車の値引きは超簡単である。

『車は値引きがあるのが当たり前!』

当サイトに辿り着いたぐらいですからもちろん知っていますよね。

確かに車の値引きは『当たり前』です。

そして車の値引きはいたってシンプルで超簡単。

 

『ディーラー同士を競合させるだけ』

 

元カーディーラー営業の私が言うのだから間違いない。

『こんな値引きテクニックを持っているから何十万円も値引きが出た!』とかありえない。

ディーラー同士の見積もりを競合させれば勝手に値引きなんて吊り上がるのです。

競合とは?

A店ディーラーはこれぐらい値引きするらしいんだけどこっちはどれくらい値引きできるの?(見積もりチラッ!)
営業
このお値引きより頑張らせていただきますので是非うちでご購入を!

というのを繰り返して値引きを大きくしていくこと

競合とは言い換えればオークションです。

ではオークションにかけられているのは車?いいえ違います。

あなたです。

ディーラーは『あなた』という顧客の獲得のために他のディーラーから上がる手をハネのけながらどちらかの手が上がらなくなるまで値引き額をあげていくというオークションなのです。

このようにオークション状態にしてしまえば勝手に限界まで値引きが出るので車の値引きというのはいたって簡単なんです。

みなさんここまでは簡単に実践できるのですが、実はここからさらに車の値引き以外で大きく損得が分かれる部分があります。

私はカーディーラー営業時代、『得をしているお客さん・損をしているお客さん』の両方をたくさん見てきました。

『あーもったいないなぁこの人』とか『この人は得しているなあ』といつも不公平だなあと思いつつもアドバイスできずに悶々としていました。

なぜアドバイスできないか?

それはディーラー側が損になることなのでアドバイスしたくても絶対に教えられないのです。

では何が損得を大きく分けるのか。

新車は競合させるのに下取り車の査定額は競合させていない

MOK_ichimanensatu2mai500

今まで古い車から新車に買い換えとなれば、なんの疑いもなく新車の購入先ディーラーで下取りに出していませんか?

実は”コレ”が損得をめちゃくちゃ大きく分けるのです。

私はカーディーラー営業時代にたくさん下取り査定をしてきましたが、ハッキリ言って査定額に基準というものはあってないようなもので、買い手によって全然変わるのです。

私の実体験として、自分のお店で0円だった査定額をお客さんが諦めきれずに自分で他の買取店に見せたら25万円の値がついたということもありました。

それくらい下取り車の値段というのは曖昧で変わってしまうものなのです。

25万円違ったらどうでしょう。

新車で限界まで値引きが出てさらにそこから25万円の値引きなんて当たり前ですが到底出ません。

新車はみなさんこぞって競合させますが、下取り車を競合させている人が少なすぎるのが現状です。

ディーラーの査定額を鵜呑みにしてくれるお客さんがディーラーにとって一番いいカモなのです。

値引きを言ってこないのと同じですからね。

新車同様、下取り車の査定も競合が必須なのです。

でもなぜ買取業者によって査定額に差が出るの?

insurance-539659_640

買取業者は何も意地だけで値段を吊り上げているわけではありません。

前述した新車購入と違って買取は買い取ったら終わりなので今後お付き合いが生まれるわけでは無いので顧客獲得のための値引きなんて必要ないですからね。

買取業者も商売ですので当然利益が出なければ買い取りません。

ではなぜ査定額に差が現れるのか?

買取業者の数だけ車の得意分野が違うから

買取業者とは一口にいっても買い取る車の得意不得意があります。

外車が強いとか四駆が強いとか軽自動車が強いとか車種の数だけ違いは様々。

ではなぜ得意不得意があるのか?

