさんこぞって競合させますが、下取り車を競合させている人が少なすぎるのが現状です。

新車同様、下取り車の査定も競合が必須なのです。

でもなぜ買取業者によって査定額に差が出るの?

insurance-539659_640

買取業者は何も意地だけで値段を吊り上げているわけではありません。

買取業者も商売ですので当然利益が出なければ買い取りません。

ではなぜ一括査定をして査定額を比べると査定額に差が現れるのか?

買取業者毎の車種による再販売の得意分野が違うから

買取業者とは一口にいっても買い取る車の得意不得意があります。

外車が強いとか四駆が強いとか軽自動車が強いとか車種の数だけ違いは様々。

なぜ得意不得意があるのか?

買い取った車の販路(リセールルート)の違いがあるから。

四駆・ディーゼル需要の高い海外にそのままダイレクトに出せる販路を持つ業者もいれば、国内で自分達で中古車販売店を展開しているなど、業者によって得意不得意は様々なのです。

しかし業者がどの車種が得意かどうかは査定額を比べない限りわからないのです。

でもぶっちゃけ何回も査定したりってめんどくさいよね。。

街中にある買取店を何店舗も巡るのは私も経験がありますが、飛び込みで査定をお願いすると『ではこちらにまずご記入を〜』みたいな感じで毎回名前や住所を書かされたり、前のお客さんがいて待たされたりとか正直超めんどくさいです。

しかし、『一括査定サイト』を使えば査定額の比較が超かんたんに。

monitor-313011_1280

一括査定とは、一括査定サイトからかんたんな入力だけで同時に複数の買取業者に査定依頼が無料でできるサービス。

これにより複数の査定業者に査定をしてもらい、その中から一番最高値をつけた業者を選んで売ることで愛車の最高値がわかるというものです。

一度申し込めばあとは査定業者から連絡があり、査定してもらえばいいのです。

もちろん値段に納得がいかなければ売らなくてもよし。

近隣なら来店してもいいですし、自宅まで査定に来てもらうことももちろん可能。

複数業者を同時に自宅に呼んでその場でガレージオークションとして査定額を釣り上げることも有効一つの技です。

一括査定サイト経由により、買取業者に競合他社の存在をアピールできる。

一括査定サイトを使うことによるもう一つのメリットは『買取業者にライバルがいることが伝わる』ことです。

新車でもそうですが、買取も競合他社がいるとわかると当然自分らで買い取りたいので負けじと査定額が高くなっていきます。

一括査定サイト経由の申し込みであることは買取業者にも伝わるので、競合がいることも自動的に伝わります。

すると競合がいる手前、買取業者はその中で勝ち残るためにも下手に安い値段をつけられなくなるのです。

これで新車購入時と同じく、車の売却でも『競合』の状態に。

要は買うのも売るのもとにかく”競わせる”ことが大事

私はカーディーラー営業時代、ほとんどのお客さんは古い車を下取りとして自分のお店に出してもらっていました。

でもたまにいるんですよね。

ちゃんと下取り車も複数の買取業者に査定してもらい比較する賢いお客さんが。

しかもこれがまた何十万円って差が出ることがあるんです。普通に。

なんかこっちが騙してるみたいですよね。

それこそお客さんに『なんで君のところとこんなに金額差があるんだ!』と詰め寄られないか不安になるくらい。

だから愛車を比較せずに下取りに出す人を見るたび、『知らないってもったいないなぁ』といつも思っていました。

その中でも『0円だから』と諦めるのがマジでもったいない。

先ほども触れましたが、ディーラー営業時代に自分のところで0円の査定額だったのですが、お客さんが他の買取業者で査定したら25万円の査定額がついたこともありました。

せっかくこのサイトに辿り着いたからには、損をしない為にも必ず”愛車を最も高い額で”手放してほしい。

買取店をまわって査定額を比べるのは非常にめんどくさいです。

しかし、一括査定サイトを使えば時間と労力を大幅に節約できます。

下記に絶対に使える一括査定サイトを強み別にまとめてみました。

ぜひ、あなたにあった一括査定サイトを利用しましょう。利用は3社すべて無料です。

車査定比較.com

『車査定比較.com』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの200社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大10社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくても大丈夫。
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数 最大10社
参加企業数

211社(2020年8月現在)

対応地域 全国
このサイトの強み 参加企業の多さ
費用 すべて無料

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、あなたの愛車を買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

参加企業が大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数 最大10社
参加企業数 47社(2020年8月現在)
対応地域 全国
このサイトの強み 愛車の概算買取価格をスグ表示
費用 すべて無料

楽天愛車一括査定

『楽天 無料愛車一括査定』は文字通りあの楽天市場が運営しており、査定申し込みでもれなく楽天スーパーポイントを5ポイントプレゼント
さらに買取ご成約で1500ポイントプレゼントと楽天ならではのサービス。
楽天会員なら査定申込入力もログインして楽天会員情報と紐付けされるので入力の手間を省略!
楽天ユーザーが一括査定を利用するならダントツでオススメ。
一括査定とポイントのダブルでお得を獲得しましょう。

最大比較社数 不明
参加企業数

92社(2020年8月現在)

対応地域 全国
このサイトの強み もれなく楽天スーパーポイント5ポイント&ご成約で1500ポイント獲得
費用 すべて無料

Copyright© 車の値引き.com , 2020 All Rights Reserved.