買い取った車の販路(リセールルート)の違いがあるから

四駆・ディーゼル需要の高い海外にそのままダイレクトに出せる販路を持つ業者もいれば、国内で自分達で中古車だけを集めた中古車専門をうたっている販売店を展開しているなど、業者によって得意不得意は様々なのです。

例えばあなたが『マニアックだけどわかる人にはわかる本』を持っていたとしましょう。

あなたがこのマニアックな本を売りたいときに普通の古本屋さんに持って行っても、買取はおろか価値がわからなくて値段がつかないかもしれません。しかしその分野専門の本屋さんをあなたが見つけ出すことができればそのお店の方が買取額は絶対に高いですよね。

買い取る側も、もう一度販売する力がなければ高価買取はおろか買い取ることすらできないのです。

買取業者の数だけ得意不得意があるのでどの車種が得意かどうかは査定額を比べない限りわからないのです。

最低3つの買取店は比べたい!

査定額に大きな差が出ることはわかりましたね。

査定額を比べないことは『言い値で手放しますよ』と言っているようなものです。

私自身も以前乗っていたプリウスαを手放す時に買取店を3店舗比べましたが170万円・178万円・185万円みたいな感じで金額が出揃って、もちろん一番高いところで売却しました。

これでも一番安いところと高いところでは15万円の開きがありますからね。

車はどこで手放しても同じことですから高いところで手放さないと本当にもったいない!

買取店巡りがめんどくさい方は一括査定がオススメ

私は買取店を何店舗も巡るのはこういうサイトを運営している人間ですから全く苦ではありませんですし、なんなら買取店の方と少し話もしたいぐらいなので積極的に巡ってしまいますが、一般的には買取店で査定をお願いすると『ではこちらにまずご記入を〜』みたいな感じで毎回名前や住所を書かされたり、前のお客さんがいて待たされたりと時間はかかります。

一括査定は一度の入力で複数店に査定申込ができ、一番最高値をつけてくれるところを見つけられるサービス。

一括査定のメリットは何と言っても最高値をつけてくれる買取店を見つける時間と労力が節約できること。

もちろん金額に納得がいかなければ売らなくてもOKなのでまずは査定額がどんなもんかぐらいの気持ちでやってみると良いでしょう。

下記に絶対に使える一括査定サイトを”強み別”にまとめて見ました。

あなたにあった一括査定サイトがあれば利用して見てください。

ナビクル車査定

『ナビクル車査定』は、ざっくり年式と距離を入力するだけであなたの愛車を最新の買取相場から見た概算買取価格をスグ表示してくれるサービスが好評。

『自分の車がおおよそいくらか知りたい!』ってありますよね。

それがわかるだけでもありがたいサービス。

年式や距離がうろ覚えでもざっくりでOK。

参加企業はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)認定の適正買取店も参画しているので大手企業の割合が多く、『ナビクル』運営会社も東証1部上場企業なので安心の一括査定サイトです。

まずは概算価格を即チェック!

最大比較社数最大10社
参加企業数47社(2021年12月現在)
対応地域全国
このサイトの強み愛車の概算買取価格をスグ表示
費用すべて無料

車査定比較.com

『車査定比較.com』は何と言っても参加企業数の多さが好評。

参加企業数は業界ダントツの200社以上なので全国どのエリアでも偏りなく対応可能。

地元の買取業者から大手中古車買取企業まで幅広く査定ができるのが好評。

愛車の買取相場もオンライン上ですぐわかるのでとても便利。
最大10社の査定額を見て一番高いところに売却するのもいいですし、納得いかなければもちろん売らなくてもOK!
一括査定のいいところを存分に利用しましょう。

最大比較社数最大10社
参加企業数211社(2021年12月現在)
対応地域全国
このサイトの強み参加企業の多さ
費用すべて無料

楽天愛車一括査定

『楽天 無料愛車一括査定』は文字通りあの楽天が運営しており、査定申し込みでもれなく楽天スーパーポイントを5ポイントプレゼント
さらに買取ご成約で1500ポイントプレゼントと楽天ならではのサービス。
楽天会員なら査定申込入力もログインして楽天会員情報と紐付けされるので入力の手間を省略!
楽天ユーザーが一括査定を利用するならダントツでオススメ。
一括査定とポイントのダブルでお得を獲得しましょう。

最大比較社数不明
参加企業数100社以上(2021年12月現在)
対応地域全国
このサイトの強みもれなく楽天スーパーポイント5ポイント&ご成約で1500ポイント獲得
費用すべて無料

© 2014 車の値引き.com